-PR-
解決済み

ATX電源の種類について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.25689
  • 閲覧数393
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 97% (35/36)

自作関連の質問なのですが、
ATX電源のver.2.01とか2.03とか有りますけど、
具体的な違いや使用&購入する際の注意点などを知りたいのです。
(人によってはATX ver2.0とだけ書いてる人もいますけど、そのバージョンも有るのでしょうか?)

Athlon/Duron の場合は、ver2.03の方が良い、というのは読むんですけど……。Pentium3の場合は気にしなくてもいいのでしょうか?
組み立ての本を4~5冊くらい購入して読んだりしてもどの本にも書いていないので……。

皆様よろしくお願い致します。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 34% (16/46)

ATX2.01はマザーボードから電源ユニットのコントロールが行える用になっていますが、マシンの主電源が落ちているときでも、有る程度の電力をマザーボードに供給してやる必要が有ります。その為に用意されているのが、スタンバイパワーです。
スタンバイパワーの電流容量は0.1A以上と規定されていますが実際は足りないことが多かったためATX2.01では0.72Aに変更されてます。
ATX2.03は98年12月リリースされた最新Verです。
いくつかの細かい修正はされましたけど2.01と比べて大きな違いは有りません。
しかし最近では、WakeupOnRingやWakeupOnLanなどスタンバイ時でも電力を消費する機能が増えたため0.72Aでも足りなくなりそこでスタンバイパワーを2A以上とれる物を2.03と呼びます。電源の違いはこのくらいです。
たいして2.01でも2.03でも問題は無いと思いますよ??又、AMDについては参考URLをごらん下さい。
Pentium3の場合は気にしなくてもいいと思いますが、Pentium4は有る程度の問題も有るのでは?
補足コメント
KenTaka-79

お礼率 97% (35/36)

y-naga 様
御回答有難うございました。

もしかして電源に貼ってあるシールの「sb(SB)」というのが「スタンバイパワー」の事だったんですね。納得しました。

私自身は今のところ、LANを組もうとは思っていないので、取りあえずは「関係ないなぁ」という感想です。

Pentium4の電源部に尽きましては、つい最近の事で各雑誌にも「ATX・12V電源」と表記されて、今までの電源部とのその差異が説明されているので、なんとなくですけど判ったつもりではいました(←なんとなくなんですけどね、すみません)。
でも最近になってその手の本を読むようになった私には、以前の電源部について少々疑問でありました。
AMDの参考URLもお教え戴きまして有難うございました。

この度は本当に有難うございました♪
投稿日時 - 2001-01-09 13:19:51
お礼コメント
KenTaka-79

お礼率 97% (35/36)

y-naga 様
ポイントを付けるのが遅くなりました。すみません。
このたびは御回答有難うございました。
また何かの事でお世話になるかも知れませんケド、
その時はまたよろしくお願い致します♪
どうもお世話になりました!
投稿日時 - 2001-01-12 04:36:18
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