• ベストアンサー
  • 困ってます

専任媒介契約について(不動産売却)

不動産の売却にあたって、一般的には不動産仲介業者を通すかと思います。 候補の不動産業者の説明で、「一般」、専任系の「専任」と「専属専任」の 3種があるそうですが、 そのうち、専属専任で依頼しようかと思っております。 不動産業者からは、専任系を勧められています。 というのは、不動産仲介業界のシステムが 1業者に依頼すれば、全国の不動産業者さんに情報が 伝えられ、広告されるので、「一般」のメリットはあまり感じない、との ことだそうです。 反面、専属専任の専任に対するデメリット面などありましたら お伺いしたいと思います。 デメリット面については不動産やさんにメールで質問しており、 返信はあったのですが、他の用件についてで、これについては 触れていませんでした。 他よりの情報ですが、物件情報が囲い込まれることもあるらしい、と聞いて そのあたり心配しています。 広報システムが発達していても、それは可能なのでしょうか。 また、契約後、売価が他業者でも売り主希望売価できちんと広告されているか どうか、きちんと伝えられているかどうか調べる方法などあるでしょうか。 また、万一3ヶ月の契約期間中に満足のいく売価で買主が見つからなかった時、 その後、ほかの仲介業者に依頼してうまく売却できるものでしょうか。 不動産売却は初めてですので、シロウトだから知らなかったため、と 不利な状況に落ちないよう、契約前に確認しておきたいと思った次第です。 「一般」については、遠方のため複数不動産業者と交渉できるほど目が 行き届かないことと、口コミの知り合いに買主候補が出る可能性は ほとんどないと思われるため、考えていませんが、いかがでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • tanktan
  • ベストアンサー率20% (23/111)

専任も、専属専任も大した違いはないとおもいますが、 たとえば、貴方が値段を下げることを了承したとします。不動産屋は、その情報を速やかにほかの不動産に周知することなく、自分のところに来た客のみに知らせることがあります。このような場合、貴方にとっては、多くの人に自分の物件の情報を知ってもらえるチャンスが失われることになります。 不動産屋は、なかなか売れないと、その値下げ情報を他の不動産屋に知らせる前に、さらに売値を下げることを進めてきます。 このような場合、不必要な値下げをすることになり、不測の損害を被ることになります。 同じ物件でも、よく調べてみると、不動産屋によって売値が違うことがあります。つまり、情報が周知されていないんです。 専属専任だと、極端に安い値段で売るはめになることがあると思います。 結局、不動産屋は、自分のところで買主を見つけたいため(両方から仲介手数料をもらいたいため)情報をほかの不動産屋に流したりしないことがあります。 専任契約にするときは、細心の注意を払って、本当に不動産屋が信頼できるのかどうか、慎重に考えてから依頼するべきです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 不必要な値下げにより、極端に安い値段で 売るはめになると本当に困りますね。 どう正当な値で売却できるか難しいですね。 不動産屋がこちら側に立った売価で 動いているかどうか確認する方法はあるのでしょうか。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • tanktan
  • ベストアンサー率20% (23/111)

売値については、不動産屋まかせにせず、自分なりに近隣の物件情報(売買事例)等を調べて相場観をつかんで判断するしかなさそうです。 遠方だと、不動産屋がちゃんと仕事をしているのかを確認するのはちょっと難しいですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

何度もご回答ありがとうございます。 確認する良い方法はなさそうということですね。 ありがとうございました。 一応、複数業者に聞き込みして、多少幅はありますが同じような 価格帯を提示されたので、そのあたりが相場ということかと 今は思っています。 活動後、業者が売り値を簡単に下げてこないことを 期待するしかないようですね。

  • 回答No.4
  • sigino
  • ベストアンサー率30% (99/329)

