• 締切済み
  • すぐに回答を!

COD測定時の硫酸濃度について質問です。

過去ログも見てみたのですが、解答が得られませんでしたので質問しますm(_ _)m 過マンガン酸カリウムを使ったCODの測定についてです。 実験をする際に、加える硫酸の濃度はどれくらいが適当であるのか反応式から理論的に求めたいと思っているのですが、どのように考えたらよいのかわからず困っています。 過マンガン酸カリウムの反応は MnO4- + 8H+ + 5e- → Mn2+ + 4H2O でありますが、この式の8H+が硫酸から与えられることから考えてみたのですがいまいちうまく計算に結びつきませんでした。 ご教授お願いいたします・・・

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数786
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
  • ht1914
  • ベストアンサー率44% (290/658)

この式でいいのではないですか。 硫酸の量は過マンガン酸カリウムの物質量の4倍以上でないといけません。その範囲で余裕を持って入れます。いくらとしたぴたっとした値が決まるわけではありません。 酸化される物質の量は過マンガン酸カリウムの方で調べるわけですから硫酸の量は結果には影響してきません。 ただ硫酸が不足すると違う反応が起こるようになりますので何を調べているかが信頼できなくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ある濃度の過酸化水素20.00mLに、硫酸酸性0.01000mol/L

    ある濃度の過酸化水素20.00mLに、硫酸酸性0.01000mol/L過マンガン酸カリウム水溶液を、その赤紫色が消えるまで反応させると、24.00mLを要した。この過酸化水素水のモル濃度を求めよ。ただし、過マンガン酸カリウムと過酸化水素は、それぞれ以下のように反応する。答えは有効数字四桁でこたえよ。 MnO4- + 8H+ + 5e- → Mn2+ + 4H2O  H2O2 → 2H+ + O2 + 2e- という問題なんですが式をまとめたあと何するかさっぱりわかんないです。まとめたしきもあっているかわからないのでよければとき方を教えてください。

  • COD

    のことについてなんですが MnO4-+8H2+5e-→Mn2++4H2O O2+4H++4e-→2H2O の半反応式はわかります。 ですが 1モルの過マンガン酸カリウムは(5/4)O2相当になるというところがいまいちわかりません 教えてください。

  • COD測定について

    CODを測定する時、試料を過マンガン酸カリウムで酸化することによって消費酸素量を求める事は理解できました。しかし、「試料中の有機物が反応する」ことは分かったのですが、具体的に過マンガン酸カリウムと有機物はどのような反応をしているのでしょうか?有機物と言っても様々なものがありますよね・・・。有機物といえばCを含むということと考えると例えば、2MnO4^-+5H2C2O4+6H^+→2Mn^2++10CO2+8H2Oというような反応をしているのでしょうか?(見難くてすみません)。 過マンガン酸カリウムが汚水中の何とどのように反応しているのか知りたいです。回答よろしくお願いします。

  • 水のCOD測定

    水のCODを測定する実験を行いました。まず試料水に硝酸銀を加えてから硫酸で酸性にし、一定量の過マンガン酸カリウムを加えて試料中有機物を酸化し、シュウ酸ナトリウムを加えてそれを過マンガン酸カリウムで滴定する、という実験をまずやりました。次に硝酸銀を加えないで同様の操作を行ったのですが、結果、過マンガン酸カリウム滴定量は最初の実験より小さな値となりました。 硝酸銀を添加する意味を色々調べてみたのですが、硝酸銀はCl-の妨害(MnO4+の酸化に使用される)を防ぐためにCl-をAgClにする目的で加えるそうです。 ということは、硝酸銀を加えなかった場合、過マンガン酸カリウムの酸化に使用する分と、試料中有機物を酸化する分とで、加えた場合よりも滴下量は多くなるのではないですか?なのになぜ上記のように少ない数値が出てしまったのでしょう。実験に不備があったのか、自分の考えが間違っているのか、(後者なら正しい考えも)教えて下さい。                 

  • 酸化還元反応 作り方

    過マンガン酸カリウム(硫酸酸性溶液)と過酸化水素水溶液の反応 (1)MnO4- + 8H+ + 5e- →Mn2+ + 4H2O (2)H2O2→ 2H+ + 2e- eを消すために (1)×2+(2)×5 2K+ 3SO4(2-) を加える で整理して完成と解説にはあります 2K+ を加えるのは 過マンガン酸カリウムの(1)を2倍してるから、省略されているK+の2倍を加えているんですよね? また硫酸酸性溶液のだからSO4(2-)を加えるんですか? 3SO4(2-)の3はどうして3なんですか?

