• 締切済み
  • すぐに回答を!

株式会社の増資手続き

今回取引先3社に依頼して、増資をすることになりましたが、株式申込書は必ず必要でしょうか?また出資者が遠方にいるため、直接取扱の金融機関に現金の払込ができないのですが。アドバイスお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数317
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#24736

前回の質問に回答したものです。 株式申込書は必ず必要になります。 払い込みの件は、お近くに銀行が全く無いのでしょうか。 直接取扱の金融機関に振込まなくて、お近くの金融機関を経由して、取扱金融機関に払い込んでも問題ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 株式会社の増資について

    現在株式会社を経営していますが、今回取引先3社に依頼して増資することになりました。手続きの流れについて、教えてください。また、書類は何を準備すればよいのでしょうか?

  • 株式の発行、増資

    「別段預金」という勘定科目を使う時は増資の時のみですか? また株式申込証拠金と株式払込剰余金について、 私は 株式の発行時→株式払込剰余金 増資時→株式申込証拠金 だと思っていますがあってますか? また「株式申込証拠金」と「新株式申込証拠金」は違いますか? また「新株式払込剰余金」という勘定科目はありますか? 「新」がつく場合、「証拠金」「剰余金」について混乱しています。 よろしくお願いします。

  • 増資

    増資を行ったときの仕訳は (借)別段預金(貸)株式申込証拠金 ですが この増資の仕訳を行ったあとに いつか必ず (借)株式申込証拠金   当座預金 (貸)別段預金   資本金   (株式払込剰余金) と言うように 「(借)別段預金(貸)株式申込証拠金」は 振り替えなければいけないのでしょうか? そうなら最初から 「(借)別段預金(貸)株式申込証拠金」を計上せず (借)当座預金(貸)資本金         株式払込剰余金 とすればいいと思うのですが。 なんのために 「(借)別段預金(貸)株式申込証拠金」 を計上するのでしょうか? 増資をしたことを表すためですか? ご教授よろしくお願いします。

  • 回答No.1

1 株式申込証は必要か  必要です。  商法280条の6が株式申込証の記載事項をあえて規定していることからすれば、同条所定の記載事項を記載した株式申込証によらない新株引受は、原則として無効と考えられます(少なくとも、他の株主から新株発行無効の訴え(同法280条の15)を提起されるリスクがあります。)。 2 払込取扱機関以外の金融機関に払込をすることができるか  できません。  払込取扱機関は株式申込証の記載事項であり(商法280条の6第5号、175条2項10号)、払込は株式申込証記載の払込取扱機関においてなすことを要し(同法280条の14第1項、177条2項)、これを変更するには裁判所の許可が必要とされています(同法178条)。  これだけ厳格な規整がおかれているわけですから、所定の払込取扱機関以外の金融機関になされた払込は原則として無効と考えられます(少なくとも、他の株主から新株発行無効の訴え(同法280条の15)を提起されるリスクがあります。)。  引受人の最寄りの金融機関から振込手続をとってもらうようになさってください。 3 蛇足かもしれませんが  1919tanakaさんはまだこのサイトのシステムにお慣れでないかもしれませんが、「締切」というシステムはご存知ですか?  下記参考URLのご質問を拝見していて、気になったものですから。  ご参考になれば幸いです。

参考URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=248525

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 株式会社への出資

    ある株式会社が、自社への出資者を募りました。募集方法は『株式募集要項』に基づき、一口50万円(当該会社の株式額面:1株5万円)を募るものでした。 その募集に知りえるだけで、約2000万円の出資者が応募し、当該会社はその出資金を受領しました。 私も、約1年前に応募2口(100万円)を払い込み、その証しとして『株式申込払込金預り証』というもの、のみを受け取りました。 しかし、今に至って、本募集の『株式募集要項』の条文に虚偽の記載があることがわかりました。 その条文は… ・配当金支払いの可否、及び方法 ・中途換金(解約) ・第3者譲渡の方法及び譲渡制限 について、全て“当該会社取締役会”での決定、及び承認を有する。となっております。が、当該会社は、そもそも取締役会設置会社ではなく(設立時より役員1名)、上記事項を決定するには“株主総会の過半数の議決”をもって決定する、と当該会社の定款に記載されています。(出資時には、定款の提示はなく、当然、口頭でも説明はありませんでした) 当然、私と当該会社との“普通株式募集及び応募の無効”を訴え、預け入れた申込金の返還を内容証明郵便にて通知したのですが、何ら返答がありません。今後、どのように対応していけばいいのでしょうか?ご教授下さい。

