• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

末期の肝癌の手術と延命治療に付いて。深刻です。

年齢は45歳男、弟です。B型肝炎のキャリアで、15年程前に発祥し入院して治療。その後、3ヶ月に1度の血液検査で肝機能の検査をしていましたが、昨年1年検査を怠っていました。夏頃から、腹部に違和感を覚えてはいましたが、胃の薬などを飲んで過ごしていました。ところが、1週間ほど前に激しい痛みがあり、その日は医者に行って、胃の薬だけをもらって帰ってきてしまい、それから6日後の一昨日再び激しい痛みがあり今度はレントゲン検査を受けて、気になる影があると言う事で、翌日CT検査を受けたところ、出血の恐れがあると言う事で、その後カテーテルにより造影剤を使って血管を調べました。幸い出血の様子はないとの事でしたが、悪性腫瘍が肝臓の半分位から胃を背中に押しやるほどの大きさ(大人の握りこぶし位だと言う事です。)にまで大きくなってしまっていて、末期の、それもかなり重度の肝癌と診断されました。そのCTの写真を見ましたが、素人が見ても分かるくらいに大きく、しかも、その一部が大動脈に食い込んでいるような状態で、もし癒着していると、手術は不可能だと言われました。後はカテーテルを通すのと同じ要領で、幹部に直に抗がん剤を投与すると言う延命治療を 行うかどうかって状態で、まだ本格的な検査は2日後から始まるようですが、手術は実際に不可能なのかと言う事と、仮に手術が出来たとして、それ程大きくなってしまった悪性腫瘍をすっかり取り除く事が出来るのかと言う事。それをリスクも含めて教えて下さい。かなり深刻な状況です。また、その状況から完治するまでには至らなくても、治療する事によって、社会復帰できる位まで回復できる可能性はあるでしょうか。他へと転移は今のところ見られないようですし、本人は痛みも無く、食欲もあり、まったく普通の状態です。セカンドオピニオンの話も聞かれる昨今ですので、できれば知識のある方のご意見をお聞かせ下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数823
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

弟です、とのことですので、質問者は患者さんのご兄弟でしょうか。 (1)手術が不可能かどうかですが、説明されているように、動脈に癒着、浸潤しているのであれば、無理と言わざるを得ないでしょう。大動脈以外にも浸潤していれば、それだけ手術も難しくなるでしょうから。 (2)手術が可能と言う判断は、全て取り除けるという判断と同義と考えます。ですが、目に見えない(現在の医療で検出できない)癌が全身にばら撒かれていて、転移で再発してくる可能性はあります。 (3)リスクはやはり、肝機能と思います。肝機能、肝臓の予備能力がどれだけ残っているのか、現在の栄養状態は?手術をして、残った肝臓だけでやっていけるくらいあるのか?などですね。肝機能が落ちてくると、出血が止まり難くなります(血小板や血液凝固因子が減少する)ので、それだけ出血のリスクも高くなります。 また、B型肝炎ウイルスの影響で、残った肝臓から癌が発生してくる可能性も否定できません。 (4)社会復帰は難しいのではないかと思います。手術がうまくいき、経過が順調であれば、出来るかも知れませんが。カテーテル治療だけでは、根治は出来ないと思います。 残るは専門外となりますが、肝臓移植という方法もあるかもしれません。ただし、これは提供者があっての話です。質問者がご兄弟であり、「質問者が肝臓を提供する意志がある」のであれば、医師と相談してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答えありがとうございます。大変参考になりました。実は先日説明して下さった先生にも、肝機能に関しては同じ事を言われました。更に動脈に血栓が出来て破裂する可能性もあるとまで言われました。それにしてもまだ45歳。子供は高校生ですし、資産家ではありませんし、治療費やら、家族の生活の事を考えると辛いですよね。双子の弟なので、私も同じB型のキャリアですし、酒飲みますし、タバコも吸いますし、移植するにも健康とは言えない肝臓です。って言うかその病気自体人事ではありません。どうにか直る方法は無いものなんでしょうか。今の医療では無理なんでしょうね。

関連するQ&A

  • 手術以外の治療と延命策

    病理検査で、骨肉種か繊維肉腫を、疑う、悪性腫瘍腫瘍であることが判断されます。先生のほうからお話があり、手術して、切除しないといけないといわれ、迷ってます。手術しない方法、があれば教えてください。

    • ベストアンサー
  • 大腸癌ステージ4、手術で治る?延命治療?

