• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

不可算名詞とは何でしょうか?

There has been little change という文があります このhasの部分がなぜhaveではないのかという理由が changeが不可算名詞であるため haveが使われるとありますが この不可算名詞というのがよくわかりません どのような場合にThere have という文章が作れるのでしょうか? よろしくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1425
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

 book「本」,boy「男の子」のように,「一つ,二つ」と数えられる名詞を可算名詞,数えられない名詞を不可算名詞と言います。  不可算名詞には,water「水」のように物質名でしかなく,「量」や容器に入れることによってしか数えることのできない「物質名詞」と,peace「平和」のように,漠然とした概念でしかない「抽象名詞」があります。  change の場合,「変化すること」という抽象名詞と考えることができます。  ただ,この区別は単語によって決まっているわけではなく,change も「具体的な変更」を言う場合は可算名詞となります。  使い方の違いは,可算名詞は「一つ」のとき,a, an がつく,「複数」のとき複数形になるのに対して, 不可算名詞には a, an がつかず,複数という概念がありません。  「ほとんどない」「少ない」という場合,可算名詞なら few books のように,few を用い,複数形 books になります(少なくても複数です)。  不可算名詞の場合は,little water のように,little を用い,water のままです。  そして,have か has かの違いは,主語が複数なら have,単数なら has です。  there 構文の場合,be 動詞の後に主語がきますので,little change の場合は has です。  There have been a lot of problems. のように複数形 problems があれば have になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

素早い解説に感謝します やっと謎が解けました 言われてみると 非常にシンプルな事ですね 今後活用していきたいと思います ありがとうございました

関連するQ&A

  • difficult。どんな時に可算名詞?

     difficult。可算名詞と不可算名詞の2つの用例がありますが、 どのように区別するのでしょうか??  どの辞書を見ても、不可算名詞として扱う事例がメインに 書かれていて、2つ目の用例に可算名詞の用例があります。  どちらも『困難』という訳で、区別の仕方が分かりません。  現行の中学の教科書にこのような文がでてきています。     He decided to help others who have difficulties.  見てのとおり可算名詞として使われています。  使い分けの方法と、教科書の用例が可算扱いな理由が 分かる方、ご協力お願いたします。

  • 可算名詞と不可算名詞

    可算名詞と不可算名詞って覚えますか? いままで単語の意味だけしか覚えてこなかったのですが、皆さんはどうされていますか? 英会話の勉強をしています。

  • 不可算名詞にandがつくと?

    There was thunder and lightning. の訳は 「雷鳴がとどろいていた.」 ぐらいでいいかな.と思います. この文を見てみると不可算名詞である[thunder]と[lightning]は[and]でくっついても不可算名詞のままなのでしょうか? また,可算名詞が[and]でくっつくとどうなるんですか? 例)an apple and an orange は,  まとめて単数として扱われるのですか?      複数として扱われるのですか?

  • 不可算名詞とはこれいかに

    「time」は不可算名詞といわれますが、 「have a good time」というふうに「a」がついています。 辞書などにも不可算名詞だとことわりながら、上記のような用例を「平気」で載せています。 この辺をどう理解したらいいでしょうか。 宜しくお願いします。

  • 可算名詞と不可算名詞の両方をもつ名詞

    可算名詞と不可算名詞の両方を持つ名詞としてtemperature(温度)という 単語があります。では、次をどうやって見分ければよいのでしょうか? (1)the + tempeature(不可算名詞) (2)the + temperature(可算名詞) (1)は性質を現す温度(「温かさの尺度」として)という不可算名詞 が定冠詞によって限定された場合 (2)はある具体的な一つの数値としての温度という可算名詞 何か、よい例をあげて頂げて教えて頂けると助かります。 よろしくお願いします。

  • quality(質)は可算名詞?不可算名詞?

    This will lead to a better quality of lile.(これは生活の質の向上につながるだろう) この文章の中ほどにある”a”(不定冠詞)はあってもなくてもよいのでしょうか? あるいは、あってはいけない、なくてはいけないのでしょうか? quality を辞書で調べると”質”という意味では不可算名詞とするものと、不可算・可算名詞とするものがあります。

  • 不可算名詞について

    はじめまして。 漠然としてますが、不可算名詞を教えてください。 とくに可算と間違いやすいものなどおしえていただけると幸いです。 よろしくお願いします。  

  • 可算名詞の見分け方

    大きさや形がある程度変わらず,大きさや形が変わってしまうと固体として完成しないものが可算名詞で, 大きさや形が変わっても性質が変わらないものが不可算名詞だと習いました. しかしこれだけでは分けられない名詞がいくつかあります. experience(経験)は,大きさや形が変わるわけではないので不可算名詞ですが,difficulty(困難・苦労)はなぜ可算名詞なのでしょう? 最初に書いた分け方以外で,はっきりした分け方があれば教えてください.

  • 集合名詞、可算名詞と不可算名詞 そして冠詞

    まず、可算名詞は複数形にも単数形にもできて 不可算名詞は単数形のみ(例外があるのかはわかりませんが)、 というのはわかります。 そして冠詞については、例えば可算名詞はa carとは言えますが、 不可算名詞はa informationとは言えません。 この場合a lttile information とでもなるのでしょうね。 こういう基本的なことはわかるのですが、 集合名詞の場合がよくわからなくなります。 というか集合名詞自体よくわかりません。 集合名詞には複数形はないというのはわかります。 でも集合名詞にaとかtheとかが付くことがありますよね。 で、集合名詞に冠詞が付かないときはあるのでしょうか? 集合名詞とはどういうもので、その場合冠詞はどう使われるのかを回答して欲しいと思います。

  • 不可算名詞について

    基本的な質問で恐縮です。 先日娘の学校のテキストを見ていたら、「fish(魚)」は不可算名詞なので、複数でもSは付けないと書いてあったのですが、それでは「2匹の魚」とか「3匹の魚」と表現したい場合は何と言えばいいのでしょうか。不可算名詞であるにもかかわらず「two fish」とか「three fish」とかでいいのでしょうか。それとも「paper(紙)」のようにa sheet ofとかtwo sheets ofのように何か付けるのでしょうか。また魚が不可算名詞なら動物や植物はどうなのでしょうか。よろしくお願いします。