解決済み

借金返済のために資金援助を受けた場合の贈与税

  • すぐに回答を!
  • 質問No.264738
  • 閲覧数622
  • ありがとう数4
  • 気になる数1
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 48% (95/194)

 負債の返済のために親族から現金の贈与を受けた場合、例えば500万円なら500万円返済のために現金の贈与を受けた場合、贈与税の計算については、原則どおりで、なんらかわることはないのでしょうか?
 つまり、500万円そのまま債権者に支払うのではなく、贈与税額を計算のうえ、税金控除分の金額のみ返済、ということにしておかないといけないですか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 親族の間に扶養義務の関係があり、資力を喪失して債務を弁済することが困難である場合においては、相続税法8,9条の規定により、贈与税が免除になることがあります。下の質問の11を見てください。
お礼コメント
chakuro

お礼率 48% (95/194)

いいサイトをご紹介いただきありがとうございました。参考にさせていただきます。
投稿日時 - 2002-05-06 19:57:50
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

借金返済のための資金を贈与された場合は、通常通りの贈与税が課税されます。
贈与税は、1年間に110万円までは非課税ですから、500万円の贈与を受けた場合は、390万円に対して課税され、贈与税が69万5千円になります。
贈与税の申告と納税は、翌年の翌年の2月1日から3月15日までにすることになっています。

従って、500万円の贈与を受けても、贈与税の分は別にしておき、差額しか返済に充当できません。

贈与税は、このように高いですから、毎年100万円づつ贈与を受けて、5年間で返済する方法も有りますが、5年間に支払う借金の利息と節約できる贈与税を比較して、有利な方を選択する必要があります。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