• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

女性のオーガズムについて生物学的な意味

男性のオーガズムは射精を伴うので種の保存での意味は分かりますが、 女性のオーガズムはいったい何の為に備わっているのでしょう? 何か進化過程の名残りなのか、それともそれ自体に意味はないのか。 なんかふっと思ってちょろろってネットで調べたのですが、 どうしてオーガズムと言う感覚が人間の感覚の中で必然なのかちいーっともありませんでした。 知ってる方いらっしゃいますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
  • kawakawa
  • ベストアンサー率41% (1452/3497)

生理学的に考えますと‥ ご存知のように,膣内には常時乳酸菌の一種であるデーテルライン桿菌の分泌物によって酸性に保たれていますネ。 そして,外界からの菌の侵入や増殖を防いでいます。 また,この状態は精子にとっても劣悪な状況であるわけですネ。 ところが,女性が性的興奮状態となると,バルトリン氏腺液や膣液などの分泌液が出され,潤滑液として挿入時の痛みが軽減するとともに,膣内を弱塩基性に変え,精子が生きたままで膣内に侵入してくることを容易とするわけですネ。 ただ,この分泌液が十分に分泌され,膣内が精子にとって理想的な,つまり,妊娠し易い状態となるためには若干の時間を要します。 そのために女性の感じる時間は長くなっていると言えるでしょう。 絶頂を迎えた時点というのは,完全に精子の受け入れ準備が終了したということになると理解しています。 快感がなければ,膣内が塩基性になるまでのあいだ刺激され続けるというのは大変なことではないかとも思えますしネ。 生理解剖学の立場から専門家として。 以上kawakawaでした

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (7)

  • 回答No.8

再度登場。 まえの回答で、「動物」の例を出したのですが、もちろん、人間は「発情期を失ったサル」である(大島清氏だったかな)から、本来の受精目的以上の機能が備わっている事は間違いありません。 ただ、進化の過程で、もともと存在しない機能が出来た訳ではなく、その部分が発達した結果そうなっている、という事になるかと思います。3の答えは、そういう意味で、もともと「キリをつけるための機能」というのがあったのじゃないか、との考えです。 4の回答で指摘された「じっとしていた方が生存率が高い」というのは人間についてはいえると思いますが、サルでも犬でも、行為のあとじっとしているようなやつはいないと思います。 逆にいうと、「そういう機能」が備わる事によって、「安全なところで生殖行為を行う」ようになったのではないでしょうかね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

沢山の回答ありがとうございます。 ただ、決定的にこういう理由であると出なかった事で締め切りが遅くなってしまい 申し訳ありませんでした。

  • 回答No.6
  • mcqgogo
  • ベストアンサー率25% (19/75)

推論ですが… 動物ついて考えてみると、例えば馬は発情期以外にメスはオスを許容しません。発情期以外にオスが性交の目的をもって近づくと、蹴り上げるなどしてメスは強烈な拒絶反応を示します。逆に発情期には嘘のようにおとなしくなり、尾を挙げて外陰部をひくひくさせたり、放尿したりと独特の受け入れの姿勢を示し、その後は言わずもがなです。この性質を利用してメス馬の発情発見に利用したりもします。(当て馬と言います) 馬の性交時のオーガズムがどの程度のものかは分かりませんが、ここで言えることは元々オーガズムは発情時のホルモン支配に付随して起きる感覚であったということです。ですからそれ自体に意味を求めるならば、本能的な欲求が満たされたときの充足感である、とするのが自然な解釈でしょう。それは空腹が満たされたときの満腹感のようなものだと思います。 メス馬の受入行動には個体差はありますが、生殖経験の有無に関わらず原則として同じ行動を取るので、本来はオーガズムの快感をもって生殖にいざなうといった性質のものでもないでしょう。2回目からは、それぞれが意味付けを行う場合はあるとは思いますが… ヒトの場合、快楽目的などで生殖目的以外にも性交を行います。オナニーの例を持ち出すまでもなく、オーガズムは快感的な意味合いが強調され、大脳皮質のおかげで自然の摂理からは乖離しているのだと思います。それだけになおさら本能的な充足が愛おしいのでしょうか? ヒトはある時期には、常時受け入れ態勢が整っているとも言えるので、それに付随して常時抑制の態勢をも準備する必要に迫られていて大変ですね。 自然の息吹を思い出させてくれる、いい質問だと思いました

