• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

分光光度計について

分光光度計についての質問なのですが、本を見ていると波長520nmの場合、吸光度0.5以上の値は信頼性がない、という記述がありました。 これはなぜなのでしょうか? いろいろ調べてみたのですがよく分かりません。 吸光度が大きいと透過光の強度が弱く測定誤差が大きくなるのが関係するのかなとも思うのですが・・・。(それなら波長は関係ないとも思ってしまいます) どなたか分かる方、ご教授願えれば幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数5552
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

吸光度が0.5以下でないと,というのは装置が多分2光束型を想定してませんか? 試料側のみの吸光度の絶対値が1や2近くもあり,溶媒だけを入れた対照側セルだけでも0.5以上もあるような場合があると,その差はたった0.5となることもあります。 しかし実際の受光部への光量は数%以下なのだから線形性が怪しくなることがあるので気をつけましょう,と言ってるのではないでしょうか。 よく未熟な測定者が2光束型の原理を理解していないために,絶対値が3もある試料を測定して,出てきた数値を鵜呑みにし,「溶質の吸光度は0.2でした」などと言ってきます。 私は絶対値的には,可視光+紫外長波長では,吸光度2以下を信頼することにしていますし,2光束型でも一度は対照側を空にして測るように指示しています。 実際の線形性は,厳密に濃度を変えた試料を作って測って,較正直線(曲線)を作れば良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、よく分かりました。 回答していただきありがとうございました。

関連するQ&A

  • 濁度は分光光度計?吸光度計?

    ご存知の方、教えてください!! よろしくお願いします! 濁度は、分光光度計または吸光度計、どちらでも測定できるようですが、 どちらで行うのが正しいというのはあるのでしょうか? また、何か別のフィルターが必要などということはあるのでしょうか? 測りたい試料は培養液中の菌体の濁度です。 菌体の場合、分光光度計でも吸光度計でも波長は600nm前後を使用するのが一般的のようですが、 なぜ600nm前後の波長なのでしょうか? どんな理由があるのでしょうか? 調べてみたのですが、基本的な事過ぎるのか、もう周知の事実なのか、 理由までは探せませんでした。 実際に培養液の吸光度を(誤って…)405nmで測定して、菌数をセルカウントで測定、 その結果をもって検量線を引いてみたのですが、R^2も0.94ぐらいで、まあまあよさそうなのですが、 やはり600nm前後の方が良いのでしょうか? 測定は620nmでやり直すつもりですが、なぜ600nm前後がいいのか理由が知りたく、こちらで質問させていただきました。 よろしくお願いします!

  • 分光光度計に関して!

    分光光度計で色素の吸光度を測定するときに、最大の吸光度を示す波長で測定するのはなぜですか??

  • 分光光度計・吸光度とは?

    ある液体の濃度測定をお願いしたところ、「分光光度計にて595nmにおける吸光度を測定する」と言われました。僕にはさっぱり意味が分からず、結果の数値を見ても人に説明できません。で、分光光度計とは?吸光度とは何でしょうか?何を測定したのでしょうか?まったくの無知なもので、よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • elpkc
  • ベストアンサー率53% (626/1160)

その話しは初めて聞きましたね。 吸光度は、0.3~0.7の間で測定するのが一番直線性があると言われています。 試験法を設定するときにも、常識的にその濃度になるような希釈をするように配慮します。 ただ波長については、そのような事が起こりえるのか、 分光光度計を作っているメーカー島津や日立に聞いてみた方がいいかもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、分かりました。 回答していただきありがとうございました。

  • 回答No.2

質問者さんもご存知だとは思いますけど、濃度が高くなると吸光度に線形性が無くなってしまうからまずい、というのはあります。 このような効果が波長に依存するとは聞いたこと無いですが。 leo-ultraさんのご回答にあるように、光源の都合上の問題なら話は通りますね。 520 nmというとタングステンランプでしょうから、この光源は一般的にそうなんだよ、と既に知られていて、大抵のメーカーのランプについて成り立つ話だということでしょうか。 だとすれば、私も気をつけないとまずいな(汗

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答していただきありがとうございます。 分光光度計はある特定のものを言っているのだと分かりました。 混乱させてしまい申し訳ありませんでした。

