• ベストアンサー
  • 困ってます

CGIなどは固有名詞でしょうか普通名詞でしょうか

次の言葉は通常( )内のように省略された略語の形で用いられます。この省略前の言葉(( )の左側の言葉)は、通常、各単語の先頭の文字が大文字で書かれているのですが、それが固有名詞であることを示すために大文字で書かれているのか、そうではなく単にどの単語のどの文字を取って並べて略語を作ったのかを示すために大文字で書かれているのかが分かりません。 これらの言葉の先頭の文字は、常に大文字で書かなければならないのでしょうか、それとも常に小文字で書かなければならないのでしょうか。つまり、これらの言葉は固有名詞なのでしょうか普通名詞なのでしょうか。 (1) common gateway interface(CGI) (2) dynamic host configuration protocol(DHCP) (3) domain name sever(DNS) (4) Internet protocol version 6(IPv6) (5) media access control address(MACアドレス) (6) multipurpose Internet mail extentions(MIME) (7) MPEG audio player 3(MP3) (8) portable network graphics(PNG) (9) point to point protocol over ethernet(PPPoE) (10) transmission control protocol/Internet protocol(TCP/IP) (11) top level domain(TLD) (12) uniform resource locator(URL) (13) unversal serial bus(USB)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数200
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • MrBan
  • ベストアンサー率53% (331/615)

英語という意味では専門ではありませんが、技術的に。 これらの例は、技術英語としては軒並み固有名詞と言っていいものかと思います。 そして、abbreviationとacronymの二種に大別されます (技術文書でなければ両者を明確に区別する必要はないと思いますが)。 これらが大文字なのは、元をただせば規格上の固有名詞ということもあるのでしょうが、 基本的に「規格/仕様上の定義が大文字だから」ということになります。 技術英語の文書では、大文字小文字で意味が変わることもあるため、 「定義されたとおりのそのまま」を使うのが正式です。 # FTPは「File Transfer Protocol」という仕様名自体を、ftpはFTPのコマンド名を一般に表すとか。(※ もちろん、そこまで厳密ではない文書や、一般の会話の中では、小文字で表すこともあります。 例えばInternet Engineering Task Force(IETF)という、 インターネット(The Internet)の技術仕様を策定している団体があります。 ここの仕様書は「Request for Comments(RFC)」という名前で公開されていますが、 現在のインターネットで使われる通信用語/規格の多くがここで規定されています。 DHCPとかDNS、TCP/IP、IPv6、MAC,MIME,PPPoE,URL等も 主にIETFのRFCに規定がある、特定のプロトコルやフォーマットの名前です。 MPRG-2 Audio layer-3はInternational Organization for Standardization(ISO)の Moving Picture Experts Group(MPEG)が規定している規格名称(の略称)です。 PNGにUSBやCGI等も各団体や企業などの規格名称などです。 ※ちなみに、コマンドの方のftpが小文字なのは、主に英語とは直接関係の無い文化によるもので、 UNIX/POSIXなどと呼ばれるOSの世界では、コマンド名を小文字にする慣習があるせいです。

参考URL:
http://www.ietf.org/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

申し訳ありません。「この回答への補足」を書いた後に御教示のURLを拝見しました。拝見して、仰せの「これら」は「この回答への補足」の(a)、(b)の両方を言っておられるのだということが分かりました。「この回答への補足」の質問を取り消させていただきます。申し訳ありません。 たいへん詳細な解説を頂き、質問した言葉の殆どはRFCにおいて固有名詞として規定されていること、それ以外の言葉も団体や企業が固有名詞として規定していること、などなどよく分かりました。長い間疑問に思っていたのですが一気に氷解しました。たいへん明確かつ高度の御教示、厚く御礼申し上げます。 さて、あと1つだけお教えいただけないでしょうか。 PNGを策定した団体の概要について知りたいと思って http://www.libpng.org/pub/png/ を見たのですがどこに書いてあるのか分かりませんでした。PNGを策定した団体の概要について書いてあるWebサイトを御存知でしたらお教えいただけないでしょうか。 よろしくお願いいたします。

