• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

補欠選挙について

大阪9区と神奈川16区の衆院補欠選挙が10日に告示されますが、 補欠選挙って欠員が出たために行われる選挙だと認識しています。 では今回の補欠選挙は何が原因で、欠員が出たのでしょうか? ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数91
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#22488
noname#22488

両方とも”議員本人が死去した”ためです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 市町村 議員に欠員ができた時は補欠選挙は?

      県会議員は補欠選挙は実施されますが 市町村 議員に欠員ができた時は補欠選挙は聞いた事がありません。 何故市町村 議員の補欠選挙はしないのですか?

  • 投票率が極端に低いと選挙は無効になりますか?

    住んでいる町で、先週の日曜日に市長選挙と議員補欠選挙が告示されました。市長選挙は対立候補がいなく、告示日に無投票当選がきまりました。しかし、市議会議員の補欠選挙は、欠員1名にたいし3名が立候補し、きょう投票日を迎えました。しかし、市長選挙がないため、朝からの投票率がきわめて低く、このままでは、10%台の投票率になる可能性もあります。 そんな場合でも、一番得票が多かった候補者が当選するのでしょうか? それとも、極端に低い場合には無効になる場合もあるのですか?

  • 千葉7区衆議院補欠選挙

    申し訳ありません。私は千葉に住んでいないので、この補欠選挙がどうして行なわれるのか分かりません。検索エンジンでサーチしてみたのですが、うまい記事が引っかかって来ませんでした。 小泉自民党と小沢民主党の最初のガチンコ勝負だと言われていますが、どなたかこの補欠選挙が行なわれるに至った事情をご存知の方がいらっしゃれば、ご教示頂ければ幸いです。 ちなみに補欠選挙は、4月11日(火)告示 4月23日(日)投票と承知しております。

  • 補欠選挙って?

    今日、神奈川で補欠選挙が行われたようですが、誰かがやめたので 選挙が行われたという事なのですか?ご存知の方よろしくお願いします。

  • 選挙にういて

    新聞で補欠選挙が行われたと報じられていましたが、 一方で、先日の報道では繰上当選がありましたとも報じられていました。 どちらも前当選者が死亡や逮捕などで失職した場合におこなわれますが、どのような場合に補欠選挙が行われ、どのような場合に繰上当選になるのでしょうか 教えてください。

  • 参議院補欠選挙における法定得票・供託金没収点の基準は

    参議院神奈川選挙区補欠選挙で疑問に思ったことがあります。 参議院選挙区選挙の法定得票は、公職選挙法第95条第1項第2号本文の規定により、通常選挙における当該選挙区内の議員の定数をもつて有効投票の総数を除して得た数の6分の1以上の得票ということになっています。  参議院神奈川選挙区の定数は通常選挙では3議席ですが、今回の補欠選挙では1人しか選出されません。  もし補欠選挙で選ばれる当選者数(1人)を基準とすれば、有効投票の6分の1以上、つまり16.6666%以上の得票率を得なければ法定得票数に達したとは言えません。  しかし共産党公認の岡田政彦候補は11.18%の得票率で法定得票数に達したことになっています。  参議院の補欠選挙における法定得票数及び供託金没収点は、補欠選挙の定数が1人でも、通常選挙における定数を基準に決められるのでしょうか?  お願いいたします。

  • 暫定税率の決定について

    衆議院での再可決はいつ行われるのですか?決まったらすぐに実行されるのでしょうか?また「27日投開票の衆院山口2区補欠選挙」と新聞にありましたが暫定税率との関連を教えてください。まだ新聞などを読んでも難しくて。すみません。お願いします。

  • 愛知6区の衆議院補欠選挙は自民丹羽さんですが・・・

    統一選挙後半戦の愛知県第6区の補欠選挙の当選者は自民党の丹羽さんです。 ●河村たかし名古屋市長等が強力に支援した川村昌代氏はゼンゼンダメでした 名古屋市議会でも「減税日本」の議員間の温度差は激しく、また県会議員では減税日本はあまり振るわず、国会となると全くダメみたいです。 そこで質問です。減税日本は、カルトなマイナー政党でしょうか?それとも、今後は国政に参加できる可能性を秘めた政党でしょうか? 皆さんの忌憚なきご意見を賜りたい。

  • ブログと公職選挙法

    こんにちは。 前の衆議院選挙の際、「ブログと選挙」について話題になりました。 実は今日、衆議院補欠選挙があるのですが、公職選挙法でのブログはどのような形で認められているのでしょうか。 例えば個人が特定の候補者を支援するための記事を書くのは投票日前日でも問題ないのでしょうか。 逆に、「ブログでもこれはやったらいかん」というものはあるのでしょうか。 (もちろん相手候補の誹謗中傷以外に) 過去の質問を検索してもよくわかりませんでした。 「ブログと選挙」ということも議論されなくなってきたようです。 どなたか詳しい方、解説願います。

  • 民主は、バカなんでしょうか?

    先の名古屋市長選挙で、衆議院議員を辞めさせてまで、小泉さんに似た石田さんを、河村たかし氏にぶつけてきました。 事前調査などで、河村たかし氏が、圧勝するのは、民主もわかっていたと思います。 それを、あえて、小泉さん似の石田さんを議員を辞めさせてまで擁立いたしました。 ただでさえ、亀井の党を合わせても、衆院、3分2ないのに、石田さんが、衆院議員辞めたので、近く衆院議員の補欠選挙が、あると思います。 その選挙で、民主以外の人が当選するかもしれません。 そしたら、ますます民主の衆院議員が減ってしまいます。 民主は、このようなことは、考えなかったのでしょうか? かわいそうに、衆議院議員を辞めて、勝ち目のない名古屋市長選挙に出馬した石田さんは、無職になってしまいました。