• ベストアンサー
  • 困ってます

断熱材の仕様について

契約中のHMでは断熱材の厚さに制限があるらしく 次世代省エネルギー基準に厚さを近づけたかったのですが 無理そうです。 その場合16K→24Kなどに変えて熱伝導率を押さえるなどの 方法をとって方がいいでしょうか?その場合どれぐらい経費が高くなるんでしょうか?又上げた方がいいのであればいくつに上げたらいいでしょうか。 床は60mm 壁は75mm 天井は75mm 限界と言われました。(天井は100mmに出来ないか交渉中ですが暑くなると角や隅などが空いてしまったりするので、できれば厚くしないほうがいいと言われました。 在来工法の気密住宅ではありません。グラスウールです。 地域はIV地域 あと、この場合のKやHGの意味は違うのでしょうか? すいません、中々理解が遅くて;;宜しくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数608
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • jg0nww
  • ベストアンサー率24% (67/269)

k=普通グラスウール HG=高性能グラスウール HG16k=24k相当密度です。 普通の人は、直ぐにグラスウールの性能とか厚みに捕われますが本当に大事なのは、正しく施工されているか!!です。 一番のネックは、床と壁の取り合いの施工と間仕切り壁床の気流止めの施工がちゃんとされているかですね。 私は、長野県ですが間仕切壁まで断熱材を入れる事は、少ないです。ましたやIV地域じゃありえないでしょうね。 断熱材は、室内側にピッタリ付いていないとボードと防湿層の間を空気が流れて断熱材の意味がありません。床も捨て張り(フローリング)の室内側にピッタリと付いていなければダメです。 床60mm厚い方ですね。壁は、和室が真壁の塗りなら75mmしか入らないです。3.5寸柱なら105-9.5-10-20=65.5mm 9.5=ラスボード厚 10=塗り厚20=柱ちり(単純理論値) だから3.5寸の柱に100mmは、無理ですね。 天井75mmは、薄いですね。200mm位じゃないと >暑くなると角や隅などが空いてしまったりするので、できれば厚くしないほうがいいと言われました。 そんな事、無いですね・・・初めてそんな理由聞きました(汗)    10k50mmでも、硝子繊維協会のマニュアル通り施工されていればIV地域なら十分大丈夫です。 普通に、断熱材を施工すれば完成してからコンセントから風が上がって来て寒い!!とかならない様にちゃんと施工して貰う事です。 大工さんで、断熱材や気流止めに精通している人は少ないです。 知識は、あっても工期や手間の関係上、丁寧に施工して貰うのは難しいでしょう。長野県でもそうですから・・・・ これからは、燃料が高騰しますから断熱を高性能にする事に、こした事はありませんHG16Kを使ってもらいましょう!! あとは、ガラスとサッシに拘った方が良いですよ!!熱が、一番逃げるのは窓ですから・・・・ 私は、この手の質問に結構答えていますから過去の回答も参考にして下さい。  

参考URL:
http://www.afgc.co.jp/dk/con_use/sekou_4.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 >HG16k=24k相当密度です。 おお凄い分かりやすいです。なるほど参考にさせて頂きます。 気流止め施工ですね。チェックしたいと思います。 断熱材は室内側にぴったりですね。 確かに天井は200欲しいです;;が設計が100が限界と言ったので今それで見積もりをしてもらっています。しかたないので、グラスウールをこちらで用意して大工さんにこっそり施工できないか交渉しようかと考えたりしてます。大工さんに断られたらそれまでですが・・・ >大工さんで、断熱材や気流止めに精通している人は少ないです。 ;;ココが問題ですよね私も頭を悩ましています・・・。 >ガラスとサッシに拘った方が良いですよ!!熱が、一番逃げるのは窓ですから・・・・ ですね。よく検討をしたいと思います。 大変具体的で参考になりました。有難うございました。

関連するQ&A

  • 断熱材の厚さについて

    今新築打ち合わせ中なのですが 我が家はIV地域断熱材はグラスウールになります。 最近断熱材を100mm以上にしてる方を多く見かけ 少し不安になってきました。 天井は夏の暑さによって 新築後自分で厚さを足してもよいかなと思ってましたが 壁と床が後から調整は出来ませんから悩むところです。 やはり厚さを足した方が良いでしょうか? ちなみに気密住宅ではない在来工法です。

  • 断熱材について

    いつもお世話になります。 新築一戸建てを建築予定です。 断熱材なんですが、次世代省エネ基準を見ると天井、屋根に区分されてますがHMからもらった仕様書では天井、屋根の区分はなく屋根下天井部となっています。 通常は天井と屋根に分けて断熱材を施工するものなんでしょうか? また床下部の断熱性が低い感じがしますが妥当でしょうか? ちなみにIII地域断熱基準だそうです。(実際はIV地域) 屋根下天井部:グラスウール断熱材16K(厚110mm) 2重施工・熱抵抗値5.7m2・k/w 1階床下下部:発泡プラスチック系断熱材 押出法ポリスチレンフォーム3種(厚60mm) 熱抵抗値2.1m2・k/w よろしくお願いします。

