• 締切済み
  • 困ってます

昔の絵本で羽で布団を作って動物達にあげるお話の題名が思い出せません!

私と姉が子供の頃(30代前半です)、家にあった絵本なんですが、どうしても今店頭で見つけることができません。 いつも探しているんですが、題名も記憶になく・・。 どなたか覚えている方いらっしゃいませんか?? うろ覚えでも結構です。 福音館の月刊の絵本だったかもしれません。 ・動物(くまさん?だったかも)が、鳥の羽を集めて、森の動物達に布団を作ってあげる。 ・動物達は、その布団で冬を越す そんな感じの絵本です。 助けてください!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.2

もしかしたら、これかなってのを見つけました☆ でも、動物じゃなく虫のお話みたいです。 題名は「ふわふわふとん」です。

参考URL:
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=1404

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • nene42
  • ベストアンサー率43% (467/1062)

鳥の羽を集めている絵本といえば「ぼくのはね」と思い出しましたが、私も内容はうろ覚えで…(汗) http://www.fukuinkan.co.jp/magadetails.php?goods_id=10926

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます! 私も「ぼくのはね」の同じ作者のかたの作品のような気がしていましたが、どうも違うようです^^; 絵の感じがとても似ていた記憶があります。 もしかすると、羽でなくて、木の葉(落ち葉)だったような気がしてきました。 悩みますね~。 とにかくありがとうございます!!

関連するQ&A

  • 昔幼稚園で配られた絵本について

    昔幼稚園で配られた薄い絵本(月刊だと思います)について知りたく、質問させていただきました。 内容は、色々な動物が集まる図書館がある(森の中? それぞれ、自分の種類が出てくる絵本を見つけて喜ぶ(熊なら熊が出てくる絵本) けれど、かなへびだけが自分が出てくる絵本を見つけられず悲しむ。 その後館長さん?がかなへびが出てくる絵本を見つけてくれた? こんな感じのものだったと思うのですがかなり曖昧です・・・。 とりあえず、かなへびがでてきたことと図書館があったことは間違いないと思います。 配られたのは15~20年くらい前ではないかと思います。 何かご存知の方はどうぞよろしくお願いいたします。

  • 昔大好きだった絵本を探してます。

    20数年前に読んでいた絵本です。 内容はうろ覚えなのですが、森で傷ついた妖精(確か 足を怪我した)をおじいさんが見つけて、家に連れて帰って 傷の手当てをし、温かいスープを飲ませて看病してあげる話で、 最後は妖精が森に帰っていくという感じのお話でした。 娘を出産したので、大好きだった絵本を読み聞かせてあげたい のですが、どうしても題名が思い出せません。。 何かご存知の方いらっしゃいましたら、教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • こんな内容の絵本の題名知りませんか?

    20~25年前に読んでいた絵本を探しているのですが、どの本屋にも置いてありません。題名、作者名が分からず、取り寄せも、廃盤なのか確認も出来ないでいます。 内容は、大まかですが ・森に恐い怪獣がやってくる、と聞いた森の動物たちが、どうやって怪獣から森を守ろうか話し合い ・何匹もの動物が組み体操の様な事をして、1匹の大きな怪獣がいるように見せかける ・やって来た怪獣は、組体操をした動物たちを見て、自分より強い怪獣がいると勘違いし、逃げ出す。 ・安心した動物達が組み体操を解こうとすると、各々の体がぴったりくっついたまま離れなくなっており、そのまま1匹の怪獣として森の奥でひっそりと暮らした という、子供に読ませるには少々悲惨な話で、私もその悲壮さで印象に残っています。 この絵本の題名、作者名、もしくは「読んだ事ある!」という方、どんな情報でも良いので教えて頂けると幸いです。

  • 動物会議?のようなお話の正式な題名

    小学校の図書室で、20年前に読んだ本をずっと探しています。 絵本ではありません。 動物がすむ森が、開発で?危機になり、 いろんな知恵を出して、最終的に阻止する話でした。 人間の子どももそこに加わって 活躍していたような気もします。 題名に「動物会議」という言葉があったような気がするのですが、 去年見つけた「動物会議」という児童書は別のお話でした。

  • 絵本の題名を教えて下さい。

    昔読んだ絵本の題名を知りたいです。 内容は以下の様なものだったと思います。 ワニだったかカバだったか、虫歯になった奥歯を抜きたい、口の大きな動物がいる。 ネズミが案を出して、奥歯に糸を引っかけ色々な動物がちからをあわせて引っ張った。 奥歯を抜きたい動物がくしゃみをして、歯は抜けたが、動物たちは困ったことに。 豚は鼻が伸びて象の様になってしまう。 という感じで、様々な動物が別の動物みたいになってしまう。 最後、ネズミはくしゃみで遠くの木に飛ばされて、死んでしまいました。 うろ覚えなので、分かりにくくてすみませんが、ご存じの方、教えて下さい。 よろしくお願い致します。

