• 締切済み
  • 困ってます

経済成長と環境破壊について

ミクロ経済学の入門書で、「経済学は経済成長が目標だ」と読んだのですが、 経済成長は環境破壊を引き起こすということを聞きました。 私は大学一年生で経済学は学び始めたばかりでよくわかりません。 これについてみなさんはどうお考えですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数305
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.2

>経済成長ってそんなに大事でしょうか。 わたしもいつもそのことが疑問でした。 経済担当相さんとかの「日本は構造改革を進めさえすれば 成長率が3%に成るだろう」等の話を聞くたびに 「0でいいのに マイナスじゃなかったらいいんじゃないのー」と 倹約家のわたしとしては、なにやら日本社会がただ欲を出してるだけみたいで 納得がいきませんでした(^o^) でもそう簡単な問題ではなかったみたいなんです。 例えば最近は映画を作るのに100億とか200億とかよく広告で流れてますが このお金はたいてい(いや100%?)監督個人が持ってる必要はなく 銀行が貸してくれたりするわけです。 言ってみればわたしたちが生活に余分なお金を銀行にプールしておくことで また銀行がそのお金を有効に使ってくれていることで 気軽に映画を楽しめるような豊かな生活が楽しめるんです。 それにしても何百億も使って二時間の娯楽をつくるなんてすごくないですか? それだけ銀行にお金があるってことなんでしょうね(^o^) そして、それはわたしたちが昔よりも豊かになっているということだと思うんです。 わたしたちが豊かになる→銀行の持つ金が増える 銀行だって商売だから持ってるお金を有効活用しないことには経営が成り立ちません。 バブルの時それが顕著だったように何とか貸付を増やそうとします。 借りる方は借りただけでは利子の分を損をするだけなので経済的な成長を見越して 計画的に借りたお金を利用します。 A社が成長するのにB社が成長できなかったらそれはB社が競争力を失ったことになります。 そして競争力のない会社が生き残れるほどこの社会はあまくないんです。 つまり、誰かがお金を借りたら他の誰かもお金を借りなきゃとてもやっていけません。 そしてお金を借りるってことはその会社が成長しなければ破綻するんです。 これは当然ながら日本だけの話ではなく国際レベルの話です。 日本政府も借金をしています。それは競争力を維持するためです。 わたしには世界のすべての国がいっせいに資本主義を止めたりしない限り この経済成長の悪循環は終わらないようにさえ見えます。 こうなると環境破壊は止まんないってことなんですかね。 あと百年ほど時間があれば人類は地球のような環境の火星に住むことも可能らしいけど・・ アメリカが環境問題に強気な姿勢を見せてるのを見ると いざとなったら技術力と外交的な腕力で火星の利権を独占できるというビジョンを本気で持っていそうで怖いです(^o^)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに私は資本主義をすぐさま捨てろと言っているようなものですね…

質問者からの補足

政治力学的な悪循環を止める方法はないのかなぁ… 競争的な市場をマニュアルでコントロールするのは大変そうです

関連するQ&A

  • 経済成長と環境破壊

    ミクロ経済学の入門書で、「経済学は経済成長が目標だ」と読んだのですが、 経済成長は環境破壊を引き起こすということを聞きました。 私には経済成長は必要ないと思えるのですが、皆さんはどうお考えですか? 経済の方で質問したのですが反応がほとんどないのでこちらでも質問しました。 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=239321

  • 経済成長

    政治家は、常に経済成長といっていますが、 資源も、消費者も有限なので、無限の 経済成長は不可能だと思います。 日本市場がだめだと言って海外に 進出しても海外市場も無限ではありません。 何故、日本の政治家は気が付かないのでしょうか。 私は、経済学は専門ではありませんが、 ある程度経済成長すると後は、 縮小再生産しかないと考えています。 経済学が専門の方、分かりやすく回答を お願いします。

  • 経済成長率=0の状態は不景気でしょうか?