    60歳(女性)、大腸がんが見つかり、肝転移(検査では6個ほど影が見えるとの事)してます。ステージ4です。抗がん剤治療のあと、手術を予定します。 情報が少なくて申し訳ないのですが、このようなケースは、治る可能性はあるのでしょうか、あるいは延命を目的とした治療になるのでしょうか。延命治療の場合、平均的な寿命は何年ほどでしょうか。 一般的なご意見教えて頂ければ幸いです。どうぞ、宜しくお願い致します。

  • 治療と延命治療の線引き

    初めて質問をします。 75歳の父親の事です。10年以上前に脳梗塞を起こし、自宅療養していましたが、次第に介護度が上がり、自宅介護が困難になったため、3年ほど前から特養老人ホームに入所していました。入所時の必要書類として、延命治療を受け入れるか受け入れないかという意思表示を家族がする書類があり、受け入れないという意思表示をしていました。ホームでは自分で全く歩く必要がなくなったせいか、足が急激に弱り完全に車椅子となり、また脳梗塞の症状も進んだのだと思いますが、軽い痴呆を伴う様になり、食事・排泄の介助が必要でしたが、ホームのスタッフにはよく面倒をみて頂いており、家族も安心しておりました。 そんな中 脳出血を起こし救急病院に搬送され、手術を受ける事態が発生しました。手術は成功し 現在リハビリ病院で回復に努めていますが、経過は思った様には進捗していません。 斯様な状況下、家族の一人が手術は延命行為であり、あのまま手術を受けない選択肢もあったのではないか と言い出しました。 普通に考えれば、あの状態で脳出血を止める手術を受けないなどとはとても考えられない一方で、その家族は、巷で言われている延命治療を勘違いして、延命治療を拒否すると言ってあるのに何故 病院は手術をしたのだろう あのまま逝かせてあげた方が本人も幸せだったかもしれない と勝手に自分の頭の中で考えを膨らませて、かつそういう風に考えてしまう自分に対して思い悩んでいる様なのです。 周囲の人間にしてみれば、老人ホームで介護を受けながらの生活とはいえ 弱々しいながらも十分意識もあり、家族の訪問や食事もささやかな楽しみにしていた人間に対して、その様な考え方をするだけでなく それを他の家族に打ち明けて憚らない神経が理解できず、また我慢ならず、恥ずかしい話ですがよく喧嘩になります。 通常の治療を延命治療との線引きが難しいという話はよく聞きますし、理解もできますが 今回のケースは線引きが難しいという段階より、遥か手前の段階の話であって これ以上、そのポイントで悩んだり言い争ったりすることは、本人にとっても周囲の家族にとっても、無意味であるどころか家族関係を壊してしまうことになると思い、何とか心から理解をさせたいと思っています。 ただ、30-40年前の医療制度であれば、そういう選択も必ずしも全く考えられないものではなかった という意見を最近耳にしたこともあり、本人はますます混乱し家族関係をますます悪化させるという悪循環に陥ってしまっています。本人は決して父親の死期を早めたい意図で言っているわけではないのですが、言葉の流れから周囲にそう思われてしまっており大変なストレスになっている様です。延命治療の生半可な知識が、こういう勘違いから不幸を引き起こしているのだと思いますが、どなたか この様な人間を心から納得させられる様なアドバイスをいただけないでしょうか? 

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

こんにちは。 どうもお話からすると、医師からはかなりしっかりと状況の説明を受けていらっしゃるようですので、その医師に聞きたいこと、事細かく尋ねてみてはどうでしょう。 セカンドオピニオンはその後考えてもいいのではないかと思います。 こういう場合、セカンドオピニオンの場合でも結構多いのですが、事前に準備をせず、いきなり医師と対面して色々聞こうというのがそもそも無茶な話で、せっかくいい先生であって、聞けばしっかり説明してくれる先生でも、患者さんが何を知りたいのか判らない、という事は非常に医療の現場では多いのが実情です。 ぜひ、次回診察の時には、聞きたいことをメモなりにまとめて持っていって、先生にそれを見せてたずねるようにしましょう。 その答え方次第で、もう一度考えることをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速お答えありがとうございます。気が動転していて、正直言って質問できる状況ではありませんでした。しかも、昔から担当して下さっている先生は出張中で、その助手の方の説明でしたから、治療方法はその先生に聞かないと分からないのが本当です。後一週間ほどで帰ってくるようなので、その先生の判断を聞いてから考えてみます。9月の健康診断で引っかからなかった腫瘍がほんの半年足らずであの大きさですから、1週間は本当に長いと思うのですが・・・