質問者からの補足

早速の御回答有り難うございます。 詳しい解説を頂き有り難うございます。だいぶん分かりかけてきたように思うのですが、御教示の内容について少しお尋ねしてよいでしょうか。 >これらの例は、技術英語としては軒並み固有名詞と言っていいものかと思います。 >これらが大文字なのは、元をただせば規格上の固有名詞ということもあるのでしょうが、基本的に「規格/仕様上の定義が大文字だから」ということになります。 上記の2つの「これら」は次の(a)、(b)のいずれのことでしょうか。 (a)略語。つまり、CGI、USBなど。 (b)元の言葉。つまり、common gateway interface、unversal serial busなど。 よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 固有名詞について…

    教えてください。 固有名詞は人名地名等のように唯一のものを表し、文中の何処であっても大文字で始める…と習った記憶があります。ほとんどはこれで納得できるのですが、sunとmoonは大文字で始めません。唯一のものなのにどうしてでしょうか。大抵theがついていますが、これもお互いにわかっているからつけるのだと思いますが納得できません。どうぞお願いします。

  • 固有名詞、普通名詞の定義

    こんにちは。 以下の単語に普通名詞として扱うべきものはありますか? あれば理由というか、その考え方も教えてください。あと、普通名詞、固有名詞の判断に参照できるようなサイトがあれば教えてください。 よろしくお願いします。 一月、二月、三月、など。 月曜、火曜、水曜、など。 一日、二日、31日、など。 睦月、如月、弥生、など。

  • 英語の一般名詞と固有名詞(大文字と小文字の区別)について

    英語の一般名詞と固有名詞(大文字と小文字の区別)について 一般名詞と固有名詞の区別は、ある程度は理解しているつもりですが、微妙な単語があると思います。 例えば、食べ物で、"miso" "natto" "sake" "kimchi" "wine" "cheese"などは文中でも小文字で書かれていることが多いですよね。 でも、例に挙げたのは食べ物(飲み物)ですが、大文字で書かれる食べ物もありますよね。 大文字で書かれるのはマイナーな(あまり世界的に有名でない)食べ物でよく見られます。 これらの区別って、どのようにして決まるのでしょうか? 私は、英語の辞書に載っているかで区別されるのかな、と思うのですがどうでしょうか? 辞書に載っていたら一般名詞(小文字でOK)、載っていないような単語は固有名詞として扱うような決まりがあるんですか。 ちょっとわかりにくい質問ですが、ご存知の方がおられましたら、ご教授宜しくお願いします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • MrBan
  • ベストアンサー率53% (331/615)

標準という意味では、これもRFC2083になってます。 但し、RFCとしての区分はInformationalなので、 位置付けとしては他で策定された仕様を取り込むための規定です。 PNG自体にはあまり詳しくありませんが、 策定された方々についてちょっと調べてみたところ、 Thomas Boutell氏が開発したようです。 PNG自体はW3C推奨でもあり後にISO標準にもなってます。

参考URL:
http://tools.ietf.org/html/rfc2083, http://www.libpng.org/pub/png/png1995.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度の御教示有り難うございます。 >標準という意味では、これもRFC2083になってます。 御教示のサイト拝見しました。 >Thomas Boutell氏が開発したようです。 すごいドラマチックな開発史ですね。感動しました。 >PNG自体はW3C推奨でもあり後にISO標準にもなってます。 ISO規格があるとは知りませんでした。ISO/IEC 15948:2004拝見しました。 たくさんお教えいただき、何と御礼申し上げてよいか分かりません。有り難うございました。

  • 回答No.5

>「決められた」書き方を参照できるサイトなどありましたら その団体のサイトがオリジナルですが、実際には業界の辞典、例えばIT用語辞典や金融業界用語集などは、そのオリジナルに沿っています。 ただこれは書いたように業界と1言でいっても、関わる関係者(例えば金融なら、金融関係の従事者か、金融を裏で支えるIT関係者とか)の幅が広く、ある団体ですべての表記をカバーしているかは疑問ですが、複数の情報を集めたものがほぼ間違いないことを、関係者は知っていると思います。 (これが食品の安全管理のHACCPとか、NASAが自分たちのプロジェクトのために決めたルールごとなど範囲がみえている場合は、単語の出所も由来もすべてはっきりします) ところで前に書き忘れましたが、日本人は頭文字をとることや短縮化に意味を見出そうとしがちですが、先のWikipediaのリンクの説明がこういったネーミングの本質をあらわしていると思います。 >When showing the source of an acronym, initialism, or syllabic abbreviation, it is neither necessary >nor desirable to emphasize the letters that make up the acronym: it is neither necessary nor desirable to emphasize the letters 文字を強調することは必要も好ましくもない。すなわち、FOREXは、 FOReign EXchangeでも、forとexでもなく、 >Correct: FOREX (foreign exchange) foreign exchangeをFOREXと呼ぶことにした。ただそれだけなのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度の御回答有り難うございます。 >実際には業界の辞典、例えばIT用語辞典や金融業界用語集などは、そのオリジナルに沿っています。 そうだったんですね。私の見た辞典や用語集はencapsulationなどごく一般の用語も含めて全ての用語が先頭文字を大文字にしてあったので、Common Gateway Interfaceのようなものもただ単に先頭文字だから大文字にしたのかなと思っていました。でも、そうではないということが御教示によりはっきり致しました。 有り難うございました。

