• ベストアンサー
  • 困ってます

生命保険の見直し

こんにちわ。現在加入している生命保険の見直しを考えています。内容は、 D生命の定期保険特約付・終身保険で、 契約日は昭和62年10月1日で払い込み期間は25年(65歳)。 主契約の終身保険S62 720万円、定期保険特約2280万円 傷害特約S58(本人・妻)500万円 災害入院特約S62(本人・妻)8000円 疾病特約S62(本人・妻)8000円 災害割増特約3000万円、主契約終了後の特約保険料は満了時に一括前納する事となっています。現在59歳(男)54歳(女)の夫婦です。 S62年に転換し、その時一時金を入れた為、主契約の保険料は安くなっています。 来年更新の通知が来ました。このままの内容で更新すると定期保険特約の保険料だけがアップします。 フアイナンシャルプランナーに相談したら、主契約と疾病特約だけ残して他は全部解約して、新たに外資系の入院保険を夫・妻別々に入ることを勧められました。新たに入る入院保険の保険料は高額ですが、入院1日目から日額1万円出て80歳まで保険料は変わらないそうです。 保険料を上げたくないので、このまま定期保険特約だけ減額して継続するか、プランナーの勧めに従うか迷っています。 良きアドバイスあればよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数284
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

こんばんわ、質問文中にありますD生命で管理職をしている者です。自社商品ということもありますが、過去にFPをしていた経験がありますのでそれを抜きにしてアドバイスをさせていただきます。まず、ご加入の商品内容およびお二人の年齢、さらに来年が更新でかつ6年後に保険料の払込満了がくること、またお子様がいらっしゃる場合すでに独立されているかどうかは不明ですが少なくとも3000万という保障は現在では不要であるということから判断しますと、ご相談されたFPの方が仰るとおり主契約である終身保険(720万円)は残すべきだと思います。ただ、終身保険と疾病特約だけを残して他の特約を解約する場合に注意しなければならないのが、疾病特約の入院給付金日額は実は主契約の1/1000に強制減額されるという約款規定があります(他社も恐らく同様に思われます)。従ってこの場合、入院給付金日額は8000円ではなく7000円になります。この部分について現在の医療事情を見てみますと1日あたりの入院費用は概ね1万円以上はかかるというのが実情となっており(差額ベット代等健康保険適用外のものは自己負担となること、また健康保険の自己負担割合は現在は3割負担ですが、今後さらに上昇する可能性があります)、7000円では持ち出しが発生する可能性があります。しかも「疾病特約S62」というのは4日不担保(つまり5日以上入院して初めて1日分が支払われる)ですので、医療技術の進歩と診療報酬の改定等により短期入院が多くなっている昨今では時代にマッチしていないということになります。ですから私は終身保険だけを残してあとはすべて解約し、別途「終身タイプ」の医療保険にご加入されるのがよいかと思います。医療保険も現在では数多く販売されていますので国内・外資を問わず一概にどこの商品がよいかは判断できませんが、ただ今後いつ何どき病気あるいはケガで入院するかわかりませんので「終身タイプ」の医療保険で入院日額1万円のものにご加入されるのがよいかと思います。加えてご加入を検討されるときは1入院あたりの支払い限度日数もチェックされることをお勧めします。商品によっては45日・60日・90日・120日・180日・240日・・・と種々あります。当然ながら支払い限度日数が長ければ保険料も高くなります。また入院の通算限度日数も700日・1000日等々ありますので併せてご確認されるのがよいかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

細かく分かり易いご回答ありがとうございます。 子どもたちは独立しました。後は老後の手当てだけと私共も考えております。 入院給付金が下がるというのは初耳でした。やはり新しく入った方いいようですね。 長年掛けていた為、疾病特約の保険料が約5000円と安いのでこのままにしておいた方がいいのではとも思いましたが。 新たに入るのは終身払いで夫が最初6年間約16000円でその後は約1万円、妻は約9000円です。支払い限度日数は60日、通算1000日です。 それと最近の健診で夫が心臓で引っかかりました。入ることができなかったら、どっちみち考える余地はないのですが。。

