-PR-
締切済み

三社参りって???

  • すぐに回答を!
  • 質問No.27092
  • 閲覧数268
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 5% (5/94)

新年明けまして、向かうところは『三社参り』!!
でも、どうして『三社』なんですか?一社、二社じゃ神様に認められないのでしょうか?何かいわれがあるのか、教えてください!!
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 推古天皇三十六年(西暦628年)。 漁師である檜前浜成(ひのくまのはまなり)・檜前竹成(ひのくまのたけなり)という兄弟が、宮戸川(今の隅田川)で漁をしていた。 ところが、その日に限って魚は一匹もかからない。その代わりに、金の像のようなものがかかるばかり。何度海中に投げても、また網にかかってくる。しかたなくその像を持ち帰り、当時の学識者ともいうべき土師眞中知(はじのまつちのなかとも)に見せた。中知は、それが聖観世音菩薩の尊像であり、ありがたい仏様の像であると言った。浜成と竹成の兄弟は、魚が捕れないことには暮らしに困るので、どうか魚が捕れますようにとその像にお祈りをした。 すると、翌日はうって変わって大豊漁となった。中知は自宅内に堂を設けてその観音像をおまつりした。 後に中知と浜成・竹成の子孫が、この三人を神様としておまつりしたのが、三社権現社、つまり三社祭の起こりです。


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