解決済み

結果が最初の説明と全然違ってしまった弁護士への報酬

  • 困ってます
  • 質問No.260116
  • 閲覧数46
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 100% (8/8)

弁護士に依頼した時は私が相手から得られるのは350万円くらいになると言われて、着手金を50万円支払いました。が 途中から弁護士の話しが二転三転して結果はまだついてませんがおそらく100万円位になってしまいそうです。

依頼した後でこの弁護士は、お金儲けだけの弁護士と有名だと解りましたが、それは信じてしまった自分が悪いのだから仕方が無いのですが、最後に成功報酬を10%支払わなければいけませんが、350万円に対しての着手金を払ったのに、100万円になってしまっても10%(100万円が私に入るなら10万円)支払わなければいけないのでしょうか?

それだと今まで かなりの時間を費やし、精神的にもすごく疲れたのに 手元に残るのはたった40万円になってしまいます。
どなたか教えて下さい

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 46% (2277/4890)

内容から推理してその350万円は確定債権ではなく不確定な債権のようです。その点、本訴としたのではなく調停のようにも思えます。そうだとすれば、弁護士は事件を受認する時点ではuechannさんからだけさまざま聞いて進めますが、事件が進行して行くと相手からの反対の証拠書類など数多くあり弁護士は「そうだったのか、そうなら減額もやむを得ないナ」と云うことになり得ます。そのようなわけで当初の計画と大幅に変わったと考えられます。私たち素人は、「法廷作戦」などよく知りません。必ずしも「弁護士はお金儲けだけの弁護士と有名だと解りました」とは云えないかも知れません。そのような目で見てuechannさん自身も振り返り反省のところがあるかも知れません。
なお、弁護士は、着手金と報酬額と分けて考えています。着手金はその名のとおり事件を依頼するときに支払うお金で当初の請求金額を基として決めます。報酬は事件が終了した時点でその勝敗によって変わってきます。今回の場合は調停のようです。ですから、実質的取立できる額の100万円の10%は着手金とは別に支払う必要があります。なお、手元にある日弁連報酬規定では100万円の報酬額は16万円となっています。
またuechannさんは「手元に残るのはたった40万円になってしまいます。」と云っておられますが弁護士はそのお金を取り立てしてくれません。(報酬金の中に「取立」は入っていませんので)その点、更に不信感を増やさないためにも付け加えておきます。
お礼コメント
uechann

お礼率 100% (8/8)

ありがとうございます。

あまり弁護士に自信たっぷりに言われていたので
甘く考えていたのですね。
只、弁護士から全然説明が無くいきなりこれだけです
と言われてしまったので、不信感が募ってしまいました。

やはり 訴訟なんて起すものではないですね
勉強になりました

ありがとうございます
投稿日時 - 2002-04-27 08:18:03
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 31% (77/242)

必ず弁護士の見立て通りにことが進むなら、最初からもめ事はありません。
また、着手金はあくまでも事件を依頼するための料金で、成功報酬とはあまり関係がありません。
弁護士の非行等については、最寄りの弁護士会にお尋ねください。
お礼コメント
uechann

お礼率 100% (8/8)

ありがとうございます

勉強不足でした
投稿日時 - 2002-04-27 08:19:27
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