関連するQ&A

  • 生命保険の見直しについて

    主人が独身時代に加入していた保険を見直したいと思います。 主人会社員33歳・妻専業主婦31歳・子供0才 現在:(月払11000円/15年更新型) 介護生活保護特約付定期保険特約付5年ごと利差配当付終身保険 終身保険100万円、定期保険特約1000万円、(60歳払込済) 介護生活保障特約150万円、介護保障定期保険特約500万円、疾病障害保障定期100万円、特定疾病保障定期保険特約300万円、 災害割増特約1000万円、障害特約500万円 災害・疾病・成人病・ガン入院特約各7000円 主人が保険やさんの言うなりに入ってしまったらしく内容に納得がいかないこと、今後の更新での保険料の値上げを考慮して 違う保険会社で再考したいと思っています。 希望は死亡金(終身・定期保険)2000万円、疾病傷害入院1万円/日、ガン特約付、保険料終身型で月2万以内位を 基本に考えたいと思っているのですが「乗り換えをすること」「今後の希望の内容」は利にかなっているでしょうか?ご意見お聞かせください。

  • 生命保険の見直しについて

    結婚し、もうすぐ出産のため会社を辞めてしばらくは専業主婦をする予定です。 生活パターンの変化に合わせた生命保険の見直しを考えています。 夫 30歳 会社員(26歳から加入) 保険種類:特別終身保険 60歳払い込み終了で災害特約 疾病障害入院特約つき      死亡保険金1千万円 生存保険金200万円      (入院保険金は疾病でも障害でも一日15,000円) 保険料:基本18,000円プラス特約15,000円で33,000円/月 妻 28歳 退職予定(21歳から加入) 保険種類:定期保険特約つき終身保険 災害特約 疾病障害入院特約(女性特有      の病気もサポートするもの)43歳までの定期で受け取り総額は      3,200万円(進められるがまま入ってしまいました)      定期終了後の終身部分は100万円プラス積み立て配当金       保険料:9、700円/月 43歳で定期が終わり53歳まで更新後しようと     思ったら14,000円/月       夫の保障はもう少し高くしたほうがいいと考えましたがその場合の方法にどのようなものがありますか? 夫の保険で妻・子供もカバーできると聞きますが、このメリットはどのようなもの でしょうか?金銭的にもメリットがあるのでしょうか? 妻の保険はどのようにすべきでしょうか?解約もしくは変更するときの抑えるべきポイントを教えてください。 勉強不足で的を得ない質問で申し訳ありないのですが、教えていただければ幸いです。

  • 生命保険の見直し

    よろしくお願いします。不況による収入減、わたしの退職などで保険料の負担がつらくなってきました。 (1)日生終身保険(重点保障プラン)H1年契約 296204円/年 30年払込満了 定期保険特約15年払込15年 満了 終身1千万 定期保険特約3千万 新災害、新入院医療 特約各1万/日 配偶者特約付 (2)AFLACスーパーがん保険 H3年契約 4120円/月 終身家族契約付 診断100万 死亡150万 入院1.5万/日 通院 0.5万/日(がんによる65歳未満) 疾病特約(入院 0.5万手術給付5万入院初期給付2万) 災害特約(入院 0.5万入院初期給付2万) 特約はH11年契約 10年満期 1513円/月払 (3)AFLACスーパー介護年金プラン H7年契約 3990円/月 終身 介護年金百万/年 一時金百万 死亡百万(死亡保険金 は65歳迄逓増期間だが金額は?) 以上の被保険者が夫S35生、以下は妻S33生が被保険者 (4)第一 定期保険特約付終身保険 S62年契約 全期前納済 終身8百万 定期保険22百万(60才迄) 傷害特約5百万 災害入院、疾病入院、女性特定疾病入院特約各0.5万/日(80才迄) (5)第一 終身保険15百万 S63年契約 一時払済 (6)住友海上 年金払積立傷害保険 確定型10年 H5年契約 117130円/年 基本年金額71,3万 60才開始 傷害による死亡・後遺障害付 (7)AFLAC 夫の(3)と同じ介護保険 H7年契約 5030円/月 日本生命の定期保険特約と配偶者特約を更新せずに(H16年更新)終身1千万、新災害入院、新入院医療特約各1万/日という型にできないかなと考えているのですが可能かどうかはわかりません。夫の死亡保険が終身1100万(合計)ちょっとでは少ないでしょうか? 妻の保険金額はパートの現在では多額だと思っていますが、保険料の負担をしていないことと、妻の(4)は60才以降(5)は50才以降で年金移行(各30万以上)ができるとのことです。解約というと(3)(6)(7)と思うのですが、どうでしょうか。アドバイスをお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • oo14
  • ベストアンサー率22% (1770/7942)

