• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

偏差を小さくする方法を教えて下さい.

あるデータ(気温・湿度・気圧等)を複数の計測器で同期間,ほぼ同じ条件で測定しました. すると,計測器によっても値はさまざまで,同じ計測器でもセンサーによって値はさまざま,という結果になりました. 時系列で図にプロットしてみると同じような傾向は出ているものの,偏差が大きくて困っています. そこで偏差を小さくする方法として,隣接平均を行いました.隣接の幅を大きくすれば当然データの偏差は小さくなるのですが,他にも良い方法はないのでしょうか? どなたか時間のある方教えて下さい.

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数216
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

 なぜ複数の測定器をお使いなのか、がまだ疑問ですが、多分複数の場所で計測を行うための準備をなさっているんでしょう。  時間平均をしてしまうと、「時間分解能」が損なわれます。測定の目的に照らしてそれで構わないのであれば、初めから「時間平均したものを、その測定器の測定値とみなす」と決めてしまえば良いんです。しかし時間分解能が必要なら、「測定結果の相関図に近似曲線を引く」のに時間平均を使うのは適当とは言えません。  どちらにせよ、近似曲線を引くのには、近似曲線を数式でモデル化してfittingを行うのが良いと思います。すなわち横軸xに「較正しようとする測定器による測定値」、縦軸yに「基準となる測定器による真値」をプロットして、y = f(x)+ランダムノイズ (fはたとえば低次の多項式です)というモデルを考え、fのパラメータ(多項式なら、各係数)を最小二乗法で算出します。さらに、このときの残差 (y-f(x))をプロットして、変な癖がないかどうかを検証します。もし癖があればモデルが不適当なのであり、たとえば多項式の次数を上げてみたり、log(x)とlog(y)でやってみるなどが考えられます。癖がないランダムノイズになれば成功です。これでxが分かればyが推定できるようになり、さらに推定したyの値に含まれる誤差が推定できます。(注意:yからxを出す場合にfの逆関数を使うのは間違いです。従って、fのパラメータを決める時に、横軸xと縦軸yとを取り違えないようにすることが重要です。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど! 詳細な解説,本当にありがとうございます. 最小二乗法による近似曲線の算出は経験ありましたが残差によって癖を見るという事は知りませんでした. なんとかモデル関数を作ってみます. 時間分解能については,恐らく相関係数を優先するあまり無視してしまっていた事だったので,これも再検討してみます. どうもありがとうございました.

関連するQ&A

  • 高度の測定方法

    センサーによる高度の計測について質問です。 GPS、温度、気圧センサーが積まれている風船を上空1000Mまであげるとします。 そして、パラシュートか何かで落下させるとします。 そのときのデーターを解析して、いろいろしたいのですが その中の一つに、センサーがたどった軌道を測定したいなと思っているのです。 そこで質問なんですが、GPSによる緯度経度の測定は正確に測れるのですが 高度を測ろうとすると、出力された海抜高度(M)に結構な誤差が生じていることがわかりました。 そこで質問です、GPSのこの誤差はほぼ一定何でしょうか、 一定ならば変位を求めれば動いた距離を求められないかなと思いまして。 たとえば地上(10M)でGPSが海抜20Mを示していたとして 海抜300Mのところまでセンサーをあげて、GPSセンサーが海抜310Mを示している場合 誤差は+10Mであり、変位は290Mだということが出来ないかということです。 もう一つ、高度を測るのに温度や気圧の減少率を使うということです。 気温や気圧は高度が上がるにつれて、法則的な減少の仕方をしますよね それを使い高度を出そうと思ってもいるのですが、あるていど正確な値が出るでしょうか? ほかに正確に高度を測る方法はないでしょうか?

  • 百葉箱の由来

    気温や湿度、気圧などの計測器が入っている白い箱のことを「百葉箱」と言うと小学校の頃に習った記憶があるのですが、そもそもなぜ「百葉箱」と名付けられたんでしょう? もう10年以上もずっと気にかかっているのですが分かりません。 どなたか教えてください。

  • データを並び替えたときの標準偏差

    こんにちは。 以下のような実験を行ったのですが、その解釈についてご教授お願いします。 【操作(1)】 ある測定を150回繰り返したときの結果を、測定の時系列順に並べたものを、X(1)、X(2)、・・・、X(150) とします。 これを時系列順に3個ずつ平均値を取ったものをA(1)、A(2)、・・・、A(30)とし、この平均値Aの標準偏差をσ1とします。 【操作(2)】 上記のデータXを乱数(エクセルのRND関数)を使って、並び替える。 例) X(126)、X(54)、・・・、X(3) これを順に3個ずつ平均を取ったものをA'(1),A'(2),・・・A'(30)とし、このA'の標準偏差をσ2とします。 操作(2)を10回行ったところ、10回ともσ1のほうがσ2よりも大きくなりました。 Xの値が測定時間に依らないのであるなら、必ずしもσ1>σ2とならないのではないかと思います。 これはXに何らかの周期的な成分が含まれているということなのでしょうか。 それとも、上記操作を行ったとき、σ1>σ2となることは、自明なのでしょうか。 よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