    経済成長率が常にプラスですと、そのうち、地球環境が撮り返しのつかいないくらい破壊されると思います。経済成長率がゼロという事は、去年と同じ規模の経済であるとことだと思います。もし、去年が好景気であったら、去年と同じ規模の経済の今年も好景気だと思うのですが、何故か経済成長率が数パーセント以上のプラスでないと不景気だという常識があります。なぜ、経済成長率がゼロだと不景気ということになるのでしょうか?

  • 回答No.1
  • ryon2
  • ベストアンサー率37% (110/292)

 経済は「経世済民」の略語であると聞いたことがあります。そういう意味では経済学の目的は「民の生活を良くすること」です。で、民の生活を良くするには経済を成長させれば良いと考えられているので、「経済学の目標は経済成長」であるのだと思います。  経済の成長は、実質GDPの増加率で示すのが一般的です。実質GDPとは、物価変動の影響を差し引いた、国内で動いたお金の額の事です。従って、実質GDPが増えるということは国内でより大きなお金が動く(使われる)ことを意味します。お金が動くということは、物やサービスを買ったり、することであるので、それを買う量が増えると、物やサービスを作る量が増えます。物やサービスを作るには何らかのエネルギー消費が発生するので、環境が破壊されます。  現在、物やサービスを生産しても環境を破壊する度合いを少なくしようとする努力が為されていて、そのことを「省エネ」と言いますが、大雑把に言えば、経済の成長は環境破壊を招くと理解していいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

よくわかりました。ありがとうございます。 でも、ということは、小泉さんなどは 経済成長>環境破壊と考えているということですか? 経済成長ってそんなに大事でしょうか。

関連するQ&A

  • そもそもなんのための経済成長??

    根本的な質問なのですが、そもそも何で経済は成長し続ける必要があるのでしょうか? 私は間違いなく保守的な考えで、社会主義、共産主義はありえないと考えているのですが、かといって経済成長し続けなければならない理由は考えたことがありませんでした。 経済成長率が高くても、国民の幸福度が低ければ意味はないのではないでしょうか? たとえばフランスは農業国で、おそらく所得や経済成長率はそんなに高くないと思うのですが、何も問題なく成り立っていますよね。 何のために経済は成長し続けるべきなのか。教えてください。

  • 環境破壊と経済発展とはどのような関係があると思いますか?

    私は日本の高度経済成長時代の公害問題のように経済発展と環境破壊とは密接な関係があると思います。 ただ、私はこの程度の知識しかないのでいろいろとこの関係を詳しく説明してもらえませんか?

  • 経済成長とは何か。

    昔から経済成長、経済成長と呪文のようにいつも繰り返されていますけれども、具体的に経済成長とは何なのかお伺いしたいと思います。言葉の意味なら分かりますけども、「具体的に」何がどのように変化することなのか、ということです。何らかの指標になっている数値が増えるとかそういう事だけじゃなくて。 昔だったら「いかがわしい職業」とされていた仕事や業態が1990年代初頭のバブル経済崩壊以来なし崩し的に肯定的な評価を受けるようになったのも、「経済成長」という言葉と関係しているような気がします。一体、何なんでしょうか。 世の中の景気が良くなったとかいう情報が流れても自分の懐具合と連動したことがありませんし、風光明媚な田舎に醜悪なパチンコ屋のどでかい建物が聳えているのを見ると違和感を禁じ得ないものですから、ついついそんなことを思ってしまいます。 質問とは無関係ですが、僕は某大学の経済学部卒です。

  • 経済成長率を両サイドサイドから・・・

    経済成長率を需要サイドと供給サイドから見ても。数値は一致するのでしょうか。 また、それに関する、URLなどありましたら教えてもらえるとうれしいです。 また、経済学のお勧めの本などがありましたら、教えてください。

  • 戦争による環境破壊の対策と展望

    戦争による環境破壊についてのレポートを作成しています。 問題点と原因を調べ、まとめました。ですがそれの対策となると、「戦争をしない」「武器を作らない」などしか出てきません。 皆様の考えをうかがいたいので、よろしくおねがいします。 ・戦争による環境破壊をとめるには? ・戦争による環境破壊は今後どうなるか?