定期保険特約はもう役目をおえているのではないですか。 ローンはもし残っていても、別途保険にはいってますよね。 ファイナンシャルプランナーさんは将来の利率をいくらでファイナンシャルされているかはきいておくべきですね。疾病特約8000円は結構何とかなる数値のような気もしますが。誰かに大金を残す必要でもあるのでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。 ローンはようやく終了になります。定期特約は深く考えず習性のように入っていて、ないと不安な気がしたのですが。そういう意味合いからいくと不要で、FPの案は老後の為に入院保険を手厚くということのようですね。D生命の疾病保険8000円は新たに入る入院保険と重複するので、解約しようかなとも思いましたが。また検討してみます。

関連するQ&A

  • 生命保険(定期保険部分)の見直しについて

    現在月払い約16000円/15年更新型(30年)の定期保険特約付普通終身保険(朝日生命・ロイヤルワイドキング)に加入しています。 今年15年目で更新の必要があり、このまま継続ですと保険料が約29000円となってしまいます。 1.この際見直して定期保険をできるだけ削って、でき れば現在の月払いより安く更新したいのですが可能 なのでしょうか?(入院特約等は残して) 2.ちなみに定期保険は現在4000万円で約13000円程度の 保険料ですが500万円程度ですとどのくらいになるの でしょうか? いろいろな質問を見ていると定期部分を全部ではなければ削れるのかなとは思うのですが。 同じ保険で同じことをやったことがある方・この会社の違う保険で経験あるかた等に回答いただけたらと思います。 現在: 終身保険500万円 定期保険特4000万円 災害割増・傷害・災害入院・手術給付金付疾病入院・成人病入院特約あり よろしくお願いいたします。

  • 生命保険見直しで悩みまくっています…

    37歳の会社員です(既婚、子供二人、妻は専業主婦) 持ち家購入を機に保険の見直しを考えています。(平成11年加入)勧められるがままに訳も分からず加入し、私も保険のことは全く分からない素人ですので、どなた か詳しい方がいらっしゃいましたら、どうかお知恵をお借しください。 現在、検討しているのは、 ・補償額を下げて月々の保険料を下げる。 ・解約して掛け捨てタイプに加入する。(損保ジャパン等) といったところです。 契約の内容は以下の通りです。 保険種類:定期保険特約付き5年ごと利差配当付き新・ 終身保険 契約:平成11年 保険期間:終身 保険料払込期間:65歳払込 保険料:月払い16954円 死亡保険金:1500000円 定期保険特約(15年):43500000円  うち転換部分:3864800円 特定疾病保障定期特約(15年):5000000円 障害特約(15年):5000000円 災害入院特約(15年):5000円 疾病入院特約(15年):5000円 成人病入特約(15年):5000円 がん入院特約(15年):10000円 通院特約(15年):3000円 リビングニーズ特約付加 以上、宜しくお願いいたします。

