• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

微分と偏微分の違いを明快に教えてください

 話は私が悪解答(もうしません)を書いた質問 に遡ります・・・このアドレスになります: http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?qid=255221  ヤコビアンを習ったときに「絶対使うから」と 念を押す場合も多いです(本当に使います)が、 一度くらいは忘れることでも定評があります。   (あれ? どっちがどうだったかな?)  これは本質的により高レベルの内容を前提抜き で放り込むためです(分数も、分数は単位の変換 操作などが含まれ、位取りに似た概念です)。  関数行列式(ヤコビアンもその一種)について  これは関数の線形性を巧妙に利用して、簡便に 使用できるようにする、非常に便利な道具です。 ―これはイデアルを習うころには理解できます―  『ヤコビアン』は使用頻度も高いものですが、 意味を理解して使うには、例えば他の方法の問題 点を明快に指摘できる水準が必要なので、教科書 を読めば誰でも身につくわけではありません。  私が挙げた解釈は、間違いの例として、参考書 などでも結構紹介されてはいますが、その参考書 でさえ「どこがどう間違いなのか?」をちゃんと 指摘できているとは言い難いものも見られます。  この手順を踏むと違う答えになるから間違いと 明快に示していて『良回答』評価も当然ですが、 挙げられた微分と偏微分の差は重要なので、また OKwebのスペースを割かせていただきます。 (自分のポイントを確認したら結構あったので、 ―感謝―便乗して良い説明を受け取ってしまうと いった悪行三昧は今後控えさせていただきます)     つきましては、  偏微分と微分の違いを、(教科書風の)定義や 計算法の違いでない明快な解説でお願いします。  私は読むと胸のつかえが取れるような、明快な 説明に飢えてます(知識を詰め込むのでなく)。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数420
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

siegmund です. http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?qid=255221 ではちょっと表現に過激(?)なところがあって,大変失礼しました. >  偏微分と微分の違いを、(教科書風の)定義や > 計算法の違いでない明快な解説でお願いします。 通常の一変数の微分でしたら,独立変数の変化の仕方は決まっています. 数直線上を動くのですから,(正方向,負方向は別にして)変化の方向は決まっています. ところが,独立変数が二つ(以上)ですと変化の方向は無限にあります. 例えば,x を変化させるといっても,y 一定で変化させるのか(これが普通ですが), y/x 一定(極座標のθ一定と同じ)か,x^2 + y^2 一定(極座標の r 一定と同じ)か, いくらでもあります. 本来,偏微分の際は何を一定に保ったかを (∂f(x,y)/∂x)_y のように添字で書くのですが, 独立変数の組のうち他の変数を一定に保った場合は省略してしまうのが普通です. 偏微分が関係する式を変形するときにはいつも「何を一定に保っているか」に注意 しないといけないわけで,そこが一変数の微分との大きな違いではないでしょうか. 2次元極座標と直交座標で ∂r/∂x = 1/(∂x/∂r) などとしてはいけないわけです. 左辺は暗黙の了解で y 一定ということですが, 右辺の ∂x/∂r は暗黙の内にθ一定です. もちろん,両辺で一定に保つものを同じにすれば大丈夫ですけれどね. http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=162840 の回答もご覧ください. x,y,z の間に関数関係があるときには (∂x/∂y)_z (∂y/∂z)_x (∂z/∂x)_y = -1 という面白い関係式があります. 添字のことに注意せず分母分子が約せるよう思ってしまうと答は1になりますが, そうならないところが面白いところです. 私はこの式を最初にみたとき(大学1年のとき), 1にならないことに大変おもしろいというか不思議というか,そういう感じを受けました. 学生への講義でこの式が出てきたときには 「不思議に思わないか?」 と聞くのですが,あまり反応がありません. 学生は「何を一定に保っているか」の重要性をきちんと理解していて, 「当然でしょう」と思っているわけではないようです. 何を一定に保ったかが非常にシビアになるのが熱力学です. 熱力学では圧力 p,体積 V,絶対温度 T,が独立変数のような顔をしていますが, これは3つは独立ではありません. 例えば,n モルの理想気体では pV=nRT ですから,2つしか勝手に選べません. したがって,V で偏微分といっても,p 一定か, T 一定かで話が違い, 暗黙の了解はありません. こういうわけで,熱力学では常に添字で何を一定に保ったかを明示しています.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ありがとうございます! 「値が一定」 が大切だと読んだことがあるはず…確か… エミー・ネイターが証明した対称性と力の 関係が、ゲージ理論で明確になったとか… http://www-jlc.kek.jp/general/DOC/oho95-html/node2.html …変化しない部分が大切なのにすぐ忘れる、 これが私が力学を苦手とする原因なのかも (宇宙の動因が保存則かも知れないのに)。  追伸:もうわざと間違えての便乗質問は しません、自分で真面目に質問します。  追伸2:OKwebで出たLie微分は どの要素同士が直交(独立)や依存関係で、 どんな変換で何が保存されるのだろう?   微分多様体は色々便利な性質を保つ拡張 らしいけど(線形性とか便利だし…)。  ↑の関係の質問は…どうしよう?  わかったか怪しいshadoworks

