• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

OE5エラーメッセージ「riched32.dllを読込めませんでした」

  • 質問No.268866
  • 閲覧数635
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 38% (8/21)

OE5メッセージ作成時のエラーメッセージ「riched32.dllを読込めませんでした。再インストールしてください」
について。
OSはWin2000です。
riched32.dllとgapi32.dllを修復すればいいというのは
過去ログでわかりました。
Win2000の場合はDLLファイルをコピーしてもまた、
以前のファイルに戻ってしまいます。
DLLの修復はどうすればいいでしょうか。
すみませんが、このあたりはうといので丁寧に教えてください。よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 63% (1239/1943)

失礼ですが、"gapi32.dll"や"riched32.dll"をどこからコピーするおつもりでしょうか?
システムのバックアップがあるのでしょうか?あるのでしたら、問題ありませんが・・・。

Win2000のシステムファイルは、通常、"C:\WINNT\system32\dllcache"にファイルのバックアップコピーが保存されていますが、ご質問の内容から察するに、このバックアップ自体が壊れていると思われます。(システムがファイルを復元する時には、このフォルダから書き戻しているので)

"Microsoft Office"のCD-ROMには、"gapi32.dll"や"riched32.dll"がそのままの形で入っていますが、
win2000のCD-ROMには、"gapi32.dl_"、"riched32.dl_"というファイル名で圧縮された形で入っていて、そのままでは使えません。

gapi32.dll  98,304バイト(ver.5.5.2803.0)
gapi32.dll  88,336バイト(ver.5.5.2175.0)
gapi32.dl_  32,897バイト    
riched32.dll  3,856バイト
riched32.dl_  1,185バイト

Windowsのシステムファイルを修復する場合、"sfc.exe"(『システムファイルチェッカー』)を使用しますが、Win9xとWin2000では操作方法が違います。

Win2000の"sfc.exe"は、Win2000のCD-ROMをドライブにセット後、

「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」

または、

「スタート」→「ファイル名を指定して実行」

で、

sfc /scannow

と入力します。(参考URLの1つ目)

メーカー製PC等でリカバリーディスクのみでWin2000のCD-ROMがない場合、"C:\i386"フォルダ等にWin2000のCD-ROMの内容が保存され、レジストリにその場所が記録されていることがあり、その場合には、そのフォルダ内のファイルを元に修復されます。(参考URLの2つ目)
補足コメント
happy73

お礼率 38% (8/21)

"gapi32.dl_"、"riched32.dl_"の解凍はどうすればいいのでしょうか?
また、システムチェッカーすることによりどのような効果があるのですか?何度もすみません。
投稿日時:2002/05/13 12:39

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 63% (1239/1943)

個別に解凍する方法を書くのを忘れてしまいました。

『コマンドプロンプト』から、

expand z:\i386\riched32.dl_ c:\WINNT\Temp

で、"c:\WINNT\Temp"フォルダに、riched32.dllが解凍(展開)されます。(z:はCD-ROMドライブ)
以下は、"expand /?"と入力した時に表示されるヘルプメッセージです。

EXPAND [-r] 展開元 展開先
EXPAND -r 展開元 [展開先]
EXPAND -D CABファイル名 [-F:ファイル名]
EXPAND CABファイル名 -F:ファイル名 展開先

-r         展開されたファイルの名前を変更します。
-D        展開元ファイルにあるファイルを一覧表示します。
展開元      展開元のファイルを指定します。ワイルドカードも使用できます。
-F:ファイル名  CAB ファイルから展開するファイルの名前を指定します。
展開先      展開先のファイルまたはパスを指定します。
          展開先にはディレクトリも指定できます。
          展開元ファイルが複数で、-r オプションが指定されていない場合は、展開先はディレクトリである必要があります。

"-r"オプションは少々紛らわしくて、"riched32.dl_"を"riched32.dll"に展開する時には必要ありません。"riched.dll"などと"riched32"の部分を変更する時に指定します。
補足コメント
happy73

お礼率 38% (8/21)

わかりやすく書いていただいてありがとうございます。
システムチェッカーの効果も理解しました。
システムチェッカーは修復必要なDLLを探して、置き換えて
くれるということですが、これを行うことと目的の*.dl_を
手動で解凍して置き換えることは結局同じ意味になると
いう理解でいいですか?

システムチェッカーをやってみましたがOE5では
同じエラーメッセージしか表示されません。
ためしに、Win98のriched32.dllに置き換えてみたら
エラーメッセージはなく、確認した範囲では正常に
動いていたのですが・・・下位Ver.のDLLは入れても
問題ないのでしょうか?
投稿日時:2002/05/14 16:39
  • 回答No.3

ベストアンサー率 63% (1239/1943)

>"gapi32.dl_"、"riched32.dl_"の解凍はどうすればいいのでしょうか?
>また、システムチェッカーすることによりどのような効果があるのですか?

『システムファイルチェッカー』を実行すると、修復が必要なシステムファイルを探し出し、CD-ROM上の"*.dl_"を"*.dll"に変換して、ハードディスク上のファイルと置き換えてくれます。("C:\WINNT\system32\dllcache"フォルダにバックアップされているものも、同時に置き換えられます。)
  • 回答No.1

ベストアンサー率 64% (2667/4137)

>Win2000の場合はDLLファイルをコピーしてもまた、
>以前のファイルに戻ってしまいます。
Windows2000でしたら、
セーフモードで起動すると
うまく上書きできますよ。

セーフモードは、
パソコンの電源を入れてメーカーの起動ロゴが消えた直後に
「F8」キーを押すとメニューが出ますので、そこで選択します。
お礼コメント
happy73

お礼率 38% (8/21)

早々に教えていただいてありがとうございます。
早速やってみます。
投稿日時:2002/05/12 11:08
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