  • 生命保険の見直しについて

    20年以上放置している生命保険について、最近担当が変更になり 保険内容の見直しの提案がありました。 自分なりに勉強し、担当者と議論しておりますが、皆さんから いろいろなご意見いただければと思います。 ★現在の保険名称:第一生命 パスポート21(定期保険付終身保険(S62) ◆契約年齢:26歳 ◆現在48歳の男性、会社員 ◆家族構成:妻(46歳)、子供2人(大学3年、同1年) ・毎月の保険料:約20,000円 ・終身保険:死亡(高度障害)1,000万円(S62)、55歳払い込み満了 ・定期保険特約 :2,000万円 ・傷害特約(S58):1,000万円 ・災害入院特約(S62): 5,000円(入院5日目より支給) ・疾病特約(S62): 5,000円 (入院5日目より支給) ・災害割増特約(S58):1,000万円 最初に転換や妻子に引き継ぐなどの案が出されましたが、予定利率が 良い(5.5%)終身をやめるのは損だと考え拒否しました。 その後に現在の終身1,000万円を払済みにして、新たに順風ライフを 契約してはどうかと持ちかけられています。 (終身はそのまま保有でき、55歳以降に年金に移行することもできる。) 今回の終身保険の払済みには、定期保険特約を無くすことによって 保険料を充当できるため、新たな費用は発生しないとのこと。 (↑新たな費用が発生しないで、ちょい割り増しな保険料で最新の備えが できるところがミソかと思います。) ★おすすめプラン:順風ライフ ・毎月の保険料:約25,000円(10年間、58歳まで) ・58歳以降の保険料:約44,000円(10年間) ・終身保険50万円 ・シールド特約:100万円 ・インカムサポート:200万円×最大5年間 ・ケガ/病気による入院:1万円(日帰り入院含む) ・8大生活習慣病入院特約B:5千円(日帰り入院含む) この先、3パターンの進め方があると思っています。 1、現在のパスポート21を継続して、他には何もしない。 2、パスポート21を継続し、足りない分を他社含めて検討する。 私が考える足りない分とは、 (1)入院1日目から1万円の給付 (2)働けなくなった場合のインカム保証(今回の場合200万円×5年間) 3、セールスレディの提案通りに終身を払済みにして、順風ライフを 新たに加入。 生涯設計レポートや、現在入っている終身保険の年別の解約返戻金 も教えてもらっています。 今さら新たな保険に入るのは、年齢も高く割高な保険金額になりますが 手厚い保障になるのは確かだと思います。 どれも一長一短あり、決め切れません。 どうぞよろしくお願いします。

  • 生命保険の見直しについてアドバイスお願いします。

    40歳サラリーマンです。 契約内容確認活動で生保の営業の方から転換を進められました。 独身時代に契約した保険です。 6月に結婚し、妻と2人の子供が家族となりましたので保険の見直しを考えております。 皆様のアドバイスをお願い致します。 平成11年12月契約(31歳時)に契約した終身保険です。 ○ニッセイ終身保険(重点保障プラン) ・生活保証特約       120万(年間)x10年 ・新生存給付金付定期特約  100万 ・定期保険特約      1000万 ・終身保険         200万 ・3大疾病保障定期保険特約 100万 ・疾病障害保障定期保険特約 100万 ・介護保障特約       120万 ・特定損傷特約         5万 ・新成人病入院医療特約  5000円(5日目から) ・通院特約        3000円 ・新災害入院特約     5000円(5日目から) ・新入院医療特約     5000円(5日目から) 保険料が¥13,961 47歳時更新(15年)で保険料が¥27,355 今回、下記保険への転換を勧められています。 ○ニッセイふれあい家族EX ・生活保証特約       220万(年間)x10年 ・定期保険特約       200万 ・終身保険         200万 ・3大疾病保障定期保険特約 200万 ・疾病障害保障定期保険特約 200万 ・特定損傷特約         5万 ・新災害入院特約α    7000円(1日目から) ・新入院医療特約α    7000円(1日目から) ・がん入院特約     10000円(1日目から) 保険料¥13、980 50歳更新(10年)で保険料が¥27,814 他に下記のガン保険に加入しています。 ○スーパーがん保険 特約MAX 主契約2口 終身 ・診断給付金   200万 ・入院給付金     3万 ・在宅療養給付金  40万 ・通院給付金     1万 ・死亡給付金   300万 ・死亡払戻金    30万 特約MAX184日 疾病入院給付金    5000円(1日目から) 手術給付金   5.10・20万 災害入院給付金    5000円(1日目から) 保険料¥4、915 生保の営業は、転換しても「予定利率は良くなる」とか「200万位の終身の 予定利率を気にしてもねえ」等と言葉巧み?に転換を勧めてきます。 気になっているのは、今現在の保障だと入院が5日目からの支給となっている部分と死亡保障が2700万な点です。 何分、勉強不足で保険に関しては無知なので、アドバイスいただけたら ありがたいです。 宜しくお願い致します。

  • 生命保険の変更(見直し)出来ますか?

