締切済み

キリスト教について・・・

  • 暇なときにでも
  • 質問No.245756
  • 閲覧数318
  • ありがとう数28
  • 気になる数0
  • 回答数14
  • コメント数0

お礼率 67% (29/43)

どーも、今回は一般の方々のキリスト教に対するイメージ・意見など幅広く聞きたいです。一般の方々の考えを聞かせて下さい。
通報する
  • 回答数14
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全14件)

  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 9% (31/325)

 この世の全ての物事には、必ず原因と結果があり、原因がないのに結果ができたり、原因があるのに結果がない、などというものは何一つありません。もし、これに反するようなことを説くとすれば、それは因果を無視した、道理に外れた教え、ということになります。
 キリスト教などでは、万物創造の神を立て、人間や地球・宇宙は神によって生じたのだと、巧みに因果を説いているかのようですが、では、その肝心な神はどこから生じたのかと問うと、神は時空を越えた、元からの実在であって神の生ずる原因はない、といいます。つまり、原因が途切れてしまうのです。
 したがって、万物創造の神を立てること自体が、因果を無視した邪説である、ということになります。
 もし、そのような教えを信ずるとすれば、信じた側は、因果無視の邪説の影響を受け、不幸になることは必定です。
 実際に、汝の敵を愛せよと説く神父が、私達の言動に対して、憤慨し、大切とされている聖書を叩きつけたことがあります。そして、信者の中に犯罪者が出ることを追究した時も、悪いことをする奴は悪いことをすると言っていました。ということは、信心しても直らない、力の無いことを白状されています。
 如何でしょうか?
お礼コメント
wa-chan

お礼率 67% (29/43)

貴重な意見ありがとうございます。私はまだまだ若いので、大人の人のようなきれいな(?)回答はできませんがお答えします。そう、神はどこから来たねん!ですが・・・私にも分かりません、ゴメンなさいm(_ _)m聖書には最初から神はいますし・・・ただ一つ言いたいのはキリスト教を信じたからといって、完璧な人間になるわけではありません。例えばその牧師、聖書を叩きつけた!いけない事ですねぇ(と言いつつ、私もたまに踏んでしまう時もありますけど、笑)しかし!そのお話はそこで終わりでは無いのです。たぶん牧師はその後、後悔し神に謝っているでしょう。キリスト教を信じたから全く罪を犯さないのでは無いのです。私を含めこの世に生きている限り誰しも罪を犯します。キリスト教はそれを悔い改める事ができる宗教なのです。その点わかっていただけたら幸いです。
投稿日時 - 2002-04-02 23:03:05
  • 回答No.5
レベル8

ベストアンサー率 0% (0/5)

 
 「純真」「純朴」「真面目」「ナルシスト」・・・

 でも一番感じてしまうのは、「偽善者が多い」という事でしょうか。しかも、ほとんどの人が「偽善の行」に気づこうとしない。

 私が二十歳くらいの頃、知人に熱心に信仰されているクリスチャンがいましたので、ある時、片方の頬を一発平手打ちした事がありました。・・私はその後の反応に期待していたのですが、反対側の頬を向けるどころか、逆上して怒っていました。

 そもそも、聖書とはいったい何なのでしょう。大筋においては、確かに人が生きていく上において有益な指針を与えてくれているのかもしれません。しかし、私にとっては、訳のわからない事が多い書物です。

 伝言ゲームを体験された事があると思いますが、先頭の人から最後尾の人へ言葉が伝達されると、必ずと言っていいほど、最初とは違う言葉になってしまいます。(何故、そうなってしまうのかは、ご存知だと思いますので割愛します。)

 私は神の存在を実証する術を知らないので、神の存在は肯定も否定もしませんが、布教が開始された頃、神の教えを伝えて行く手段のほとんどが口伝だったとすると、長い年月が過ぎ去るにしたがい、正確に伝わって来たとは到底考えられません。

 聖書の解釈というのは、一般人にとってはとても難しいものです。しかし反面、とても簡単だとも言えます。・・なぜなら、キリスト教の中にも各宗派が存在している通り、自分の都合のいいように解釈して良いのなら、苦労は必要ないからです。

 自分の生きるべき方向性を見出せない人にとっては、指針を与えてくれますから、信仰して行くにしたがい、明かりが見えてくる事でしょうね。しかし、その頃には、「洗脳」という「呪縛」からは、のがれられなくなってしまいます。
 
 ・・・また、そういう状況に陥りやすくさせる要素が多い宗教です。
 
お礼コメント
wa-chan

お礼率 67% (29/43)