  • 換気と断熱材について(長くてすみません)

    来年の建築に向けていろいろ試行錯誤中です。こちらのサイトにも大変お世話になっております。  今予定中の家は、木造の在来工法です。 以下のように変更をしようと思っております。 外壁断熱材 t50 グラスウール10k→ t100グラスウール16k 天井裏断熱材 t100グラスウール 10k → t100グラスウール16k へ  1F床下(t30) 2F床下(t25)のサニーライトもそれぞれ倍の厚さに  変更後の見積書を見たところ高断熱仕様となっておりました。 素人考えで断熱材を多くすれば温かいか。。??という思い込みで多くしてもらいましたがどうなのでしょうか? 気密性は特にとっていません。 それに伴い、3種換気を1種熱交換型にとプランをだされました。 換気の機種は1でも3でも可ということでした。 どちらのほうがいいのでしょうか? わかりづらい文章で申し分けありませんが宜しくお願いいたします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

グラスウールに関しては硝子繊維協会をご覧下さい。 施工マニュアルも入手できます。 グラスウールは同じ厚さでも密度が高くなるほど熱伝導率が低くなるので16kや24kのように数字が大きくなるにつれて密度が増えます。 >。(天井は100mmに出来ないか交渉中ですが暑くなると角や隅などが空いてしまったりするので、できれば厚くしないほうがいいと言われました。 この説明は意味がわかりませんね、断熱の知識が無い人の言い逃れです。 角や隅の部分まできちっと施工しなければ意味がありません。 天井部分は隙間などを考えて吹きつけタイプのグラスウールを選択すのも良いと思います。 床はできれば発泡系断熱材のほうが垂れ下がりが少ない為良いです。 何れも断熱材受けをしっかり施工して床裏面に密着していなければ無意味ですが。 通常の床下のような「その他の床」とされる部分は60mmでも 床下が駐車場や玄関などといった「外気に接する床」とされる部分は かなり厚い断熱材が必要ですのでご注意を! あとはしっかりとした隙間の無い施工が重要で、併せて気密が重要です。 間仕切り壁の上下に通気止めを施工したり、コンセント廻りの気密も重要です。 いくら高性能なグラスウールを使っても空気が流れては断熱効果は期待できません。

参考URL:
http://www.glass-fiber.net/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 グラスウールも施主が要望をだせればいいのですが、我が家のHMは難しいようです;;床の発砲系に出来ないかは一応聞いて見たいと思います。確かに垂れ下がるのは不安を感じます。玄関は未チェックでした良く確認したいと思います。 そうですよね施工は大事ですよね。その点が私もとても不安を感じています。施主が手を出せる領域ではありませんし口を出すのも難しそうで、大工さんが気を悪くしないよう、うまくやってもらえるように持っていけないか今から悩んでたりします。 有難うございました大変参考になりました。

  • 回答No.2
  • guchi-
  • ベストアンサー率28% (13/46)

こんにちは。 maicroさんがおっしゃる通り、厚さが限定されてしまってるのなら、質を上げるしかありません。どうもグラスウール限定のようなので、密度を上げるしかないようですね。 ちょっと気になったのですが、壁75mm、天井75mmというのは、金額的な限界ではなく、スペース的な限界のことを言われているのでしょうか? 通常在来で、3.5寸柱だとすると、壁には約105mmの隙間ができます。75mmしか入らないということは、柱が2.5寸ということになってしまいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 はい。スペース的な限界といわれました。 3.5寸柱ですね。その点も隙間がどれぐらい確保されるのかなども 確認していきたいと思います。 ご指摘有難うございました。

  • 回答No.1
  • maicro
  • ベストアンサー率35% (45/128)