流通機構に登録されるのと、「広告」されるのとは多少意味が違います。 「登録」の場合、おそらく物件を探している人がいて、かつその業者の手持ちにちょうどよいのがない場合、初めて検索される程度のものだと思います。 うちはニギられたこともあります。が、専任にすると業者の熱心さが違うのも確かです。 また、一般媒介ですと業者同士に競争がおこり、かえって早く売れることもあるでしょう。 一長一短ですね。 なによりも信頼できる業者をさがすのが第一ですが、業者にも得手不得手がありますので。そのへんを考慮して依頼するのも肝要かと思います。(賃貸に特化してるところや、マンションに強いところ、土地に強いところ、中古住宅に強いところ、分譲屋さんなど、いろいろあるんです)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 それぞれ一長一短なんですね。 信頼できるのかどうか、どの点で判断するのか難しい ところですね。 ある不動産屋さん1箇所に媒介契約書を送っていただく ことになっていますが、判を押して返送するかどうか まだ迷っています。それと同時に、遠方なのでカギを預けて (預かり証をいただく)家の中を先方の工務店に見てもらって より幅広い売却プランを もって活動していただくような話をしています。 その業者のシステムは近代的で、好ましいのですが、 反面、クールで親身さがあるかどうか心配で。 こちらに知識がないことにつけこんで、ニギられることも あるかと思ったりもします。 もう一つの不動産やさんで、親身で人柄的には信頼できるところが あるのですが(ニギられる心配はなさそう)、残念ながら メールが使えないこと(遠方なので不便)と 仲介が得手かどうか疑問がある(どちらかというと建築業)ので はずそう、と思っていたのですが。 それほど心配せずに前者の不動産業者に頼んでも良いものか、 迷っています。

  • 回答No.2
  • tanktan
  • ベストアンサー率20% (23/111)

専属専任であると、その物件を業者に「ニギられる」可能性があり、値段も業者の売りたい(その業者の営業力でも売れる)値段できまってしまうおそれが高いです。 その不動産屋を本当に信用できるのでないかぎり、専任にしないほうがいいでしょう。 広告を見ていると、同じ物件を幾つもの業者が紹介しています。つまり、一般でもちゃんと広告をうってくれるんでしょう。それならば、複数の業者から宣伝してもらったほうがいいですよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 実際に、「ニギられる」可能性もあるのですね。 専任にしないほうがいいという、専任とは専属専任も含めてでしょうか。

  • 回答No.1
  • forlent
  • ベストアンサー率60% (20/33)

 業者が専属契約を求めるのは、仲介料が確実に入ってくることになるからです。  一般媒介契約だと、売主は複数の業者に依頼でき、早く買主を見つけて契約を成立した業者が売主から仲介手数料をもらえます。  しかし、これだとせっかくチラシを撒いたり経費をかけて営業しても、他の業者が買主を付けた場合、経費が丸損になります。なので、一般媒介契約はほとんどの業者が避けます。仮に引き受けても、その物件のためだけに経費をかけるようなことはしません。なので、結局客付きが良くないという傾向に陥ります。  これに対して、専任媒介ではその業者しか売主の仲介ができません。専属専任では、売主が買い主を見つけても仲介手数料を払わなければなりません。専属ではない専任契約では、売主が自分で見つけた買い主に売却できます。専属契約にもかかわらず、売主が隠して売却しても、あとですぐわかるので手数料を請求されます。  物件の売却を特に急がないで、のんびり待つのでしたら多くの業者に情報を流して待つのもいいですが、早く売却したいときはご自分が信頼できる業者に専任で依頼した方が早く売却できると思います。  「物件情報の囲い込み」とはどういう意味かわかりませんが、専任媒介で受けると流通機構への登録が義務づけられていますし、早く売って手数料が欲しいのは当然で、売れないと信用にも関わるため引き延ばすことはあまり考えられません。よほど相場とかけ離れた金額での売却を、業者が渋るのに無理に依頼をしたようなときは例外ですが。  なお、専任契約中に他の業者に依頼することは契約違反なので、何らかのペナルティー(損害賠償)を要求されても仕方がありません。また、希望売価で必ずしも売れるものではないので、ある程度の幅をみておくことも必要かと思います。  売却相談をしたときに、売価設定について根拠を示して説明する義務が業者にありますので、それをよく聞いて納得の上で業者と契約してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 「物件情報の囲い込み」とは「ニギられる」という意味で使いました。 専任、専属専任のいづれも流通機構への登録が義務付けられているのですね。 これは広告されることが義務づけられていることと同義ですか。 また、売価設定については根拠をよく話し合っておくことが重要なのですね。

関連するQ&A

  • 専任媒介契約について

    リゾート地に所有する土地を売却しようとある不動産仲介会社と『専属専任媒介契約』を締結しました。多くの会社に売却仲介を打診し、価格の問題ではなく売るのはかなり難しいと、仲介業務を中々引き受けてもらえなかった立地の物件です。 そんな中、仲介を受けますと言ってくれた業者と専属専任媒介契約を締結し、宅建業に基づく1週間に1度の報告を求めたところ、『多数の物件を抱えており専属専任媒介の報告はできない』との理由で一般媒介契約に変更してほしいと申し出がありました。 契約書には業者側からの解除・変更等の条項はなく、他に受けてくれる業者もなさそうなので致し方ないとは思いますが、心情的に釈然としません。業者側から『ぜひ専属専任で仲介させてくれ』と言われ、1度の報告もないうちに、『やはり一般媒介に変更してくれ』と一方的に解除変更できるものなのでしょうか?

