• ベストアンサー
  • 困ってます

40センチの盛土

宜しくおねがいします。 先月、基礎ができあがりました。 雪が積もる前に基礎に盛り土をしました。 ふーチングの厚さが20センチです。 その上に30センチの盛り土をしました。 当方、北海道ニセコ町です。 当地は60センチの凍結深度です。(確認しました) 色々な話を聞いていると 実際のところ雪が積もってしまうと雪が凍結から守ってくれて・・・凍結によって基礎が持ち上がるということはないと・・・いう話もききます。 私の場合フーチング厚さが20センチ+その上に30センチの盛り土で合計50センチです。 60-50=10センチ足りません。 不安が残るところです。 実際のところどうなんでしょうか? 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数901
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • char2nd
  • ベストアンサー率34% (2685/7757)

 フーチングの下に基礎砕石がありませんか?  20cmのフーチングなら、最低でも10~15cmの基礎砕石があるかと思います。凍上を抑制するには、凍上しにくい材料で盛土(又は埋め戻し)をする必要があります。砕石も凍上しにくい材料とされていますから、これを含めれば十分な厚さが確保されているはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

char2ndさん回答ありがとうございます。 少しあんしんしました。 <フーチングの下に基礎砕石がありませんか? 20センチの砂利を転圧しました。。。。。じつは。。。 予算の関係で土が混ざっている安い砂利をつかいました。 この場合は。。。。???

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

こんにちは。 まず、凍結深度と言うのは各地域によって決められており場所によって(市単位くらいかな?)違います。当然ながら寒い地域ほど深くなります。厳寒時に地盤の凍結が起きる可能性のある深さに安全値を加えた数値だと思います。 公庫等の基準では根入れ深さ、すなわちGLからフーチングの底面までの深さをその地域で指定されている凍結深度以上にする必要があります。北海道は600mmですかぁ…、さすがに深い!(僕の所は405mmです) 設計(図面)でGL-600以上になっていれば引渡し前にその高さにGLを上げてもらえば良いでしょう。(その予定かも知れません)ただし、ポーチや犬走り、雨水排水等で支障をきたす場合も考えられますし、間違えているといけないので今から確認しておいた方が良いと思います。検査で指摘される事もありえますし…。竣工後に庭を造りたいなんて事でわざわざ下げておく場合もありますから神経質になり過ぎないことです。最終的にその高さ近辺になれば問題ないと思います。(丁張り掛ける時に通常はGLの設定と確認をクライアントとするのですが)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 体積について・・・

    素朴な疑問です。 例えば・・・3辺の合計が60cmであったとします。 縦×横×高さ各20cmであれば・・・0.008㎥です。 縦×横×高さが10cm×20cm×30cm・・・0.006㎥です。 なぜ、体積が異なるのか、お教えください。

  • DIYで基礎作り

    薪を保管するための、薪棚を既存の物を取り壊して新たに作り直そうと思っています。 最初に作った、薪棚は何も考えず作ったので基礎も適当でした。 春になってから基礎からしっかり作り直そうと思ったのですが、基礎について調べてみると凍結深度というものが出てきました。当方の地域は凍結深度70cmとのことで、掘る穴も80cm以上掘ろうと思っています。 今まで基礎石として使っていた束石は30cm程の高さしかありません。捨てるのももったいないのでこれを基礎として活用したいのですが、砕石を~cmくらい入れるとか何かいい方法はありませんでしょうか? 地上になるべく高く束石をだせればと思ってます。(薪が地面の湿気を吸うのを防ぐ為)

  • 生地の買い方

    初歩的なことで本当にすいません。 初めて子供にかばんをつくってやりたいのですが 作り方ですでに 「本体・・・60cm×30cm とポケット・・・20cm×15cmと紐・・・60cm×10cm」 ※(全て横×縦) のそれぞれを用意・・・と書いてありました。 全て同じ生地ですが、こういった場合どう計算して記事を買えば良いでしょうか? すみません教えてください。

  • 住宅の基礎の作り方について

     今住宅を建てようと思っている者です。土地の一部を盛り土して、建物の一部が、盛り土した部分にまたがるような配置にするつもりです。さて、堅さの異なる地盤の上に建物を建てる場合、基礎はどのような方法が良いのでしょうか?  今検討している二つの住宅メーカーでその話をしたら、二つの異なる方法を提示されました。以下の通りです。    1.強度的には問題がないので、一体型のベタ基礎で充分対応可能である。  2.盛り土した部分は地盤が多少弱いと思われるので、その部分だけ、ベタ基礎の   一部を布基礎にして、なおかつ、布基礎のフーチング部分の幅を広げる方法で   対応させるというもの。             詳しい方のご意見を是非お聞かせ下さい。