    第一生命 コーラス H4年契約 30年まで契約継続で16年目です。 終身保険200万円 定期保険1600万円 生存給付金付定期保険特約200万円 生涯特約 500万円 災害入院、疾病特約、女性疾病ともに、5千円日です。 現在年払いで173000円支払っています。 よく見ると、こんなに必要なのか? 特に死亡保障。 というほどの保障がありますし、退職して主婦にはキツイのです。 これを、保障のみ減額できないのでしょうか? 減額すると、不利な点はありますか?

  • 更新してしまった生命保険の内容と終身保険特約について

     45歳既婚。子供なし。11月1日に定期保険特約付終身保険の2度目の 更新時期を向かえ、変更することなく更新いたしました。内容は、   定期保険特約付終身保険「パスポート21」(S62)    主契約 570万(保険料171円)       定期保険特約 1000万(同5150円)       終身保険特約  430万(同10982円)    特約 傷害特約(災害保険金額) 100万(70円)       災害入院特約(入院給付金日額) 5000円(350円)       疾病特約(入院給付金日額)  5000円(1515円) 前回更新時、定期保険特約を大幅に減額し、終身の分を増やしたのですが、 お恥ずかしいことに単純に主契約を増額できるものだと思ったのですが、後に届いた契約内容を見て「終身保険特約」とあり、特約扱いになっていました。特約保険料は満了日以降も払う必要があるのではと本社に確認し、 主契約同様55歳払い込み満了時に保険料の支払いは完了するという回答を頂いたのですが、契約内容には主契約は「満了時払い込み終了」と記載されてますが終身特約の分については一切記載されていませんので今回更新時、再度担当の方にも確認をとったのですが何だか不安です。この場合、終身保険特約は主契約と同じと考えていいのでしょうか。今さらですが、終身保険特約の保険料も一万円強ですので終身部分は主契約のみでも充分だったのではと思っています。約款に保険料支払い後(26日引き落とし済み)7日以内なら解約可能とありますので見直せるものなら検討したいです。アドバイス宜しくお願いいたします。

  • 保険の見直しをしたいので、アドバイスしてください。

    現在、N保険会社で次の保険に入っています。   【現在の契約内容】 契約年齢 43歳 現在44歳 終身保険 300万円 保険期間・払込期間 終身 定期保険特約 5400万円 保険期間・払込期間 53歳(以下の特約すべて) 新傷害特約 500万円 3大疾病保障定期保険特約 150万円 疾病障害保障特約 150万円 特定損傷特約 5万円 短期入院特約 日額8000円 本人・妻型 新災害入院特約 日額8000円 本人・妻型 新入院医療特約 日額8000円 本人・妻型 がん入院特約 日額10000円 本人・妻型 新成人病入院医療特約 日額8000円  通院特約 日額3000円 本人・妻型 配偶者定期保険特約 500万円 ・昨年、転換によりこの契約にしました。転換時に定期保険特約に110万円充当しています。 ・現在の保険料 26,347円 53歳更新時の保険料 72,480円 ・妻42歳 子供11歳と9歳 ・現時点で解約したら100万円の解約金、10年後は0円です。 ・年金は39歳まで厚生年金、以降は国民年金です。 私が思うには、現在実際に支払っているのは、26,347円ですが、転換時の充当を月に換算すると約10,000円になるので、この契約で37000円ほどの保険料をはらっていることになります。 定期保険特約の保険金がこのくらいいるのか。53歳時の更新後の保険料はとても払えない。 そこで、現在の保険を解約し、保険料の上がらない保険にしようと思っています。 どういう保険がいいのか、みなさんのアドバイスをお願いします。

  • 生命保険の見直しについてです。(長文です)

    現在加入の保険 定期保険特約 2500万円 終身保険 300万円 5日以上入院後の通院 3000円 入院特約 8000円  更新は10年後の48歳の夫婦型のものです。 先日保険屋さんが転換契約で今より年間779円高く なるだけで保険料払込特約つきの保険にできると言って きました。 定期特約 2300万円 終身 100万円 3大疾病一時金 100万円 病気による身体障害 500万円 要介護状態 500万円 成人病による入院 5000円 短期入院 8000円 がんによる入院 5000円 52歳更新 です。 主人も私も内容はよいと思っているのですが、今の保険の予定利率がよいときのもの(平成7年加入)なので 転換してまで見直してよいのか悩んでいます。 特に専門家の方のご意見をうかがいたいと思います。 よろしくお願いします。 ちなみに主人37歳 妻34歳 子供なしです。

