• 締切済み
  • すぐに回答を!

会社で馬券を購入した場合の税金

通常、個人で当たった馬券には、一時所得と見なされ、税金がかかると知りましたが、もし会社のお金で馬券を購入し利益が出た場合、どういう税金がかかってくるのでしょうか。会社の利益と見なし法人税の対象と考えていいのでしょうか。  また、個人で当たった馬券の場合は外れた馬券の控除は無く、当たった配当金のみ対象として一時所得税をとられる事となり一年の収支がマイナスでも税を支払わなければいけない考えになります。 しかし、法人の場合、対象となる税が『法人税』になるのであれば、個人の時のように当たった馬券から何%という計算ではなく、勝ち負け合計した利益分に対して法人税が発生するという見解でいいのでしょうか・・・。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数829
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2

馬券や宝くじは、一回毎の集計となるので ハズレ分は、損金扱いはしないよ。(儲かった分のみ、課税される) 収入分は、銀行利子と同じく、普通の利益扱いでしょうが・・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 法人税と社長の給与について

    法人税というのは、税引き前当期純利益から税金を払うのだと思うのですが、 税引き前当期純利益というのは販売管理費や役員給与を引いた後の金額だと思うのですが・・・ 社長の給料や社員の給与を税引き前当期純利益が0になるまで払ってしまえば(そのぶん所得税は取られると思うのですが) 法人税は払わなくてもよいのでしょうか? また、所得税より法人税のほうがある金額を超えると税率が低いと思うのですが、 社長がより多くお金を貰うには役員給与をある程度にして、残りは株の配当金ということにして社長が所持している株の分の配当金を貰う。 上記のようにして、給与と株の配当のバランスを調整して一番お金がもらえる(税金を抑える)ようにするということが可能なのでしょうか?

  • 馬券の税金

    馬券等の払戻金が、一時所得になるのは知っていますが、税金の計算方法が知りたいので、できれば、税金に詳しい方よろしくおねがいします。

  • 株主優待は企業側からすれば、通常の配当と比べて税金の優遇などがあるのですか?(損金で会計処理できますか?)

    株主優待は企業側からすれば、通常の配当と比べて税金の優遇などがあるのですか? 欧米では株主優待はあまり無いと言います。配当は税金が配当は法人税を払った残りから支払われます。株主優待は法人税を払う前に損金として会計処理出来るのですか? もし、法人税を払う前なら企業の成長に有利で、法人税を払った後で株主優待をしている場合は通常の配当金を出すべきだと思います。

  • 回答No.1

そもそも馬券購入を会社の業務とみなせるか甚だ疑問です。一時給与扱いとして個人に納税させるか、横領にあったとして損金扱いじゃないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • 馬券の利益と税金について

    馬券の利益は一時所得になると聞きました。 一時所得には最高50万円の特別控除がありますので、50万円を超えて儲けた時は税金がかかるというものです。 この時、同じ馬券で使った費用は差し引かれるそうですが、同じレースでも、別のハズレ馬券で使ったお金は控除されないそうです。 例えば (馬券1)で馬連10万円の4点買いで、15倍の馬券を的中 (馬券2)で単勝60万円の1点買いで、ハズレ の場合 実出費は100万円ですが、 控除される出費は40万円 換金額は150万円 の為、 利益は110万円になり、 税金はこの110万円に対してかかってくるそうです。 ここまであってますか? では、 馬連と単勝はそれぞれ4点まで同じ馬券で買えるので、 上と同じ買い方で、1枚の馬券で購入した場合は、 実出費は100万円 控除される出費も100万円 換金額は150万円 の為、 利益は50万円になり、非課税になりますか? さらには、 同じ馬券内の金額しか対象にならないなら、それを逆手にとって、馬券を分割する事で非課税になったりしますか? 例えば、馬連で11倍の馬券を10万円の1点買いで当てたとします。 普通に買えば 実出費は10万円 控除される出費も10万円 換金額は110万円 で利益の100万円が課税対象ですが、 (馬券1)で馬連5万円 (馬券2)でも同じ馬連5万円 を購入すると (馬券1)出費5万円 (馬券1)換金額55万円 (馬券1)の利益50万円(非課税) (馬券2)出費5万円 (馬券2)換金額55万円 (馬券2)の利益50万円(非課税) でトータルでも非課税になったりしますか? 以上、よろしくお願いします。

  • 競馬による税金

    今年の春に競馬で500万の配当金を得ました。 元手は4000円でインターネットによる投票なので 配当金は指定した銀行に自動的に振り込まれています。 競馬の配当金は一時所得に属するらしいのですが 100万くらいなら申告しなくても問題ないと聞きました。 500万だと申告しないとまずいでしょうか? 正直、今まで競馬で負けてきた金額を考えると納得はいきません…(それ以上かも?) 銀行からお金を引き落として競馬にほとんど使ってしまえば 問題ないのでしょうか? この場合、外れ馬券は取っておかなくてもよいですか? 現在、サラリーマンですが、一時所得によって来年の納税額はかわるのでしょうか?

  • 信用金庫の出資配当金の処理

    信用金庫に出資金10,000円していますが、配当金が400円あり、 20%の源泉所得税を差し引かれて、320円が振り込まれました。 この配当金は、益金不算入になると思いますが、法人税の別表8(1)を見ると、 不算入になる金額は50%となるのでしょうか。 また、出資配当金から引かれた源泉所得税は、その全額が国の税金でしょうか。

  • はずれ馬券の購入代金も費用って費用になるの?