  • 回答No.4
  • MrBan
  • ベストアンサー率53% (331/615)

>上記の2つの「これら」は次の(a)、(b)のいずれのことでしょうか。 (a)は全部大文字、(b)の各単語の先頭も大文字という意図なので、あえて言えば両方でしょうか。 例えばDHCPだと、RFC2131のタイトルは「Dynamic Host Configuration Protocol」です。 http://www.ietf.org/rfc/rfc2131.txt 内部を見ても、この文書が定義しているのは「Dynamic Host Configuration Protocol」であって 「dynamic host configuration protocol」ではありませんし、 「DHCP」も文書内で明記されていますが「dhcp」は出てきません。 RFC2131のAbstractはこんな感じです。 <quote> The Dynamic Host Configuration Protocol (DHCP) provides a framework for passing configuration information to hosts on a TCPIP network. DHCP is based on the Bootstrap Protocol (BOOTP) [7], adding the capability of automatic allocation of reusable network addresses and additional configuration options [19]. DHCP captures the behavior of BOOTP relay agents [7, 21], and DHCP participants can interoperate with BOOTP participants [9]. </quote> DNSのRFC1034やRFC1035でも、「DNS」は「Domain Name System」をさす用語ですが「dns」は出てきません。 http://www.ietf.org/rfc/rfc1034.txt http://www.ietf.org/rfc/rfc1035.txt 単にDomain Name Systemと書けば知名度からRFC1034/1035等に規定のDNSをさすのが普通ですが、 domain name systemと書いてあると「ドメイン名に関する(独自の)システム」をさしているのかもしれません。 The Domain Name System is one of domain name systems. # 他の団体等で同様のDomain Name Systemという名前を定義してると、 # スコープが違うので、どちら?という話にもなりえますが。 いずれにせよ、他のものをそれぞれ原典をあたるとほぼ同様の定義になってることが多いですし、 意味的に考えても、「標準化された仕様書がある」ということは、 「その仕様が広く一意にspecifyされて命名されている」ことを意味するわけで、 各団体が規格を制定して公開し周知された時点で、固有名詞化していると考えていいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度の御回答有り難うございます。 >内部を見ても、この文書が定義しているのは「Dynamic Host Configuration Protocol」であって「dynamic host configuration protocol」ではありませんし、「DHCP」も文書内で明記されていますが「dhcp」は出てきません。 確認させていただきました。御指摘のとおりです。 >domain name systemと書いてあると「ドメイン名に関する(独自の)システム」をさしているのかもしれません。 鋭い御指摘ですね。大文字が正しいとすると、小文字は確かにそのようなものを指していることになりますね。 原典を拝見させていただいて全ては明らかとなりました。快刀乱麻の御教示、厚く御礼申し上げます。