  • 回答No.1
noname#34846
noname#34846

わたしは直接回答できませんが、こういう相談所があり、参考にしたことがあります。 http://2nd-opinion.eee.ne.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。サイトチェックしてみました。早速質問してみようと思います。詳しい事は分からないかも知れませんけど、じっとしていられません。まだ若いですから、死んでなんかいられないって感じです。

関連するQ&A

  • どこからが延命治療でしょうか?

    躁鬱病の父が自殺未遂をしました。 人工呼吸器をつけ、ICUに入っています。 今の状態としては、 ・最初に昇圧剤を使ったことにより、今は昇圧剤を使わなくても血圧は100~60くらいを保てている ・自発呼吸はあるが弱く、人工呼吸器を使わないといけない ・意識は病院に運ばれてからも全くなし。  脳内に血液が回らなかった時間があり、CTでも脳の色が正常ではないので、意識が戻る確立は低いといわれました。  脳内に腫瘍当はなし ・糖尿病で太り気味だったが、臓器はほぼ健康(50代) ・植物状態になる可能性が高い 家から遺書のようなものが見つかり、 延命治療はしないでほしいという内容も書かれていました。 日付が書いてありましたが、なぜか1週間ほど先の日付でした。 その日に死ぬつもりだったのが、早まったのでしょうか・・・ 医師の方の説明では、 「今後急激に容態が変化する可能性は低いので、  しばらくこのまま様子を見ましょう。  口から入れる人工呼吸器は、感染等の要因から長く続けることはできないので、  落ち着いたら喉を切開して管を通しましょう」 と言われています。 人工呼吸器を使うことは、延命治療にはあたりませんか? また他のどのような行為が延命治療になるのでしょうか? 父の手紙の意思通りにするかどうかは家族で相談しないとわかりませんが、 今の私たちに選択肢は特にないのでしょうか。 ICUに入っているため、面会も1回10~15分とされていて、 常にそばにいて声を掛けたりすることもできません。 また、植物状態になってしまったら、 その後はどうなるのでしょうか・・・