  • 新築の盛り土について

    はじめて質問させていただきます。 今、新築で確認申請直前、間もなく着工予定です。 今になって盛り土の高さが気になり始めました。 今は三方の隣家より20cm低い設定です。 (隣家は+50cm.うちは+30cm) 盛り土は見栄えの問題と洪水対策と思っていたので、あまり気にしていませんでした。(洪水の心配はない土地) でもここになって、低いと湿気や水はけに影響があると聞きました。 実際そのような事はあるのでしょうか。 また、今の時点でも変更は可能でしょうか。 ご存じの方がいらっしゃいましたら どうぞよろしくお願いします。

  • 基礎の打継ぎ部の止水用コーキングについて

    昨日、スラブと立上りの基礎(ベタ基礎)の打設が終わったところです。 基礎形状は逆T型でスラブはフーチングと同レベルです。 スラブ面が地盤面よりも600mm程下がった位置(凍結深度)にあるので、止水板の設置をしてあります。 そこでスラブと立上りの打継ぎ部分の外周部土側に「コーキング」を施工すると止水が万全になると聞いたのですが、これは一般的な樹脂製のコーキングの事なのでしょうか? それとも埋め戻されて地盤内に入る部分なので、専用の物があるのでしょうか? それともモルタルの事なのですか? 樹脂製の場合、シロアリにやられたりしたりしないのか疑問があります。 実際に施工した状態を見た事がありませんので、教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 雪道での自転車通勤について

    滋賀県北部在住の者です。冬雪道での自転車通勤を考えているのですが、クロスバイクにスパイクタイヤを装着して片道10Kの通勤は無謀でしょうか?毎年だいたい10CMから30CM程度(昨年は20CM程度)の雪が降るところです。 あと実際に雪道を自転車通勤されているかたいらっしゃいますか?

  • 冬季の基礎掘削

    凍結深度60cmの土地にセルフビルドで別荘を建築準備中です。今から基礎工事を始めると越冬することとなってしまうため、コンクリート打設は来春まで待つことにしていますが、基礎掘削は大丈夫でしょうか? 建築地は若干地盤が悪いため、切込砕石で深さ1mほど置換えをしようかと考えていますが、工程を考えると、冬季休工はもったいないので、置換えまでを冬季に行ってしまいたいのですが、凍上等で表層が緩むこととなるため、まずいでしょうか?

  • ミドリガメ、冬眠させても大丈夫でしょうか?

    悩んでいます。 三年目のミドリガメ、甲羅の大きさは20センチくらいあります。 ずっと室内で買っていましたが、あまりの臭さのため、今年の春頃から外で飼い始めました。 50cm×30cmくらいの衣装ケースに、5~10センチ位の深さの水に入れて飼っています。 今も外にいますが、最近の水替えの時に、カメの重さが少し軽くなっているような気がしました。日光浴もあまりさせていなかったし、元気は元気なのですが、こんな状態で冬眠させてしまっても大丈夫でしょうか?

  • 基礎が地面の中でいいのですか?

    現在、あるハウスメーカーで40坪の2F建て木造住宅を建築予定です。 そのメーカーはベタ基礎が標準で基礎の高さは43cmです。 建築建築予定地は100坪の畑で、GLから-10cmで、個人的には最終的にGL+20cmにしたいと思っています。 その為、GL+20cmとなるよう盛り土をし、転圧をかける話をメーカーにしたところ、「盛り土をしても家の重さでGL±0くらいまで沈む。どうせならベタ基礎等での建設残土の費用が発生しないように、まずはGL±0となるように、盛り土と転圧をし、その上に家を建て、余った残土+足りない土は購入し、これを建物の周りにまいてGL+20cmにしたほうが良い」と言われました。 という事は、地面から出てる基礎の高さは23cmのみで、残りの20cmは地面にもぐっている事になります。 これで問題無いのでしょうか?また建築が済んでから土をまいて、転圧をかける事に問題は無いのでしょうか?アドバイスお願いします(ToT)