  • 回答No.2

英語のカテゴリなので英語(言語)としての回答は他の方にまかせますが、それらの単語を使う業界人的には#1の方のリンクのinitialismsにあたるものと捕らえていると思います。 それは単に英語としての頭文字をとったというよりも、各業界の規格団体、業界団体、技術推進団体などが決定したものが、公に広く普及されるときの、表記のされ方です。 そして、昔であれば既存の英文や単語から頭文字をとるという流れだと思いますが、現在はITネットワークのおかげで、技術が生まれる黎明期(初期またはそれ以前も)から、新しい技術をどう呼ぶべきか、技術者の間で論議されてきています。 その論議の中で、すんなり決まるものもあれば、草案→再議論→総意を得て→規格団体からリリース、のような過程を得るものもあります。 ですので、 >常に大文字で書かなければならないのでしょうか と、決められているわけではありませんが、決められたとおりに書いたほうがわかりやすいというのはあります。 ただ、同じ技術を扱うもの同士であれば、DNSやCGIが、メールの中では dns や cgi と書かれていることもけっこうあり、わざわざ「DNSと書けよと」指摘しなおすこともありません。 (フォーマルなドキュメントには、DNSやCGIで書くと思いますが) また、業界でのルールごとのほかに、見た目の国ごとの理解度で変わってしまうものもあります。 例えば、外貨取引が自由化された8年くらい前より、日本でも個人が外貨投資ができるようになりました。 それ以前から、業界人の間では#1の方のリンクにあるFOREXというのがあたり前の言い方でしたが、当初から業界もメディア(新聞や雑誌)も、一般向けにはFOREXをあまり使わず頭文字だけとって、FXというようになりました。海外に比べ遅れていた日本の外貨投資を急速に伸ばしたい業界が、日本人が頭文字だけ取る表記には疑問を抱かないことを知っていたのかもしれません。 投資の書籍コーナーにっても、FX投資という名称ばかりみかけますし、いまだに投資のカテゴリや質問掲示板では、「FOREXって何ですか?何の略ですか?」「FXとFOREXは違うのですか?」という質問を見かけます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速の御回答有り難うございます。 >その論議の中で、すんなり決まるものもあれば、草案→再議論→総意を得て→規格団体からリリース、のような過程を得るものもあります。 そうなんでしょうね。一発で決まるものと何度も修正されるものあるいは様々な団体の手を経て修正されるものなど、いろいろあるんでしょうね。そういう場合は、どの段階であるいはだれが固有名詞・普通名詞の区別を決めるか難しいですね。殆ど不可能かとも思えますね。 >決められたとおりに書いたほうがわかりやすいというのはあります。 「決められた」書き方は「原典に書いてある書き方」という意味だと思うのですが、原典を見る機会がないのでそれが分からないんです。「決められた」書き方を参照できるサイトなどありましたら御紹介いただけると有り難いです。 仕方なく原典以外(つまり、辞書とか解説書ですが)で見ることになるのですが、それらの文書では必ず例外なく先頭の文字が大文字で書かれているので、それらの文書は参考にならないのではないかと思われるのです。つまり、それらの文書は「全部固有名詞だよ」と言っていることになるのですが、本当にそうかなあと思えるのです。

  • 回答No.1
  • purunu
  • ベストアンサー率42% (518/1214)

お示しのような、「単語の文字を取って並べて略語を作った」ものを頭字語(acronym; アクロニム)といいますが、その場合、「どの単語のどの文字を取って並べて略語を作ったのかを示すために大文字で書く」のが習慣です。  下記URLは文体マニュアル(Manual of Style)のうちの大文字の書き方を扱ったものですが、その「10 Acronyms and initialisms 」にその旨書いてあります。  ところで、それはそうとして、頭字語にしない場合の、たとえば universal serial bus はというと、確かに普通名詞句ですが、ある種の規格を満たしたbusのみそう名づけられる、という意味では、固有名詞句として機能している面はたしかにあります。「自由民主党、 liberal democratic party」もそうですね。

参考URL:
http://en.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:Manual_of_Style_(capital_letters)#Acronyms_and_initialisms

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速の御回答有り難うございます。 >「どの単語のどの文字を取って並べて略語を作ったのかを示すために大文字で書く」のが習慣です。 御指示のURLには「大文字で書くことは必要ではないし望ましくもない」と書いてあるように思うのですが...。でも、このようなことが規定されているということをお教えいただいて勉強になりました。文法上決まりがあるんですね。 >確かに普通名詞句ですが、ある種の規格を満たしたbusのみそう名づけられる、という意味では、固有名詞句として機能している面はたしかにあります。 両方の性格を持つと言うことですね。ということは、大文字にするか小文字にするかは記述者の判断に任されるということでしょうか...。

関連するQ&A

  • 普通名詞?固有名詞?