ご意見ありがとうございます。
まずあなたにとって偽善者とはどのような人ですか?平手打ちして怒ったら偽善者ですか?聖書に背き罪を犯したら偽善者ですか?そうすれば偽善者は『多い』ではなく全員です。我々は日々罪を犯しながら生きています。その罪を認識し悔い改めるのがキリスト教で、わかっていながら悔い改めないのが偽善者ではないでしょうか。私だっていきなり殴られたら、怒り、殴り返すでしょう。ただそこで終わりではありません。次に聖書を開いた時に、ハッとし罪に気づき悔い改めるでしょう。

聖書の正確さですが、昔は口伝ではなく巻物を一つ一つ写していたそうです。もちろん口伝もあったでしょうけど。だから割と正確だと思います。
イエスの生涯については4つの福音書が書かれていますので多少のズレはあっても正確だと思います。

聖書を都合のいいように解釈する。これは簡単な事ではありせんよ。むしろその意味をそのまま受け取った方が簡単なくらい。なかなか都合のいいようには解釈できませんね。

最後にキリスト教は自由な宗教です。出入り自由、無理矢理な勧誘、引き止めはしません。そして楽しい宗教。だから洗脳、呪縛などはありません。
投稿日時 - 2002-04-03 00:05:56
  • 回答No.6
レベル4

ベストアンサー率 0% (0/0)

何をもって一般でしょうか。いろんな人がいますから、いろんな人の一人として解答します。
 私は霊能者ですから、キリストの霊柱の中で生きていることを知っています。個々の人格というのは、そういった人格系列とも言えるところから由来します。
様々な人格の入れ物になるのが自我です。
キリストというのは人格の事で、それが人間イエスに降りたという事です。
私にとってのキリスト教のイメージは、銀河における地球教といったところですか。この銀河には、この地球教があります。
仏教はたくさんの宇宙を含む、世界教でしょうか。
地球を統治するのはキリストの霊柱の霊ですから、そういう見方でキリスト教をとらえるとよいと思います。銀河(一つの宇宙)において地球は重要な霊的進化の場です。それを導くのが、イエス=キリストの霊です。
お礼コメント
wa-chan

お礼率 67% (29/43)

なかなか難しい意見ありがとうございます。一般とはキリスト教を信じていない方々(他宗教の方を含めて)の事です。説明不足でスミマセン。私は若いのでまだよくわかりません、ゴメンなさい。ただキリストの内に生きることはすばらしい事だと思います。
投稿日時 - 2002-04-03 00:15:05
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 13% (14/106)

キリスト教全般について:
●バテレンくさい おしゃれ こころが清い感じ 弱い者の見方 白い 演技っぽい。

懺悔について:
●人生自慢の場 偽善 役者じみてる ナルシスティック。

プロテスタントについて:
●不倫が最高に燃える(興奮できる)設定。

わたし的には キリスト教は残したい文化だと感じています。
が マジで信じるほどの 内容ではありません。
イメクラっぽく ときどきお遊びで活用したい文化です。
結婚式だけにその様式を取り入れてる方々は
ときどき お遊びで活用したい文化として
ちゃんと理解・実践できている とても良い例だと感じています。
お礼コメント
wa-chan

お礼率 67% (29/43)

キリスト教を認めているのか、否定しているのか、おもしろい意見ありがとうございます(笑)素直でいいですね。
皆様の中にはキリスト教と言うと教会行ってアーメンアーメンを想像する方もおられると思いますが、それだけじゃないですよ。外で遊んだり、キャンプしたりもします。演技っぽいと言われますが、それはTVドラマなどを見てでしょう。実際にはそーでも無いですよ。あと懺悔についてもそう。実際はたいがい一人で静かな場所でしますんで自慢も役者も関係ないですよ。
最後に一応まだ若いんで、不倫とかイメクラとかを違った言い方で言ってもらえたら嬉しいです。
投稿日時 - 2002-04-02 23:24:46
  • 回答No.7
レベル11

ベストアンサー率 29% (74/253)

予想はしていたのですが、キリスト教に対して肯定的な意見が少ないですね。
日本は歴史的に一神教を受け入れにくい国なので、まぁ仕方がないのですが。
(それでもキリスト教は、戒律の厳しいイスラム教よりは受け入れられています)

けれどもね、信じる・信じないは別としてキリスト教とは何なのか、ということ
はよく理解していた方がよいかと思います。


日本は一応、政治的には民主主義・経済的には資本主義の国家ですが、民主主義も
資本主義もキリスト教なくしては成立はありえなかったのです。

超簡単に説明すると、キリスト教では神と人との「契約」という概念があります。
この契約の概念が人と人の間にも適用されるようになって、資本主義社会が発展
していきます。商売で契約がきちんと守られないと、健全な企業が育つことがで
きませんから。

一方、キリスト教では「神の前での平等」を説きます。
王様だろうが庶民だろうが、神の前ではみんな同じだというわけです。
この教えが、やがて「法の前の平等」という思想に発展します。
「法の前の平等」なくして、民主主義の成立はありえません。