どうも質問者の状況を把握しかねています。補足をお願いします。 (1) 同じ物を同時に測っても複数の測定器ごとに値が違う、という問題 (2) 同じ物を同じ測定器で繰り返し測ると、繰り返すごとに値がばらつく、という問題 (3) 同じ物を同じ測定器で間をおいて測ると、測定時刻によって値が滑らかに変化せず変動が大きい、という問題 これらはそれぞれ別の問題ですが、質問の中で仰っている「偏差」とはどの意味でしょうか? 「隣接平均」と仰っているのは、(3)に関して、同じ測定器で測った一連のデータを時間軸方向に平均して均す、という操作のことかと思います。またzouyuriさんの回答に対するお礼で仰っている「校正」は(1)の話ですよね?校正は、校正用データさえ取っておけば、あとは測定結果のデータに対して後処理で行えますから機器が古くても実行できます。校正方法について興味がおありでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

言葉足らずで申し訳ありません. stomachmanさんの言うように,(1)の問題が発生しています. また,隣接平均とは同じ測定器での時間平均を意味しています.stomachmanさんの推測された通りです. 今,二つの測定器(一つは偏差の大きいもの,もう一つは真値と仮定しているもの)で測定結果の相関図に近似曲線をひいて,この近似関数を用いて補正しようと試みています. この近似曲線をひく時に,偏差が大きいとどうしても相関係数が小さくなってしまいます.そこで,偏差を小さくする方法として隣接平均を用いたわけですが,もっと別の方法があるのではないかと疑問を持ったわけです. 何か助言があればお願いします.

  • 回答No.2
  • 134
  • ベストアンサー率27% (162/600)

 仕事柄、「管理図」というものを作っています。 データが複数できる計量値については、x-bar管理図というものを使用しています。  これは、計量値の平均値をプロットするものです。 また、平均値を計算せず、メジアン値をプロットする方法もあります。  どの程度の誤差が生じているのか、分からないので、参考程度としてください。  また、計測器の校正を考えてみるといいかも知れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます. メジアン値というのが聞きなれない言葉だったのですが 自分で勉強してみます.

  • 回答No.1

複数の計測器・センサーで同期間・ほぼ同じ条件で測定されたのでしたら、得られる結果は『測定器の誤差』ぐらいだと思うので、偏差を小さくするには測定器の校正をしたりノイズ対策をするべきだと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

はい.(^^ゞご指摘ありがとうございます. ただ,ちょっと型式の古い計測器だったもので校正という方法がとれずにいるのです. そこで比較的,値の確からしい新鋭器(これもちょっと古いですが)と相関を上手くとれれば使えるかなぁと思っています. 追加で助言がありましたら物理学の方にでもお願いします.

関連するQ&A

  • PictureBoxの描画を消さない方法

    VisualBasic2005において、プログラミングを制作しています。 計測器にて計測した値を読み込み、くり返し処理を用いてPictureBoxに描画したいのですが、前のデータを消さずに次のデータをプロットしていく方法がわかりません。 前のデータを消さずに塗り足していく方法はないでしょうか? また、この値はコンボボックスから読み込んでいるのですが、くり返し処理によってコンボボックスの値を読み取る場合、終了値はどのように設定すればいいのでしょう? 初期値はいいとして、終了値は計測回数によって変わるため明確な値はないのですが、「値がなくなったら終わり」ということを指定するにはどうコードを組めばいいのでしょうか? ご指導よろしくお願いいたします。 全体的な流れを記しておきます。 計測→コンボボックスに値を格納→ボタンによってコンボボックスの値を(全て)読み込み、PictureBoxに全て描画 コンボボックスの値の読み込み、描画にくり返し処理を用いています。 よろしくお願いいたします。

  • 酸化還元電位

    海の調査で底質の酸化還元電位を測定しているのですが、その測定方法がよく分かりません。 底質に計測器のセンサーを差し込んでぐるぐる回しながら測定しているのですが、たまにおかしな値が出てきます。 そもそも、酸化還元電位計は液体を測るものなので、底質などを測定するはできない、という話も耳にします。 酸化還元電位に関する知識、および正しい測定方法をご存知の方がいましたら教えてください。 よろしくお願いします。

  • ウエザーストリップの圧縮荷重測定方法と標準規格

    車のウェザーストリップの圧縮荷重測定の標準はあるのでしょうか? バネ計測同様に計測器はこれを使うのが標準となる規格など 測定方法等教えて下さい 測定する計測器のメーカ等も教えて下さい

