締切済み

鉛イオンの分属について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.261688
  • 閲覧数712
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/1)

陽イオンの分属作をするときに


陽イオン                  分属試薬
(1)水銀、鉛、銀               希塩酸 
(2)カドミウム、水銀、鉛、スズ、銅・・・・  硫化水素




などの陽イオンのグループに分けられるが、鉛は(1)と(2)に含まれる。
この理由を溶解度積から考えると、どうなるでしょうか。
少しでも分かる方、是非とも教えて下さい!

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 48% (146/301)

塩化鉛は塩化水銀(I)や塩化銀に比べて溶解度が比較的大きく、第1属の分属の際、ろ液の方にも一部出てくるからです。
特に熱水には溶けやすく、冷やすと細かい針状晶が析出してきれいです。
溶解度・溶解度積の値は定性分析の教科書や化学便覧を参照してください。
感謝経済
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