  • 一般媒介契約は専任媒介契約かで困っています。

    築30年の家屋が建ったままの土地の売却をしようとしています。 数件の不動産の方と見積や手順のやりとりをさせていただきました。 また、1社の専任で2年ほど査定価格での売却が出来なかった物件です。 売却が初めてだったため、希望不動産会社数社と契約できる一般媒介と 専任媒介の契約があることを最近知りました。 家屋に価値がないため土地の売却になりますが、 1,一般媒介で契約し、買い主が決まったら家屋解体 2,専任媒介契約で、解体し更地で買い主を見つける この2社で検討しています。 どちらにもメリットデメリットがあるとは思いますが参考意見を教えてください。 また、一般と専任ではそんなに業者の取り組みが違うのでしょうか?

  • 専任媒介について

    中古住宅でいい物件があり、取引形態が専任媒介となっておりました。 ここで専任媒介を調べたところ、専任媒介とは1社しか売却依頼できないが、ただし売り主が直接買主を見つけても契約できるとまではわかりました。 そこで、この物件を不動産業者を通さないで直接売主に出向き売買の交渉をするということはよいのでしょうか? ちなみに、今現在その売り物件は入居中です。 不動産業者を通すと仲介手数料がかかると思いますが、 直接取引だとお互い仲介手数料がかからないのですよね? その場合に売主の専任媒介契約違反のペナルティーなどはあるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 不動産仲介業者は媒介契約を自由に断ってもいいの?

    こんばんは。自宅の売却を考えています。一般媒介契約で複数の仲介業者に依頼するつもりです。ある業者に打診したところ、「ウチは専属専任でしか契約できない」と言われました。それを聞いて、なんとなくスッキリしないので、皆さんにお聞きしたいのですが、「専属専任」、「専任」、「一般媒介」と3種類ある媒介契約は、仲介業者がやるかやらないかを勝手に決めても法的には問題がないのでしょうか?また、媒介契約を依頼して(種類は問わず)、媒介契約自体を一方的に断られるようなこともある得るのでしょうか?

  • 専属専任媒介契約

    土地の売却で、知人から不動産業者と専属専任媒介の契約をして売り出した方が有利だとアドバイスされ、地元の不動産会社と専属専任媒介の契約をしました。やはり、一般媒介よりメリットが多いのでしょうか?宅地の場合、妥当な金額であれば必ず売れるものでしょうか?売却を急いでいなければ不動産会社に買い取ってもらうより売れるまで待った方が得ですか?

  • 専属専任・専任・一般契約どれがいいですか?

    専属専任・専任・一般契約どれがいいですか? マンションの売却を依頼しています。 今は地元の大手の業者と専属専任契約を結んでいます。 対応もよく熱心に広告活動・報告もしてくれていますが、まだ買い手が付かない状態です。 事情があり早く売れて欲しいと思い、割安で売り出しています。 業者に買取をお願いしてみたのですが、値段の折り合いが付きませんでした。 10月に契約が一旦終わるのですが、その後、専属専任・専任・一般契約のどれがいいのか それぞれのメリット・デメリットを教えてください。 お恥ずかしながら最初に契約する時、専属専任であることも知らなかった(説明されてなかった? 説明されてても気がつかなかった?)状態です。 ポストに入っていた「このマンションで部屋を探しています」という他社のチラシを見て 連絡したら、専属専任かどうか聞かれて気づいた次第です。 よろしくお願いします。