  • 増資の際の株式について

    現在所属企業から、事業の譲渡を受ける形での独立を企画しているものです。 当初、通称「1円株式会社」と言われる形で会社を設立し、 半年後のキャッシュフローから増資をし資本金1000万にしたいと考えております。 その際、株主、または株式の額面はどのように扱われるのでしょう? 1:会社のキャッシュから資本に組込みしたいので、「額面1円」を分割して「1000万円」にできるのか?   (但し、いきなり1から1000で無く、段階的なことも考えているが省略)   また、その際は、株主は増資による「資産の増加」が起こるので、課税される可能性は? 2:あくまでも「出資者(私。他人は考えてない)」が、新たに「999・・・円」を出資する必要があるのか? 3:その他があれば教えて下さい。 以上、あくまでも素人なので間違いもあるかと思いますが、 ご存知の方、宜しくお願い申し上げます。

  • 株式の発行(創立時と増資)について

    増資には「株主の募集」と「払込期日」があり 募集時にお金を集め(別段預金/新株式申込証拠金) 払込期日には株式の発行と、 別段預金と新株式申込証拠金を消しこみと 当座預金/資本金(株式払込剰余金) の計上を行うのでしょうか? 創立時には「株主の募集」と「払込期日」はないのですか?

  • 会社の増資について

    この度有限会社から株式会社に改組します。10年前に設立した現有限会社は資本金300万円ですが、この度株式会社にする際、同時にもしくは改組手続きの後に別途すみやかに1000万円まで増資したいのですが、この場合、単純に+700万円の増資ということになるのですが、増資手続きに際しては現物出資等の方法をとらない場合、必ず増額分の現金(今回の場合700万円)を用意できなければ無理なのでしょうか?  会社法改正前→資本金:有限MIN300万、株式MIN1000万を一時的に銀行に預けて銀行発行の預り書(入金証明書)を発送~法務局に提出が必要だった、と同じように増資分もこの様な形をとらないと実際無理なのでしょうか? 現金(現生)がなくても手続き(登記)上は増資する方法があるような事を以前聞いたことがあるような気がしておりまして。 現物出資等は手続きが面倒なようなのでなるべく避けたいのですが。 あと客先への「売掛金」等でも増資に当てることができる方法があるのでしょうか。 詳しい方ご教授頂ければ助かります。

  • 有限会社⇒株式会社への組織変更

    ご質問です。 有限会社から株式会社へ組織変更を行おうと 考えています。 そこで、ご質問なのですが 資本金の増資は現物出資と現金での出資の 二つで行ないます。 その時のに、必要な書類と注意点などをお教えいただければと思います。 よろしくお願いします。

  • 株式会社を閉めたい。

    現在までの業績不振と将来を展望した結果、株式会社を閉めようと思います。債務は、取引先(数社)に約500万円、税金関係が約30~50万円あり、金融機関からの借り入れはありません。これを整理するための力(資産)は、会社にも私もありません。株主は、私を含めて4人。社員はいません■また、自分で作った会社なので自分の手で閉じたいという思いから、出来るだけ弁護士費用などをかけずに自力でやってみようと思います(会社の経営状態もありますが…)■「法人の破産」ということになるのでしょうが、どういう手順で、どういう手続きを、どこですればいいのか、など“もろもろ”をお教えください。よろしくお願いします。

  • 今度株式会社変更し商号も変えます。

    来月株式会社に改変し、商号も変わります。そこで、金融機関の通帳、いろんな契約、商標登録などがかなりあります。それらはすべて変更しなければならないのでしょうか?

  • 会社設立と、金融機関での「株式払込金額」について

    会社設立にあたり、金融機関での「株式払込金額」について教えて下さい。 例えば資本金1000万円で会社をスタートさせたいとします。ところが、創業費や開業費などで100万円かかった場合、金融機関での「株式払込金額」は900万円からしかできません。 創業費や開業費を費用計上することが認められているので、会計上は資本金1000万円でスタートすることも可能だと考えるのですが、ここの取り扱いについて教えて下さい。どうぞよろしくお願いします。

  • 株式払込金保管証明を出してくれる銀行

    この度、株式会社を設立することとなったのですが、 株式払込金保管証明を発行してくれる銀行が見つかりません。 新規に事業を始めるので、今まで取引のある銀行がなく、 一見では、地方銀行を中心に信用金庫なども回りましたが すべて断られました。 ここで皆様のお知恵を借りたいのです。 (1)南大阪で株式払込金保管証明を出してくれやすい金融機関 (2)上手く金融機関を説得する方法 をご存知の方、よろしくお願いします。

  • 創立時の株式の発行なのか増資なのか見分ける方法

    2級の 創立時の株式の発行なのか増資なのかの判断ができません。 それにより株式の発行に掛かった費用が「創立費」なのか「株式交付費」なのか判断できません。 例えて言うなら 114回の 株式800株を1株あたり20,000円で発行した。 払込金は、全額当座預金に振り込まれた。 払込額のうち2分の1は、資本金として計上しないこととした。 なお、新株発行のための諸費用300,000円は現金で支払ったが これは当期の費用として処理するとことした。 この場合、回答は「株式交付費」になっているため増資時の株式の発行になると思うのですが どこからそれを読み取ればいいのでしょうか? 私は「新株発行のため」から最初の創立時だと思いました。 ご教授よろしくお願いします。