• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

★羅漢「空手・念力・頭脳・怪力」のバンドマン四人組が出てくる小説のタイトルは?★

こんばんは。どうしても読みたい小説があります。 ◆作者…アクションものを書く男性、本人も空手経験者 ◆タイトル…全く分かりません。  サブタイトルに○○羅漢って書いてたような…違うような…。 ◆構成…3部以上のシリーズものです。 ◆時代…現代です。ちなみに僕が読んだのは10年以上前です。 ◆主人公…四人の羅漢。バンドのメンバー。それぞれの担当楽器がある。 ★メインキャラは空手使いの20代後半の男性。 ★男前の念力使い。(建物等、四角い空間の中でしか念力を発動できない…と本人は思っている。) ★頭脳明晰の青年。強い敵をドアに挟んで(頭脳プレイ)で撃退したりする。いつも作戦を考えてる。 ★山から下りてきた大男。銃弾で撃たれても、わりと平気。 ●ストーリー● 主人公4人は、一見普通?のバンドマン。【羅漢】と呼ばれる。 敵の組織に狙われる人を偶然助けるなどして、トラブルに巻き込まれていく。 敵の組織はその巻ごとによって違いますが、 覚えているのでは、【超能力者を開発する悪の組織】 そこから【逃げてきた白人の女の子(ちょこっと超能力者)】 空手家の主人公がかくまって、組織に狙われる。 敵の刺客は【中国風超能力者三人姉妹】 長女は念力の巨大ボールを発生させる。→念力青年に撃退される。 次女は相手の秘孔を突き、体を麻痺させる。→空手家に撃退される。 三女は触ったものを爆発させる。→頭脳青年のドア攻撃で撃退される。 もしご存知なら、小説のタイトルを教えてください! すごくすごく気になって。 タイトルが分かったら、続きを読みたいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数119
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • mshr1962
  • ベストアンサー率39% (7416/18946)

#1の方に一票 6.裏切りの追跡者 7.怒りの超人戦線 を加えた7巻あります。 空手家の主人公がかくまって、組織に狙われるのは第2巻の超能力者狩り 超能力三姉妹のは第4巻の超人暗殺教団ですね。 確か、三人姉妹は来日中の賓客が家元の茶会に出席するとこを狙ったとおもいましたが... ★メインキャラは空手使いの20代後半の男性。 比嘉隆晶 沖縄出身 羅漢拳の使い手 ドラム ★男前の念力使い。 遠田宗春 京都出身 茶道の家元 結界を貼ることができる サックス  ★頭脳明晰の青年。強い敵をドアに挟んで(頭脳プレイ)で撃退したりする。いつも作戦を考えてる。 猿沢秀彦 東京出身 東大卒 ベーシスト ★山から下りてきた大男。銃弾で撃たれても、わりと平気。 古丹神人 北海道出身 自然の中では驚異的なパワーがある 他に年齢不詳の僧侶「木喰」やFBIの捜査官が登場します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイス、ありがとうございます。 おお!詳しい説明ありがとうございます。 なるほどー!10年以上前に読んだので、 第2話と4話がごっちゃになってましたー。 主人公たちの詳細を読んだだけで、 ものすごーく読みたくなってきました★

関連するQ&A

  • BL小説のタイトルが思い出せない・・・

    何年か前に立ち読みしたのですが、タイトル等が思い出せないので、どなたか教えてください。 主な登場人物として、主人公カップル(医者と超能力者)と友人の刑事。 医者(監察医?)の友人刑事が捜査の手伝いを依頼してきて、超能力(人の心が読めるとか人の過去が見えるというような)を使って手伝う。超能力者は対人恐怖症だったような・・・ イラストは「桜木やや」さんだと思います。 これだけでもわかるでしょうか・・・

  • 古い小説のタイトルを探しています

    昔読んで面白かった小説を探していますが、タイトルはもちろん、作者不明、出版社不明です・・・ ジャンルはミステリー、ファンタジーだと思うのですが、 男性二人主人公です。一人の美少年を守るべく旅を続け魔物等と戦うといった話だったと思うのですが、どこから来たかや、どこへ何しに行くかも ストーリーのなかではっきりしていません。 ただ美少年を逞しい青年が様々な敵からひたすら守る、といった話でした。 自分の記憶も曖昧なうえこのような稚拙な文でしか表現できないので、見つかることは不可能に近いと思いますが、どなたか小説に詳しい方、よろしくお願いいたします。 私が読んだのは昭和63年で元年にたまたま入った書店でも見かけていますので、その頃の本だと思います。