  • 生命保険の見直しについてアドバイスお願いします。

    19年前に父親が知人の生保レディの勧めで、 第一生命の《テンダー》に加入してくれました。 その後、何度か見直ししていたようです。 現在加入の保障内容です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 第一生命《テンダー》 定期保険特約付終身保険(S62) 毎年配当タイプ 60歳払い込み完了 ●主契約 終身保険(S62) 保障額1000万円 期間満了終身 保険料5320円 ●死亡・高度障害保障等の特約 定期保険特約 保障額2800万円 期間満了60歳 保険料11704円 ●災害・疾病関係等の特約 保障額400万円 期間満了60歳 保険料120円 ●傷害特約(S58)<本人型> 保障額100万円 期間満了60歳 保険料44円 ●入院関係特約 :災害入院特約(S62)本人型 保障額 日額5000円 期間満了60歳 保険料340円 :疾病特約(S62)本人型 保障額 日額5000円 期間満了60歳 保険料1785円 :女性特約疾病入院(S62) 保障額 日額5000円 期間満了60歳 保険料680円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今回見直しをしたい部分は、2点あります。 まずは、保険料が高い保障額2800万円の死亡・高度障害保障特約の 定期保険特約11704円を今やめたら、愚かなことなのでしょうか? あと入院関係特約部分をそっくり以下の契約にする 【メディカルエース(終身型)C2型・120日型】無配当・終身払い込み :災害入院給付金 日額5000円 :疾病入院給付金 日額5000円 :女性特定疾病入院給付金 日額5000円 :手術給付金 10万円・2.5万円 :放射線治療給付金 5万円 合計4893円 現在20003円の保険料が、22081円となります。 50歳 女 既婚 です。 父が亡くなり現在の契約者は私で、受取人は未成年の子どもです。 私自身は最低限の保障で、死亡時の保険金より、 病気や手術入院の方に重点を置きたいと思っています。 見直しの2点以外に、具体的にどうしたらよいのか教えて 頂ければ嬉しいです。 どうか無知な私に良い知恵をお授けください。 .

  • 生命保険の見直しについて

    昨年の結婚を機に,生命保険の見直しを考えています。13年前に23歳で生命保険に加入し,あまり考えずにいままで来てしまいました。ようやく重い腰を上げたところです。どうぞよろしくお願いします。 36歳男性(会社員) 契約は1993年(23歳) 定期特約付終身保険です 主契約保険料払込期間満了年 H35(2023) 53歳 主契約保険期間満了年 終身 (定期保険)特約等満了年 H25(2013) 43歳 現在の合計保険料 10833円 更新後の合計保険料 16942円 43歳~ 52歳 終身保険(主契約) 120万円 保険期間:終身 53歳払込 保険料1141円/月 定期保険特約 2880万円 保険期間:43歳 保険料8035円/月 (43歳更新後13478円/月:43~52歳) 新災害入院特約 日額 5000円 保険期間:43歳 保険料345円/月(5日目から) 新入院医療特約 日額 5000円 保険期間:43歳 保険料1030円/月(5日目から) 通院特約 日額 3000円 保険期間:43歳 保険料282円/月(5日以上の場合) ※これにプラスして,3大疾病特約(1263円/月で300万円:10年ごと更新)に加入しています。 現在,子どもはおらず共働きです。子どもができたら,妻はしばらく仕事を辞める予定です。 考えているのは,終身保険が120万円と低く,特約分の支払いが今後大きくなってくることでの経済的負担増。43歳で更新しても,53歳までは健康的には大丈夫かなあという気持ちがあり,定期分の支払いが無駄になってしまうのでは?と。 医療保険も,5日目からしか出ないため,メリットも小さい気がしています。 生命保険会社からは,「生きる力EX(12392円/月:ただし5年前の試算)」というのを勧められていますが,いかがでしょうか? 現在の保険を継続するか,別の保険にするか迷っています。その方法も,解約か転換か・・・ 難しいですね保険って。 なかなか的を得ない質問で申し訳ありませんが,よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう