• 締切済み
  • 困ってます

母分散と標本分散

母分散と標本分散の違いがいまひとつわかりません。 母分散は母集団の分散、標本分散は標本の分散ということは文字通りですが、分散(偏差?)σ^2として、なぜ標本分散はσ^2/nで表されるのでしょうか?nで割る理由はあるのでしょうか? もしよければ、違いが分かるような典型的な例題(文章問題)等も教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.1

何か勘違いされていませんでしょうか? 普通、母分散σ^2に対して標本分散s^2は E(s^2)=σ^2 ですし、 σ^2/n は標本平均の分散です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

間違えたところも踏まえて教えていただけないでしょうか?

関連するQ&A

  • 母分散と標本分散

    母分散と標本分散の違いで混乱しています。 『例題で学ぶ 初歩からの計量経済学』白砂堤津耶著のP26以降の記述が理解できません。何で標本分散だと(n-1)で割るに母分散だと単純にnで割るのですか? さらにネットで調べてみると、上記の本と違う内容(たとえば、標本分散のほうをnで割り、母分散を(n-1)で割る)などがあり混乱しています。実際は何が正しのでしょうか? もし宜しければご回答よろしくお願いします。

  • 「標本平均の分散」についての質問です.

    「標本平均の分散」についての質問です. 「母集団からn個のデータを無作為抽出する.すると,サンプルサイズnの標本ができ,標本平均が計算できる.これを,標本平均1としよう.この作業を何度も繰り返し,標本平均2,標本平均3・・・と,多数の標本平均を集める.これらの標本平均の分散は,母分散のn分の1(母分散/n)である」という説明をある本で読みました. では,極端な話,1000個のデータからなる母集団(有限母集団)から,サンプルサイズ1000個(母集団サイズと同じ)の標本をいくつも作ったとします.標本平均は,いつも母平均そのものであり,よって,標本平均の分散は0です.母分散/1000とはなりません. 上記の説明が間違っているのでしょうか?私が何か勘違いをしているのでしょうか?それとも,説明は無限母集団を対象としている,とか,母集団サイズとサンプルサイズが一致するような抽出は想定されていない,と言った理由があるのでしょうか?

  • 母分散と標本分散の違い

    母分散と標本分散違うということは分かるのですが、母集団のバラツキというと具体的にはどういったものなのでしょうか?標本分散のバラツキはなんとなくイメージは付くのですが…。申し訳ありませんが教えてください。

  • 標本平均値の分散

    平均μ、分散σ^2の母集団からとられた標本数nの標本平均値x ̄(エックス・バー)の平均値はμということは、理論的にも感覚的にもだいたいわかりますが、標本平均値の分散がσ^2/n(母集団の分散を標本数nで割った値)になるのかは、nが多いと母集団の平均値に近い標本がとれる確率が高くなるからなど、感覚的にはある程度(ほんとうにある程度…)わかりますが、理論的にはほとんどわかりません。どなたかなぜ標本平均値の分散がσ^2/nになるのか、特に理論的にお教えいただけないでしょうか? 本などを見ても、このことを理論的にわかりやすく説明した本は少なく、実際に実験してみたらそうなるからとか、あいまいな説明しかありません。 ちなみに数学はあまり得意じゃありません。

  • 標本分散の期待値の求め方

    統計初心者です。 標本分散の期待値の求め方をわかりやすく教えて下さい。 たとえば、母平均=0、母分散=30の母集団から、10の標本を抽出したときの標本分散の期待値はどうなるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 標本分散が母分散より少し小さくなる理由、不偏分散をn-1でわる理由

    お世話になっております。 統計学初心者で、母平均の信頼区間の推定について勉強しています。 勉強している中で、標本分散が母分散より少し小さくなるということ、 そのため標本分散ではなく不偏分散を利用し、不偏分散の算出は偏差平方和、サンプルサイズから1引いたもので割ることを勉強しました。 しかし標本分散が母分散より少し小さくなる理由、そして、そのために不偏分散の算出においてn-1でわる理由が分かりませんでした。 わかりやすい形で教えて頂けないでしょうか? どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • X,Yは無作為標本で母平均をμ、母分散をσ^2(シグマの2乗)とする。

    X,Yは無作為標本で母平均をμ、母分散をσ^2(シグマの2乗)とする。 aX+bYがμの不偏推定量で、その分散を最小にするa,b の値を求めよ という問題が分かりません。 私なりに考えてみたものの、 正規母集団からの標本分布がN(aX+bY,σ^2/2)になることしか分かりません。あってますか?? どなたか分かりやすく教えて下さい。

  • 標本分散について

    標本分散の分母がnなのかn-1なのかで、よく混乱します。 標本分散を計算する場合は、n-1でわり、 全標本分散を計算する場合は、nでわると理解しているのですが、 こんな問題が出ました。 問、次のデータに関して変動係数を求めよ -3,-4,3,5,-1,7,-2 この問題では、標本分散を計算するときに、 回答では、n-1でわる(分散を計算する際の分母は標本分散だから)と 書いてあります。 しかし、 問、次のデータに関してXとYの標本相関係数を求めよ。 ただし、標本に対する操作にとって必要な自由度調整を行うこと [x,y]=[1,3][0,-1][-2,-3][2,1] この問題の回答では、標本分散を計算する際に、nで割っていました。 変動係数を計算する場合は、n-1でわり、 標本相関係数を計算する場合は、nでわる こう考えてOKなのでしょうか?回答が間違っているのか、 私が勘違いしているのかどうかもわからない状態です。 ご教授お願いします。

  • 不偏分散での「すべての可能な標本・・」とは?

    数学を趣味で勉強してる者です よろしくお願いします。 解説書に「すべての可能な標本の不偏分散の平均は、母分散に一致する」とあり、 例えば 母集団の大きさが、5  標本の大きさが、2 のときの、すべての可能な標本には、5*5=25通りとあります。 と言うことは、この場合の2つの標本は、同じもの(重複している)も、ありえるという前提と 解釈すればいいのでしょうか。 つまり、標本の採り方は、必ず元に戻すが基本なのでしょうか? またどうしても、2つの標本が必ず異なる(標本を戻さない)場合は、 不偏分散の考え方とは異なる、別の考え方があるのでしょうか? 理解不十分で、すみません、アドバイスお願いします。

  • 正規分布からの標本

    正規分布からの標本 母平均・母分散・がわかっている正規母集団からある大きさnの標本を抽出したとき、どのようにして標本平均が存在する場の確立を求めるのでしょうか? 例えば、母平均μ=4、母分散σ^2=15の正規母集団から大きさn=10の標本を抽出したとき、標本平均Xが3と6の間にある確率は? という感じです。 また、この問題に付随して標準分散s^2がaを超える確率が0.05となるような定数aの値を求めよ。というときに、どのようにして定数aを求めるのでしょうか。