今の日本で政治家を信頼している人がどれだけいますか。あまりいないでしょう。

では、なぜ政治家が国民の信頼を無くしているかというと、政治家が「公約」
を守らないからです。選挙の時には「公約を守ります」と言いますが、選挙に
当選すると、いつのまにかなし崩しになっていることが多い。

日本の政治家がなぜ公約を守らないかというと、結局は「契約」という概念が
無いからです。頭の片隅くらいにはあるかもしれませんが、その「契約」を
死んでも守りぬくまでの覚悟は、まずありません。

その点、欧米の政治家は少しはマシです。「公約」とは選挙民との契約です。
契約を守らないような人間はまともなキリスト教徒ではない、つまり欧米の
クリスチャンの観点ではまっとうな人間とはみなされませんから、公約を破れば
間違いなく次の選挙で落選します。


キリスト教の本質を理解すれば、政治・経済に対する見方が大きく変わります。
政治や経済に興味が無い人はかまいませんが、将来に社会で活躍したいという人
は、信仰は別にしても、キリスト教に対して理解を深めていても損なことはありませんよ。
お礼コメント
wa-chan

お礼率 67% (29/43)

的確なご意見ありがとうございます。
私も皆が信者になればいいとは思っていません。ただ世の中にこのような宗教や考え方があるんだ、と認識していただけたら幸いです。
投稿日時 - 2002-04-03 15:59:03
  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 27% (25/90)

 最初にキリストを知ったのは、小学校の帰り道で宣教師?の人が配っていた絵本を読んだとき。 そのころは宗教といった概念も知らず、お地蔵さんを見ては手を合わせてみたり、墓場の近くは怖くて走って逃げてた頃です。 その絵本から受けたキリストのイメージは穏やかで、明るいものでした。
 わたしは今でも(30代)宗教には属していませんが、キリスト教は私に何も求めないという点で素晴らしいと思います。多くはその宗教を成立させるために必要となる資金を強要し、それが当然であるとふんぞり返っていますが、キリスト教はむしろ与えてくれているものの方が多いように感じます。
 また、仏教やその他の宗教は暗いイメージであるのに対し、キリスト教は明るく、開けたイメージがあるのは私だけでしょうか?
※カキコ終わって気が付いたのですが、ここは『哲学』だったんですね。(#^^#)
お礼コメント
wa-chan

お礼率 67% (29/43)

この質問どこに出せばいいのか、わからないんでとりあえず哲学かなぁと(笑)
この回答はホントに嬉しいです。ここで仏教やその他の宗教を否定するとブーイングが飛んできそうなんでやめときます(元より否定する気はありませんが)
確かにキリスト教は明るいですよ~ノリのいい歌とか(もち賛美歌です)も歌うし、みんなで遊ぶ事も多いです。それに一日何回祈れ!とか、厳しい修行!など全くありません。ホント自由でいい宗教ですよ、キリスト教は。もちろん常識の範囲での規制はありますが。
投稿日時 - 2002-04-02 22:32:20
  • 回答No.1
レベル6

ベストアンサー率 0% (0/3)

宗教全般に対して『争いの素』だという印象があります。
本当に宗教は人間に救いを与えているのですか?と聞きたいです。(キリスト教含めて)
補足コメント
wa-chan

お礼率 67% (29/43)

意見ありがとうございます。そーですねぇ、ホントは人に平安を与えるハズの宗教が争いの素になっているのは非常に残念です。アメリカが報復しましたよね。キリスト教にそんな教えはありません。キリスト教にしろ仏教にしろ、人を殺していいわけがありません。ようするに大事なのはそれを信じる人がどこまで教えを守れるか、ですかね。ただ教えを100%守れる人はこの世にはいませんが。私はキリスト教を信じ、救い・平安をもらっているつもりです。
投稿日時 - 2002-04-02 21:45:59
  • 回答No.8
レベル14

ベストアンサー率 37% (872/2313)

こんばんわ、疑問は尽きませんね。

さてご質問の件ですが、私自身宗教のことはまじめに学ぼうとしたことが無く、お答えすること自体が冒涜になるのではないかという気持ちがあります。

ただ、私自身マックス・ヴェーバーの『プロテス
タンティズムの倫理と資本主義の精神』という書物を学生時代に読み、非常に感動した経験があります。

ずいぶん前のことなので、内容はあまりおぼえていませんが、ストイックに生きてきたプロテスタントの生き方が、資本主義の勃興に貢献したと行った無いようだったと思います。

宗教の教義がどうであれ、そのように1つの時代の民衆の心の支えになっていたことはすごいことだと思います。一方価値観が多様化した現在、キリスト教などの宗教がどの様な役目があるのかに興味もあります。

