• 締切済み
  • 困ってます

輸出にかかる消費税の還付について

個人起業として日本の中古部品を輸出する仕事をする予定です。 消費税のことなのですが、古物商や開業届けと一緒に青色申告と消費税課税事業者届出書を提出する予定でいます。 開業する年度から消費税の還付を受けるとしたら、消費税課税事業者届はいつまで提出すればよいのでしょうか。 調べたところ前年度までに提出となっていましたが、前年度というのは12月までですか?それとも3月までですか? 個人事業の会計年度は1月~12月となっていたのでやはり12月中ということでしょうか。 また、消費税課税事業者届では売上高など記入する欄があるのですがどのように記入してよいのか・・・ 開業年度当初から消費税の還付を受けるのはムリなのでしょうか?

noname#51546

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1458
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3
  • NRYM
  • ベストアンサー率60% (3/5)

>輸出にかかる消費税の還付で開業する年度から消費税の還付を受けるとしたら、消費税課税事業者届はいつまで提出すればよいのでしょうか? まず、前提として消費税は、基準期間(申告時期の2年前)の課税売上高が1000万円を超えなければ申告義務は発生しません。すなわち開業してから2年間は消費税は課税されません。ただし、資本金1000万円以上の法人等は除きます。 で、この「消費税課税事業者届」を提出するだけでは開業する年度から消費税の還付を受ける事は出来ません。 別途、「消費税課税事業者選択届出書」を提出する必要があります。 http://www.nta.go.jp/category/yousiki/syouhi/annai/1461_01.htm 前述したように「課税事業者届出書」は、基準期間の売上高(申告年度の2年前の売上高)が1000万円を超えた場合に提出する書類です。よって、開業初年度に出したところで、消費税の申告発生は、平成18年に書類を出した場合、平成20年の売上に課税されます。 後の「消費税課税事業者選択届出書」とは、輸出等を行う事業者が消費税の還付のために初年度から消費税の申告書を提出します。という届出書です。 届出期限は開業初年度の場合は、個人の場合12月31日になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 すみませんお手数をお掛けしましたが、消費税課税事業者選択届のことを記入していたつもりでした。 来年の1月に開業予定の場合は来年の12月末までで19年度は大丈夫なのでしょうか?

関連するQ&A

  • 個人事業(1年目)の消費税の還付について

    昨年(平成19年1月~)から、個人事業を営んでいるものです。 今回が初めての決算&確定申告ということで、 必要書類などを作成しています。 その中で、どうしても解決できない点があり、今回質問させていただくことにしました。 12/31時点での「消費税」の状況は下記の通りです。 ●仮払消費税・・・100,000円  ●仮受消費税・・・80,000円 このような場合、決算整理仕訳では、 仮受消費税・・・80,000円  仮払消費税・・・100,000円 未収消費税・・・20,000円 という処理になると思います。 通常だと、「未収消費税 20,000円」は確定申告後に税務署から「還付金」として戻ってきますが、 私のような個人事業(1年目)もこの制度が適用されるのでしょうか? 国税庁のホームページを見てみると、 (国税庁ホームページより抜粋) ところで、その仕入代金に含まれている消費税と地方消費税の還付を受けるための申告書を提出できるのは、次のような者です。 (1) 個人事業者の場合は前々年の課税売上高が1千万円を超える課税事業者 (2) 法人の場合は前々事業年度の課税売上高(前々事業年度が1年未満の場合は、 事業年度開始の日の2年前の日の前日から同日以後1年を経過するまでの間に 開始した各事業年度を合わせた期間の課税売上高の合計額を各事業年度の合計月数で割った 額に12を掛けて計算した金額)が1千万円を超える課税事業者 (3) 課税事業者となることを選択した者 (4) 基準期間がない法人でその事業年度の開始の日の資本金の額又は出資の金額が1千万円以上の法人  このように、還付を受けることができるのは、課税事業者又は課税事業者となることを選択した事業者ですから、 免税事業者は、仕入代金に含まれている消費税と地方消費税の還付を受けることはできません。 というように書かれていました。 私が特に気になった点は、(1)の「前々年~」という部分です。 開業1年目の個人事業主は、「還付金」の対象外ということになるのでしょうか? 長々となってしまい申し訳ございません。 今回私がお聞きしたい点は、 (1)「開業1年目の個人事業」は、(未収消費税が発生した場合でも)消費税の還付金は受けられないのか? (2)「還付」を受けられない場合、「消費税」に関して、期末と次期の会計処理はどうするのか? (「未収消費税」以外の勘定科目を使用するのか? あるいは、還付を受けられなくても「未収消費税」を使用するのか? 使用する場合、次期の「未収消費税」の相殺処理はどうするのか?) の2点です。 経営も会計も初心者のため、単純な質問だとは思いますが、 お教え頂けないでしょうか。 よろしくお願い致します。