  • 経済成長率と金利の関係

    経済成長率と金利は連動するのでしょうか? するとしたら、今の政府が目標としている成長率2%になった時の金利はどのくらいになると予想されますか?

  • 経済成長とは?景気回復とは?いつしますか?

    アベノミクス・アベノミクス・経済成長・景気回復と念仏のように繰り返してはいますが、具体的に何を目指しているのか、どうなったら経済成長・景気回復をしたといえるのか全く述べられていないように思います。 例えば消費税関連法案の附則には以下のいわゆる景気条項がありました。 # ○消費税率の引上げに当たっての措置(附則第 18 条) # ・消費税率の引上げに当たっては、経済状況を好転させることを # 条件として実施するため、物価が持続的に下落する状況からの脱却及び # 経済の活性化に向けて、平成 23 年度から平成 32 年度までの平均において # 名目の経済成長率で3%程度かつ実質の経済成長率で2%程度を目指した # 望ましい経済成長の在り方に早期に近づけるための総合的な施策の # 実施その他の必要な措置を講ずる。 これはよく分かります。期限も分かるし何をいくつにするという数字がすべて具体的に述べられているので、何を目指しているのか、どうなったら景気回復といえると考えているのかよくわかります。 が、10%アップの時期を延期するとともに、この景気条項を削除する予定のようで、経済成長などしなくてもかまわずアップしていい事にしようとしているように見えます。ここれはもう達成できなさそうだから削除をするというのならまぁそれでもいいとは思うのですが、単に削除するのではなく、普通なら新たな目標設定が必要だと思うのですが、どうも見当たりません。マニュフェスト・発言何でもいいのですが。 質問は (0)「平成 23 年度から平成 32 年度までの平均において、名目の経済成長率で3%程度かつ実質の経済成長率で2%程度」はなぜ削除するのでしょうか?もう達成不可能であきらめていて、「達成できなかった」といわれるのを防ぐために削除するのでしょうか? (1)ここ半年くらいの政府・与党の公式な発言・発表で、経済成長・景気回復の具体的な目標値がありましたか? (1-1)ある場合:その内容を教えてください。 (1-2)ない場合:なぜないのでしょうか? (2)あなたは個人的に、いつまでに何がどうなったら経済成長・景気回復といえると思いますか? 例 ・平成 23 年度から平成 32 年度までの平均において、名目の経済成長率で3%程度かつ実質の経済成長率で2%程度 ・就業者全体平均の賃金上昇率が、物価上昇率を上回ったとき。たぶん3-5年後。 よろしくお願いします。

  • 人間がいること自体が環境破壊だと思うのですが...

     「地球にやさしく」とかいって 一生懸命ゴミ分別したり 車を使わないで自転車に乗るようにしたり 節電したりしても 地球上に人間が存在する限り 環境破壊はなくならない 止まらないんじゃないかと 考えてしまいます。  私ってちょっとエコロジーな人 って自分で思い込んでたんですが 私が生きてること自体が環境破壊だ と気づいて 最近やる気をなくしています。  何か良い考え 思想 をお持ちのかた きかせてください。

  • 経済成長と環境保護のどちらを優先すべきか

    現在少し気になって調べたりしているのですが、経済成長と環境保護はどちらを優先して進めるべきなのでしょうか?? 自分で考えていてもひとりよがりになってしまいそうなので、ぜひとも他の人の意見も聞いてみたいと思って今回質問させていただきました。

  • 中国経済のマイナス面

    現在の中国は10%の経済成長率、日本企業の進出による中国経済の発展などで、目覚しい経済成長をしている中国ですが、マイナス面が絶対にあるはずです。私が知っている限りでは、環境破壊、中国共産党のやりたいほうだい、北京オリンピック効果によるインフレぐらいしか知りません。 このように中国経済のマイナス面を詳しく知りたいのですが、知っている限り教えてください。お願いします。