解決済み

多糖の溶媒に対する溶解性について

  • 困ってます
  • 質問No.262042
  • 閲覧数989
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

多糖のひとつであるカードランはDMSOに対して
溶解し、水には溶解しませんが、このカードランの
水酸基を硫酸化した「硫酸化カードラン」は
DMSOに難溶で水に溶解するようになります。
なぜこのように溶解性が逆転するのでしょうか。
多糖の硫酸基が、何か有機溶媒の溶解性
に影響を及ぼしているのでしょうか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 31% (726/2280)

硫酸抱合体というものをご存じでしょうか。
エストロゲンなどの脂溶性の物質を尿中に排泄する際に水溶性にするため、活性硫酸によって抱合体にかえられるのです。
これと同じ原理ではないでしょうか。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