  • 回答No.1

> 本を見ていると波長520nmの場合、吸光度0.5以上の値は信頼性がない、という記述がありました 何という本ですか? どういう文脈で書かれていますか? > 吸光度が大きいと透過光の強度が弱く測定誤差が大きくなるのが関係するのかなとも思うのですが・・・。(それなら波長は関係ないとも思ってしまいます) 僕もこの答えでいいと思います。 波長に測定誤差が依存する理由ですが、光源は(分光器部分も)波長依存性を持ちます。ある波長では光が強く、吸収が強くても測定ができますが、ある波長では取り出せる光が弱いため、弱い吸収までしか測定できないということではないでしょうか? しかし、本に載っていたというのが気にかかります。 光源や分光部の光強度の波長依存性は分光光度計の機種によってさまざまですから、本には書けない気がします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答していただきありがとうございます。 説明不足で混乱させてしまい申し訳ありません。分光光度計は一般のものを言っているのではなく特定のものを述べているものでした。 ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

関連するQ&A

  • 分光光度計と蛍光分光光度計

    「蛍光」の方で、励起光で、励起状態にした後の蛍光強度の測定というのは、分光光度計で同じ波長のODを測るのと同じ理屈でしょうか? 質問が、的を得ないですみません。 例えば、ある蛍光試薬の、蛍光波長が547nmだとして、励起 後の蛍光強度は、分光光度計で測定したODと同じはずなんでしょうか? 質問の内容が不明な部分は、補足いただくと助かります。 どうぞよろしくお願いします。

  • 分光光度計

    分光光度計について質問です。 分光光度計にて、川の水を測定して横軸に波長、縦軸に吸光度として波形を得たところ、特定の波長の部分で、吸光度が山のようになっていました。 これは何を表しているのでしょうか?この部分は水が綺麗ということなのでしょうか?

  • 分光光度計について

    分光光度計の取り扱いで、0.1~0.8nmの値内でしか正確に計測できないのは何故なのでしょうか? できればLambert-beerの法則に関係づけて回答をおねがいします。

  • 分光光度計とは

    分光光度計とはなんでしょうか?吸光度計、蛍光光度計とは違うのでしょうか??

  • 分光光度計の吸光度の値について。

    分光光度計で吸光度を測定する実験をしました。 ゼロは水であわせ、測定するサンプルは試薬の混ざった水です。 それなのに、結果がマイナスの値になってしまいました。 何が原因でしょうか? また、吸光度はどういったときに、マイナスを取るのかを教えてください。 よろしくお願いします。

  • 吸光度 分光

    吸光度の測定について調べているのですが、吸光度を測定することでなんの役に立つのですか? 実際に調べているのは、赤外分光光度計と光電式分光光度計なんですが、これらがどんなことに使われ、これらによって吸光度を測定することでこんなことに役に立つというのを教えて頂きたいです。

  • 分光光度計の吸光度の調節

    分光光度計を用いて様々な濃度の溶液を測定したのですが、純水の吸光度を0.00に合わせてから始めるところを、合わせずに純水も測ってしまいました。この場合は、この純水の吸光度を他の吸光度から引けば解決できるのでしょか。 よろしくお願い致します。

  • 吸収曲線を作成する際の、分光光度計波長選択について

    学校で「ビウレット反応で呈色させた試薬ブランク・蛋白液(牛アルブミン)の2つの溶液の吸光度を分光光度計で測定し、吸収曲線を作成する」という実験をしました。 その際、波長を長波長の700nmから短波長の400nmまで10nmづつ順々に変え、極大吸収波長の近くでは2nmおきに変えて測定しました。 この“長波長から短波長”の順に吸光度を測定するというのには何か意味があるのでしょうか?どうかご存知の方、おりましたら教えて下さいっ!!

  • 分光光度計の波長の意味について。

    実験で、分光光度計を用いて、クロロフィルとアントシアンを測っています。 クロロフィルを測る際に、「750nm」「663.8nm」「646.8nm」の波長で測っているのですが、なぜ、この3つの波長で測るのでしょうか? また、この波長で測ることによって、何がわかるのでしょうか? アントシアンを測る際には、「530nm」の波長で測ります。 なぜこの波長なのでしょうか?この波長で何がわかるのでしょうか? とても困っているので、お願いします。

  • 分光光度計の波長変更

    T-Pを分光光度計、波長710nmで測定しています。講師から波長を880nmに変更するとの指示がありました。 これって、本当に問題ないのでしょうか? そもそも、なぜ710nmなのでしょうか? 750nmでも800nmでは 何か問題があるのでしょうか? 教えてください。