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

 これも仮定でなんら検証手段はありませんが、出産時の痛みを乗り越えるために自然に与えられた機能であると想像します。もし女性にそのような快感がなければ、あえて生殖行動をしようとはしなくなるでしょう。産痛はそれくらい大きいということではないでしょうか。  人間はその特質ゆえか、長い妊娠期間の必要な動物です。加えて脳を支える頭蓋骨の構造的な制約から、小さいときに出産して大きく育てるというしくみが比較的はたらきにくいわけで、体内である程度まで大きく育てなければ出産できないという制約があり、出産に伴う痛みはとりわけ大きいと想像します。  雄の方はどうかというと、幸か不幸か、出産は経験しなくてもよいのでそれほど快感は必要ないかわりに、遺伝子を広範囲に残そうとする行動に出るようです。  ただし人間は野生動物と違って、相手の立場に立つ知性と、相手の痛みの分かる想像力を獲得できる可能性のある存在のはずです。快感だけが目的と理解される現象が目立つ昨今、実は人間は退行しているのではないかとすら感じています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

    まず、答えは知らないという前提です。というか、この答えは、仮説があっても、実証されていないでしょうし、どこまで進めば実証となるのか難しい問題です。     「痛み」が、手足を切ったり、蛇に噛まれたりすると起こるのは、当然、敏感な知覚を持ち、「痛み」が発生するような事態が起こると、動物が何らかの回避行動とかを取るのが、適者生存に適っていたからです。自分の足がワニに喰われているのに、痛みがないので平気でいると、全身ワニに食べられます(実際は、ワニはしつこい動物で、足など噛まれれば、もうワニは話しませんから終わりですが、これは危機を警告する「痛み」という一つの譬えです)。     オルガスムスの男性と女性のパターンの違いは、男性のオルガスムスは文献などでは、射精が終わるや急激に消えて行くようで、自分だけ興奮して射精すると、さっさと立ち上がる男が多いのは、このためでしょう。上手になると、余韻を楽しむとか、色々あるようですが、男性のオルガスムスは瞬間に絶頂があり、後は、すぐに消えて行くというパターンです。     女性のオルガスムスは、もっとゆっくりしていて、持続性で、大きな波にパターンがなっています。     男性の場合は、射精すれば、それで生殖行為の目的が達成されるので、オルガスムスが、射精の瞬間に頂点になり、その後は、さっと消えるのでしょう。女性の場合も、射精と同時に、精子を受けるという生殖行為の目的は終わるので、男性が射精すると同時に、対応して、オルガスムスが消えてもよいはずですが、そうならないのは、「適者生存」から言えば、オルガスムスが大きく波を持ち、男性の射精後も持続する女性の方が、生存にとって有利だったとなります。     では、オルガスムスが持続すると、どうして生存にとって有利になるのかです。ここから仮説になる訳です。     男性は射精の後、走ったり、動いたり、激しい運動をしても別に生殖行為は終了しており、問題は何もなく、むしろ、性行動に夢中になっていると、野獣に襲われる危険などもあるので、さっさとどこかへ消えるのが生存を高めることになる。     女性はしかし、射精の後、「受精」がなければ、生殖行為に意味がないのです。一番簡単な効果として、もし、女性のオルガスムスが射精と同時に消えると、女性も、走ったり、激しい運動をしたりすることができ、またするはずであるが、その場合、激しく身体を動かすと、精子を含んだ精液が、vagina から流出してしまう可能性が高いです。この場合、子宮まで射精が達していても、受精の前に、精子を含めて精液が流れ出して、受精の確率を低くします。受精確率を上げるためには、そのまま女性は横たわった姿勢で、10分とか30分とか、じっとしている方が、効果的に受精が起こります。     オルガスムスが急速に終了する女性は、その女性の生存可能性は幾分高いかも知れませんが、子孫を残す確率が、ずっと低くなるということが考えられます。これが、女性のオルガスムスがゆるやかに、男性の射精後も、大きな波で、持続する理由ではないでしょうか。     もう一つの理由は、女性のオルガスムスが長いと、生殖行為に没頭しているあいだに、野獣などに襲われる危機が増えるのですが、逆に、そのために、女性は安全な場所で、生殖行為をするようになり、また安全な場所で生殖行為をしない女性は、危険が大きく、女性及び胎児などの生存率も低くなるので、安全な場所で生殖行為を行うという行動付けが行われ、生殖自体が安全になること。また、安全な場所だと、雄(男性)も、射精が終わるや、すぐどこかえ消えるというようなことををして、身の安全を確保する必要が減り、より長時間、女性と一緒にいるので、ツーラウンド、スリー・ラウンド……テン・ラウンドと射精回数が多くなり、また長いあいだ、行為をしていると、受精の可能性が高まる。また、女性とは。安全な場所で、生殖行為をするという習慣になり、長いオルガスムスの女性を守るという行動になったり、一夫一婦制の原型のような形が、一時的にせよできる。     進化における「適者生存」から考えると、どちらが生存率、子孫の生産力が高いかと言えば、オルガスムスが長く持続する女性の方だと思えます。     男性のオルガスムスの頂点は、局所感覚の鋭敏化で、かなり熱い精液が、尿道を非常に速い速度で通過する時、尿道内粘膜を刺激することが、その頂点のようです。従って、射精してしまうと、この強力な感覚はなくなり、急速にオルガスムが解除されるのでしょう。     女性のオルガスムスは、皮膚感覚による快楽というより、頭のなかで構成される快楽のようで、エンドルフィンのような脳内麻薬が、短期間に分泌されて起こる、脳のなかで感じる快感の要素が大きいと思えます。こういうエンドルフィン的な神経伝達物質の分布で、快感が起こると、その物質の分泌が止まっても、しばらくは、神経伝達物質は残っているので、脳内オルガスムスは持続し、ゆっくりと波を描いて、鎮まって行くと思えます。   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

