• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

音楽の著作権の権利の範疇

  • 質問No.2453881
  • 閲覧数236
  • ありがとう数4
  • 回答数3

お礼率 54% (262/482)

音楽の作詞、作曲者には著作権というものが存在しますが、
その権利は何処まで及ぶのでしょうか?

よく「無償の行為だと大丈夫」とは聞きますが。。
例えばどこかのアーティストのコピーバンドを結成したら
道端や入場料無料の会場で演奏する場合は良いけど、
お金を取ったりすると著作者に著作権料を
支払わないといけないという話を聞いたことが有ります。

もし、どこかのアーティストが
「私の歌のコピーやカバーをしないで下さい」といえば
無償の行為だとしてもコピーバンドやカバーバンドは
活動してはいけなくなるのでしょうか?
↑これがイエスであれば、
もし世界の全アーティストが「自分以外の人間が
自分の歌の鼻歌を含め歌うことを禁じます」と言えば
(もちろん有り得ないことは前提ですが)
「著作権法上」は禁じる事が出来、
鼻歌や歌った人は「著作権法違反」となるのでしょうか?

P.S.この質問は暫く置いておきますので、
ゆっくりと回答いただければと思います。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 65% (1926/2935)

著作権法の規定は、非常に難解です。また、国によって取り扱いが異なる部分もあって、そこまで含めて回答することは不可能ですので、ここでは日本の法律のみを念頭において議論を進めます。

音楽の著作物を演じることを演奏といいますが、このうち、権利が及ぶのは「公に聞かせることを目的とする演奏」のみです(著作権法22条参照)。したがって、スタジオ内や家の中で、バンドメンバーだけで演奏する行為には、著作権がそもそも及びません。
ただし、カラオケボックスやパブ・居酒屋などでの歌唱は、公に聞かせる目的があるとされます。

路上演奏や入場料無料のコンサートは、不特定または多数の人が見聞きするものですから、この演奏権が及びます。したがって、権利者の許諾なしに行うことは許されず、当然、権利者は「許諾しない」ということも可能です。

しかし、営利を目的とせず、かつ聴衆から料金を受けず、かつ出演者に報酬が支払われない場合に限っては、無許諾で行っても構いません(38条1項参照)。
ここに、営利とは、ひろく営業上の利益との関係性を指します。したがって、BGMや店頭でのデモの目的でCDやビデオソフトを再生すること(これも、「演奏」を含む「上演」に当たる)や、観光バスの車内でビデオを見せる行為は、この営利性に該当します。
料金とは、名目の如何を問いませんから、たとえばチャリティー名義なども含まれます。報酬も、名目の如何を問わず、たとえば「足代」や「酒代」名義も不可とされます。

ここで、本題である「私の歌のコピーやカバーをしないで下さい」という文言が添えられていた場合の問題を検討します。

まず、上述のとおり、権利者は自己の著作物が他人によって公に演奏されることを禁止できます。他方、一定の要件を満たせば、著作物は自由に演奏しても構いません。
この後者の方を任意規定(当事者の意思が合致すれば条文に従わなくても良い)と解すれば、著作権者が一切の演奏を禁止することも可能です。逆に、強行規定(当事者が何といおうと条文に従わなければならない)と解すれば、鼻歌を禁止する文言は意味を成さないことになります。

これは難しい問題で、どちらとも理解することが可能です。強行規定だとすれば、そもそも著作権者は一定の権利制限を受けているのですから、「ない権利は行使できない」ということになります。また、条文に反する契約は無効になるので、この場合は条文どおり一定の範囲で自由利用できることになります。
任意規定だとすれば、契約を結べば鼻歌さえも禁止することは可能です。が、契約を締結したというには意思の合致が必要なので、「俺の歌は鼻歌でも歌うんじゃない」と一方的にいったところで、相手がハイと答えなければ意味がないことになります。したがって、条文どおり、自由に利用できる範囲が残ると考えて良いでしょう。

つまり、結論的には、「自分以外の人間が自分の歌の鼻歌を含め歌うことを禁じます」といったところで、個別に合意を得たならともかく、一方的に主張して無条件に禁止できるようになるわけではない、ということです。

※ 強行規定か任意規定かという議論は、ご質問の趣旨に関する限りでは結論として大差ありませんが、他の様々な問題との整合性も考えれば、法律学的には重要な論点になりますので、一応挿入しておきました。
お礼コメント
jony798

お礼率 54% (262/482)

ご回答ありがとうございました。
投稿日時:2007/01/22 21:40

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 39% (902/2308)

>その権利は何処まで及ぶのでしょうか?

これだけじゃ漠然としすぎていて誰もまともに答えられないと思いますよ。
著作権はそれだけで本が1冊書けちゃう話題なんですから…

なので、具体的な質問のほうだけ回答します。

>よく「無償の行為だと大丈夫」とは聞きますが。。

一般論としてウソと考えてもらっていいと思います。
著作権侵害の問題の大部分は(法的には)有償無償は関係ありません。

>道端や入場料無料の会場で演奏する場合は良いけど、
>お金を取ったりすると著作者に著作権料を
>支払わないといけないという話を聞いたことが有ります。

これ自体はそのとおりです。著作権法38条。

>「私の歌のコピーやカバーをしないで下さい」といえば
>無償の行為だとしてもコピーバンドやカバーバンドは
>活動してはいけなくなるのでしょうか?

著作権法30条~38条の規定は「著作権に例外を設けたもの」ではなく
「これらに書かれている利用形態は、そもそも著作権保護の範囲外」と考えられています。

したがって、30条~38条に従った利用方法は、
著作物が公表されたものである限り著作権者が勝手に禁止することはできません。
(著作権者側からすれば「公表する」以上、甘受しなければならない制限ともいえる)
お礼コメント
jony798

お礼率 54% (262/482)

ご回答ありがとうございました。
投稿日時:2007/01/22 21:40
  • 回答No.1

ベストアンサー率 59% (574/971)

著作権法 第三十八条
公表された著作物は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金(いずれの名義をもつてするかを問わず、著作物の提供又は提示につき受ける対価をいう。以下この条において同じ。)を受けない場合には、公に上演し、演奏し、上映し、又は口述することができる。ただし、当該上演、演奏、上映又は口述について実演家又は口述を行う者に対し報酬が支払われる場合は、この限りでない。


ということで、
◆営利目的ではない
◆聴衆・観衆からお金を取らない
◆出演者にギャラが支払われない
この3つの条件を満たしていれば、著作権法違反にはあたりません。

逆に言えば、この中のどれか一つでも満たされなかった場合は
著作権保持者に許可を得なければ著作権法違反になります。
お礼コメント
jony798

お礼率 54% (262/482)

ご回答ありがとうございました。
投稿日時:2007/01/22 21:41
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