  • 80年代頃のSF小説のタイトルを探しています。

    中学生の頃(だったと思います)に読んだ小説が 無性に懐かしくて読み返してみたいのですが、どうしても 作者やタイトルが思い出せません。 以下のようなストーリーでした。 ・超能力がテーマになっていた。 ・主人公が属する組織のメンバーは大型バイク(ナナハン)に乗っていた。 ・わりとダークな感じの物語だったと思います。 ・1980年代に読んだ小説だったと思います。 ・シリーズ物で数冊リリースされていたように思います。 超能力といっても、念力とかテレポーテーションなどの 派手なものではなかったように記憶しています。 お分かりになる方がいましたら教えて頂けないでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • cozyskt
  • ベストアンサー率28% (99/343)

今野敏さんの「ハイパー・サイキック・カルテット」シリーズではないでしょうか。 1.超能力セッション走る 2.超能力者狩り 3.妖獣のレクイエム 4.超人暗殺教団 5.復讐のフェスティバル の5冊です。講談社文庫から出版されていましたがひょっとしたら絶版かもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイス、ありがとうございます。 それです!あぁ、すっきりしました。 オークションなどで、購入して全部読んでみます。

関連するQ&A

  • 悪霊か超能力者が出てきて敵と戦う学園ものの小説を教えてください

    悪霊か超能力者が出てきて敵と戦う学園ものの小説を教えてください。 悪霊同士とか超能力者同士の戦いとかの方がよいです。(そうでなくても面白ければかまいませんが…) よろしくお願いします。

  • 小説のタイトルを教えてください!

    高校の現代文のテストで読んだ短編小説を探しています。 (確か蜆というタイトルだったと思ったのですが検索してもみつかりませんでした・・・) 戦後の日本、主人公は列車に乗っています (昔の映像等で見るドアのない列車です) 主人公の側に大きな風呂敷包みを足元に置いた男が立っています 列車が大きく揺れて男がぐらついたとき、主人公は自分の体でその男を押し、結果その男は列車から転落してしまいます 主人公は男の荷物を家に持ち帰ります 中にはたくさんのシジミが・・・ というお話です。 よろしくお願いします。

  • 恩田陸(?)の作品、このタイトルを教えてください

    今から5、6年以上前に雑誌(小説すばる?)に掲載されていた連載ものの小説ですが、 お心当たりの方、ぜひタイトルを教えてください。 著者は、確か恩田陸さんだったと思うのですが、はっきりとは思い出せません・・・。 下記、覚えていることの羅列です。 主人公は女性で、刑事か探偵。超能力のようなものを持っている。 物語の冒頭、彼女は列車に乗って、自らの故郷へ向っている。 列車の中で、ある組織による超能力者狩り?にあうが、何とか隠し通す。 列車に同乗していた別の超能力者(おじいさんと孫)は、列車から飛び降りて逃げる。 列車が駅につくと、組織のトップ(極悪)が待ち受けている。 どうやら、彼女とトップは昔からの知り合いらしい。 過去、トップが彼女を襲おうとして(たしか彼女の家で)、逆に反撃され、片目を失った?らしい・・・ また、ここはかなりあいまいなのですが、 彼女の故郷の山深くに、超能力者たちの集落があるらしく、極悪トップは、この集落を襲う計画を立てている・・・??らしい・・・ 断片的で申し訳ありません。 連載の第一回だけを読んで、そのままずっと忘れていたのですが、 近頃ふと思い出して、気になって仕方がありません。 単行本や文庫になっているのなら、ぜひ通して全部読んでみたいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • バビルII世の内容について