進化過程について。 たぶん、男性器と女性器は、もともと同じものから進化してきたと思いますので、同じような機能を持っていてもおかしくないかな。 意味を考えると、1つには、キリを付けるため。 人間以外の動物では、「時間」が短いけれど、じっさいのところ、どうなっているのか? 天敵に襲われる事を考えれば、さっさと終わるほうがいい(進化の過程で、時間のかかるやつは生存率が低くなって淘汰される)のですが、終わった後、モノを押し出してフリーになる(動物によっては、男性器にストッパーがついていて抜けにくくなっているものがあるとか。まあ不安定な体位の動物は多いからね)ため。 まあ「それ」を求めてオスを求める本能というのもあるかも。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

キリをつける為っていいですね。 ありがとうございました。

  • 回答No.2

 図書館で読んだ、R・ロビン・ベイカーの著書 にある内容(学術的な場で発表されていた論文を 一般向けの読み物にしたもの)が、大論争を巻き 起こしているようです。 『精子戦争』と、もう 一冊はタイトルを忘れましたが、確か内容的には 「最初の本」と「さらに後の研究内容も紹介」の 関係になっていたと思いますが、記憶違いだった らごめんなさい。 その学説の女性のオーガズム の清潔を保つ機能が本当だとすると、そうでない 場合、どろりとした保護成分が古いままに・・・  ?共著だった気がする・・・もう一人だれ?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ちょっと調べてみました<「精子戦争」 なかなか面白そうですね。 ありがとうございました。

  • 回答No.1

回答にはならないかも知れませんが、下記のURL(男の知らない女の体)にいろいろと書いてあるみたいなので、覗いてみてはいかがでしょうか?

参考URL:
http://www1.ocn.ne.jp/~yaturugi/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

せっかく教えてくださったのですが。。。なかったです(涙 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • (2)女性にとって、オーガズムとは生理学的に、どんな意味があるんでしょうか?

    私は男性ですが、質問いたします。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%82%BA%E3%83%A0 いわゆる「イク」という状態。 男性は射精します。 女性は特に何も出ません。ただ気持ちいいだけです。 では、女性にとってのオーガズムとはいったい何なのかと。 性行為時においての意味とは、男女との愛を深めるという点においての 重要性はあるかと思います。 しかし、受精・出産には関係無いみたいだし、生理学的にはどのような 意味があるのか分かりません。 「オーガズムに達するという状態」にどんな必要性があるのか。 なんのために「イク」のか。 ご意見よろしくお願いします。

  • オーガズムは、男女によって違いますか?