まとまらない意見ですみません
お礼コメント
wa-chan

お礼率 67% (29/43)

いえいえ、質問が質問ですから、まとまってなくたって結構ですよ(私はこの意見まとまっていると思いますが)
キリスト教であれ仏教であれ、人の支えになっていると言うことは非常に嬉しい事です。
投稿日時 - 2002-04-03 16:06:06
  • 回答No.12
レベル10

ベストアンサー率 25% (19/75)

今の世界でとても影響力のある宗教と思っています
イエスの思想は「この世界をより良く活きるには」、という発想で貫かれているところに力を感じます
でも多くの回答者が述べているように、キリスト教となるとその解釈が教義どころか人の数だけあり一概には言えなくなります

実例を簡単に挙げます
マルコスが大統領の時代フィリピンはとても荒んだ印象をもつ国でした
でもどこか明るさに満ちていました
南の眩い太陽のせいばかりではないし、それがとても不思議で歩きまわり、ある時は人にも聞きながら考えてみました
一つの答えは南洋風のカトリック信仰にありました
好い加減な男どもをよそに、多くの女性の生活を支える真摯な態度が国を支えていたのです
ところが一方で暗い中世の歴史がある
戦争を考えるときには、未だに尾をひく独善的な一神教の弊害を度外視できません

そんなところが僕の感想です
お礼コメント
wa-chan

お礼率 67% (29/43)

maqgogoさんありがとうございます。さっきは私が回答しましたが、今度は回答していただきありがとうございます。そうですね、宗教が与える良い影響と悪い影響・・・これからもそれは続くでしょうね。ただ良い影響がますます多くなることを期待します。
投稿日時 - 2002-04-03 22:15:25
  • 回答No.13
レベル9

ベストアンサー率 5% (2/34)

>宗教組織の大きさは関係ないと思いますよ。
そうですね。信じるか信じないかは個人の問題ですが、それだけの問題ではすまされないのが大衆宗教だと思うのです。組織が巨大化し、一国に浸透するほどになると、社会の問題になってきます。地獄を呼ぶには十分です。個人と社会、切り離せません。しかし、社会と宗教を、個人をとばして癒着させてしまうのが、腐敗した大衆宗教だと思うのです。
 
>大事なのは一個人がその組織の中でどれだけ神を信じるかということ。
 
神を信じるのは個人なのに、何故組織の中にいなければならないのですか?
そういう人は、宗教の押し売りをよくするような人です。
組織が無くなれば、その人の信仰は終わってしまう。その人は、独りでは信仰を維持できません。
 
 信仰には度合いがあると思います。文化としてなるのは大衆宗教です。それはそれでいいと思います。社会に身に付くアビリティの一つでしょう。
 ですが、組織に頼るのか、神に頼るのか、組織を信じるのか、神を信じるのか、
信仰を得るカギである個人を組織に取り込まれてしまっては、信仰は得られないと思います。
 
個人が、その理由を他に転移した時に、地獄は生まれると思います。 
それをしやすいのが、大衆宗教であり、無宗教気取りだと思います。
ほんとの無宗教者は、宗教を意識しないと思います。
 
 信仰は、個人に根づくというよりも、「おこる」ものだと思います。
社会においては「根づく」でしょう。違いがあります。大衆宗教、宗教組織は天国への門にはなりません。信仰は個人のもので、組織のものでも社会のものでもないのでしょう。それは、おっしゃるように、あくまでお手伝い、でとどまるべきです。小さい門はその人の心にあるでしょう。キリスト教が悪いのではなく、いつでも悪いのは人間の内の悪だと思います。戦争の理由を宗教に転換するからいけないんだと思います。自分達のせいなのに。
 
「神がそばにいる」といって 奴らはインディアンを打ちのめした。
 
神がそばにいると、言い訳しておいて、打ちのめすんです。
言い訳せずに爆弾落とせば、悪さばればれですからね。悪はよく偽る。
堂々と打ちのめせばいいのに、正義だとか言い訳するんです。いつも。
 
私は、祈る時はキリストにも釈迦にも、神にも、何かしらわからないものにも、祈ります。感謝も同じです。弊害は起こりません。
それが個人の信仰だからです。
ばらばらなアドバイスですみません。
お礼コメント
wa-chan

お礼率 67% (29/43)

いえいえ、貴重な意見ありがとうございます。
確かに、個人を飛ばして社会と宗教が結びつくと大変大きな力になりますね。その通りです。そして死者が出てくることも・・・なんだかんだ言って人間のいいように宗教を利用していますね。私としてはどの宗教を信じてもいいと思います。ただ願うのは世界の平和ですね。喧嘩は嫌いです。
投稿日時 - 2002-04-05 14:13:17
14件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