    はずれ馬券の購入代金も費用あたるかどうかが裁判で争われていますが、皆さんはどう考えますか? 私は、費用にあたると考えています。 一般に競馬の配当金は「一時所得」にあたると考えられますが、その場合の所得の計算は所得税法34条に規定されており、総収入金額からその収入を得るために支出した金額の合計額を控除し、そこからさらに特別控除額50万円を控除した金額になります。 また、収入を得るために支出した金額とは、「その収入を生じた行為をするために直接要した金額」(以下、費用という)に限るとされています。 今回の争点は、当たり馬券の購入代金が費用にあたることは当然として、はずれ馬券の購入代金も費用にあたるかです。 国税庁は、はずれ馬券は配当金とは無関係なので、費用にはあたらないと主張しています。ですが、この主張は購入した馬券がすべて的中するという到底ありえない事態を前提としており、不当だと思います。 また、国税庁の主張通りに課税を行うとすると、収支がマイナスの人からも課税をすることになり、個人の担税力に応じた課税が行われていないことになります。 ギャンブルにおいて配当金を得るためには、当たることもはずれることも当然に想定されており、それは経営者がリスクのある事業を行うことで利益の増大を目指すのと同様です。そうであるならば、はずれ馬券の購入代金は経営者でいうところのリスクにあたるのだから、費用に認められてしかるべきだと考えます。 「直接」要した金額に限ると限定しているのは、馬券を買う前提として競馬場への交通費や競馬雑誌・新聞といった馬券購入のための研究費などは費用には含まれないということを規定しているものと思います。 法律的な回答でなくても、感覚的な回答でもいいので、みなさんの見解を教えてください。

  • 在庫にかかる税金

    在庫を抱えることによって税金がかかると言っていた人がいましたが、在庫は固定資産税の対象ではないし、法人税が増えるとも思えませんが、どういうことでしょうか?もしその在庫が損金になるものなら、損金に落として、その分課税所得が減り法人税も減るというなら理解できるのですが・・ また、在庫を抱えることによって金利がかかるとはどういうことでしょうか?

  • 会社が社員に食事代を支給した際の税金について

    私は、税金の事がよく分からないので教えていただきたいのですが、先日、私の会社の上司が「会社が社員に食事代を支給すると税金の問題がでる。」と言っていたのですが、これは会社の経費にならないという事、つまり法人税を計算する際の損金にすることができないので、損金不算入となり会社の利益に支給した食事代が加算され、法人税が課税される。という事なのでしょうか?税金に詳しい方、是非ご教授宜しくお願い致します。

  • 馬券の種類と収支

    競馬は10年前ぐらいに少しやりましたが、今は全くやっていません。(やる時間もお金も気力もありません。) そのころから疑問に思っていたのですが、一つのレースで馬券の種類が複数ありますよね、単勝とか枠連とか馬連とか、現在はもっとあるのかもしれません。 その中で売上金額から配当金に回るお金は、馬券の種類毎に収支合わせをしているのでしょうか。それともそのレース全体の売上から、配当があるのでしょうか。 例えばなぜか単勝の馬券ばかり売れ、枠連や馬連の馬券があまり売れないレースでは、単勝のほうが配当金が高いということがあるのでしょうか。

  • 支払配当金の税額処理について

    こんにちは。 先日先輩から質問されて、答えられなかったので投稿しました。 配当金支払の際 繰越利益剰余金/未払配当金 仮払法人税等 と、処理しますが、決算に当たって別表四で上記の配当金にかかる 法人税額は調整しますよね。 支払うべき法人税を計算したあと未払法人税を負債に計上しますが、 ここで、先に仕訳した仮払法人税は控除するのでしょうか? 控除して、別表四で調整すると二重になってしまうのではないでしょうか? 正しい仕訳と仕組みを教えてください。

  • 社長1人の会社の節税

    社長1人の会社の節税 自分1人(他に株主など無し)の法人(株式・有限会社)でやっているとします。 諸経費を引いて毎年下記の利益があるとします。 私本人(社長)に給与として1000万円/年 会社の利益として税引き後1000万円/年   10年後に会社を清算(閉鎖)するとします。 税引き後1000万円×10年なので会社に1億円に残っています。 1.これを、株主・役員=自分一人なので清算する場合 法人税で引かれて残った利益(この場合1億)に対して さらに個人の所得税が掛かるのでしょうか? 2.毎年配当金として、株主=自分に払った方が節税になるのでしょうか? 配当金の税率はどれくらいなのでしょうか? 3.そんなことせず、月々の社長(自分)の給与で高額に払い 個人の所得税で納税するのが一番お得なのか? お詳しい方アドバイスお願いします。 税理士さんへ相談しろは無しで(苦笑)

  • 生命保険に詳しい方、お願いします

    2年後に満期を迎える「定期付養老保険」があります。これは5年前に「定期部分」を解約し現在は「養老部分」だけです。満期は¥100万です(今までの保険料は¥64万)で満期時に申告が必要な額より低いので一時所得にはなりません。しかし今までの配当金が¥25万あります。 満期時には¥100+25-64=61 (61-50)×1/2=5.5(一時所得)・・・これに税金がかかる。もし今この配当をもらった場合、満期時に一時所得はかからないのでしょうか。 配当金等を受け取ったとき(国税庁のHPより)  契約期間中に受け取る配当金は、支払保険料から控除し課税されませんが、保険金と一緒に受け取る配当金は保険金の額に含めて一時所得として課税対象になります。  また、相続税、贈与税が課税されるような場合には、配当金は保険金の額に含めて課税対象になります。