• 締切済み
  • すぐに回答を!

外出禁止の条例について

○東京都青少年の健全な育成に関する条例 (定義) 第二条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。 一 青少年 十八歳未満の者をいう。 (深夜外出の制限) 第十五条の四 保護者は、通勤又は通学その他正当な理由がある場合を除き、深夜(午後十一時から翌日午前四時までの時間をいう。以下同じ。)に青少年を外出させないように努めなければならない。 2 何人も、保護者の委託を受け、又は同意を得た場合その他正当な理由がある場合を除き、深夜に青少年を連れ出し、同伴し、又はとどめてはならない。 3 何人も、深夜に外出している青少年に対しては、その保護及び善導に努めなければならない。ただし、青少年が保護者から深夜外出の承諾を得ていることが明らかである場合は、この限りでない。 こう明記されているのですが、いくつか質問があります。 (1)、定義の欄に高校生とは入っていないので18の高校生が補導されることはありませんよね? (2)、第十五条の四 でいう正当な理由とは一体・・・どんな理由でしょうか? (3)、2で書いてある通りなら、保護者の委託を受けた人がいる場合は例え18歳未満でも深夜でもいていいってことですよね? (4)、3で保護者の承諾を受けてる場合はこの限りではない。 つまりは保護者の承諾があれば深夜の出入りはおっけいなのですよね? 分かる方いましたらご返答よろしくお願いします;;

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2472
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.4

>則があれば少年ではなく、その保護者に科されます。 第26条 次の各号の一に該当する者は、30万円以下の罰金に処する。 五 第15条の4第2項の規定に違反して、深夜に16歳未満の青少年を連れ出し、同伴し、又はとどめた者 15条の4関係ではこれ以外の罰則規定はなく、保護者が罰を科されることはないです。 >質問 (2) ですが、「正当な理由」とは、不可抗力などの緊急事態のことです。遊びなどは含まれません。 まず、正当な理由についての主語が保護者であることに留意ください。 保護者は広範な裁量権を子供について持っているので、緊急事態でなくても正当とみなした場合に子供を外出させることができます。 例えば、遊びに属することでも高校祭や大学祭あるいは地域のお祭り等は当然正当な理由になります。もし親と待ち合わせていたが、親が残業で遅くなったという場合も当然正当な理由です。 もっと言えば、猫の声が聞こえた、かわいそうだから様子を見た、流星群を見たかった、おなかがすいたからコンビニに買い物に行った。 全部保護者が正当とみなす理由があるのであれば正当です。 「不可抗力などの緊急事態のこと」のみならわざわざ立法化する必要は無いです。 No.1の回答で間違えました。 ごめんなさいよく読むと >(3)、2で書いてある通りなら、保護者の委託を受けた人がいる場合は例え18歳未満でも深夜でもいていいってことですよね? とは書いてないですね。 あくまで保護者の委託がない人は連れまわしちゃだめよってだけですね。 で、逆に呼んでも委託された人は2の規定で逮捕されたりしないというだけですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 東京都青少年の健全な育成に関する条例

