• 締切済み
  • すぐに回答を!

濃度計算方法がわからなく、困っています。

JISの通りに試験を行いたいのですが、標準溶液の濃度計算がよくわかりません。どなたか教えてください。 JISH8625でクロメート皮膜の6価クロムの定量試験ですが、 「0.05モル重クロム酸カリウム(二クロム酸カリウム)標準溶液2mlを1Lに純水で希釈する。この溶液1mlはクロム3.47μgを含む」 とあります。 同様の標準溶液を作成したいのですが、 0.05モル二クロム酸カリウムは何Lで調整すればよいのでしょうか?

noname#91947

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数515
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#62864

ANo.2を拝見してふと思いました。 「この溶液1mlはクロム3.47μgを含む」から計算すれば、1lに3.47mgを含むことになり、クロム(原子)の濃度は3.47/52=0.0667 mmol/lになります。 その一方で、「0.05モル重クロム酸カリウム(二クロム酸カリウム)標準溶液2mlを1Lに純水で希釈」した時のクロムの濃度は、(0.05x2/1000)x2=2.0x10^-4 mol/l = 0.200 mmolとなります。 ということは、ANo.2のご指摘のとおり、前者は後者の3倍になっています。 この3から連想されることは、酸化還元反応において、クロムの酸化数は+6から+3に変化するということです。 つまり、「0.05モル重クロム酸カリウム(二クロム酸カリウム)標準溶液」ではなく、「0.05規定重クロム酸カリウム(二クロム酸カリウム)標準溶液」を用いれば両者が一致することになります。 規定度は曖昧なので、最近では使わないのですが、その辺りで混乱が起こっているのだと思います。 ちなみに、重クロム酸塩の場合、1molが3x2=6グラム当量になりますので、1mol/lが6規定になります。また、重クロム酸塩に2個のクロム原子が含まれるのややこしいですね。 なお、面倒なので回答の有効数字がでたらめです。ご容赦下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 このJISは1993年制定ですので、ご指摘の通り規定度なのかもしれません。ご意見を参考に、もう少し勉強してみます。

関連するQ&A

  • JIS H8625の付属書2 クロメート皮膜の定…

    JIS H8625の付属書2 クロメート皮膜の定性・定量試験方法について JIS H8625の付属書2 クロメート皮膜の定性・定量試験方法について分からないことがあるので宜しくお願いします。 6価クロムの定性方法でジフェニルカルバジド溶液を試験片に直接滴下しても、駄目という意見が以前にあったので煮沸して溶出させて試験を行っています。 この場合、検液中にクロムがどのくらいの量あれば色の変化は見られるのでしょうか。 宜しくお願いします。

  • クロメート皮膜中の6価クロム分析方法

    亜鉛めっき上の3価クロムクロメートでわからないことがあります。教えてください。 JIS H8625 附随書2 3.2で規定されているクロメート皮膜中の6価クロムの定性試験方法で3価クロムクロメート皮膜を評価したら赤紫色の発色(6価クロムの検出)がでてしまいました(ジフェニルカルバジッド0.4g+アセトン20mL+エタノール20mL+オルソリン酸20mL+純水20mLの試験液です)。 このときの発色は3価クロムが酸化されて6価クロムになってしまった物なのでしょうか?それとも3価クロムクロメート皮膜に6価クロムが含有していると言うことでしょうか... どなたかわかる方、教えて頂けないでしょうか? またもっと良い皮膜中の6価クロムの分析方法があればその方法を教えてください。

  • 光度計で求めた濃度からの含有量計算について

    以下の手順で求めた濃度から、モール塩の鉄含有量を求めるには どのように計算すればいいのでしょうか ********************手順******************** (1) モール塩3.51gを水に溶かし、6Mの塩酸1mlを加えた後、500mlに希釈する。 (2) (1)の溶液10mlを1000mlメスフラスコに取り、希釈する。 (3) (2)の適当量(5~25ml)を50mlメスフラスコに取り、濃塩酸2mlを加えた後純水で液量を約30mlとする。 (4) (3)に塩化ヒドロキシルアミン溶液0.5ml、o-フェナントロリン溶液4mlを加え、pH4.2緩衝液10mlを加え、純水で全量を50mlにする。 (5) 約20分ほど放置した後、光度計で透過率を求める。 (6) 検量線から試料中の鉄濃度をppm単位で求める。 以上の手順です。 よろしくお願いします。