  • 消費税の還付について

    消費税の還付について 個人事業主なのですが設立1年目以前に固定資産を購入している場合、課税事業者の届け出を出していれば設立以前の消費税の還付を設立1年目の確定申告で受けらるのでしょうか?

  • 消費税の還付について

    私は個人事業をしておりますが、売上があまりないため経費ばかり掛かってしまい、いつもマイナスになっています。 今のところ売上は1千万円を下回っているので、消費税は関係ありませんが「課税事業者選択届出書」というものを出せば、払い過ぎている消費税を還付してもらえるような事を聞きました。 これって、私のように1度も消費税を納めたこともなければ、売上もなくて毎年マイナスのような者でも、出せば消費税の還付を毎年してもらえるのでしょうか。 もしそうなら、少しでも資金繰りをよくしたいと思うので、大変助かるのですが・・・。

  • 回答No.2

>調べたところ前年度までに提出となっていましたが、前年度というのは… 前の年の大晦日ということですね。 しかし、これはすでに営業している事業者の場合であって、新規に開業する場合は、 「新たに事業を開始した場合には、その事業を開始した日の属する課税期間の末日までに提出」 http://www.taxanswer.nta.go.jp/6531.htm http://www.taxanswer.nta.go.jp/2090.htm と決められています。 開業した年の内にということです。 >消費税課税事業者届では売上高など記入する欄があるのですがどのように… 見込額、予想額でけっこうです。 実際に 1年間が終わってみたら、大きく外れていたとしても差し支えありません。 >開業年度当初から消費税の還付を受けるのはムリなのでしょうか… そんなことありませんよ。 輸出のほか、建物などの大きな設備投資をした際にも、消費税の還付が受けられますよ。 なお、還付申告をすると税務調査に来られるのは事実ですが、日々の記帳をまじめにやっていればおそれるものではありません。 私も以前、あえて課税事業者になって消費税の還付を受けました。 まだ会計ソフトなどが広く普及する前で、手計算をしていた時代だったで、一部に計算ミスを指摘されはしましたが、それ以外は特に問題なくお帰りいただきました。 税金について詳しくは国税庁の「タックスアンサー」をご覧ください。 http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 そうしましたら1月に事業を始めると1月末までに提出すれば19年度は消費税の還付が受けられるのですね? 手計算では自信がないので会計ソフトに頼ってがんばります。

  • 回答No.1

12月決算の場合は1ヶ月間の猶予で決算書を提出しますよね。 そのとき現在は1000万を超えた場合は決算書提出と同時に提出するのが普通だと思いますけど。もし消費税がかかるとしたら2年後の納付となり例え間違いで納付されていたら還付されますが還付された場合は税務調査にはいることだけは間違いないです。腹黒いですんでご用心

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 1000万円を超えなくても書類を提出すれば課税事業者になれますよね。 税務調査は前の会社でも何度も経験しています。やっぱり腹黒かったでした。