    今日、学校で古典のテストが返ってきました。しかし、どうしても納得いかない問題があります。 -------- 相模の守時頼の母は、松下の禅尼とぞ申しける。(1)守を入れ申さるることありけるに、すすけたる明かり障子の破ればかりを手づから小刀して切り回しつ張られければ、兄人の城の介義景、その日のけいめいして候ひけるが、「賜はりて、なにがしをのこに張らせ候はん。さやうのことに心得たる者に候。」と申されければ、「そのをのこ、尼が細工よりもまさりはべらじ。」とて、なほ一間づつ張られけるを、義景、「皆を張り替へ候はんは、はるかにたやすく候ふべし。まだらに候ふのも見苦しくや。」と重ねて申されければ、「尼も、のちは、さはさはと張り替へんと思へども、けふばかりは、わざとかくてあるべきなり。物は破れたる所ばかりを修理して用ゐることぞと、(2)若き人に見習はせて、心付けんためなり。」と申されける、いとありがたかりけり。 世を治むる道、倹約を本とす。女性なれども、聖人の心に通へり。(3)天下を保つほどの人を子にて持たれける、まことに、たゞ人にはあらざりけるとぞ。 現代語訳はこちらでお願いします。 http://kokugonobenkyou.net/kobun/2009/03/post-680.html ----------- Q.(2)の「若き人」とは誰のことか。固有名詞以外の言葉で抜き出せ。 A.(3)の「天下を保つほどの人」(「相模の守時頼」は固有名詞なのでNG) 私は(1)の「守」を書きました。しかし不正解でした。先生によれば、 ・守とは相模の「守」時頼の省略した形である ・よってこの文章中では固有名詞という扱いになる だそうです。 私は ・守とは相模の守時頼を指しているが、「守」という言葉自体は役職名である ・よって普通名詞である 私の意見は間違っているのでしょうか。先生の説明にどうしても納得できません。もし間違っているならば理由をお願いします。もし私の意見が間違っていないなら、先生になんて言ったらよいでしょうか。交渉を試みましたが互いに一歩も引かず、結論は得られませんでした。駄文・長文ですが、回答よろしくお願いします。

  • 固有名詞を含む英語のリスニングに慣れるには?

    TOEICのリスニング問題を練習しているのですが、固有名詞が出てくると、とたんに頭が真っ白になります。 例えば、「○○という作家の××という作品はとても良かった」という意味の文では、 「○○」や「××」が聞き取れないと、それらが固有名詞であることがそもそも分からないので、 頭の中で一生懸命、知っている動詞や形容詞などの機能のある語に当てはめようとします。 でも何にも当てはまらないので、そうやっている時間がまったくの無駄になるわけです。 その手の文を解釈するには、固有名詞は単なる塊と捉え、固有名詞以外の単語や文構造に着目するべきでしょう。 しかし、固有名詞に属する単語の意味を解釈しようという、まったく筋違いな作業に執着してしまうことになり、 文全体の解釈に行きつくにはほど遠くなってしまいます。 固有名詞は、人の名前、会社や店の名前、本や映画のタイトル、など無限にあって覚えきれません。 覚えているものに関しては処理できるのですが、しばしば問題にはパッパラパーなものが登場します。 一般の単語のように「頻出固有名詞」なんてのはなさそうですし、勉強法に困ります。 リーディング問題の場合は、文字を見れば一発で固有名詞を判別できるわけですが、 リスニング問題で聴いて判別するのはとても難しく思えます。 イメージに変えられなかった曖昧な音声は、時間とともに流れてしまうと、もはや短期記憶に残りません。 トレーニング法について、何かアドバイスはございませんでしょうか? 宜しくお願いします。

  • "oshogatsu"は固有名詞?

    こんにちは。 私は中学生に英語を教えているのですが、生徒からの質問に答えられなかったのでここで質問させていただきます。 教科書はNEW HORIZON English CourseIを使用しています。 Unit11に"oshogatsu(お正月)"という単語が登場するのですが、なぜOが大文字でないのか?という質問でした。 言われてみれば確かにChristmasやNew Year's Dayなど、祝祭日は普通大文字表記です。 また、祝祭日が大文字で始まる理由としては「1年に1度しかない固有名詞のようなものだから」でいいのでしょうか。 生徒の鋭い質問には困ってしまうことも多く、毎日勉強しています。 ご存じの方いらっしゃいましたら、教えてくださると嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 固有名詞が出てこなく、硬直してしまいます

    先日約3年ぶりに職場に戻りました。 それで気がついたのですが どうにも人前で話をする時に固有名詞が出てこなく なっているのに気づきました。 たとえば今質問のタイトルを書こうとしたときでさえ 「えーと、ことば・・ことば・・・?単語・・ちがう 固定・・・ことば・・こてい・・・・資産・・ ちがう!」と大体2分くらい考えて 「固有名詞」という言葉が出てきました。 これを人前でやってしまうので職場の方はもちろん お客様の前ですら思いだすのにその場で固まって しまいます。 病気なのかなんなのかはわかりません。 直す方法か、対応策など教えてください。 病的なものではない、病的なものであるなどの 指定も大歓迎です。 イメージとしては運動会で一生懸命練習したのに 選手宣誓のセリフを忘れてしまった児童・・・の ようになってしまってこまってます(汗 おまけにどもりもよく出ます。 お助けください。

  • この歌い方に固有名詞はありますか?