  • 回答No.2

最後の「クロム3.47 microgram」が正しいのなら、最初の溶液濃度を1/3に下げれば良い事にはなりますが、それだと「0.05モル重クロム酸標準溶液」という言い方が良く分からないことになりますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.1
noname#24129

劇物ですから保護具を使用するなど注意が必要です。 K_2Cr_2O_7の式量は、39.1*2+52.0*2+16.0*7=294だから、 0.05モルの質量は、 294*0.05=14.7g 濃度が0.05モルというのは0.05mol/1Lのことだから、 14.7gを量りとって、少量の純粋に溶かしたあと、メスフラスコにいれて1Lに希釈すればよい。(水に対する溶解度12.7g/100gなので十分に溶ける) 廃液処理も考えなくてはならないので、少量調整するのだったら、1/10の 1.47gを量りとって、100mlメスフラスコで調整すればいいと思います。だけど精度が悪くなる。 14.7*(2/1000)*(1/1000)*((52*2)/294)=10.4μg あれ、おかしいな。分かりません。ごめんなさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 私も計算の堂々巡り中です。

関連するQ&A

  • 希釈後の濃度

    濃度が0.008762mol/Lの溶液を10分の1に希釈する時は、1ml取ってそこへ純水を10ml入れれば10分の1になりますよね?この時の濃度は単純に10で割って0.0008762mol/Lでいいのでしょうか?

  • 沈殿滴定法

    授業で、0.02N硝酸銀標準溶液の作成と標定をしたのですが、その課題で解らないところがあるので教えてください! (1)硝酸銀3.4gを秤取して純水で溶解し、1Lとする。 (2)0.02N塩化ナトリウム標準溶液20mLを正確に三角フラスコに採取し、純水80mLを加えて希釈する。 (3)指示薬として10%クロムさんカリウム溶液1mLを加え、よく混和する。 (4)褐色ビュレットから0.02N硝酸銀溶液をクロム酸銀の赤褐色の沈殿を生じるまで滴加する。 この実験の中で(2)の塩化ナトリウム標準溶液を希釈する理由がわかりません…同じ0.02Nのはずなのに、何故希釈する必要があるのですか? すみません、教えてくださいっ!!

  • 亜鉛メッキのクロメート処理と硬質クロームメッキ

    (1)亜鉛メッキは基本的には亜鉛メッキが溶液中で溶解し、これによってニクロム酸が還元される。そして三価クロムの水溶液になり、それが亜鉛メッキ表面に沈着し、クロメート皮膜ができる。 しかしクロメート皮膜はもっと複雑だようです。(水酸化クロムのみではなく、・・・。) 皮膜に含有している可能性がある成分・種類を教えてください。(現在問題になっている6価クロム)またメカニズムも教えて下さい。 (2)硬質クロームメッキについて、まったくメカニズムがわかりません。硬質クロームメッキは硬度が非常に高い(ビッカーズ試験にて800HV以上ある)。これ性能と同等な電気メッキってあるのですか?  硬質クロームメッキは6価クロムは含まれていませんよね?(金属クロムですよね)←自信ありません 以上色々教えて下さい。

  • クロムとクロメートの呼び方の違い

    過去の投稿や回答で、クロムとクロメートの違いは分かったのですが、いまいち呼び方に統一がなされていないように思います。 薬液メーカーの資料でも6価クロメート処理とか3価クロム処理、6価クロム皮膜や3価クロメート皮膜と言う言葉が出てきます。 果たして何が正しいのでしょうか? 私の考えでは、6価クロメート(3価クロメート)処理で化成されるのが、6価クロム皮膜(3価クロム皮膜)なのかな?と考えているのですが。 皆さんの考えはどうですか? また、6価クロメート、3価クロメートとは何を指すのでしょう? クロム酸での化成処理過程を指すのか、できた化成皮膜のことを指すのか。 はたまた6価クロム、3価クロムのことを指すのか。 言葉を統一したいのですが、明確な基準が分からず困っております。

  • 試薬の作り方教えて下さい!!