    質問致します。 「東京都青少年の健全な育成に関する条例」について (18歳未満の者の22時以降の立入禁止や16歳未満の者は、風適法第二十二条五項などによる制限がないゲーコーナーの場合です。) (深夜外出の制限) 第十五条の四 保護者は、通勤又は通学その他正当な理由がある場合を除き、深夜(午後十一時から翌日午前四時までの時間をいう。以下同じ。)に青少年を外出させないように努めなければならない。 ○ 何人も、保護者の委託を受け、又は同意を得た場合その他正当な理由がある場合を除き、深夜に青少年を連れ出し、同伴し、又はとどめてはならない。 ○何人も、深夜に外出している青少年に対しては、その保護及び善導に努めなければならない。ただし、青少年が保護者から深夜外出の承諾を得ていることが明らかである場合は、この限りでない。 ●深夜に営業を営む事業者及びその代理人、使用人その他の従業者は、当該時間帯に、当該営業に係る施設内及び敷地内にいる青少年に対し、帰宅を促すように努めなければならない。 (平一六条例四三・追加) 上記の●「当核営業に係る施設内及び敷地内にいる青少年に対し、帰宅を促すように努めなければいけない。」の内容について 今後放送で (1)11時の段階で「只今、午後11時になりました。東京都条例により18歳未満のお客様の11時以降の外出は制限されています。お客様のご理解とご協力をお願い致します。」と言った放送を流します。(スタッフがお客様には声をかけません) (2)その他、お客様から「あの子は違うのか?」と聞かれたら個別に声をかけて行きます。 以上の2点だけで「帰宅を促すように努めなければいけない。」に該当しますでしょうか。 (4)声をかけて退店していただくまで対応なのか、声をかければ大丈夫なのか?どこまでが義務範囲なのでしょうか。 (5)条例2の「保護者からの深夜外出の承諾を得ている事が明らかな場合」と言う表現が曖昧な為、お客様の声をどこまで信じるのか?聞く事だけでOKなのか? (6)警察に補導対象がいると通報は必要なのでしょうか?お店の義務範囲がどこまでなのでしょうか。? もちろん、小学生や低年齢に対しての対応、保護、声掛けなどは別です。 促すというのは声掛けで十分と思ってはいますが、如何でしょうか? 今までは風適法に準じて身元確認(未成年者の喫煙、時間制限)などを行い退店などを促しておりましたが、 風営店でないので年齢確認などを行うべきではないとなりました。23時以降の未成年者徘徊についてだけ 注意する事になりました。

  • 外出禁止法?について教えてください;;

    こんばんは。4つほど質問したいことがあって投稿させていただきました;;; 1つ目、18歳未満は23時以降の外出は禁止とありますが 未満なのだから18は入らないですよね?高校生はダメと明記はされていませんから捕まりませんよね? 2つ目、23時以降の外出禁止法にひっかかってしまう人は、法律にひっかからない友達が同伴している場合も捕まってしまうのでしょうか?(保護者の同意があるとして) 3つ目、16歳未満が保護者の同意の上の17の友達と20時以降(23時まで)外出しているのは違法ですか? 4つ目、16歳未満が保護者の同意の上の19歳の友達と22時以降外出しているのは違法ですか?(ボーリングなどの営業施設を利用している訳ではないとして) 4つの質問の回答、よろしくお願いします;;;;

  • 東京都青少年の健全な育成に関する条例の深夜外出の制限について

    東京都青少年の健全な育成に関する条例に 「(深夜外出の制限)第15条の4 保護者は、通勤又は通学その他正当な理由がある場合を除き、深夜(午後11時から翌日 午前4時までの時間をいう。以下同じ。)に青少年を外出させないように努めなければならない。」 というものがあります。 そして、この条例の総則第2条に 「この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。 一 青少年 18歳未満の者をいう」 という記述があり、青少年とは18歳未満のことであると明記されています。 このことから、18歳未満の少年は深夜11時から4時までの間に外出していると警察に補導されると読み取れます。 しかし、警視庁のホームページに載っている 「東京都青少年の健全な育成に関する条例の概要」 には 「何人も、保護者の同意なく、又は正当な理由なく、深夜に青少年を連れ出し、同伴し、とどめてはいけません。 16歳未満の青少年に上記の行為を行った場合は、30万円以下の罰金に処せられます」 というものがあり、18歳未満でも16歳以上なら補導されないとも読み取れます。 結局のところ、16歳以上、18歳未満の青年は警察に補導されるのでしょうか? 長文になってしまい申し訳ございません。 ご回答のほうよろしくお願いします。