  • CODについて

    素朴な疑問なのですが、COD測定時に過マンガン酸カリウム溶液を用いた時、なぜ硫酸を加えるのですか?

  • 硫酸で酸性にした濃度が未知の過酸化水素水20.0mLを、0.0400m

    硫酸で酸性にした濃度が未知の過酸化水素水20.0mLを、0.0400mol/L過マンガン酸カリウム水溶液で滴定したところ、10.0mLを加えたところで、反応が終了した。 このとき、過酸化水素および過マンガン酸カリウムは次のようにはたらいている。 H2O2 → O2 + 2H+ + 2e- MnO4- + 8H+ + 5e- → Mn#2+ + 4H2O まず ◎どうして硫酸を使って酸性にしているのに過酸化水素水のイオン反応式にSとかが含まれないのかということ ◎過酸化水素の濃度は何mol/Lか。 という問題の解説が、電子を消去した式から考えて、 5H2O2 + 2MnO4- …… となるので 比の式で 5:2=n×20:過マンガン酸カリウムのモル となってるのですが? mcv=mcv の公式で使うような価数ってこの場合のモル濃度を求めるときは必要ないのですか? ◎この反応で発生した酸素の体積は、標準状態で何mLか。ただし、発生した気体は水溶液に溶けないものとする。 という問題で、 模範回答は、過酸化水素と酸素の係数?が一緒なことを使って過酸化水素で体積を求めているのですが、 私は酸素で式を作ったところ答えが違いました。どうしてできないのでしょうか? 長々と失礼しました。回答お願いします。

  • 酸化還元について

    過マンガン酸カリウムで亜ヒ酸(H3AsO3)を酸性条件下で反応させるときについて。 この反応式を立てるために、半反応式を表から引っ張ってきました。 亜ヒ酸の半反応式は、H3AsO4+(2H+)+(2e-)→H3AsO3+H2O ΔE=0.56 という式がありました。 次に過マンガン酸カリウムの反応式を探しました。 しかし、 (MnO4-)+(H+)+(5e-)→(Mn2+)+4H2O ΔE=1.51 (MnO4-)+(4H+)+(3e-)→MnO2+2H2O ΔE=1.77 という二種類の式が出てきました。 答え的にはΔE=1.51のほうの式を使うらしいですが、どうしてこっちを使うのかわかりませんでした。

  • COD測定法について

     過マンガン酸カリウムによるCOD測定を行っています。操作はJISとおなじです。測定を行っていて操作に疑問に思うところがあったので質問します。  硝酸銀溶液を加えることについてですが、塩素の妨害を防ぐとありましたが、塩素が含まれている場合の滴定量は増えるのでしょうか?  試料に塩素がどれくらい含まれていて、どれだけの硝酸銀を加えればいいかはどのようにして判断すればいいのでしょうか?(5mlを超えて過剰に加える場合)  過マンガン酸カリウムを加えたあと、よく振り混ぜるのを忘れていて操作を進め、シュウ酸ナトリウム溶液を加えたとき沈殿が発生してしまいました。硝酸銀とシュウ酸ナトリウムが反応したようですが、なぜ過マンガン酸カリウムを加えて混ぜるとシュウ酸ナトリウムと反応しなくなるのでしょうか?

  • COD測定と酸化還元滴定

    COD測定で、一定量の過マンガン酸カリウム溶液を加えた後、過剰になった過マンガン酸カリウムを直接シュウ酸ナトリウム溶液で滴定しない理由として、以前に「二酸化マンガンとシュウ酸の反応が遅い事」が挙げられていました。 これは酸化還元滴定(過マンガン酸塩滴定)時の「過マンガン酸カリウムとシュウ酸の反応が遅いが、反応の結果生じた二酸化マンガンが触媒作用するので、ある程度反応が進んだ後は、速やかに反応進む」という事と、どぅ違うでしょうか? 同じことだと思っていたのですが、COD測定の方では「二酸化マンガンとシュウ酸の反応」で酸化還元滴定の方では「過マンガン酸カリウムとシュウ酸の反応」となっているので悩んでしまいました。