     オーガズムは、男女によって違いがありますか?  また、女性のオーガズムには,種類がありますか?  僕は男性ですが,オーガズムは女性との性行為によるものと,オナニーによるもの、の2種類しか知りません。  また、女性との性行為といっても、膣内の場合と、口内での場合と、稀に手などによって射精してしまう場合とでは,迎えたオーガズムがずいぶん違う印象があります。  もちろん、脳内化学作用という意味では同じです。  そこで,質問です。  女性のオーガズムも,脳内化学作用としては,男性と同様でしょうが、シチュエーションや体調などによって,また、男性器の挿入やクンニリングスなどによる場合とでは,違うものなのでしょうか?  豊かな性感の女性や,経験豊富な男性の皆様,是非,皆様の印象を教えて下さい。

  • オーガズムを迎えた直後。

    男性と女性の体は違うようで似ているのかな?と思うのですが、私はイった直後に性感帯を触られると余りにもくすぐったかったり、刺激が強すぎて痛くなったり、これ以上受け入れられない快感の為(?)に胃がムカムカしたりさえします。 それは言葉で伝えようとしたのですが、彼は『男性は射精すると回復まである程度の時間が掛かるが、女性は何度も続けてイケるものだ』という思い込みがあるらしく(もしかすると、私が変わっているだけで他の女性はそうなのかもしれませんが・・・?)無理に何度も連続してイカそうとするので気持ち悪くなってしまいます。 私は自分の体の感じ方やその様な反応から、女性も実は男性と同じで、一度オーガズムに達すると回復にある程度時間が掛かるものなのではないか、と思っているのですが、どうなのでしょうか。 知識が浅い為に解りにくい文章、乱文で大変失礼しました。 是非ご意見を聞かせてください。

  • 生きる意味

    生きる意味 たまにふと「生物が生きている意味」を疑問に思います。 人間においても何の為に勉強をし、何の為に働き、何の為に遊び・・・といった様に意味を問われると答えが見つかりません。 人間以外の動物は種の保存の為に本能で生きているのかもしれません。 しかし人間はそれだけではないように思います。 私たち人間は何の為に生きているのでしょうか? みなさんの考えをお聴かせください。

  • 女性 進化

    進化の過程で人間は今のように言葉を話したり、立って歩けるようになったのですよね では女性が男性並みの体力があれば生物的に便利じゃない?と思うのですが なぜ進化しなかったのですかね?  これは単純な疑問で他意はありません

  • 腹筋がビクンとします。ドライ・オーガズム?

    30代前半の男性、異性愛者です。 以前、ディープ・キスの最中に鼻をつままれて、窒息プレーになったことがあるのですが、以来、ペニス以外の性感帯(特に背中、首、耳など)を舌やフェザー・タッチで攻められたり、攻められる妄想をすると、腹筋がビクンと大きく痙攣する様になりました。もともと、体全体が非常に敏感なので、窒息プレーの前から前兆はあったかもしれません。不思議なことに、ペニス系の刺激、AV鑑賞の時は、このビクン現象は発生しません。 妄想だけでビクンとなりますが、ずっと続けていると、ビクンとなる頻度が増え、また体全体に広がり、浅く荒い息遣いになったり、声が洩れたり、脚が痙攣することもあります。見た目としては、女性のオルガズムと同じ様に見えます。何度か意図的に練習している内に、コントロールが出来る様になり、今では立っていても、座っていても、自動車を運転中も、いつでも何処でもスイッチが入れられる、20秒位の妄想で開始出来る、1時間でも好きなだけ続けられる体になりました。やる度毎に、快感度が増している気がします。男性器は勃起したりしなかったり、という感じです。止めた後は、ゆっくりとスイッチが切れていく感じで、ビクンのリズムが段々と緩やかになり、3分程で完全に止められます。 前置きが長くなりましたが、質問です。 1.私と同じ様なことをしている、出来る人はいますでしょうか。ネットで調べたところ、一番近いのはエナジー・オーガズムかな、とも思いますが、呼吸法不要、PC筋作用不要(併用も可能ですが)の為、ちょっと違う気がします。 2.これは体に良いのでしょうか。続けると体に悪いでしょうか。癲癇とか、何かの病気の兆しだったりすると嫌なのですが。。。 3.これは、所謂ドライ・オーガズムの一種なのでしょうか。ドライ・オーガズムで良く言われる様な、咆哮、絶頂感、白目になる、気絶しそうになる様なことは、今のところはありません。もっと開発すると、ドライ・オーガズム的なレベルに到達出来る様な気がしないでもないです。今のところは車が運転出来る程、意識は冴えていて、射精の瞬間を10とすると、7程のマイルドな快感がずっと継続しているイメージです。