  • 標準偏差の補正について

    標準偏差の補正方法がわからず困っています。 測定値Aの標準偏差をa 測定値Bの標準偏差をbとします。 AをBで割った値A/Bを求め、A/Bの標準偏差の値を求めたいのですが、どのようにすればいいのかわかりません。 どなたか教えてください。 よろしくお願いします。

  • 標準偏差について

    標準偏差について調べていたところ、↓のような説明がありました。 「標準偏差とは、バラツキをあらわす目安です。例えば、製品の長さを測定した結果、40、50、60、70、80cmだったとします。 バラツキを見るために、個々のデータから平均値60を引きます(偏差)。 40-60=-20 50-60=-10 60-60=0 70-60=10 80-60=20 -----  計 0 全体的なバラツキを見たいのですが、このまま加えたのでは、ゼロです。そこで、偏差を2乗します。 (40-60)^2=400 (50-60)^2=100 (60-60)^2=0 (70-60)^2=100 (80-60)^2=400 -----  計 1000 このままでは、データ1個あたりのバラツキがわかりませんから、データ数で割って、平方根を取ります。これを標準偏差といいます。 標準偏差=ルート(1000/5)=14.1 この製品は14.1cmのバラツキがあるということです。」 この説明を読んで、なぜ偏差を2乗してから平方根を取ってデータ数で割っているのかがわかりませんでした。そんなことをしなくても、データ1個あたりのバラツキを求めるのであれば、各偏差の絶対値を足してデータ数で割ればいいのでは?と考えてしまいます。その場合の値は12となり、上記説明の方法で求めた14.1とは異なりますが、この2者間にはどのような関係があるのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 計測器の精度について質問です。 精度の中には、経時誤差の精度(Acc)

    計測器の精度について質問です。 精度の中には、経時誤差の精度(Acc)と値の安定性(Sta)がありますが、その違いをもう少しわかりやすく教えていただけませんか? また一般的に測定時に出た値に対して使うのはどちらでしょうか? また、例えば精度がプラスマイナス10μmの計測器の分解能が1μmという計測器の場合、分解能が1μm単位でも、精度が10μmでプラスマイナス動くのであれば意味がないように感じますが。。。 業界の方にとってはくだらない質問かもしれませんが、ご教示よろしくお願いします。

  • 計測器の精度について質問です。 精度の中には、経時誤差の精度(Acc)

    計測器の精度について質問です。 精度の中には、経時誤差の精度(Acc)と値の安定性(Sta)がありますが、その違いをもう少しわかりやすく教えていただけませんか? また一般的に測定時に出た値に対して使うのはどちらでしょうか? また、例えば精度がプラスマイナス10μmの計測器の分解能が1μmという計測器の場合、分解能が1μm単位でも、精度が10μmでプラスマイナス動くのであれば意味がないように感じますが。。。 業界の方にとってはくだらない質問かもしれませんが、ご教示よろしくお願いします。

  • エクセルで信号解析するには

    パルス信号を計測器で測定して、その保存したデータを解析しようとしています。計測器は測定したデータを添付した資料のようにエクセルで保存することができます。保存したエクセルデータからパルス幅を計算したいと考えます。非常にデータ量が多く、またパルス幅も個々にまちまちの時間幅となっています(通信信号であるため)。パルス幅を求める方法を教えて頂けますでしょうか?

  • 絶縁抵抗計について

    電気初心者です。 絶縁抵抗計は何を測定するための計測器なのか、値の見方など正しく知りたいのですが。

  • 誤差(というより残差?)の評価方法について

    今、ある実験によってxi、yi(i=1~n)を測定したとします。 xとyに対して、y=f(x)の関係性がある事が理論的にわかっているとき(例えばyとxは線形であるとか、二乗に比例とか、指数関係にあるとか)、 f(x)にxiを代入すれば当然ながら理論値Yiが導出できますよね? このyとYの誤差(正確に言えばYは真値とは言えないので、残差というべき?)をどのように評価すればいいのかわからず、困っています。 最初は標準偏差かとも思いましたが、標準偏差はある1つの値に対して複数回計測を行った時(例えば鉛筆の長さを定規で測るとか)の測定値のばらつき(真の意味での誤差?)の評価方法だと思ったので、何か違う気がしました。 Χ(カイ)二乗検定というのがあるらしいという事も調べたのですが、実際のデータの評価において、どういうものを表すもので、その数字がどの程度の大きさだとどんな事が言えるのかもよくわかっていません(そもそもどんな次元を持つ値なのかもよくわかりません×_×) このように、ある関係を持つ2変数を1度だけしか測定していない時、どうやって誤差を評価したらいいのかについて教えて下さい!よろしくお願い致します! 最後は、「この実験結果は~%の誤差を含むので、信頼できる値は少数以下~ケタの値までである」という風にしめたいと思っています。 ちなみに実際に行った実験は、懸垂曲線(水平2点で固定した糸を吊り下げた時の曲線)の座標をプロットした値と、理論座標との比較です。