    アルコールの分析をするのに、今まではN/5二クロム酸カリウム溶液を使用していました。(1Lのメスフラスコに二クロム酸カリウム9.81gを入れ純水をメスアップして造ってました。) しかし今回は0.03mol/L二クロム酸カリウム溶液が必要です。しかし、初心者の私にはどのように試薬を造っていいのか分かりません。 ※二クロム酸カリウムには K2Cr2O2=294.18 二クロム酸カリウム含量99.5%と書いてあります。 分かる方、教えて下さい。

  • 黒クロムめっき皮膜の6価クロム含有について

    黒クロムめっきの皮膜には、6価クロムは全く含有していないと言えるのでしょうか? 亜鉛めっき上のクロメート皮膜は水和酸化物皮膜で6価クロムが含有していると聞いています。 黒クロム皮膜は、金属クロムが60%で残りは酸化クロムと水酸化クロムで出来ていると聞いています。 この酸化クロムと水酸化クロムの中には6価クロムが含有していないのでしょうか? 薬品メーカーにも確認しているのですがはっきりとした答えがいただけませんでした。 どなたか教えて下さい。

  • 計算の仕方教えてください。

    特級塩酸2mlに240mlの純水をいれた塩酸標準液と約0.54gに100mlの純水をいれた炭酸ナトリウム標準溶液のモル濃度と規定度の求め方を教えてください。

  • 防錆剤について

    コア材に塗布されている防錆剤の有無を確認したいのですが、何か良い方法があったら教えていただきたいです。 JIS H 8625附属書2の『クロメート皮膜の定性・定量試験方法』の酢酸鉛の実験は行いましたが、反応は何もありませんでした。 よろしくお願いします。

  • 希釈について

    ある試料を希釈したのですが、その溶液に含まれている試料が何mgなのかで、先輩と計算結果が違ってしまっています。 試料0.1gの入った10mlの溶液(溶媒;エタノール)をつくり、 それを10倍に希釈しました(その溶液1ml+エタノール9ml)。 10倍に希釈した溶液1mlに、エタノール1mlとDPPHエタノール溶液2mlを加えました。 それをキュベットに入れ、吸光度を測定したのですが、 この時点で、このキュベットの中に、試料が何mg含まれているのかを計算しました。 先輩は10mgと出たようなのですが、私は 0.1g×(1/10)×(1/10)×(1/10)×1000=0.1mg      ↑      ↑      ↑   10ml中の1ml  10倍に希釈 10ml中の1ml と計算しました。 2人とも計算が間違っているかもしれません(汗 どちらが合っているか(2人とも間違っている?)意見を聞かせてください。

  • 純水と緩衝液の緩衝能について

    純水と緩衝液の緩衝能について 純水:塩酸添加前 pH5.92 0.02mol/Lの塩酸を1mL添加後 pH3.52 0.02mol/Lの塩酸を2mL添加後 pH3.05 フタル酸塩緩衝液:塩酸添加前 pH4.03 0.02mol/Lの塩酸を1mL添加後 pH3.94 0.02mol/Lの塩酸を2mL添加後 pH3.87 中性リン酸塩緩衝液:塩酸添加前 pH6.85 0.02mol/Lの塩酸を1mL添加後 pH6.82 0.02mol/Lの塩酸を2mL添加後 pH6.79 水酸化ナトリウム溶液:塩酸添加前 pH11.90 0.02mol/Lの塩酸を1mL添加後 pH11.80 0.02mol/Lの塩酸を2mL添加後 pH11.69 これを見て、純水と緩衝液の緩衝能の比較を書くと言うことなのですが、分かりますでしょうか?