  • 下等生物。

    「職場で「自己価値を認めてくれ」と要望する女子社員ら」 http://okwave.jp/qa/q6665023.html ANo.9 上記で説明される、生物の本能的行動の特徴は、宇宙の進化の過程が、そっくり生物の進化の過程に反映されたものですが、 宇宙の進化とは: ビッグバンで生まれたとされる、「多」次元宇宙が「少」次元宇宙に減る過程。 生物の進化とは: 生物が生存に必要となる、関節・体毛・歯等の支点の数が、「多から少に減る」過程。 同じく、生存に必要とする物質・エネルギー量が、「多から少に減る」過程。 支点数(指)を比較: (1)化石に見られる古代生物の指は20本以上。 (2)今の生物の指は0~5本(人は5本)。 種として支点数を比較: (1)ネズミ(合計20本の指、全身の体毛、歯、群れ)> 蛇(手足無し、ウロコ、牙) (2)サル > 人(頭髪) > 像(体毛無し、指は退化、鼻、歯) > イルカ(体毛無し、3つのヒレ、歯) そこで質問です。 「クジラやイルカは、人間に近い知能を持つ賢い生物だから、殺すな食べるな。」 っていう人がいますが、人間より高等生物であるイルカを、より下等な生物(人間)が攻撃するのは本能ですが、 A.高等生物イルカ様の扱いについて、皆様どう思われます? B.貴方は、相対的にヘビより進化していると思いますか? 参考質問 「いじめはなぜ悪いのか?」 http://okwave.jp/qa/q6308661.html ANo.31 ANo.30

  • 「かっこよく・モテタイ」というのはどうして恥ずかしい?

     以前にテレビ番組で高校生の男子が、テレビ番組で「どうしてこんなに真面目な僕はモテなくて、チャラチャラした不良がモテるんだ」と嘆いていました。  それを見ていて、「確かにな~」と共感しつつそれと同時に「恥ずかしいな~」とも思いました。  この心理はどうして生まれるんでしょうか?。  人類として進化の過程として「生殖」というのは必然としてありますよね。そこで、より優性な遺伝子との交配によって、優性な遺伝子を継承させようとするのは、必然な流れですよね。特に雄という種はより、多くの母体に自分の種を宿らせようとする傾向がありますし、これは不自然なものではないと思います。  人間は生理的に必然な行為を「恥」と定義する事がしばしばありますが、どうして私は「恥」と彼の行為を感じたのでしょう?

  • 「生きることの意味」

    「生きることの意味」 人間にとっては、種の保存というものが必ずしも本能ではない為に、生きることの意味がよくわかりません。 答えにくい質問だと思うので、明確な回答は期待していません。あなたがたの意見を伺いたいと思ってます。 あ、当方別に死にたいとかではありません。むしろ元気です(^^;) なぜ生まれ、そもそも何処から来て、最後は何処へ向かうのか。 最近ふと思ったので質問致しました次第です。

  • 男性と女性の性行為における違い

    僕は男なので、女性の性に関する事柄についてはよく分からないのですが、男性は最終的には射精の時にオーガズムを迎えますよね?そしてその後は、いっきに性的興奮は収まります。それに対して女性はそういう行為がないと聞いたのですが、それは一生性的興奮が収まることが無いということですか?それでも、女性はオーガズムを感じますよね?更に女性でも「いく」という言葉を使いますよね。その「いく」というのはどういう意味なんですか?また、女性のオナニーは何によって終わりを迎えるのですか?宜しくお願い致します。