解決済み

別な不動産屋が契約を迫って来ます。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.2581060
  • 閲覧数177
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 77% (7/9)

気に入った物件がA・Bの2不動産でネットで別々に紹介されていました。礼金が0と条件の良いA不動産にて室内見学、住民票・保証人の印鑑証明提出、契約申込書の記入、引越し日の決定、大家さんの審査が終了しました。正式な契約書の完成待ちです。

今日B不動産から電話があり、「あなたが契約した物件はA不動産屋との契約ではなく、うちと契約しなければならない、大家さんが勘違いして契約した、これでは困る」と言ってきたのです。更には、うちとの契約はこの条件、礼金2よこせと言い張ります。保険料も大家さんが払うと言っているのに、本人でなければダメだ、と言います。

まだ正式な契約書を渡していないのをいい事に、うまく横取りしようと思っているようにしか思えないのですが、何か正式な他の理由がありますでしょうか。

22時の話なのでA不動産は閉店しており連絡ができませんでした。第一これはAとB、大家さんで話すことであって、契約した私は関係ないのではないでしょうか。1つの物件をいくつかの不動産屋で仲介するのは普通の事だと思うのですが、このように揉める事もあるのでしょうか。ご意見お願い致します。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 32% (1654/5015)

大家してます

おそらく大家が勘違いしていたことが問題の発端でしょう

想像ですが、

・大家はB不動産と専属専任契約をしていた
 この場合大家が他の不動産屋に募集などの依頼をすることは許されません
http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_estate/w005074.htm

・大家がA不動産に仲介の依頼をした
・A不動産は大家とB不動産の契約を知らなかった

この場合には今回のような騒動になります

本来この場合の責任は大家が負うべきでしょうがB不動産も大家を相手にして裁判沙汰にするより契約を白紙撤回して
「貴方-B不動産-大家」の本来の形に戻す方が簡単なので迫っているのでしょう

正式な契約書が無いとは言え
・貴方が契約の意志を示している
・大家も了解している
この状態であれば貴方の契約自体は有効と考えられます
貴方に問題となる部分は存在しません

貴方は条件交渉をされれば良いと思います
「どうしてもB不動産との契約になるのなら」
「当初の契約条件をそのままでの契約をお願いします」
「その条件以外は飲み込めません」
これで良いと思います
後の費用負担やいざこざの責任は大家が持つべきでしょう

契約に無知な大家も多く存在しますのでそのような事も有ります
大家はB不動産との契約を解消してからA不動産に仲介を依頼するべきでした
お礼コメント
dearbear

お礼率 77% (7/9)

専属契約、まさにそれでした。
結果、A不動産からは契約解除と言う事で申し訳ありませんとのお言葉を頂きました。
B不動産は22時に電話でいきなり怒鳴ってくるような非常識な方ですので…物件も気に入っていたのですが残念ですが諦める事にしました。ちなみに条件の変更は不可能、の一点張りでした。

契約は有効だ!と言い張ろうとも思いましたが、せっかくの新生活で揉めるのも嫌なので違う物件を探そうと思います。

大変参考になりました。ありがとうございました。
投稿日時 - 2006-12-06 01:18:06

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 9% (3/32)

引渡しを受けていないので微妙なところですが、
契約当事者双方の意思表示がなされていそうなので契約は成立していますね。
あなたに言うのは筋違いで大家にとA不動産に言うべき問題なので、B不動産は無視していいと思います。A不動産は媒介の形態を知ってか知らずか無視しているのでB側についてごり押ししてくる可能性があります。その際は都道府県に相談するのがいいかなと思います。
お礼コメント
dearbear

お礼率 77% (7/9)

アドバイスありがとうございます。
B不動産に、まるで自分が間違っているかの如く怒鳴られたので不安になっていました。
No.3にも書かせていただきましたが、結果は大家さんとB不動産との専属契約だったようです。
揉め事は嫌なので全く別の物件を探そうと思います。
私に言うのは筋違い、と言って頂いて安心というか満足できました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2006-12-06 01:27:26
  • 回答No.2
今更おかし過ぎます。
一つのマンションに何軒かの不動産屋が関与しているのはよくあることです。どちらの不動産屋を利用するかは入居者が決めることでしょう。

A不動産との取り交わしは違法ではないはず。A不動産としか契約しない。大家さんの勘違いならそちらが次の人から気を付けてもらって下さいって言い返したらいいと思います。

怪し過ぎますね。年末だからノルマとかあるのかもしれません。
お礼コメント
dearbear

お礼率 77% (7/9)

迷っている段階ならともかく、入居日まで決めたというのにこれは無いですよね。
Bとの電話は熱くなってしまいあまり覚えていないのですが、「Aとの契約は大家の勘違い!無効!」とか言っていたんですよ。
A不動産屋が部屋の鍵を持っていて、大家さんがOKしたのだから、契約が切れていたなどという可能性はないと思うんですよね。
明日は仕事のため連絡できそうになく…明後日まで気になります。
ご意見ありがとうございました。
投稿日時 - 2006-12-05 01:54:58
  • 回答No.1

ベストアンサー率 20% (235/1159)

不動産屋Bはどこからあなたの連絡先を入手し、また契約しそうだと言う情報を入手したのでしょうか?
連絡してきた時間も常識的ではありませんし、不自然すぎます。
お礼コメント
dearbear

お礼率 77% (7/9)

Bには訪れたことも電話したこともありません。Aはもちろん契約後にネットから物件は削除されたのですが、Bは未だに出たままになっています。なので、Bに同じ部屋を希望する客が行って、大家と連絡を取ったら契約済みとわかって大家に私の番号を聞いた?なんて勝手に思っていたのですが詳細は不明です。電話が来たときは冷静になれなくて聞かないでしまいました。
しかしどう考えてもBが直接電話をかけてくるのはおかしいですよね。
ありがとうございます、少し落ち着いてきました。
投稿日時 - 2006-12-05 01:26:05
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