    質問です。昔のアニメ[バビルII世]について細かいストーリー、キャラクターなどについてご存知の方教えて下さい。子供の頃,好きなアニメの1つだったのですが記憶が曖昧で覚えてるのが主人公が超能力者、3つのしもべがいた、如何にも悪そうな悪魔みたいな敵がいた(名前は黄泉?だったような)位です。そもそも何故,主人公は超能力が使えるのか?しもべ達はどこから来たのか?敵の目的は?など凄く知りたいです。お願いします。因みにこれを見て凄く超能力に憧れたこと、ロデムがとても格好よく欲しかった事など いい思い出があります。とても素晴らしい作品だったのではと思います♪

  • 推理小説の文庫のタイトル

    ワイシャツ1枚で座る青年の推理小説のタイトルは? ある推理小説のことが忘れられず、読みたいのにタイトルがわかりません。 特徴 ・推理小説 ・青っぽい寒色の表紙で、黒髪の少年が座って、ワイシャツ1枚、笑っている 片目閉じていたかも ・表紙の絵がエンディングあたりの場面と関連していて、アマゾンのレビューでは「どうしてワイシャツ1枚の恰好なのか、読むうちに理由が判明した」とあった ・ワイシャツは白 ・主人公は女の子?だったかな? ・男の子が推理する? ・廃ビルで生活する男の子? ・2010年以前にアマゾンで見かけた 作者名、題名、出版社、なんでもかまいません。 手がかりを探しています。 アマゾンで一度見たきりで、それ以降は見かけていません。 読んだことがある方、表紙を見たことがある方、検索していて見かけたことがある方など、 情報お願いします。 アマゾンで検索を調べてみましたが、400ページで凍結して進みませんでした。 ネットサーフィンしてキーワード検索してみてもダメでした

  • 超能力者が出てくるコミック

    最近同じタイトルで質問が出されていたのですが漫画のタイトルで思い出せないのがあったので教えてください。 (1)主人公は超能力者で下の名前は一平、テッペイ、とか”平”の字がつく名前だったように思います。 (2)15年以上前でコロコロあたりに掲載されていたと思います。 (3)最終回では宇宙で”虐げられた超能力者の怨念”とかいうやつと戦っていました。(このラスボスは火炎球とかいう技で攻撃していました。) (4)最後は主人公が敵を道連れに大気圏に突っ込み燃え尽きる。 「地球は・・・守ったぁ!」とか言っていたと思います。 (5)それを部屋の窓際で女の子が見ていて「お祈りすれば良かった・・○平が帰ってきますようにって」 というようなラストでした。 わかる方よろしくお願いいたします。

  • ある転生系web小説のタイトルを忘れてしまいました

    ある転生系web小説のタイトルを忘れてしまいました タイトルどおり忘れてしまったのですが、どなたかご存知でしたら教えて下さい。 読んだのは去年で、まだ完結ではなかった気がします。 web小説は下の様な横書きの様な感じでした。 http://ncode.syosetu.com/n0675ca/2/ ■忘れた転生系web小説内容 曖昧な部分や間違っている部分もあるかもしれません。 ・魔法があるファンタジーな世界で小さな村の幼児に転生 ・転生した主人公は男の子で潜在能力が高い ・お母さんは名の知れた魔法使い。祖父も昔はすごかった。お父さんは普通の人。 ・祖父に魔法習得を教わる。祖父喜ぶ ・魔法は魔法の筆で文字を書く事で使う事が出来る ・主人公は強くなろうとトレーニングを行う(主にランニング) ・数年経つ ・謎のフードをかぶった人物が現れ一緒にランニングする ・何かしらの理由でフードが取れる ・謎の人物は同い年位の獣人の女の子(かわいい)で主人公は喜び奇声をあげる。 ・獣人は驚き逃げる ・逃げた獣人を探すため村人の大人達が捜索する事になり、主人公は待機を命じられる ・主人公は待機を止め探しだす事にし、崖下に獣人を見つける ・獣人は眠っている巨大な亀型のモンスターの甲羅の上に居て怖がっている ・主人公はロープを作り助けようとするがモンスターは起きてしまい戦うことになる ・主人公の規定外の攻撃魔法でモンスターを退治するが力尽き果てる ・つがいだったらしく怒ったもう一匹のモンスターが向かってくる ・危機一髪の所主人公のお母さんが魔法で撃退する。捜索してた村人も来る ・獣人はこの世界で亜人と呼ばれ村長宅でひっそりと暮らしていた ・フードをかぶっていたのは耳を見られたくなかったから ・主人公と獣人は仲良くなり一緒にトレーニングする ・主人公も強いが体術に関しては獣人の方が上 ・数年後、二人は名門の魔法学校に入る ・主人公は異端の教授の生徒となる 朧げに覚えている部分はこんなところです。 この先はまだあったと思いますが、読んでいません。 この続きが読みたいのでどなたか是非教えてください。

  • この少年漫画を探してます!