    一曲を歌詞・言葉ではなく、「アー」や「ルー」などだけで歌う、このような歌い方に対する固有名詞はあるでしょうか。 「ンー」だと「ハミング」だと思いますが・・・ 宜しくお願いします。

  • <固有名詞にはなぜ冠詞がつかないのか>

    固有名詞にはなぜ冠詞がつかないのかと生徒に質問されることがあります。(話を簡単にするために、デフォルト用法(固有名詞用法)でかつ人名の場合に限定して話を進めます)  不定冠詞の使用に関しては簡単に答えられます。固有名詞は一つしかないものなので数えることに意味がない。だから、数えられるものであることを示す不定冠詞はつかないと言えば十分です。  ところが、定冠詞の場合はそう簡単ではありません。ここで、例えばJohn Smithという固有名詞について考えてみます。John Smithは叙述の際には内包として働きますが、I saw John Smith a minute ago. においては、外延すなわち実物を表します。実物が一つしかないのであれば定冠詞がついてもよさそうですが、実際はtheはつきません。 では、なぜデフォルト用法の固有名詞にtheがつかないのかについてご意見を頂きたいのですが、この質問は現場での実際の指導と関わるものなので、難しすぎる議論は避けたいと思います。 まず、私のやり方を示しますから、それでよいかどうか、またもっと有益かつ簡便な方法があればそれをご教示頂けるとありがたいです。 以前私が採用していたのは、定冠詞が使用されるパターンをすべて示して、固有名詞の場合どのパターンにも当てはまらないことを示すというやり方でした。この消去法的なやり方だとたしかに、固有名詞にtheはつかないと示すことができますが、なぜそうなのかは示されていません。背理法が正しい指導方法として認められるのは数学(高校では論理学は習得対象ではありません)くらいなものです。 ではどうすればいいのかということですが、おそらく、定冠詞の使用パターンをうんぬんする以前の段階を考察すること、すなわち、定冠詞使用の際の根本原則と固有名詞の有り様との関係に焦点を当てることが必要なのではないかと思います。 この問題はおそらく次の問題とも関係があると思います。 A: "I saw John Smith at the station before noon." B: "Really, I saw him / John Smith at the crossroad a few minutes ago." AにおいてJohn Smithが初出のものだったとしても、一つしかないものであるにもかかわらずtheはつきません。なぜなのでしょうか。 おそらく、John Smithは言語共同体の中で、この場合は特にAとBの対話空間において、一人しか存在しないものだと互いに了解ずみなのだと思います。John Smithという名を聞いたBにはその名の人物を思い浮かべることが可能なので、そのため、Aの側があえて定冠詞をつける必要がないということだろうと思います。 また、Bにおいて、John SmithはAにおけるJohn Smithと同一人物なのにhimは使えても、the John Smithとは言いません。なぜなのでしょうか。 一般に、固有名詞を作る時(誰かに名づけを行う時)、名づけ人を含む言語共同体によってその名とその名を授かる人との結びつきを承認します。その時点で、固有名詞は言語共同体内ですでに了解ずみのものとして扱われます。その後、固有名詞が大文字で表記されるようになり、どの共同体においても固有名が実際の使用前にすでに了解ずみのものと見なされることになったものと推測されます。 一方、定冠詞は、(私の見解では)対話空間内で未知のものを既知のものとして、および、言語共同体の言語知識集合内で未了解のものを了解ずみのものとして扱うためのに存在するものだと思います。実際の使用前にすでに了解ずみのものである固有名詞に定冠詞がつくことはないと考えられます。よって、the John Smithとは言えないということになります。 この考えでよいでしょうか。 もう一つの考え方を提示します。 C: A John Smith came to see you. ---普通名詞用法 D: John Smith came to see you. Cにおけるa John Smith は限定詞(ここでは不定冠詞)がついているので客体的なもの(時間と空間を持ち、言語使用者からは隔たりを持つものです)としてとらえられています。DのJohn Smith には冠詞がついていないので、客体的なものではありません。 ということは、John Smith が言語使用者からは隔たりを持たないものであることを示せばよいはずです。  そもそも固有名は誰かによって名づけられるものです。名づけは対象物に対して特別の関心を抱くことによります。名づけは関心ある対象物を記憶にとどめるためでもあります。関心を深く持つとき、対象物に期待や希望を込めることもあります。  (このことは特に人名について言えることですが、地名はどうなのでしょうか。地名はその土地の地形や性質や歴史を解釈し、それを抽象化したものだと思いますが、ただの山やただの木に対して名前をつけることはありません。名をつけることでそのものに対する関わりの深さを表すのではないかと思います。五郎谷、イノシシ山、二本松峠とか---)    あるものに名づけをなそうと思うくらいに関心を持つ時、そのものに対して客体的な(傍観者的な)あり方を取ることはありえません。よって、名づけられた固有名には、それがデフォルトの用法である限り、限定詞(冠詞)はつかないということになります。この考えでいいのでしょうか。 ついでにこの問題と関連して、取り上げておきたいことがあります。 E: "Father has just come home, Mother." において、Motherは呼びかけ語なので話者におって特別の関心を持たれています。よって、無冠詞です。同様に、Waiter. Bring me wine please. おいても無冠詞のwaiterが使われています。 呼びかけの際には、呼びかけ者は相手に特別の関心を払うので、呼びかけ語は固有名詞と同じ働きのものだと思います。 EのFatherもおそらく元は呼びかけ語として使われたものが、こうした形で転用されるに至ったものだと思われますが、この場合もFatherは話者にとって特別な存在です。固有名詞と同じ働きのものだと思います。 F: Santa Caus is coming to town. G: Santa Caus is in flight on his sleigh. Fにおいてtownは話者にとってなじみ深いあるいは親密な場だと思います。Gにおいて flightは主語が現在携わっている行為のまっさいちゅうであることを表しています。これらは固有名詞ではありませんが。固有名詞にtheがつかないのと同じ理由(これらの名詞が客体的な対象物ではない)で定冠詞がついていないと思われます。いかかがでしょうか。