  • 回答No.3

この条例は、そもそも青少年に対するものではなく、大人に向けた条例です。青少年の健全な育成を、大人にさせることを目的としたものです。 ですから、質問の (1) ですが、そもそもこの条文の趣旨からは、18歳未満の少年が補導されることはありません(あくまでこの条文の趣旨であって、補導自体はありえます)。罰則があれば少年ではなく、その保護者に科されます。そして、確かに18歳未満に18歳の高校生は含まれません。しかし、高校生は一般的には青少年に含まれます。したがって、早く家に帰るように促されること、保護者に連絡されることは十分あり得ます。 次に、質問 (2) ですが、「正当な理由」とは、例えば深夜に急に体調が壊れて病院に行くなどです。体調がものすごく悪いのに、この条例があるから家の外に出て病院には行けない、というのはおかしいです。つまり不可抗力などの緊急事態のことです。遊びなどは含まれません。なので、他には、ケガ、火事、強盗、地震などです。これらの例は、挙げたらキリがありません。そこで、「正当な理由」としたのです。 そして、質問 (3) ですが、これも少年に対してではなく、保護者の委託などを受けていない大人が18未満の少年を正当な理由なく外に連れ出したりしてはダメだということです。ですから、保護者か保護者の委託などを受けた大人で、正当な理由があれば18歳未満の少年と外出できる、という事です。つまり、先ほどの病気の例がそうです。 最後に、質問 (4) ですが、3にいう「この限りではない」の「この」は、青少年に対する「保護及び善導」です。ですから、深夜に外出している少年が保護者の外出の同意を得ているなら、保護者などではない大人はその少年に対して保護や善導は行わなくて良い、というだけで、外出そのものがおっけいな訳ではありません。つまり、責任は承諾した保護者が負うということです。しかも、「明らかである場合」です。「明らかである場合」とは、少年と保護者が一緒にいるなどです。親とまさに今一緒にいるのに、わざわざ他の大人が保護などをする必要がないよ、ということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

警察官は条例以外では声をかけてこないでしょうが、補導員は民間ですので、「校則で禁止されている可能性」を考慮して声をかけます。 学校を確認後、やはり該当の学校であれば、保護者に連絡、学校に通報などの措置を取ります。 この理由から、高校生は18歳でも補導員からは補導される可能性が高いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

詳しいことはここでは難しいかと。 青少年・治安対策本部総務課 第一庁舎 35階北側 電話 03-5388-2263 か、最寄の警察にご相談になるほうが良いかと。 >(1)、定義の欄に高校生とは入っていないので18の高校生が補導されることはありませんよね? ないはずです。ただし、18歳未満の高校生と一緒にいれば事情を聞かれることはあるでしょう。 >(2)、第十五条の四 でいう正当な理由とは一体・・・どんな理由でしょうか? 一般論としては、誰かに誰何された場合に話せることならなんでもよいかと。正当かどうかの判断は取締りする側もっといえば裁判官が最終的に考えることですが、行動する人が必要であり、正当であると考えた行為であれば一応の正当性があると推量されるでしょう。 (3)、2で書いてある通りなら、保護者の委託を受けた人がいる場合は例え18歳未満でも深夜でもいていいってことですよね? そうですね。 (4)、3で保護者の承諾を受けてる場合はこの限りではない。 つまりは保護者の承諾があれば深夜の出入りはおっけいなのですよね? OKなんですが、この場合はそこらの大人が「いい加減子供は帰りなさい」と注意することを期待した条文ですから、そのある意味おせっかいな人が「明らかである」と思えるような何かがあったほうがいいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 夜行列車について(法律)

    いつもお世話になります。 さて、私の住む県の条例には、青少年保護条例があり、夜間の外出について 保護者は、深夜(午後十一時から翌日の日出時までの時間をいう。以下同じ。)に、みだりに青少年を外出させないようにしなければならない。 2 何人も、正当な理由がある場合のほか、保護者の委託を受けず、又は同意を得ないで深夜に青少年を連れ出し、同伴し、又はとどめてはならない。 3 深夜商業施設(愛知県安全なまちづくり条例(平成十六年愛知県条例第四号)第十八条第一項に規定する深夜商業施設をいう。)その他深夜において営業する施設で規則で定めるものにおいて営業を営む者及びその代理人、使用人その他の従業者は、深夜において当該営業に係る施設内及び当該施設の敷地内にいる青少年に対して、帰宅を促すよう努めなければならない。ただし、当該青少年が通勤又は通学の途中であると認められる場合その他青少年の健全な育成を図る上で当該青少年の帰宅を促すことが必要でないと明らかに認められる場合は、この限りでない。 という条文があります(長文失礼します)。 私には読解力がなくよく読み取れなかったのですが、保護者の同意ならびに、正当な理由(ここでは電車に乗る、でしょうか)があれば青少年だけで夜行列車に乗車してもよいのでしょうか?

