• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

第一次世界大戦と第二次世界大戦がおきた理由 

  • 質問No.2640043
  • 閲覧数1324
  • ありがとう数214
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0
 第一次世界大戦と第二次世界大戦がおきた理由って何だったんでしょうか?。
 学生時代に習ったはずなのにまったく覚えていません。 
 直接的なきっかけを知りたいんですが。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 25% (57/222)

どちらも植民地と言う名の甘いケーキの奪い合いです。

WW1では確かにオーストリア皇太子暗殺によって勃発しましたが連合国も枢軸国も同様の問題を抱えておりたまたまトランプでジョーカーを引いたのが枢軸国側だと思って貰って結構でしょう。ある意味熾るべくして熾った戦争とも言えます。

それに対してWW2はと言うとこれはWW1の戦後処理の拙さと世界恐慌が連続した事による側面もあったのです。
WW1後のドイツは確かに最悪のインフレに悩まされました。しかしながらドイツ人自身の資質とアメリカからの資金援助(借款)によりなんとか再生への道が見えていた時代が確かにあったのです。しかしご存知の通りアメリカ発の世界恐慌でそれは御破算。かてて加えてフランスがルール地方を強制的に借金(賠償金)の担保として押さえたりと外圧が加わりました。一方でドイツ国内では数十年前までは群雄割拠しておりその後はドイツ帝国として成立した経緯であり、WW1敗戦後のワイマール憲法による民主主義が成熟していたとは言えない状況です。
ちなみにナチスのSA隊とは当時の民主主義時代の選挙活動等で敵対する共産党などの他政党からの妨害を排除するために結成された経緯があります。まぁ平たく言えば政党お抱えの暴力団とも言いますね。勿論これは当時のナチスだけでなく他の党も多かれ少なかれやっていたことです。当時のドイツの民主主義は暴力団を使った抗争とセットになったものとさえ言えるでしょう。
そんな絶望的な状況下でナチスと共産党以外の党が政権を担ったのですがどれもこれも失敗。でドイツ人はダメ元でナチスを選んだのですが・・・悪魔が実在する証明だったのでしょう。彼らは相当に悪どい事をやってでも一定の成果をだしました。ナチスが政権を確立できた要因がここにあります。

一方でフランスやイギリスの思惑もありました。イギリスのチェンバレン首相は融和派でありWW1の再現だけはなんとしても回避したいがためにドイツに譲歩を重ね、それがヒトラーの増長へとつながりポーランド侵攻へと繋がったとする説は当を得ていると言えるでしょう。
しかしこれがソ連を視野に入れると状況は変わってきます。ソ連による共産主義の拡散は他国にとっては脅威以外の何者でもありませんでした。共産化すれば確実にその国のトップは粛清されることが確実だからです。そうした視野から見ればソ連vs英・仏・独・米といった状況の出現もあり得るのです。実際スターリンはその事を一番恐れていました。
地図を眺めれば分かると思いますがソ連がヨーロッパへ侵攻するとなれば一番バッターになるのは確実にドイツ。二番手がフランス・・・となります。そこでチェンバレンはそこも視野に入れての抱込みの意味での譲歩を重ねたと言えるでしょう。実際にWW2以後のドイツは東西に分裂し西ドイツ軍は強力な陸軍国となっていますしね。

少し話が逸れましたがヒトラーがああも政権を維持できた理由として最大の原因がWW1の戦後処理です。同時代の人はこう言っています。
「過酷にしては生温く、生温いにしては過酷だった。」とね。これはもう二度と立ち上がれない位に潰すのか逆に過剰な程に優遇して恩に着せるかして陣営に抱込むかしておけばWW2は回避できたか規模の縮小はできたのではないのか?という考察です。
実際WW2以後はこれを踏まえて日本と西ドイツを西側陣営に引き込む事に成功してますし両国ともPKO等の派兵位で済ませています。WW1での教訓は敗戦国を潰そうとしてもその国民は恨みをバネにして即座に復興して矛先を真っ先に戦勝国に向けてくる事を踏まえた教訓によるものなんですよ。

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 3% (3/98)

日本が戦争を起こした理由は、
欧米諸国が、世界中を植民地支配をしてきました。
そして最後に残ったのは極東地域でした。
それで欧米諸国に匹敵する日本が韓国や中国を植民地支配というか、保護しました。
そしてとうとう東南アジアに乗り出しました。
これはイギリスやオランダの兵士を追い出すためです。
侵略ではありませんhttp://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_02.html
と言うわけで日本が戦争を始めた理由は、
「欧米諸国の侵略」でした。
  • 回答No.2
こんにちは

下記のサイトを参照してください。
第一次世界大戦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E6%AC%A1%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%A4%A7%E6%88%A6
第二次世界大戦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%A4%A7%E6%88%A6
なお、詳細は各リンクの目次から、どうぞ。
以上
  • 回答No.1

ベストアンサー率 46% (251/542)

第一次世界大戦の直接のきっかけは
サラエボ事件。これは
オーストリア皇太子フランツ・フェルディナンドが
セルビア人学生プリンチップに暗殺された事件で、
オーストリア=ハンガリー帝国がセルビアに宣戦布告、
これでヨーロッパ各国の集団的安全保障が発動されて、
セルビアの同盟国ロシア、その同盟国フランスとイギリスが
オーストリアに宣戦布告し、オーストリアの同盟国ドイツ、トルコが
それぞれ宣戦布告して、大戦が始まるわけ。

第二次世界大戦の直接のきっかけは
ヒトラーのポーランド侵攻。
ヒトラーがミュンヘン会議での約束を反故にして
ポーランドに侵攻したことから
ポーランドの同盟国イギリス、フランスが
ドイツに宣戦布告。
当初はソ連はドイツの同盟国だったが、
ドイツが中立国ベルギー・オランダを侵犯して
フランスを征服し、イギリスを爆撃した後、
不可侵条約を破ってソ連に侵攻。
一方で、当初は中立だったイタリアは
ナチのフランス占領で欲を出して、参戦。
これで”枢軸国”が形成されるわけだが
北アフリカでイギリスにやぶれる。
一方、日本はヨーロッパとは関係なく
中国で1931年からずっと戦争していたが、
ドイツのモスクワ侵攻目前というのに悪乗りし、
石油禁輸処置をとっていたアメリカへの戦線拡大を決意して
真珠湾攻撃。これで名実共に世界大戦となるわけだが、
第二次世界大戦のきっかけは、あくまでもポーランド侵攻。
しかし日本の戦争は第二次世界大戦の開始よりも
8年前からなので要注意。ま、事実上、日本の戦争は
サイドエピソードといえるね。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