-PR-
解決済み

アエロフロートロシア国際航空について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.24285
  • 閲覧数217
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 4% (1/21)

今年の二月に初めてイタリア旅行をしようと思うのですが
イタリアまでの移動に一番安いアエロフロートを使おうと思っているのですが、友達いわく、ロシアの航空便はよくないと・・・。
どなたかアエロフロートに詳しい方コメントよろしく御願いします。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

今までに利用したことのあるエアーライン;JAL、JAS、ANA、キャセイ、フィンランドエアー、中国民航、スイスエアー、ドラゴンエアー、エアーインディア、ロイヤルネパールエアー、KAL、シンガポールエアー、ルフトハンザ、エアーフランス、西南航空、カンタスエアーなど‥
その中のワースト3にアエロフロートが入っています‥
古い機体、悪いサービス、マズイ食事と一応三拍子そろっていますネ。
ディスカウントチケットで利用されるのでしたら、別の航空会社の方が‥フライトが12時間以上と長いですから、少しでも快適な飛行機を使う方がいいと思いますヨ。
個人旅行であっても、ツァーを利用して、行動は独自にしてもらうという方法もありますし、いろいろ検討されてみた方がよいかと思います。
以上kawakawaでした
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 25% (2/8)

kawakawaさんのご指摘のようにアエロフロートは最後の選択です。私の視点はトラブル発生時の対応です。例えば、バゲージのミッシングなどがあった場合、適切な処理が期待できません。航空会社の信頼性は運航の正確さのみならず、事故発生時の対応が大切です。コストとアウトカムズの比から言って、避けて通るべき会社です。
kawakawaさんのご指摘のようにアエロフロートは最後の選択です。私の視点はトラブル発生時の対応です。例えば、バゲージのミッシングなどがあった場合、適切な処理が期待できません。航空会社の信頼性は運航の正確さのみならず、事故発生時の対応が大切です。コストとアウトカムズの比から言って、避けて通るべき会社です。


  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 21% (832/3844)

1回だけ乗りました。 行き先がロシアだったんで選択の余地がなかったんです。 ・シートベルトの金具が歪んでてしっかり固定できなかった ・エアコンの冷却水(?)が漏れてた ・飛行中にイヤ~な軋み音がしょっちゅう聞こえた ・アメニティ(イヤホンやゲロ袋)無し ・なんとなーく機内が薄暗く、薄汚い 恐かった。
1回だけ乗りました。
行き先がロシアだったんで選択の余地がなかったんです。
・シートベルトの金具が歪んでてしっかり固定できなかった
・エアコンの冷却水(?)が漏れてた
・飛行中にイヤ~な軋み音がしょっちゅう聞こえた
・アメニティ(イヤホンやゲロ袋)無し
・なんとなーく機内が薄暗く、薄汚い
恐かった。
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 29% (40/136)

9年ほど前に利用した時は本当に最悪でした。 ロストバゲッジもよくありあったようです。 しかし2年前利用した時はだいぶよくなっていました。旧東欧に行くなら別ですが、イタリアならもっと良い選択しがあると思います。 シンガポール航空やマレーシア航空などは直行便に比べれば安いですし、時間があればシンガポールなどで遊ぶこともできます。
9年ほど前に利用した時は本当に最悪でした。
ロストバゲッジもよくありあったようです。

しかし2年前利用した時はだいぶよくなっていました。旧東欧に行くなら別ですが、イタリアならもっと良い選択しがあると思います。

シンガポール航空やマレーシア航空などは直行便に比べれば安いですし、時間があればシンガポールなどで遊ぶこともできます。
  • 回答No.5
レベル7

ベストアンサー率 45% (5/11)

世界中のいろいろな航空会社を利用してきました。確かにソ連時代のアエロフロートはひどかったです。まずハード(機材)面(ツポレフ、イリューシン)などはもう嫌です。しかしながら最近の西側との路線はエアバスを使用しており、この面ではかなり向上しています(東京~モスクワはすべてA310)。 しかしソフト面、これだけは一朝一夕には変わりません。 ロシア人は農奴の時代から変わりません。
世界中のいろいろな航空会社を利用してきました。確かにソ連時代のアエロフロートはひどかったです。まずハード(機材)面(ツポレフ、イリューシン)などはもう嫌です。しかしながら最近の西側との路線はエアバスを使用しており、この面ではかなり向上しています(東京~モスクワはすべてA310)。
しかしソフト面、これだけは一朝一夕には変わりません。
ロシア人は農奴の時代から変わりません。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
ここは行って良かった!これは食べるべき!旅の経験を共有しよう!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