• 締切済み
  • すぐに回答を!

裁判例が見つからなくて困っています

富士写真フイルムが起こした訴訟で、西暦2000年09月01日に東京の業者に使い捨てカメラの特許権を侵害され勝訴した裁判例を探っています。 また、コニカが群馬県のスバルという会社に使い捨てカメラの特許権を侵害された裁判例を探していますが、前記も含めて判決文が見つかりません。知っている方がいましたら、どんな理由で裁判所が判断したのか、また判例時報のページなど、助言願います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数95
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#25451

富士写真フィルムの事件についてですが、下記URLに判決の概要が載っています。ご参考まで。 http://www.nakakura-p.com/topics02.html コニカの事件については、下記のURL(No.192)に仮処分申請がされた事実は掲載されていますが、裁判所の判断は見つかりませんでした。 http://www.ntspat.co.jp/pnr/so_2000_01.htm 裁判所の決定が出る前に双方で和解したのかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考になる情報をありがとうございました。

関連するQ&A

  • 判例時報などに掲載される判決文とプライバシー

    判例時報、判例タイムズには重要な裁判の判決文の全文が掲載されるそうです。 この場合、当事者の個人名、不法行為があった場所の大体の場所(○○町、○○ストリートなど)がそのまま掲載されると、プライバシーの上で問題かと思いますが、その辺りのことは、判例時報、判例タイムズがきちんと黒塗りなどでクリアした上で、掲載するのでしょうか?

  • ★この判例を教えていただけませんか、お願いいたします。

     今晩は、いつもお世話になっております。  仮執行宣言を付する場合には、(1)その執行開始時期を判決が被告に送達された後14日経過したときとされること(東京高裁平成6年3月30日刊決・判例時報1498号25ページ参照)という判例があるそうです。この一文は、国家賠償訴訟で、国側が答弁書で反論している一文です。勝訴して、仮執行宣言に基づき執行する時は、判決文が被告に送達されてから14日経過しないと、執行は認められないのでしょうか?そのように判例で決められているのでしょうか。このあたり解説していただけると助かるのですが・・・・    実は、この投稿をするより自分で確かめようと思い、市立の図書館に行くと、1ヶ月もこの判例時報1498号の取り寄せにかかると言われてしまいました。(もちろん取り寄せてますが。)なにせ貧乏で田舎の市に在住しておりますので。もしこの判例等がお分かりでありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。  

  • 著作権

    自分の著作物を流用されれば著作権侵害であると言われていますが、親告罪ゆえ、訴訟を起こさない限り許容したのと同じだとおもいますが、法律上の解釈ではその通りでしょうか。 また、訴訟をお起こすには、損害が少額であった場合、勝訴しても裁判費用の捻出も考慮する必要があると思います。刑事ではないので経済性を無視してお灸を据えるほど暇ではありません。 特許権でも同じようなことがあり、抵触=罰則という事にはなりません。大企業では所有する特許権を小規模の商売に使われても通常無視しているようです。 その意味では著作権も、特許権の抵触への対応と同じスタンスになると考えて良いでしょうか。

  • 回答No.1
  • fixcite
  • ベストアンサー率75% (129/172)

東京地判H12.08.31(平成8(ワ)16782号)のことでしょうか? 被告はスバルそのものではなくてケーアンドジェー株式会社・株式会社バトリーノントンです。 それのことであれば、知財判例集に載っています。判批等は半年後の判時の判例評論等に当たるのがよろしいかと。 <原文> http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/88C8356493D3CA4D49256A77000EC3DF.pdf <添付資料> http://www.courts.go.jp/tenpu/pdf7/88C8356493D3CA4D49256A77000EC3DF-1.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考情報をありがとうございました。

関連するQ&A

  • (民事)裁判官の職務行為を違法として国家賠償を求めるための要件

    「民事裁判が確定した後に当該事件を担当した裁判官の職務行為を違法として国家賠償を求めるための要件」に関する判例は、判例時報No.1136号 昭和60年2月1日号に載っていますが、この外に表題に関する判例がありましたら是非教えて下さい。必要に迫られておりますので、お願い致します。

  • ときめも事件の上告審について。

     最近、友人に聞いたのですが、ときめきめもりあるメモリーカード事件に最高裁判決が下ったそうです。  事件の概要はですね、プレステのメモリーカードの販売業者がですね、主人公の好感度だとがほぼ最高のデータが入ったメモリーカードを販売したというものです。それをロードすると、必ずお目当てのキャラ(例えば藤崎詩織)から告白されるというものです。  それで、コナミは著作人格権の侵害などで訴えたというものです。一審はコナミ敗訴、2審はコナミ勝訴です。  それで、販売業者が上告したものです。  この、上告審が、何に載ってるか、どなたかしりませんか?例えば、判例時報か判例タイムズなど。民集に入ってればなおいいですね。多分、判例時報にあるとは思うのですが、何号かはわからないのです。ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。  なぜ、僕がこの判決に注目してるか、その理由はですね、なんでも個人レベルの私的改変は違法であるみたいな、理論構成してるらしいんですよ。それが民法709条の不法行為責任を形成してるっていう主旨らしいです。ホンマカ?  これが本当でしたら、替え歌すら違法ですよね? 以上の点知ってる方は教えてください。