グラスウールにも大きく2種類あります。 高性能グラスウールと普通のグラスウールです。 同じ厚みでも前者の方が断熱性能が高いです。 施工可能な厚みが決まっているようですので、 ご指定の厚みで地区IVで次世代省エネ基準を満たそうとすると、 より断熱性能が良い断熱材を選ぶしかないですね。 屋根・天井・床には  ・押出法ポリスチレンフォーム3種  ・硬質ウレタンフォーム、  ・吹付け硬質ウレタンフォーム(現場発泡品) 壁には  ・ビーズ法ポリスチレンフォーム特号  ・押出法ポリスチレンフォーム2種  ・フェノールフォーム保温板1種1号・2号、2種2号 が必要となります。 これでも屋根・天井は不足するぐらいですね。 またこれらの断熱材を選ぶと影響面積も大きいのでコストもかなり上がるので、どこまで次世代省エネ基準に拘るかだと思います。 せめて新省エネ基準の1.5倍の性能までを目指すというのも一つの妥協ラインです。 まずはHMにそのHMで仕入れられる費用対効果の高い断熱材は何かを相談し、その断熱材にした場合に差額はいくらになるか確認してみては? その際、ついでにグラスウール32K(もしくは高性能グラスウール24K)にした場合の差額も確認してみたらいいんじゃないかな? こっちはお客なんで、そんな細かいコスト計算するより営業にやってもらいましょう♪ ちなみに「K」というのは、グラスウールの密度です。 「HG」というのはおそらくハイグレードの略で高性能グラスウールを指すものだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 結構種類もいろいろとあるんですね 細かく説明頂いて有難うございます。 そうですか結構コストが掛かりそうですね 今現在見積もりをしてもらっているので、かなり心配 >ちなみに「K」というのは、グラスウールの密度です。 「HG」というのはおそらくハイグレードの略で高性能グラスウールを指すものだと思います。 良く分かりました。 有難うございました。

関連するQ&A

  • グラスウール断熱材の厚みと密度について

    天井の断熱材について、グラスウールを敷く予定ですが、 候補として下の3つを考えています。 候補(1) 密度10K×100mm×2段重ね 候補(2) 密度16k×100mm×1段 候補(3) 密度24k×100mm×1段 (2)<(3)は分かりますが、(1)と(2)、あるいは(1)と(3)はどちらが断熱性能が高いのですか?自宅は福井県福井市です。

  • 次世代省エネ対応 断熱材の厚みについて

    某ハウスメーカーで新築を建てようとしております。 次世代省エネ基準対応で建てる予定で、我が家は神奈川県なのでIV地域、木造軸組構法です。 仕様書を見ると天井はロックウールの175mm(100+75mm)なのですが、壁が75mmのロックウールしか入っておりません。 「平成11年省エネルギー基準(次世代省エネルギー基準)における住宅の各部位及び地域別の断熱材必要厚さ一覧表」のIV地域の壁はロックウールの場合は84mmとなっております。 ハウスメーカーのホームページには『壁には100mmのロックウールを使用し、1階の床には発泡ポリスチレンを使い、「次世代省エネルギー基準」もクリア。』と謳っていたので営業に問い合わせたところ、「HPにはそう書いてますが、通気性の観点から仕様が75mmに変更されています」と言われました。 その時は納得したのですが、壁の断熱材がロックウールの75mmで次世代省エネ基準クリアとなるのでしょうか? ご存知の方、ご教示願います。

  • 断熱材について

    ?地域で木造平屋の新築を計画中です。見積もりの断熱材その他関連を見ますと、床断熱材:サニーライトt50mm、外壁断熱材:サニーライトt 50mm、屋根断熱材:サニーライトt 60mm、外壁透湿シート及び防水テープ張りとなっていました。 以前打ち合わせ中に高断熱高気密等の話を出してみたところ、「このへんなら普通に建てても、特に困らない位の気密断熱性は出るんじゃないですか。最近の建築なら」と言われました。話はそれきりになっていたのですが、「断熱がいいほうがとのことなので…グラスウールよりこちらのほうが良いと思います」と見積もりには上記が書かれていました。 1:高断熱高気密は殆どやらない工務店さんのようなので、あまりにこだわるのは無理のように感じていますが、上記の断熱材は厚み的にはどうなのでしょうか。寒さ暑さで眠れないほどだったりは困るなと…(今の木造アパートがそうです) 2:サニーライトは高いようですが、予算を削るならグラスウールにかえることもできますと言われています。グラスウールに変えるなら、どの位の厚みがあったほうがよいのか教えて下さい。また、多少価格がはってもサニーライトにこだわったほうがよいメリットがもしあれば教えて下さい。 以上です。ごちゃごちゃ書きましたが、どうかよろしくお願いいたします。

  • 断熱材は充分でしょうか?

    輸入住宅(カナダ、2×4)で建て替えを予定しています。 見積りの断熱材の記載が、   1F基礎内断熱 スタイロフォーム 55mm   外壁 グラスウールH16K 100mm   屋根・天井裏 グラスウールH16K 140mm とありました。 今住んでいる家が古くて寒いので、暖かい家にしたいと思っています。 こちらは雪のほとんど降らない寒冷地ですが、本当にこれで充分なのでしょうか? 日当たりは良く、窓はマーヴィン社(インテグリティ)が標準です。 暖房は、畜暖を検討中で、全室20度設定で各部屋に2~7KWを約10台設置がベストと見積もりもいただきました。 HMさんには、充分暖かいと言われるのですが・・ 断熱材をアイシネンに変更か、グラスウールをもっと入れてもらうことも考えています。 断熱材についてお詳しい方、アドバイスをお願いします。 断熱材を変更または増やすべきでしょうか? 具体的に何をどのくらいとアドバイスを頂けると助かります。 よろしくお願いします。

  • 断熱材の費用を教えてください。

    はじめまして 現在、在来工法の家を立てる予定のものですが、断熱材についてお聞きしたいことがございます。依頼しているHMでは、グラスウール密度10kの厚み50mmを使用する予定でしたが、自分で厚み100mmへの変更をお願いしましたが、費用が建坪44坪で50.000円(壁,天井,床)と言われております・・・。 平均的な金額と、HMで言われた金額がどうなのか 知りたいので、教えていただけますでしょうか? また、密度16k 厚み100mmにした際の予算もわかれば 教えてください、よろしくお願い致します。 

  • 断熱材について教えてください。

    現在新築を検討し進めています。 断熱材について、標準ではロックウール壁55mm・天井75mm となっています。 ちなみに在来木造で地域は東海、サッシはアルミで窓は ペアガラス(LOW-E)です。 比較的温暖な地域なので上記の断熱材も悪くはないのかも しれませんが、吹き抜けがあり蓄熱暖房を取り入れるので できるだけ断熱性を高めた方がいいのかなとも思います。 (そもそも高断熱、高気密の家にすればよかったのですが・・・) 業者にはロックウールを壁、天井ともに100mmにする、 パーフェクトバリアやセルロースファイバーにするなど 提案いただいています。 ロックウールの厚みを増やすくらいなら予算内だと思いますが ほかはちょっと高くなるので考えてしまいます。 でも一生住む家なので・・・迷います。 断熱性を高めると結露しやすくなるんですよね?? 第3種換気なので無理に断熱性を高めると結露しやすく なってしまうのではと懸念しています。 ぜひ断熱材についてアドバイスいただけますでしょうか?

  • 断熱材の選択で悩んでいます。

    断熱材の選択で悩んでいます。 来月、新築着工いたしますが、予定されていた断熱材が入荷できないみたいで変更になるそうです。 工務店側は当初マグオランジュ16K90mmの代用にロックウール100mmプラス防湿気密シート、 又はパラマウント社ハウスロンEQL16K105mmを提案されています。 その工務店は気密シートに慣れてはいない気がするので心配です。 ハウスロンEQLはオランジュより劣るような… どちらを選ぶのが無難でしょうか? また、オランジュより良いグラスウールで、エコポイント対象の商品がありますか?

  • 内断熱の断熱材はどれがベスト???

    現在新築中で断熱材の取付施工を行おうとしているところです。 当初の打ち合わせでは、壁・天井ともロックウール40Kの75mm厚を計画しておりましたが、HMの話しでは厚みが大きすぎる為、上手に入れられないかもしれない、55mm厚だと問題無いとの事。 壁内側の空間が105mmで筋交いが45mmなので筋交いの箇所の隙間は60mmしかない、そこに75mm厚のロックウールを詰め込むと内壁や防水シートが膨らむ可能性が高いとの事。 いくつか対策案を考えました。どの案がベストでしょうか?また、これ以外に良い案がございましたら教唆頂けると幸いです。 1) 天井はロックウール40K75mm、壁は55mmを使用する。 2) 天井はロックウール40K75mm、耐力壁は55mm、それ以外の壁は75mmを使用する。 3) ロックウールをやめて断熱性能が同程度で圧縮柔軟性のあるグラスウール24K程度75mm厚を使用する。 宜しくお願い致します。

  • 断熱材の厚みについて

    2×4で建築を予定しています。 業者に概算見積りをだしてもらい、家の仕様についても説明してもらいました。 断熱材の仕様なんですが、これで十分でしょうか? 地域はIII地域です。 外周壁  高性能グラスウール16K 90mm 屋根天井 高性能グラスウール16K 140mm 床下   スタイロフォーム 50mm 次世代省エネ基準に満たすには、天井は200、壁は100に したほうが良いのでしょうか?

  • 断熱材について

    以下の断熱は性能としてはどうでしょうか。 ●天井  高性能グラスウール14k155m(遮熱タイプ)  気密シート ●壁  高性能グラスウール14k85mm(遮熱タイプ)  気密シート  遮熱シート ●床  グラスウール32k80mm 最近は、グラスウール以外にも高性能な断熱材が多いそうですし、 外断熱もおしている工務店も多いです。 上記の、グラスウール+内断熱って古臭い気がするのですが いかがでしょうか。 うちは、寒いのが大嫌いで、冬は暖かな家でできれば半そでくらいで 過ごしたいです。