• 締切
  • 暇なときにでも

自動ログオフ?

  • 質問No.2500
  • 閲覧数739
  • ありがとう数7
  • 回答数2

お礼率 20% (9/43)

前からあるWindows NT Serverは、作業をやめてから
一定の時間が経つと、スクリーンセイバーになって、
自動的にログオフするようになっています。

しばらくしてから作業に戻るときは、もう1回
パスワードを入力して、ログインし直さなければ
いけません。
でも、セキュリティ上は必要不可欠です。

今回Windows NT Serverを1台増やしたのですが、
この設定のやりかたを忘れてしまい、本でも
探し出すことができませんでした。

ご存じの方がいらっしゃれば、教えていただけませんか?
お願いします。

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 32% (51/156)

私も「safari」様と同じく、
実はログオフしているわけではないという風に考えます。
スクリーンセーバの種類を「ログオン画面」とかに設定して、
その上でパスワード保護をかけておけば、見た目は同じようになるはずです。

そもそも、使っていないからといってログオフしてしまっては、
WinNTにおいてはdaemonのようなログオン状態になくても稼働するサービス
だけではないという状況からしましても、
いきなりサービスが停止してしまうということになります。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 50% (1/2)

コントロールパネルの「画面」アプレットを起動して、「スクリーンセーバー」タブの「パスワードによる保護」をチェックすれば良いと思います。
これで、スクリーンセーバーから復帰する時はログイン画面が表示されるのですが、これとは違いますかね?
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