    おそらく10年以上前くらいに、サンデーかマガジンに連載されていた作品を探しています。 タイトルも話しの流れも全く記憶していないのですが、一部だけ読んで子供心に衝撃的だったのでもう一度全部読み直したいんです! 1 主人公は黒髪の青年。ドラムを叩いてる絵がありました。 2 当然何か大きな組織と戦っているような内容(笑) 3 その敵の中で、戦うのを躊躇うような白髪のピアニストの青年が登場します。大金持ちで大きなお屋敷に住んでいて、薔薇園で花をすべて枯らしてしまうシーンがありました。青年が触れると皆死んでしまうらしく、組織の暗殺者らしいです。 4 ピアニストの青年には病弱な綺麗な妹がいます。寝たきりですが明朗快活な様子でした。その妹が誘拐されてしまいます。ピアニストと主人公を戦わせる為に組織が誘拐した感じです。 5 誘拐した男は黒髪で大柄の青年。何年も放射能に溢れた建物の中に閉じ込められてましたが、主人公を倒す為に組織から解放された様です。  解放された時、防護服を着た組織の下っ端に「今朝何を食べた?」と聞いて、まだこの時間なら胃に残ってるだろうと言って殺し、胃の中身を食べるシーンがありました。ここが一番衝撃的でした! 後の話は覚えてないですが、胃を食べた青年が、小悪党の首を180度回してちゃんと歩けなくしてしまったり、妹が台の上に寝かされて服を引きちぎられてたり・・・ 長期連載の中のエピソードですがご存じの方、どうか教えてください!!!!

  • 作者とタイトルを教えて下さい!

    皆様、お世話になります。 正直、自分の記憶にある物のジャンルが小説かどうかすらあやふやなのですが、記憶に映像が伴っていないので、多分小説だろうという事で、こちらでご質問させていただきます。 記憶にあるのは次の通りです。 ・主人公は多分少年 ・超能力者が本当に台風を呼べるのか? という事を、多分番組内で検証するために試みている。 ・少年と超能力者は別の人物。 以上になります。 覚えている中で、一番確かなのは、超能力者が台風を呼ぼうとしている、という事です。 番組内かどうかは、ちょっとあやふやです。 読んだのは、多分10年以上は前だと思います。 一番可能性の高い作者さんは宗田理さんなような気がするのですが、検索の仕方が悪いのか、ヒットしません。 気になっているのは、お話の最後に、この超能力者が台風を呼べたのかどうか、という事が書かれていたと思うのですが(多分、番組が設定した時間外になって台風が来た・・・という感じだったと思うのですが)その部分の詳細がどうしても思い出せなくて、気になって仕方ありません。 これだけの情報しかないのですが、これで分かる方、いらっしゃいますか?

  • 作者を忘れてしまった。かつタイトルが正しいかどうかわからない。ので教えてください

    タイトルは「楡」みたいな漢字で、1文字だったと思うのですが ナギって読んでたと思うのですが。(自信なし) ホラー系? 超能力系? どっちに分類するのかよくわかりません。 内容は、 主人公の少女と、 味方の喫茶店かバーのマスター。 (その店はなんか普通の人は入ることができなかったと思いますが) 敵対する組織のメンバーは、能面の名前が付いていたはず。 「痩女」「翁」「怪士」「童子」「顰」他がいたと思います。 また敵のメンバーも必ずしも全員が主人公を殺してしまえって 方向ではなく、人によっては主人公の肩を持つような 行動をしている人がいたと思います。 で、超能力を使って戦う、みたいな。 作者と作品名を教えてください。