• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

pENTRベクター。コロニーPCRができず困っています

こんにちは。インビトロジェンのpENTR/D-TOPOクローニングキットを使って実験しているものです。 Gatewayのエントリーベクターを作成すべく、pENTR/D-TOPOに2kbpのDNA フラグメント(PCR産物)を入れることを試みました。しかし、遺伝子を大腸菌にトランスフォームした後、出てきたコロニー30個を楊枝でつついてコロニーPCRをかけたところ、期待していたインサートのバンドが全く検出されませんでした。 がっかりしましたが、念のために同じ大腸菌を培養してそこからプラスミドを精製し、PCRをかけてみたところ、実はなんと2kbpフラグメントはかなり高い確率でpENTR/Dに入っていたのです。pENTRを使うとこの現象が必ず起き、困っています。 ちなみに、大腸菌DH5α、ベクターpGEM-Teasyの組み合わせで使用したときには、このような現象は起きませんでした。コロニーPCRはKOD',最初に95度5分で処理しています。 精製したプラスミドではPCRはうまくいったのに、なぜコロニーPCRではダメだったのでしょうか?このような事を経験された方はいませんか?それはどのように改善されましたか?コロニーPCRができないと沢山のプラスミドを精製しなくてはいけないので不便しています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 生物学
  • 回答数3
  • 閲覧数5378
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

pick-upはどのようにしてますか?大腸菌Nucreaseの失活は十分でしょうか? 私は面倒ですが大腸菌を別チューブにpickupした後、ボイルしその一部をとってテンプレートにしていました。 プライマーの組み合わせを変えてみては? 両方ともシークエンスプライマーにしてみるとか KODを使用する意味は? Taqを使ってみては? などかと思いますが、どうでしょうか、、、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご教授ありがとうございます。助かります! pick-upは爪楊枝で行い、PCR反応液(15マイクロリッター)中で軽く振っています。 ボイルは試した事がありませんが、やってみます。この方がPCR効率はよいのでしょうか? 大腸菌Nucreaseの失活は考えていませんでしたので検討してみます。 プライマーの組み合わせは、あるものでは、インサート内部を2組、両方共シークエンスプライマーを1組試みました。 KODダッシュは遺伝子を選ばず良く増えるので好んで使っていますが、次はTaqも使ってみたいと思います。 大腸菌DH5α/pGEM-Teasyの組み合わせでコロニーPCRを何年もやってきて問題なかったので、今になってなぜできないのか不思議ですが、Gatewayの系が使いたいので努力してみようと思います。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

#2です。 TOPOでもgatewayでもおかしなコロニーは必ず出てきます。 コンタミは完全に防ぐことはできないでしょうからね。 我々の体にも抗生物質耐性菌がいるかもしれません。 私はTOPOで出た大腸菌をミニプレップでプラスミドを取り出し シークエンスを行っています。 PCRを行うのでエラーが起きる可能性がありますからね。 コロニーPCRはシークエンスを行う為に行っているのですか? ボイルとはボイル法のことですか? インビトロジェンは電話で聞かれたのですか? 対応は良かったですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お気にかけていただき、ありがとうございます。 >TOPOでもgatewayでもおかしなコロニーは必ず出てきます。 そうですね、その通りです。 当方も100パーセント当たりという事は期待していません。 それどころかTOPOは良く入るという印象があり、 すごい技術だと驚いています。 >コロニーPCRはシークエンスを行う為に行っているのですか? シークエンス前に、「当たりのコロニーの目星をつけておく」という目的です。 つまり、TOPOで出た大腸菌からミニプレップでプラスミドを取り出しますが、これをなるべく少ない数でやりたいのです。 ミニプレップに使用するカラムはそこそこお高くつくし、 数が多いと時間もかかる。 当方は一度に多くのコンストラクトをすることが多いので、 ミニプレップを60本やらなくてはいけないか、それとも30本で済むかは大きい。 そこで、ミニプレップ前に、 おそらく当たりであろうというコロニーを選んでおきたいのです。 >ボイルとはボイル法のことですか? はい、そうです。 >インビトロジェンは電話で聞かれたのですか? はい、電話で聞きました。 >対応は良かったですか? ええ、とても丁寧に答えていただきました。 電話口で即答できない部分は、 後に答えてくれて誠意ある対応でした。 私もコロニーPCRにこだわるよりも、 AthlonXPさんのように、 TOPOで出た大腸菌から直接ミニプレップでプラスミドを取り出し、 シークエンスを行った方が早いと思うようになりました。 なにせ、多くが当たりのコロニーでしたから。 ただ、原因が、TOPOのある種の癖なのか、 当方が使っている酵素か。いくつかのインサートか。原因不明の何かのせいなのか。 それを知ることができればTOPOを上手く使いこなせるのですが。 時間が許せば、もう少し調べてみる予定です。 お時間を割いて頂き感謝します。 お手数ですがぜひご教授ください。