  • 英訳をするとき、勝手に固有名詞の略語を作ってもよいの?

    英訳をするとき、勝手に固有名詞の略語を作ってよいのでしょうか? たとえば、学会の固有名詞だと、 日本社会学史学会=the Japan Association for the Study on the History of Sociologyですが、 これを勝手にJASHSと、また 大学史研究会=The Japanese Society for Historical Studies on Higher Educationですが、 これを勝手にJSHSHEなどと略してよいものなのでしょうか。 また、たとえば、団体の固有名詞だと、 「全日本手をつなぐ育成会」=INCLUSION JAPAN (Japanese Association of/for People with Intellectual Disabilities)ですが、 これを勝手にJAPIDなどと略してよいものなのでしょうか。 また、特に団体が英訳を発表していない場合、 自分で適当な英訳を考え、しかもその略語を作ったりしたりしても よいものなのでしょうか? なお、英語の論文を書くことを想定して、質問しております。 どなたか、学術論文翻訳等に詳しい方、教えてください。

  • 肩書きがスペイン語で小文字からだから、「~人(estadounidense等)」も小文字で始まる? 固有名詞の概念が?です。

    こんにちは、お世話になります。 スペイン語でも固有名詞は、大文字から初めて書くと参考書に書いてあったのですが、「~人」と言うときは、espano~l, estadounidenseとか書いて小文字から始めますよね? なぜなんでしょうか? 参考書によると、「人名、動物名、地名、固有の品名等が固有名詞で「曜日、月、季節、肩書き」以外は必ず大文字で書き始める。」とありますから、要するに「~人」は「肩書き」として扱われるから小文字から書き始めるんでしょうか? よろしくお願い致します。

  • スウェーデン語の固有名詞、発音を教えてください。

    いつもお世話になっております。 以下の綴りで表されるスウェーデン語の固有名詞を、 口に出して発音する必要に迫られております。 もちろん発音を文字表現することに無理があるのは承知の上ですが、 何らかのヒントでも頂ければ幸いです。 綴りは以下の通り、2つの単語です。 ・Aija ・Piehl 宜しくお願いいたします。

  • Internetが大文字で始まる理由

    単語の『Internet』はなぜ、大文字から始まるのでしょうか? 確か、大文字から始まるのは固有名詞だった気がするんですが…。

専門家に質問してみよう