  • 延命治療ではないけれど・・・

    70代の母が現在、肝硬変とガン(リンパ)で入院しています。 7月に検査入院で食道静脈溜のケッサツ術をしました。 一応2週間で退院したものの、食事がほとんど出来ず10kg近く痩せてしまいました。その後は近くのかかりつけに移り点滴治療をしていました。アミノレバン200Mlとブドウ糖など。 しかし、下血をしたことやそこは医院なので夜間の看護婦さんも一人だし外科のため、急変したらどうすることも出来ないとのことで 24時間体制の病院に転院させました。 医院ではほとんど寝たきりで最後のほうはトイレにも行けなくなり 相当老衰しており、このままいつ亡くなってもおかしくない状態でした。 しかし、転院先で点滴が増えたこと(アミノレバン1リットルプラス栄養など計3リットル)と鎖骨から栄養点滴をしだしたこと、輸血をしたこと。。。 などで顔色も良くなり、一見元気になりました。 しかし、肝性脳症の合併症が進行してきて、暴れたり幻覚幻聴、暴言など手をつけられなくなり、日中はずっと起きていて、ベッドに身体と手を縛られた状態にまでなってしまいました。 最初はその姿にショックで可哀相で見てられなかったのですが、病気と受け止めてくださいと看護師さんに言われ、だいぶん冷静に見れるようにはなりましたが。 本人がもともと医院に居た時から家に帰りたいと言っており、家に連れて帰ろうとした矢先の下血で転院させてしまったので、これでよかったのかという思いにいつも苦しんでいます。 もともと延命治療は望まない、でも痛み止めだけは最後までお願いして欲しいと昔から聞いていただけに、母の性格、人生観から今の治療でさえ母の意を反している気がしています。 出来れば、医院で寝ていたときのように、穏やかに寝せていてあげたいのに、暴れたりして縛られているのを嫌がり泣く姿を見ると、もう点滴さえ辞めてほしいと思います。 主治医の先生から今後どこまで治療するかと聞かれ、点滴を半分にして欲しいとお願いしました。 一時少し落ち着き、会話も昔の状態をいくぶん取り戻したように感じましたが、やはり病気が進行しているようで腹水、むくみなども出てきました。 それで先生から又、輸血、栄養剤などを増やしてはどうか?と言われたのですが、また暴れたりハイ状態になるのは本人が可哀相で、もちろんそうなるかどうかは判りませんが(転院させたときにそうなった為)。 リンパガンもあり、手のほどこしようもなく、肝硬変も末期で、余命もないと言われています。 未来につながらい治療をしても、いたずらに苦しむ母を見るのは辛いですし、自然に寿命を全うして昏睡状態になれば・・と思うのですが。 人が死ぬということはそう理想どおりにはいかないのでしょうが。 輸血や栄養の点滴を増やすことは延命ではないので、やはり主治医の先生のおっしゃるように、今までの治療に戻すべきでしょうか? 心臓も動いているし、脳死でもなく、まだ呼吸もだいぶ荒く早くなってはいますが、自分の力で息をしている以上、栄養を与えないのは見殺ししているような言われ方をして、どうしたらいいか悩んでいます。 安楽死と尊厳死は違うとは思いますし、やはり最期まで出来るだけのことをするのが正しいのでしょうか?

  • 犬の抗ガン剤治療について

    数日前にうちの犬の喉(右側)が腫れてるのを見つけて、今日腫瘍専門の獣医さんに診察してもらいました 血液検査と、CTをしてもらい、悪性の腫瘍であることがわかりました 何が原因の腫瘍かは、現在病理検査をしてもらっていて結果待ちの状態ですが、悪性の腫瘍には間違いないそうです 思ったより腫瘍の範囲が広く、あごから喉にかけて腫瘍が出来ているため、また、11年目になる大型犬のため、手術は出来ないと言われました この腫瘍の他に腹部にも腫瘍があり、5つほど出来ているみたいで、こっちも悪性腫瘍の可能性が高いそうです 獣医さんの治療方針としては、病理検査の結果がでないとはっきりとは言えないけれど、抗ガン剤を2回ほど使ってみては…と言う提案でした ただ副作用があるので、抗ガン剤を使うかどうかを病理検査の結果が出るまでに家族で話し合ってくださいと言われましたが、抗ガン剤を使った治療がよく分からず、またそれが犬にとっていいものなのかが分からないため、話し合いが出来ていません そこで、上記のような場合、抗ガン剤治療はしたほうがいいのか、その治療はどのようなものなのか教えて頂きたいのです 先生の予想では『甲状腺ガンではないか』とのことです どなたか分かる方がみえましたら、よろしくお願いします できましたら、治療にかかる大体の金額も教えていただけるとありがたいです

    • ベストアンサー
  • 悪性腫瘍の放射線治療

    悪性腫瘍の放射線治療について教えて下さい。病名はMALTリンパ腫で瞼の悪性腫瘍です。手術しましたが全部取りきれず、放射線治療をすることになりました。。今日、放射線科の医師の話を聞きましたが、内容として、、腫瘍は小さくはなるが完全に取るのは不可能・腫瘍は残っていても腫瘍は死んだ状態になる可能性もある・腫瘍が死んだ状態であってもそこからまた新しい腫瘍が生まれる可能性は充分にある・放射は15回が限度、それ以上は失明してしまう・放射線によって白内障は避けられない・等、もう治りませんと言われているようで絶望的な気分になりました。眼科の医師は放射線できれいに腫瘍は無くなると聞いていたのですが・・。。このような経緯についての意見など、どなたか詳しく教えていただけたら幸いなのですが・・。