質問者からの補足

>TOPOでもgatewayでもおかしなコロニーは必ず出てきます。 当方で拾ったコロニーの半数がおかしなコロニーだった場合がありましたが、 これは当方のインサートフラグメントの精製度のせいだと考えています。 pENTRにインサートを入れる際、 インサートフラグメントの濃度が薄い、 短いフラグメントのコンタミがあるかも?、 そんな条件で入れると当然のことながらおかしなコロニーが多い。 しかし、インサートフラグメントを用意する際に、最高の物を用意できないケースがありました。 そこで、「目的外のフラグメントを持つプラスミドが出来ていてもいいや、目的の物が一つでもあれば。コロニーPCRで変なのものは除外して、それらしい物だけミニプレしよう」。 こんな場合にコロニーPCRができればいいなと考えたのです。

  • 回答No.2

TOPOはほとんどポジが出ると思います。 空ベクターはほとんど出ないと思いますが。 培養してプラスミドを抽出してgatewayシステムに持ち込めばいいんじゃないでしょうか? プラスミド抽出後電気泳動をすればインサートが入っているかどうかは分かると思います。 プライマーの設計、アニーリング温度は大丈夫ですか? コロニーPCRができないことはないと思いますが。 インビトロジェンに聞いてみてはどうですかね?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >TOPOはほとんどポジが出ると思います。 そうですね、いくつかのコンストラクトでは、9割がポジでした。 だからコロニーPCRをせず、プラスミドを抽出してからPCRを行い、ポジを確認すればいいと、最近私も感じてきました。 ただ、物によっては半分しかポジが出ないこともあるので、 可能ならば、コロニーPCRができれば便利なんだけどなー、と。 >プライマーの設計、アニーリング温度は大丈夫ですか? 大丈夫です。プラスミドを抽出後に行ったPCRではどれも十分にバンドが検出されました。 >インビトロジェンに聞いてみてはどうですかね? ありがとうございます。聞いてみました。会社ではコロニーPCRはちゃんとできるそうです。 コロニーPCRでは最初にボイルする事もやってみました。 すると、ボイルしない場合、1キロ以下の低分子量域に僅かに検出された目的以外の何本かのバンドが、 ボイルした場合にははっきりと検出されるようになりました。 でも、目的の2キロのバンドはダメでした。 他の酵素ではまだ手がまわっていません。 いや、こんなに拘らなくても、コロニーPCRをせず、プラスミドを抽出してからPCRを行いポジを確認すればいいだけのことですよね・・・。 ただ、大腸菌DH5α、ベクターpGEM-Teasyの組み合わせで使用したときには、このような現象は起きなかったのでどうしても納得いかなくて(涙)。 ご解答助かります。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • コロニーPCRについて

    基礎的なことですいません。生物実験についてなのですが、以下のような手順を用います。 形質転換した大腸菌をプレートで培養⇨生えたコロニーのPCR、バンドを確認⇨生えたコロニーを溶液培養⇨大腸菌液からプラスミド抽出 ここで質問なのですが、コロニーPCRからは目的バンドを確認できるのに、いざ溶液培養を行い、プラスミド抽出後にPCRを行うと、目的バンドでない事が多々あります。この場合には、コロニーPCR溶液について溶液培養を行えばいいのでしょうか? ちなみに、コロニーPCRを行ったコロニーと、溶液培養を行うコロニーは同じコロニーではなく、それぞれプレートからピックアップしたものです。 またもう一つ質問なのですが、溶液培養を行うコロニーは一粒でいいのでしょうか?自分が用いている大腸菌がDH5αで、コロニーが非常に小さいので、オーバーナイトで増殖するのか心配です。

  • クローニングベクター

    約1700bpのPCR産物をクローニングしたいのですが、サイズ的にZero Blunt TOPO PCRクローニングキットの3.5kbpのベクターでも可能でしょうか?

  • コロニーPCRって?