  • 買主の専属専任媒介契約書

    買主の専属専任媒介契約書  当方は、不動産業者です。  買主希望者が、  価格は、いくらまで、  土地の大きさは、何平方メートル以上  これこれの条件での土地または、建物を欲しいと言って来ます。  業者用のデータベース レインズ などから検索して紹介することが、できますが、自社の物件だけでなく他の業者からの紹介物件です。  現場の地図を示したりすると現場には、他社の種々の看板が掲示されています。  また、新聞やチラシなど色々な広告媒体があるので、当社からの情報だけでなく、他社からの情報も入手できます。  インターネットなどから、物件を検索することもできます。  今は、なんでも、どこからでも、情報が手に入る情報社会です。  ですから、顧客にこのような物件が、ありますと紹介しても、他社の看板を見て他社に連絡を取って他社と契約してしまうことも、あります。  物件の案内をしても、価格交渉や詳しい交渉をして欲しいと顧客から言われる時、顧客としては、一つの物件を購入するのに、色々な業者の窓口があるので、同じ問い合わせを種々な業者に質問して、もっとも、条件を聞き入れてくれそうな業者と契約することになります。  購入する前の買主は、買うかどうか、この物件にするかどうか、きわめて気分的にも、不安定な状態にあり、かなり、迷っています。  当社が、紹介する物件には、当社で仲介して契約してもらうと言う専属専任媒介契約書を取れればよいのですが、案内もしないうちに案内した後も、専属専任媒介契約書に署名して欲しいと言うと嫌がられて拒否され専属専任媒介契約書は、もらえません。 ●(Q01) 当社が紹介したり、資料を渡したりするときに、当社の仲介を取るようにするのに、各不動産業者は、どのような工夫をしているのでしょうか?  元受の売主の業者の場合も、案内は、他の業者でも、直接、元受の業者と契約したいなどと言う買主にであったり、します。  顧客自身が案内を受けて購入しようとしているのに、別の業者を挟んで、買主の手数料を飛ばして契約しようとする顧客もいます。別の業者は、手間がかからず、契約できるので、手数料の減額に応じるのです。    敬具

  • 【不動産】専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介

    【不動産】専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の違いを教えて下さい。

  • 専任媒介契約で所有不動産を売却中ですが他業者が媒介可能なのですか?

    現在、所有不動産(中古戸建不動産)を売却中です。 不動産会社1社と専任媒介契約をしており、内覧も頻繁に来ている状況です。しかし、ある不動産サイトを検索すると、この専任媒介契約をしている会社以外に、当該不動産の物件情報を掲載している不動産会社があります。 そのページには「取引形態:媒介(一般)」となっております。 そこで、質問なのですが、 1、当方と一般媒介契約をしていない不動産会社が、所有物件を取り扱うことは可能なのでしょうか? 2、当方に不利益はないのでしょうか? 3、逆に、専任媒介契約中に複数不動産業者と一般媒介契約をすることはできるのでしょうか? 以上、ご指導いただきたく思います。

  • 専属専任媒介契約について。

    専属専任媒介契約について。 7月初めに土地を売る為に専属専任の契約をしました。 契約して2週間、営業担当者に不信感を持つようになってしまいました。 契約前は査定や諸経費の見積り等、親切丁寧に話して頂いたので安心してお任せ出来るかなと思いました。ところが契約後になってルーズな人なのではないかと思うようになってしまいました。 まず、1週間に1回の業務報告は私から問合せしないと連絡してこない。 不動産流通機構への登録も、契約書記載の締結後7日以内を過ぎても登録しておらず、登録証明書が送られてこないがどうなっているのか問合せがあってから登録している始末。 契約と違う為、理由を聞いたら 『流通機構への登録というのは同業者(不動産業者など)への情報開示であり、一般ユーザーの方へ目につくものではございません。 御指摘も分かりますが、所有者様から売却物件を預かりましたら、買主も極力自社で付ける努力を 業者は致します。それにより双方の考え方を把握しながら、常に状況がわかるという利点と、そうなった場合、双方より仲介手数料を頂けるという利点がございます。 だからといって弊社だけで営業活動をしてきたわけではなく、付き合いのある同業者及びハウスメーカー、 そして広告掲載・ホームページへの問い合わせのあった同業者・ハウスメーカーへは情報を提供してまいりました。 昨今の不景気によって中には、その情報を元に所有者を調べて直接所有者にコンタクトをとるという不動産業者もある為、 登録を遅らせたのはそのようなことを考慮して行いました。』 との回答がありました。 契約書に書かれた7日以内という登録期日は何の為なんでしょうか?自身で契約違反しましたと言ってる様にしか聞こえないのですが。 皆さんはどう思われますか? この人に大事な不動産を任せも大丈夫なのか不安です。