  • 青少年保護育成条例について

    この青少年保護育成条例は各都道府県で違ってきますがその条例が適応するのは 県民またはその地域にすむ子どもや保護者に適応されるのでしょうか? 例えば自分の住んでいる地域では保護者同伴の場合11時以降の外出が禁止されている。 しかし観光などで出かけた先の地域では夜10時以降の外出が禁止されている場合。 この場合は観光に行った先の条例に観光客も従わなければならないのでしょうか? どこの県でも「正当な理由」があれば除かれていますが 沖縄や北海道などの観光地に遊びに行きコンビニに翌日の朝食を夜遅く買い物に出たり また沖縄では国際通りでも夜遅くまでやっている店舗は沢山あるわけで 小腹が空いたから夜食に鉄板焼きでも・・・という理由では正当な理由にはならないのでしょうか? もちろん子どもが小さければ当然好ましくないと思いますが子どもが高校生くらいになりますと旅行先では保護者同伴であっても羽を伸ばしたくなるのは当然だと思うのです。。。 一体都道府県で決められたこの条例は観光客にもと帰欧される物なのかそれとも県民にのみ適応される物なのか教えてください。

  • 大阪府(改正)青少年健全育成条例について

    私は大阪府に住む高校三年生です。 3年ほど前大阪府の青少年健全育成条例が改正されました。 結果大阪府は全国でもっとも厳しいといわれる青少年の夜半外出制限が課されました。 詳しい内容は以下です。 ・16歳未満の者 午後7時~翌日の午前5時 ・16歳未満で保護者同伴の場合 ・16歳未満で規則に定める場合 午後10時~翌日の午前5時 ・16歳以上18歳未満の者 ○ 制限時間帯における青少年の立入を禁止する旨の掲示義務 (罰則あり) ○ 夜間に営業を営む者に対し、立入制限時間内に施設・敷地内 にいる青少年に帰宅を促す努力義務(コンビニエンスストア等) ● 夜間の連れ出し等の禁止 ○ 何人に対し、保護者の承諾等を受けずに夜間に青少年を 連れ出すことを禁止(罰則あり) みなさんはこれについでどう思いますか? 私は夜半出歩かないのですが、それでも改正当時は行動を制限するなんてあんまりよくないなあと思いました。 大阪府警のHPを見たのですが、条例が改正されて非行少年の数が減ったとか明確な記述がなくて、効果・影響がはっきりとみてとれるデーターも探しています。 意見、若しくは参考になりそうな書籍・HPなどあれば教えてください。 お願いします。 ちなみにここで得た情報や意見はエッセイを書くのに使用したいと思っています。

  • 青少年保護育成条例についてどう思う?

    ・夜○時以降は深夜俳諧とみなし補導対象。 同伴者が保護者である場合、保護者を罰則対象とする。(群馬) ・○時以降はゲームセンター入店禁止。 ・交際中であっても、18歳未満と性行為をしたら逮捕。 etc・・・。 青少年保護育成条例は子供たちを保護するためと言いつつ、子供達の人権を侵害しています。 明らかに憲法に反した、違憲な条例だと思います。 みなさんは、この条例についてどう思いますか??

  • 児童ポルノと青少年保護育成条例違いを教えてください

    児童ポルノと青少年保護育成条例違いを教えてください。 ニュースで女子高生に裸の写メを送らせ児童買春・児童ポルノで逮捕されましたよね。 じゃぁ、もし女子高生に裸の写メを見せた場合は、児童買収・児童ポルノではなく、青少年保護育成条例になりますか? 青少年保護育成条例では、 何人も、青少年に対し、前項の行為を教え、又は見せてはならない。 となっており児童ポルノより処罰が小さいですよね。 成人者が18歳未満に写メをもらうと児童ポルノで 18歳未満に成人者が写メを送ると青少年保護育成条例違反ですか?