  • 特許権の用尽説(消尽説)について

    化学特許で「Aを含有するB」という権利があった場合、 その権利者XからAを購入してBを製造販売する行為は、 権利者Xの特許権侵害となるのでしょうか? 教えて下さい。 納得できる根拠、また判例などがあれば嬉しいのですが・・・。 宜しくお願いします。

  • 医療関係の訴訟例

    医療関係の訴訟例 過誤ではないですが病院の説明義務違反的なことで(対応の不誠実さなども含め)裁判をしたいのですが、似たような例での訴訟例を読みたいです。勝訴判例があると有利な要素もあると聞いたので。敗訴例も見たいです。 ネットや本屋では探せませんでした。国会図書館などにはあるでしょうか。

  • 参考判例の表記の仕方

    こんにちは、いつもお世話になっています。 今度、大学の授業でレポートを書くのですが そこで参考にする判例の一覧表を提出しなければなりません。 私は法学部の一回生でレポートについてよく分かっていません。 そこでレポートを書くための本を読み、 判例の表記の仕方の該当箇所をよみましたが、疑問に思うことがあります。 本には、たとえば「東京高判平○年、○月○日、民集●巻○号」 などの例がかいてありました。 が、しかし、いまいちどのようにかいていいかわかりません。 私は最高裁判所のHPで判例を調べましたが 判例タイムズにも判例時報にも、民集(?)にも 載っていない判例ってあり得ますよね? この場合は、どうしたらいいんでしょうか? むしろ、判例の表記の仕方を教えてください!!

  • 特許出願して損することのことの方が多いのでは

    特許出願には、権利化まで100万円ほど掛かると言われています。 また、権利化しても、侵害の事実を裁判で実証しなければ、損害賠償を勝ち取れません。 さらに、どこで誰が侵害しているかを発見することが、個人はもとより、大企業さえも大変困難です(世の中の特許関連製品をバラス必要がある)。 さらに、日本での特許権は外国では通用されないため、外国でも特許権を取得する必要があります。 こんな制度は、大企業以外は活用できない制度だと思います。個人出願なんて、無意味だと思われます。 皆さんのご意見をお聞かせください。

  • 特許権の分割譲渡契約

    質問させて頂きます。 特許権の分割譲渡契約を当社顧客Aと締結し現金を受け取りましたが、特許原簿への登録を現段階ではせず、侵害訴訟をこちらで行い、裁判の結審後に特許原簿への登録を行う同意書をもらっておったのですが、Aの代理弁護士から特許庁への登録が効力発生要件で前記特許権の持ち分譲渡は無効で、当社が持ち分の譲渡が効力を生じないにも関わらず、あたかも生じるかのように装い、Aから金員を搾取したので詐欺による取消し事由で全額お金の返還を求められました。 どうなのでしょうか?全額返還しなければいけないのでしょうか?

  • 国家による特許権侵害について教えてください。

    「特許権」については常識程度の知識しかありません。 できるだけ、わかりやすく解説をお願いします。 ■宇宙開発、軍事技術などの特許権は、国家によっては無断で複製したり、 その国内の業者が特許権侵害するのを黙認する国家もあるとおもいます。特に独裁国家ではそうでしょう。 ■このような不法行為に対して、何か制裁できますか。 ■制裁できる条約がありますか。 ■現実の政治・経済ではどうなっていますか。 できれば、具体例などを加えてわかりやすく解説お願いします。

  • 管理者解任請求事件の判例

    議事録不作成、総会決議不履行、独断で債権放棄、会計資料閲覧拒否、管理会社への便益供与など区分所有法や委任義務違反を理由に管理者解任請求事件を本人訴訟で提訴しました。 裁判は中盤ですが判例で主張を補強しようと思って居ます。 判例時報やタイムスなどは図書館で調べる予定ですがご存知の判例がありましたらご紹介ください。

  • マインドマップソフトで描いたコンテンツの特許

    マインドマップソフトで描いたコンテンツを本の内容に掲載する場合, 特許権や商標権の侵害になりますか ThinkBuzan社の許可を受ける必要はありますか 他の例では Excelをつかった経済学 と言うような本の場合 マイクロソフト社の許可を受ける必要はありますか