  • この絵本知りませんか●羽を集めた動物の男の子はるにれの木

    30年ほど前にみた絵本を探しています。 幼稚園児が読んでいた絵本。 主人公は「はるにれの木」にすむ動物。 こげ茶色でしっぽが大きく、 タヌキかリスという印象。 ●ストーリー● 「はるにれの木」に住む動物の男の子が主人公。 集めた鳥の羽を大切にしていたが、 外に乾したある日、なくなっていた。 がっかりしていると、フクロウが自分の羽を プレゼントしてくれた。 ウサギも自分の毛をプレゼントしてくれた。 その毛でお母さんがマクラをつくってくれた。 男の子の羽は、ムクドリの巣に使われていた。 ムクドリの巣がおそわれかかったのを 男の子がおいはらった。 そしてムクドリの卵がぶじにかえった。 このような内容でした。 ●文章● 最初に、 「ぼくの(略)はるにれのきです。」 最後に、 「むくどりのあかちゃんがうまれたのです。  ぼくのはねのなかでうまれたのです」 この文で終わっていたと思います。 ひらがな・漢字などの表記違いがあるかもしれません。 よろしくお願いいたします。

  • クリスマス絵本の題名を

    こんにちは。 クリスマスの絵本なのですが、内容は 森に住む動物のきょうだい(二匹)が、お互いに隠れて クリスマスプレゼントを作りあって、 夜にこっそり、部屋のドアにプレゼントをかけておく… かわいい話だったなぁと思い出して、また読んでみたくなりました。 もし題名が分かるようでしたら、どうかお願いします。 (コケモモでプレゼントを作ったような…?

  • 題名を知りたいです。(くまがおいしゃさんの話し)

    そんなに昔の絵本ではないと思うのですが、以前図書館で借りた本を子供がもう一度見たいと言うので探したのですが、題名がわからないのでなかなかみつかりません。 《覚えてる内容》 人間の男の子が夜風邪をひいてしまう。 次の日釣り?に行く予定だったが、風邪が治らないと行ってはいけないとお母さんに言われ、しょんぼりして布団に入ってると、くまのお医者さんが突然やってくる。 うがいの仕方をくま先生におしえてもらう。 「ガラガラガラパッチョ、クマパッチョ・・」 というような、おもしろいうがいの仕方でした。 先生が大きな口を開けて男の子の顔をべろんと舐めてあげると熱が下がる というような内容。 ご存知の方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

  • 森の動物たちの家の中を描いた絵本

    20年くらい前、小学校の図書館にあった絵本がほしいのですが、題名や作者がわかりません。 その絵本は、何冊もシリーズがある本でした。 森の動物の家の間取りを、横から、家をたてに割ったようにして、細かく描いてある本です。 家が、三、四階建てだったりして、上の部屋も下の部屋も、様子がいっぺんにわかるようなイメージです。 文章はほとんどなかったような記憶がありますが、たしかではありません。 細かく、美しい絵でした。 野うさぎや、野ねずみの家が多かったような気がします。 テーブルや棚やソファなどが、小さな木でできているような様子が、ひと部屋ひと部屋、細かく絵が描かれているような本です。 カーテンやベッドなど、人間の部屋と同じように、美しいインテリアで飾られていました。 絵本は、小学校ではとても子供たちに人気がありました。 タイトルや作者名など、心当たりがある方、ぜひ教えてください。

  • 森のはずれの料理店?

    30年近く前に読んだ絵本です。 若いコックさんが森(…かどうか忘れましたが、どちらか といえば街からは近くない所)のはずれに料理店を開きます が、なかなかお客さんが来ず、繁盛という状況には程遠い 経営です。 ある日、動物たちがお誕生会(クマのお誕生日だったかな) を開くので、出張して料理をつくってほしいと依頼を受けた コックさんは、大いに腕を振るうことになりました。 そののち、店に居たコックさんが外から聞こえる音に気付いて そとに出てみると、動物たちがめいめい楽器を演奏したり 芸を披露したりして、お客さんを集めるのに一役かって いました。 ……というようなストーリーだったかな~? ラストの絵では、その料理店は繁盛していました。 福音館書店の絵本だったと思うのですが…傑作選には なかったような気がします。 御存知の方、どうぞ御教えくださいませ。