関連するQ&A

  • 消費税について

    現在個人事業主で青色申告をして5年目に入りました。 消費税について, 個人事業者であれば前々年、法人の場合は前々事業年度(これを基準期間という)の課税売上高が1,000万円を超える場合には、当年(又は当事業年度)において消費税を納める義務が生じます。 とありますが,課税売上高というのはどの数字のことをいうのでしょうか。 確定申告書の欄の「収入金額」なのか,「所得金額」なのかで全然違うのですが・・・。 また,消費税を納めなければならないとしたら,何から始めたらよいのでしょうか。 勉強不足ですみません。よろしくお願いいたします。

  • 消費税の納税について

    昨年個人事業を開業した者ですが、H19年度分の売り上げが1000万円を超えてしまいました。 消費税を納めるのは2年後(H21年度申告分)からだと知りましたが、それにあたって今しなければならないのは「消費税課税事業者届出書」の届出のみ(12月末まで)ということで大丈夫でしょうか。 また、その申請をした場合なのですが、消費税はずっと支払わねばならないものなのでしょうか? 売り上げが1000万円を超えるのはおそらく19年度分だけだと思われるのですが、20年度分が1000万円未満だった場合、22年度分は免税業者に戻れるか気になりました。 どなたか教えていただけると幸いです。

  • 輸出業なのですが消費税って納めるの?

    個人で中古車の輸出をしているのですが、税務署から消費税の届出の書類が送られてきました。 売上高が1千万を超えるからとのことでした。 輸出なので消費税は払わなくていいのでは?と思い、 先ほど税務署へ問い合わせをしたのですが、「消費税課税事業者届出書」の事業内容のところに「輸出業」と記入して届け出れば、還付金が受け取れるといわれました。 それだけでいいんでしょうか? 輸出業をしている届出の書類などはないんでしょうか? 税務署の人はそうゆうものは無いと言っていたのですが、なんだか心配で…。

  • 消費税・課税事業者に戻った場合の手続きは

    法人ですが過去に課税事業者で、課税売上高がここ数年1千万以下になり免税事業者でした。 今期の課税売上高が1千万超えたのですが、再来年の消費税申告をする為に事前に届出をしなければいけない書類についての質問です。 今回、この届出がはじめてなもので・・・よろしくお願い致します。 質問したい内容ですが ●以前、簡易での届出を提出した状態のままであれば、そのまま何もしなくても簡易でよいのか。 ●課税事業者から免税事業者になった際、消費税課税事業者選択届出をしたのかがわからないのですが(今、書類を捜しています・・・)普通であればこの書類を提出しているのか。 ●この場合、今回提出する書類は「消費税課税事業者選択届出」なのか「消費税課税事業者届出」なのか(それによって提出期日も違うようですが・・・) そもそも「消費税課税事業者選択届出」と「消費税課税事業者届出」がいまいちわかっていないのもあると思います・・・ また、決算期が3月の法人で既に今年の申告は終わっています。 今更ながら、その事に気付き気が動転して質問させていただきました(涙) その他、届出が必要なものがあるようであれば教えていただければと思います。 初心者なので、質問内容も変なところもあるかもしれませんがご回答よろしくお願い致します・・・

  • 賃貸マンション購入に係る消費税還付について

    個人事業を行なっているものですが、来月ぐらいに賃貸マンション(中古)の購入を考えています。 建物部分に対して支払う消費税分を還付請求できないものか、いろいろ調べましたが、以下の方法で還付請求可能かご教授ください。 前提:基準年度の課税事業1000万円以下のため、平成18年度は免税業者。 物件購入:5月 物件購入価額 1億円(うち、建物の消費税400万円) (還付手続方法) 1.「消費税課税事業者選択届出」及び「消費税課税期間特例選択届出」を物件購入予定の前月末(4月)までに提出し、課税業者選択&課税期間を1ヶ月で申請する。 2.物件の取得を5月末付近にし、賃貸収入がほぼ0の状態にすることで、課税期間1ヶ月における課税売上は 、今までの事業収入(課税売上のみ)となるため、課税売上割合は100%とみなされる。 3.支払った物件の消費税部分のほぼ全額が還付対象となる? 4.これは余談ですが、6月以降は、現在の事業収入に対する仕入税額控除がほとんどないので、簡易課税の選択手続を行なう。 以上、ネット等で調べて考え付いた方法ですが、こんな方法で還付が可能なのか、ご存知の方ご教授いただけますようよろしくお願いします。

  • 消費税の還付を受けるためには?