  • ハムスターの悪性腫瘍の薬での治療について

    2歳3ヶ月のジャンガリアンを飼ってます。 悪性腫瘍で、手術はせず薬での治療をしています。 薬はステロイドを使用しています。 病院の先生は、「ステロイドを飲ませ続け半年くらいで寿命を全うするでしょう。」との事で、 最初は納得して治療を続けていましたが、最近は副作用で食欲もなくなってきており、 このままステロイドを飲ませ続けていてもいいのか疑問が生じてきました。 病院の先生にも食欲の件等伝えましたが、薬は今まで通りです。 そもそもステロイドを長期飲ませ続けてもいいものなのでしょうか? 悪性腫瘍の場合、ステロイド以外にどのような薬を処方してもらえるものなのでしょうか? 至急、ご意見、アドバイスの程よろしくお願い致します。

  • 猫の手術

    以前猫の「肥満細胞腫」について質問した者です。先程獣医さんから連絡あり、やはり悪性腫瘍であるとのことです。3歳のアビシニアンですが、昨年より体重が1.7kgも減ってしまい(現在2.8kg)、手術に体力が持つか心配です。獣医さんの検査結果が出るまで、「アガリクス」のペットサプリをあげていましたが、やはり食べたものは殆ど吐いてしまいます。このまま手術を受けさせた方が良いのでしょうか?できるだけ負担はかけたくありませんが、少しでも回復するのであればあらゆる方法を検討してみたいと思います。これまでペットの悪性腫瘍の経験がある方、ぜひ情報をください。 お願いします。

    • ベストアンサー
  • 悪性腫瘍特異物質治療管理料について

    泌尿器科の医療事務をしています。 膀胱癌の術後の患者様で再発の診断のため尿中BTAを検査しました。 この場合、 「悪性腫瘍特異物質治療管理料(尿中BTAに係るもの)220点」の算定をし、検査料や採血料は算定しないと思うのですが、 同日にPSA検査も行い「前立腺癌の疑い」病名がついた場合はどのように算定するのでしょうか? 青本では腫瘍マーカーと悪性腫瘍特異物質治療管理料は同一月に併用算定できないとあります。 「悪性腫瘍特異物質治療管理料(その他のもの2項目以上)」の算定でいいのでしょうか? それとも「悪性腫瘍特異物質治療管理料(尿中BTAに係るもの)」だけでしょうか? 尿中BTAが管理料として「その他のもの」にもともと入っていないのでわからずにおります。 医療関係で詳しい方からの返答お待ちしております。

  • ブドウ膜炎の手術

    いつもお世話になります。 母がブドウ膜炎と診断され数か月前からずっと治療しているのですが、一向に良くなりません。 そこで当症例の治療では定評のある病院を紹介してもらい、先日受診したところ 「そんなに長い間治療していて、全然良くならないのはおかしい。私の経験では原因が悪性腫瘍の可能性があるので、一度目を掃除するのと検査もかねて手術してはどうか」 と勧められました。少し驚いて紹介してもらった医院に話すと 「そんなこと言っていましたか?私はそこまでとは思わないが・・・」 とのこと。 一度検査してみたほうが良いとは思うのですが、下手にいじって却って悪化しては・・・と言う不安もあり、決めかねています。 手術の危険度はいかがなものでしょうか。皆様のアドバイスをいただきたく思います。 よろしくお願いします。

  • 団体信用生命保険に加入するのに、告知義務がありますが

    団体信用生命保険に加入するのに、告知義務がありますが わたしは3年前に悪性腫瘍で手術をしています (手術するまでは悪性か良性かわからない状態でした) (その時点で、住宅ローンの団信には加入できました) 今、借り換えを検討しているんですが この手術のことは告知しないと違反ですか? 手術してからは、1年に2回ほど病院で血液検査程度の検査をしていますが 特に治療や投薬は行ってません 悪性腫瘍の告知は何年前まででしょうか? たとえば3年前までなら、わたしは告知しなくてよいのか 一応告知しておくべきなのでしょうか?

  • スキリス性悪性腫瘍について

    先週、知人(60才・女性)が大量に血を吐いて急遽入院しました。 スキリス性の悪性腫瘍ということで、来週には胃を全て取り出す手術をするそうです。 「スキリス性悪性腫瘍」について、色々調べてみましたが、よくわかりません。 些細な事でも知っている方がおれば、教えていただけませんでしょうか。

専門家に質問してみよう