• ベストアンサー
  • 困ってます

DLLのライセンス

  • 質問No.2395369
  • 閲覧数1209
  • ありがとう数2
  • 回答数1

お礼率 100% (14/14)

VisualStudiの開発環境で参照の追加から c:\windows\system32\hnetcfg.dll を指定したところ、プロジェクトの出力フォルダに Interop.NATUPNPLib.dll, Interop.NETCONLib.dll, Interop.NetFwTypeLib.dll ができました。実行ファイルと、これらのDLLファイルが一緒になって動作するようです。

そこで、実行ファイルとこれらのファイルを一緒に配布しようと思うのですが、

【1】これらのファイルを配布することはライセンス上問題ないのでしょうか?(hnetcfg.dllはWindowsXPに標準で入っているdllだと思います)あるいは、ライセンスについてどこを見れば/どこに問い合わせればよいのでしょうか?

【2】もし、ライセンス上問題がある場合、c:\windows\system32\hnetcfg.dllを実行ファイルが参照すればよいと思うのですが、それを参照するように設定することは可能でしょうか?

一般に.NetではこのようなDLLが実行ファイルと一緒のフォルダに置かれると思うのですがそれらのライセンスも同じだと思うのですが、どのようになっているのでしょうか?

いろいろわからないことだらけです。よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 61% (656/1071)

【1】Interop.NATUPNPLib.dll、InteropNETCONLib.dll、Interop.NetFwTypeLib.dll は配布可能です。

たぶん moumougoo さんは hnetcfg.dll を .NET 用に変換したのが 3つの Interop...dll なのでは? と思っているかもしれませんが、これらはオリジナルである hnetcfg.dll と .NET Framework を橋渡しするためのファイルです。
プログラムを実行するには別途オリジナルの hnetcfg.dll が必要になります。

hnetcfg.dll を配布しても良いかどうかは hnetcfg.dll の開発元であるマイクロソフトに確認してください。

【2】
先の回答から【2】に対する回答はありません。

【3】
自分で作ったものは自分で好きにできる。
他人が作ったものは「使っていいよ」と言われれば使える。「そのまま再配布してもいいよ」と言われれば再配布できる。「改造してもいいよ」と言われれば改造できる。「改造したものを再配布してもいいよ」と言われれば再配布できる。
ただそれだけの話です。
とある DLL を使ったアプリケーションを作りたいけれど、その DLL の開発者から「使ってもいいけど再配布しちゃダメ」って場合はどうするか。
そりゃその DLL の開発者が用意している(または OK としている)方法で配布すればいいだけのこと。
お礼コメント
moumougoo

お礼率 100% (14/14)

非常によくわかりました。
なんで名前の違う3つのDLLができるのかと思っていたのですが、そういうことだったのですね。勉強になりました。(というか良くわからずに使ってるってヤバイかな;)

どうもありがとうございました。
投稿日時:2006/09/10 16:14
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