    こんにちは。 新しく会社を作って3ヶ月くらい経っているのですが、消費税の還付について質問です。 会社を作ってから税務署等へ届出をいろいろしたのですが、消費税の還付を受けられるようにするには何の届出を出せば良いのでしょうか?? 消費税については、消費税の新設法人の届出しか出していません。 消費税課税事業者選択届出書も必要でしょうか?? 消費税の還付について、細かく手続きから必要書類まで知りたいのですが。 消費税の還付を受けないと大変なことになりそうなので、どなたかご教示いただきたくお願い致します。 ちなみに決算は4月~3月です。

  • 法人の消費税の還付について

    個人所有の賃貸マンションを、設立2年目の同じ個人が設立した法人に、譲渡したいです。 この法人は課税事業者です。 この法人は、賃貸マンションを所有したとき、消費税の還付申請はできますか?

  • 消費税について

    消費税について、どうしても納得がいかないのですが。 弊社 平成11年10月に設立(事業年度も10月より) 今期2期目で9月末日までに消費税の簡易課税の選択届を提出しようと 思ってるのですが それにつけても過去の事とはいえ、起業した当時 資産等の購入で 課税事業者を選択して還付を受けられたのでは? という疑問がズ~ッと残ってるもんで ここで ちょっと頭の整理をさせてください。 起業後2年間は免税事業者で、3期目から消費税の課税対象になり (資本300万円 売上2億円以下) 3期目の今年10月から来年の9月迄の《課税売上ー仕入税額》の 数字が納税額になるんですよね? 基準期間の1期目の売上や仕入の金額は関係なくて課税か免税かの判断材料に すぎないですよね。 さすれば 1期目の 設立に伴う資産購入額の多い時期に課税事業者の選択をして 還付をうけてもよかったのでは?と思うのですが。 2年間は変更が出来ないと言うのは簡易課税選択の場合だけですよね 消費税かじり始めたばかりですので、間違ってたらご指摘ください。 縁あってお二人の税理士の先生が2年間は何もしなくっていいようなこと おっしゃってまして、私としましては、あまり突っ込めなかったもので・・・

  • 消費税の届出を誤って提出した場合(個人事業主)

    基準期間における課税売上高が1千万円以下となったので、免税事業者になろうと思ったのですが、 提出してしまった書類が「消費税課税事業者選択不適用届出書」になります。 本来ならば「消費税の納税義務者でなくなった旨の届出書」を提出するべきところなのですが、 誤って提出した後に間違いに気付きました。 この場合「消費税課税事業者選択不適用届出書」はどうなるのでしょうか? ちなみに今までに「消費税課税事業者選択届出書」を提出した事はありません。 「消費税課税事業者選択不適用届出手続」が「消費税の納税義務者でなくなった旨の届出書」の代わりの効力を発揮してくれる事はないでしょうか?

  • 個人事業主として、事業を開始しようと考えていますが、消費税の課税事業者

    個人事業主として、事業を開始しようと考えていますが、消費税の課税事業者になろうかどうか迷っています。 事業開始にあたり、始めの2年間は、消費税の免税事業者となるので、特に手続をすることなくこのまま開業しようかと考えていました。 しかし、開業当初は色々な経費がかさみ、場合によっては、消費税の還付を受けられることもあり、「消費税課税事業者選択届出書」を提出して、課税事業者になろうかとも考えています。 質問というわけではないのですが、特に個人事業主として開業された方で、消費税の課税事業者の選択に関して、経験や体験談などをお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非聞かせていただけませんでしょうか? よろしくお願いいたします。