関連するQ&A

  • z = x^y の偏微分

    z = x^y の偏微分 こんにちは。 数学の偏微分に関しての質問です。 z = x^y を偏微分せよ という問題について教えて欲しいのです。 ・偏微分可能であることを示す ・偏専関数を求める これは例題でやったのですが、実際に偏微分するときどう手をつければいいのかわからず…。 偏微分というのがどういう事なのかをまず理解してないのも一つなのですが。 実際に解答するならばどう答えればいいのでしょうか。 宜しくお願いします。

  • 偏微分(?)について

    すべての実数xについて微分可能な関数f(x)において f(x+y)=f(x)+f(y)+xy…(A) f'(0)=1 (1)f(0)の値を求めよ。 (2)f(x)を求めよ。 という問題ですが、(1)はいいとして、(2)で計算していくときに普通にやるならば導関数の定義に持ち込むことになると思います。ただこのタイプの問題としてはもちろん毎回違う形で関数が与えられますから、式変形の最中にどうすればいいか止まってしまうこともありえます。 ところが、この問題の場合すべてのxにおいて微分可能が保障されているので「(A)において、xを固定し、yで微分する」というやり方(多分これが偏微分だと思うのですが...)を用いるとすぐに解けますし、迷う箇所もありません。 これは予備校で教わったのですが、もちろん教科書には書かれていません。確かに(x+y)^2=x^2+2xy+y^2に対してこれと同じ事をおこなうと、両辺等しくなり等号は成り立ちます。つまり恒等式であり続けます。しかしこの解法について根本的に理解したとは思えませんし、教科書にないようなこういう解答は許されるのでしょうか?

  • 偏微分、合成関数の微分法

    数学を進めているのですが、偏微分が絡んだ合成関数の微分法がわかりません。 大学数学のテキストは高校のと比べて、読み進めずらいです。助けてください。 (質問本文) 「」は私の理解の仕方と思ってください。まず、公式の理解から私の偏微分の考え方は正しいでしょうか? (1)関数z=f(x、y)にさらにx=x(t)、y=y(t)という関係がある時、「実質1変数で」、dz/dt=(∂z/∂x)×(dx/dt)+(∂z/∂x)×(dx/dt)(「それぞれxとyでzを偏微分して、x、yを今度は1変数なので、微分する」) (2)関数z=f(x、y)にさらにx=x(u,v)、y=y(u,v)という関係がある時,今度は変数が2つuとvがあるので、「どちらか片方で微分して」、∂z/∂u=(∂z/∂x)(∂x/∂u)+(∂z/∂y)(∂z/∂u)(「それぞれ片方の変数x、yでzを微分して(偏微分)さらに、そのx、yを関係式があるuで片方を選んで、uで偏微分する」) 次に、教科書の文章で、f(x、y)=0によって、xの陰関数y=f(x)が定められているとき、y‘=-Fx/Fyをxで微分すると、(dFx/dx)=Fxx+Fyy×dy/dx,dFx/dx=Fyx+Fyy×dy/dx(★)とあるのですが、★の微分はどのように考えて実行しているのでしょうか?(上の教科書の公式では全く上手くいきません)

  • 偏微分で混乱しています。

    偏微分の取り方についてよく分からないので質問させて頂きます。 例えば x=vt+z と言う関数があって、それをtに付いて偏微分したい場合 x_t=v だと思ったのですが、 (x_t)はxのtに対しての偏微分 もしvは上の式から v=(x-z)/t とvもtに依存していて さらにzとも同じくtに依存している気がします。 すると x_t=(v_t)*t+v+(z_t) となり v_tを偏微分するにはxとzはtに依存しているので v_t=x_t/t-x/t^2+... となり 又x_tを求めるにはv_tが必要となり。。 と堂々めぐり と訳のわからないようになってしまいます。 無論この計算の仕方は間違っていると言うのは分かるのですが、 一体何がどう間違っているのか分かりません。。。 どなたかご指摘頂ければ幸いです。 よろしくお願いします。

  • 逆関数の偏微分

    自分は工学部の学部生です. 偏微分に関する質問です.   x=x(u,v), y=y(u,v) において,   u=u(x,y), v=v(x,y) と変形せずに(逆関数を求めずに),   ∂u/∂x, ∂v/∂y を求めたいのです.(たしか逆関数を求めずに逆関数の偏微分を求める方法があったと記憶しております) そこで,   (1)逆関数を求めずに,∂u/∂x, ∂v/∂yを求める方法 もしくは,   (2)微分(偏微分)の本のどこを参考にすれば解るか を教えていただきたいです.よろしくお願いいたします.

  • 偏微分について質問です

    C=2Y2/K+KにおいてdC/dYの答えなんですけど、回答には-2Y2/K2+1と書いてありました。(Y2はYの二乗の意) 偏微分の基本的なやり方は理解してるつもりですが、この場合は分数が入っているので理解できません・・。教えて下さい。お願いします。

  • 偏微分

    数学の問題なのですが、まったくわかりません。 助けてください。 次の関数の偏微分を求めよ。 f(x,y,z)= (1) 2x + 3x^2y + yz^2 + 4 (2) (2x - x^2y)(4y^3 + yz^2) (3) (cosx + 2xz) sin3y (4) 2z^4e^xy + y(sin2x)e^3x たとえば (1) では ∂f / ∂x = 2 + 6xy + yz^2 ∂f / ∂y = 2x + 3x^2 + z^2 ∂f / ∂z = 2x + 3x^2y + 2yz となるのでしょうか?? いまいち偏微分が理解できません。 できれば教えてください!!

  • 偏微分の問題

    ある過去問を解いているのですが、 x=r*sin(θ)*cos(φ),y=r*sin(θ)*sin(φ),z=r*cos(θ)の場合に ∂(x,y,z)/∂(r,θ,φ) を計算しなさい という問題なのですが、偏微分のところの形がどういう風に計算したら良いかわからなく、教科書を探しても同じ形が見つからないので詰まってます。探しきれて居ないだけかも知れないですが、よろしければ取っ掛かりの部分、また参考になるURLなどの紹介をよろしくお願いします。

  • 微分方程式の偏微分問題について

    微分方程式の偏微分問題について 大学で微分方程式の授業を履修しているのですが、指定された問題がまったくわかりません 問u0>0,p>1とする。次の1階単独ODEの初期値問題について、(u0の0は小文字でユーゼロです) du/dt=u^p (t>0) u(0)=u0 u(t)が発散する時刻をTmaxとするとき、解u=u(t) (0<t<Tmax)を求めよ という問題です。 偏微分の計算の説明を少しされただけなので、このような文章問題はどうすればいいのかまったくわかりません。 一応この問題の前に 『1階単独ODEの初期値問題と局所解の一意存在定理』 2変数関数f(x,y)は点(x0,y0)の近くで偏微分できて、さらにその偏導関数fx(x,y),fy(x,y)は連続とする(これは短く「点(x0,y0)の近くで連続微分可能である」という)。そのとき、次の1階単独ODE y´=f(x,y), (y=y(x);unknown) について、y(x0)=y0をみたす解がx=x0の近くでただ1つ存在する という定理が書いてありましたが、説明されていないので自分で読むだけではまったく理解できませんでした。 明日までなので焦っています。 どなたか問題を解いて下さる方はいらっしゃいませんでしょうか?

  • 微分積分について

    今、大学で物理を習っているのですが、その中の微分積分(偏微分も含む)が全く理解できません。。。 高校の時、微分積分の勉強を疎かにしすぎました・・・ 勉強しようと思うのですが、教科書を見てもさっぱりなんです汗 こんな私でも理解できる参考書、又は、サイトをご存じないですか?