  • オーラルセックス 条例

    神奈川県在住の学生(未成年です)、気になったので質問させていただきます。 神奈川県には青少年保護育成条例があります。 その中にある「淫行条例」なのですが、 「みだらな行為」、「淫行」、「わいせつな行為」、「前項の行為を教え・見せる行為」 を禁止する条例らしいです。 そこで気になったのは、 オーラルセックスもこの中に含まれ、罰則・補導を受ける対象になるのでしょうか? 自分でも 「セックス」の文字が入っているからやはり性交なのだろうか・・・・ でも子作りのために陰茎を挿入することはないし・・・ と考えてみました。 やはり罰則・補導を受ける対象としてみなされるのでしょうか? 皆様の知識、意見お待ちしております。 参考資料を付けていただけるとありがたいです。

  • 事故と条例

    例え話としてお聞きしたいのですが、 23時過ぎに事故がありました。優先道路を走行中の17歳のバイクが脇道から出た25歳の車に驚き急ブレーキをかけ転倒。25歳の車はバイクの走行車線まで出ておらず安全に停車。少年はスピードオーバーと前方不注意で回避判断が遅れたと主張。 車同士の接触はなく少年も怪我は擦り傷、打撲程度。直接の事故原因は25歳の車が出たことと優先道路関係や少年の過失も含め割合は2(少年):8(25歳)となるのが妥当だと考えられました。 しかし、17歳の少年は友達(車)と道路を走って遊んでいて事故にあったのです。 少年の住むところでは、青少年保護育成条例により、やむをえない限りをのぞいて深夜(23時以降)の外出は保護者と一緒でないと禁止になっています。少年の場合条例に違反していると考えられます。 以上のことから少年が条例どうり外出していなければ起きなかった事故だと判断することは可能なのでしょうか?保護者が責任を問われることは可能なのでしょうか?このことから事故の支払額が変化することはありますか? 第3者の目線からお答えを聞かせください。

  • 青少年保護条例

    私は愛媛の松山市に住む25歳ですが、高校生18歳のこと遊びに行くことになりました。 例えば真面目な交際をする事になって、相手の同意があって肉体関係になった場合も青少年保護条例にひっかかるのでしょうか?

  • 青少年保護育成条例の解釈

    青少年保護育成条例で、理由のない青少年単独の外出禁止、映画館、ボウリング場、カラオケ、インターネットカフェ、まんが喫茶等への、青少年の深夜の出入り禁止(条例によっては遊技場も対象、多くの条例での「深夜」とは、午後11時から翌朝午前4時もしくは5時までを指すが、より厳しい条例もある)とありますが、この条例の解釈は親同伴の場合も同様なのでしょうか。店舗側からは警察から指導があって入店させるわけにはいかないとのことなので、警察に電話をしてこの解釈を親同伴の場合も同様なのかを問い合わせたところ、親同伴でも同様の解釈とのことでした。(回答を散々待たされた揚句)条例の本来の目的の中に親同伴での入店禁止が入っているとは、どうしても納得できないのですが・・・特例として親同伴を除くと条例に書いていないからダメだと警察は言います。仮に裁判になったとしても警察と同様の解釈になり得ますでしょうか。

  • 青少年条例の18歳未満の解釈について

    下記は私と知人Y男との会話です。 Y「最近高校3年生と交際している。一部体の接触もあるんだ」 私「君の行為は青少年健全育成条例違反になるぞ。交際を中止しろよ」 Y「いや条例では青少年を18歳未満と定義している。彼女は先日18歳になったから問題ないはずだ」 私「違う、条例で言う18歳未満とは高校生以下という意味なんだ。たとえ18歳になっても、次の3月に高校を卒業するまでは条例が適用されるんだ。でないと同級生で条例の適用、非適用がいて矛盾が生ずる」 我々は対立したままでした。果たしてどちらが正論でしょうか。 要約すれば「18歳の誕生日以降卒業までの高校生は青少年条例が適用 されるか否か」ということです。これまでこの解釈をめぐり問題は生じませんでしたでしょうか。なお、留年等で通常より年長の高校生は考慮対象外とします。