    大学1年生です。 コロニーPCRとは、普通のPCRとどのように違うのでしょうか? シークエンス前に「目的のDNAがちゃんと入った大腸菌コロニーの目星をつけておく」という目的で行ったりする、と習ったのですが…

  • プラスミドが取れません

    以前同じような質問があったと思いますが、ちょっと状況が違います。 私は今実験でInsert(約2.5kbp)をベクター(約3kbp)に挿入、形質転換、クローニングしています。青/白コロニー選択を用いて、白コロニーを選抜し、プラスミドをとりたいのですが、うまくいきません。 具体的には、プラスミドを取ったことを確認するため、制限酵素(λHind3)で処理し、電気泳動するのですが、全く何もバンドが見えません。青コロニーからはベクターそのものの長さである3kbpのバンドが見えます。 白コロニーから菌自体はとれています。アンピシリンを撒いているのに、プラスミドが全く入っていない白コロニーが出ているのでしょうか? 先輩が就活で質問できる人がいない状態で困っています。

  • PCRと形質転換

    遺伝子工学初心者です。 研究室で、あるタンパク質を発現する遺伝子をPCR法によって増幅させた後、大腸菌に導入・培養したあとプラスミドを精製するという操作を行っているのですが、PCRによって増幅させた産物を何故大腸菌に導入するのかがわかりません。 どなたか教えていただけないでしょうか。 単にPCRを何回もやって目的の遺伝子を得るだけではいけないのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 大腸菌に組み込まれるTOPOベクターのコピー数について

    生命科学を勉強している大学生です。 まだまだ知識が足りないので、おかしなことを言っていたらすみません。 現在、実験でインビトロジェンのpCR2.1-TOPOベクターにインサートを組み込み、DH5-αT1へとトランスフォーメーションしているのですが このベクターは大腸菌に入る際に、複コピー数入るのでしょうか? コロニーのインサートを調べてみると、インサートの向きが違う2種類のベクターがトランスフォーメーションされたと思われる結果になってしまいます。 どなたか、よろしくお願いします。

  • コロニー形成について

    分子生物学の実験について質問があります。ライゲーションを行ったベクターについて大腸菌に形質転換を行い、大腸菌液をLB培地プレートに塗付して培養後、コロニーを確認すると、コロニーが形成されず、大腸菌液を塗った部位に粘着質なものが出来てしまいます。 どうしてこのような現象が起きるのでしょうか?どなたかご教授お願いします。

  • サテライトコロニー?について

    こんばんは。 初めて質問します。よろしくお願いします。 大腸菌のトランスフォーメーション実験を行い、アンピシリンとX-gal染色によりセレクションしました。 白色コロニーをコロニーPCRにかけるために選ぶ際、指導者に、サテライトコロニー(?)は白色でも正しくトランスフォーメーションされていないことが多い、と言われました。 サテライトコロニーとは、1つの大きなコロニーのまわりに小さな飛び散ったようなコロニーが見えるもののことを指すらしいのですが。 なぜ、正しくトランスフォーメーションされていないのでしょうか?確かにコロニーPCRでは増幅されませんでした。 指導者はその理由は忘れてしまったそうです(-_-メ) 調べても中々わかりません。 どなたかご存知でしたら教えてください。 参考URLでもかまいません。 よろしくお願いします。

  • PCRと大腸菌クローニングの違いについて教えてください

    大腸菌によるクローニングを用いた解析の流れとして,PCR-Cloning-Sequencing法があるかと思います. シークエンスにかける前に,わざわざ大腸菌でクローニングする理由が分かりません.シークエンスにかけるため,対象DNAを増やすのであれば,そのままPCRで増やしてはダメなのでしょうか? クローニングには対象DNAを増やす以外の何か重要な意味があるのでしょうか?(PCRにカイネティクスがある事は存じております).専門書で確認したところ,ターゲットDNAを増幅させるという意味において,広義にはPCRもクローニングの一部だと書いてありました. すいません.素人質問で申し訳ありません. よろしくお願い致します.

  • 現在、インサートを組み込んでいるベクターの入れ替えを行っているのですが

    現在、インサートを組み込んでいるベクターの入れ替えを行っているのですが、 ライゲーション後、大腸菌のXLに形質転換し、コロニーが確認できました。 この時点で、コロニーが生えているにも関わらず、ベクターが入れ替わっていない、 またはプラスミドが環状になっていない等の失敗はあるのでしょうか。 このような失敗をご経験の方がいらっしゃいましたら、アドバイス願います。 ちなみに、制限酵素はBamHI, EcoRIを用いており、 ベクターはpBluescriptからpGEXに移そうとしています。