• ベストアンサー
  • 困ってます

CD-Rの容量の空き部分にデータがはいりません

  • 質問No.2616376
  • 閲覧数134
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数8
  • コメント数0

お礼率 30% (22/73)

音楽用のCD-Rに300Mくらい焼いた後に残りの部分に他の音楽を入れようとすると「このメディアはいっぱいです。ブランクメディアを入れてください」みたいな表示が必ずでます。いまいち良くわからないのですがCD-Rは一度しか焼けないのですか?あいている部分にデータ(音楽)を追加で入れることは不可能なのでしょうか?出来るとしたらなにが悪いのでしょうか?よろしくおねがいいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 63% (854/1345)

★アドバイス
・基本的に『CD-R』というメディアは1回のみしか書き込めないタイプです。
・ソフトによっては、追記可能な『トラックアットワンス方式』がありますが……。
・つまり、『CD-R』は一度しか焼けないのですよ。→質問者さんの推測どおりです。
・追記したい場合は『CD-RW』というメディアを利用します。
・同様に『DVD-R』も1回で、『DVD-RW』が追記書き込みが可能なメディアですよ。

参考:
・『CD-ROM』は、工場出荷時に書き込まれている。→音楽CDなど
・『CD-R』は、1回だけ書き込めるメディア。
・『CD-RW』は、追記が可能なメディア。
・『DVD-ROM』は、『CD-ROM』と同じく工場出荷時に書き込まれている。→映画のDVDソフトなど
・『DVD-R』は、1回だけ書き込める DVD 版のメディア。
・『DVD-RW』は、追記が可能な DVD 版のメディア。
・『DVD-RAM』は、ファイル単位で削除が可能なメディア。→フロッピー感覚で利用できる便利だよ。
・他にもいろいろなメディアがありますよ。→『DVD±R』など
・以上。おわり。参考になりましたか?

その他の回答 (全7件)

  • 回答No.8
ANo.6ですが補足情報をお願いします。
まず焼いたCD-Rは普通のコンポで聴けるのですか、聴けるのなら「音楽CD」形式で焼いたものだと思います。
それとどんなソフトを使いましたか。

こちらの補足としては、Windows Media Player、itunesなどの音楽作成用のライティングソフトでも「音楽CD」、「データCD」両書き込み形式があります。
「音楽CD」の表記は「AudioCD」になってます。
  • 回答No.7

ベストアンサー率 45% (731/1600)

CD-RW、DVD-RWは追記に「プラスデータの書き換え」(消去-全体)つまり、初期化が出来るのでは。
  • 回答No.6
まず、ライティングソフトの書き込み方式に「データCD」と「音楽CD」があります。
「音楽CD」は普通のコンポで再生できますが一度書き込むと追加書き込みはできません(初期設定では)、音楽用、データ用のCD-R、に関係なくです。
これに対して「データCD」はディスクに空き容量がある限り追加書き込みはできます。
ANo.3で『CD-R』は、1回だけ書き込めるメディア。『CD-RW』は、追記が可能なメディア。
と書いていますがそんなことはありません、R、RWにかかわらず「音楽CD」は追記できないが「データCD」は追記できます。
せっかく、【ソフトによっては、追記可能な『トラックアットワンス方式』がありますが】
って書いているのにその後なぜ矛盾することを書いたのでしょうか。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 41% (2512/6032)

補足追加。

最初に追記可能で焼いて、後から何かを追記したCD-Rでも、普通のCDプレーヤーで再生出来る場合があります。

但し
「後から追記した曲は無視されて無かった事」
にされたり
「最後に追記した曲しか認識されず、追記前の曲は全部無視されて無かった事」
にされたりします。

つまり「追記すると、入れてある筈の曲が消えたり、ロクな事が起きない」ので、追記はやってはいけません。

音楽CDを作る時は「最初に、入れる曲を吟味して、容量一杯まで焼く」ようにしましょう。

但し、安物メディアの場合は容量一杯まで焼くと最後の方でエラーが起きてディスクがパーになるので、容量一杯まで使ってはいけません。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 41% (2512/6032)

CD-Rは、最初に焼く時に追記を許すモードで焼くと後から追記が出来ますが、普通のCDプレーヤーで再生出来る音楽用のCD-Rにする為には、追記を許さないモードで焼かないとなりません。

音楽用のCD-Rを焼く時に間違って追記を許すモードで焼くと、普通のCDプレーヤーで再生出来なくなります。

CD-Rに追記が出来るのは、最初に焼く際に「後で続きを書くから、ディスクをクローズしないでね」として焼いた場合のみです。

最初に焼く際に「もう続きを書かないから、ディスクアットワンスにして、ディスクをクローズしてね」として焼くと、追記が出来なくなります。

そして、音楽用として普通に再生できるCD-Rにする為には「もう続きを書かないから、ディスクアットワンスにして、ディスクをクローズしてね」として焼く必要があります。さもないと、CDプレーヤーで再生出来ないCD-Rになってしまいます。

つまり

・データ用として焼き、CDプレーヤーに入れられないCD-Rで良いなら、最初に焼く時に追記を許す焼き方をすれば、後から追記が可能。

・データ用として焼き、CDプレーヤーに入れられないCD-Rで良いけど、最初に焼く時に追記を許さない焼き方をしてしまうと、後から追記は出来ない。

・音楽用として焼くなら、最初に焼く時に追記を許さない焼き方にしないとならないので、後から追記は出来ない。

と言う事です。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 26% (57/217)

> 「このメディアはいっぱいです。ブランクメディアを入れてください」

空き容量はどれくらいあるのでしょうか?
700MBのCDに300MB書いたから残りは400MBと計算できるのですが、実際にはCDを閉じてしまうと空き容量は0MBになってしまったります。
パソコンで空き容量を確認できるのならばそれを見てみると良いかもしれません。
  • 回答No.1
書き込みソフトの設定で追記可能な設定をしていないと追記は出来ないです。
つまり一度だけ書き込みOKの設定になっているはずです。
追記したい場合は「トラックアットワンス方式」に設定してください。
ちなみにそれまでのメディアは追記できないと思います。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