• ベストアンサー
  • 困ってます

強肩になる為のトレーニング

  • 質問No.2483729
  • 閲覧数9535
  • ありがとう数18
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 46% (190/405)

20代♂です。
去年から会社の草野球チームに所属し、楽しい野球を満喫してます。
楽しくやる野球もいいのですが、ランナーをさすというようなプロ野球で見るようなプレーもしてみたいと思うようになり、それには、強肩になる為のトレーニングが必要と考えています。何か自宅等で効果的に鍛えられる方法はありますでしょうか??

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 30% (965/3197)

No.2の再入場です。

1980年、日本で世界アマチュア野球選手権が開かれました。 日本代表チームの売りは、サード原辰徳、ショート石毛という黄金コンビでした。 この大会の優勝候補はキューバで、キャッチャーのデルガドが注目されていました。 

彼は座ったまま、二塁に矢のような送球をして盗塁を刺す凄い強肩のキャッチャーだったのです。 東芝とキューバとの練習試合があり、バックネット裏の席に陣取り、彼の送球を目を凝らして見ました。 

体格は182cm、83kgと、それほど大きな選手ではありません。 ただ、彼のスローイングは腕の絞りに特徴がありました。 ちょうど、砲丸投げの選手のように腕を内側に絞って、耳にボールをつけるようにして投げるフォームでした。 

実に基本に忠実な投球フォームだったことを覚えています。 それに加えて、ミットを持った左手も、内側にしっかりと絞っています。 基本をしっかりと守っているのです。 両腕の絞りが解ける時のエネルギーを、実に巧く使って軽く投げており、しかも速く正確なスローイングでした。 
お礼コメント
MAX33

お礼率 46% (190/405)

なるほど。
とても参考になりました。有難う御座いました。
投稿日時:2006/11/27 18:41

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 48% (46/95)

自宅ではちょっと無理かもしれませんが。

野村監督の自伝に書いてあった事ですが、南海入団当初やはり弱肩で悩んでいたそうです。
いろいろな人に聞いてまわって「遠投がいいらしい」ということになり、ひたすら遠投の練習をしたとか。
最初は何の効果も見られなかったのが、何ヶ月か根気よく続けているとあるときから急に遠くまでボールが届くようになったそうです。

何十年も前のことですから、今はもっといいトレーニングもあるとは思いますけど、参考になれば幸いです。
お礼コメント
MAX33

お礼率 46% (190/405)

なるほど。
とても参考になりました。有難う御座いました。
投稿日時:2006/11/27 18:42
  • 回答No.2

ベストアンサー率 30% (965/3197)

アメリカ大リーグのニューヨークメッツに、リック・ピーターソンという投手コーチがいます。 1998-2003年、アスレチックスでジトー、マルダー、ハドソンという若手の三本柱を育てた名コーチです。 

この三人の好投手の特徴は、筋肉隆々のマッチョマンではありません。 三人ともどちらかというと華奢な身体つきです。 ソフトバンクの和田毅投手のような感じのピッチャーです。 

それは、ピーターソンコーチの野球理論から来ているのです。 ピッチャーのスピードボールは太い腕から繰り出されるものではなく、強靭な下半身と腕の絞りから生まれると教えています。 ピーターソンの育てたピッチャーは怪我をしないので、本当に丈夫で長持ちしています。 筋肉トレーニングの盛んな大リーグの中にあって、ピーターソンの投手の育て方は異色です。 しかし、これだけ実績が上がると、注目を集めないはずがありません。

三人の中で、右腕のティム・ハドソンはアスレチックス時代、マリナーズのイチローと対戦し、通産打率一割台に抑えています。 彼は182cm、75kgと、アメリカ人選手としては小柄です。 元々は俊足好打の遊撃手として入団した選手です。 しかし、彼の頭の良さに目をつけたピーターソンがピッチャーに転向させたのです。 

昔、西鉄ライオンズに稲尾和久という大投手がいました。 売り出しの大打者、長嶋茂雄にいいように打ち負かされ、苦労して独特の投球術を編み出しています。 相手打者の待ち球がスライダーと分かったら、途中から握りを変えて直球を投げ、タイミングを外す。 

この投球術のお陰で、彼は終生長嶋選手を一割台に抑えています。 この術は、その後東尾投手に、そして松阪大輔と受け継がれています。 ハドソン投手も、稲尾流のタイミングを外す術もマスターしていたようです。 あの天才イチローも、ハドソン投手にはまったく歯が立たず、苦手としたようです。 

柔らかくて強靭な下半身を土台として、腕をしなやかに振って投げるピーターソン投法は、今年ニューヨーク・メッツでも威力を発揮しています。
お礼コメント
MAX33

お礼率 46% (190/405)

なるほど。
とても参考になりました。有難う御座いました。
投稿日時:2006/11/27 18:42
  • 回答No.1

ベストアンサー率 25% (12261/49027)

お礼コメント
MAX33

お礼率 46% (190/405)

なるほど。
とても参考になりました。有難う御座いました。
投稿日時:2006/11/27 18:42
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