-PR-
解決済み

ラジオのFMとAMの違いを小学生に優しく教えたい

  • 暇なときにでも
  • 質問No.239122
  • 閲覧数9028
  • ありがとう数14
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 43% (43/99)

 ラジオのFMとAMの違いを小学生に分かりやすく教えてやりたいのですが?(そう言う私もあまり分かっていないのですが。)分かりやすい方法はありませんか?
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.6
レベル11

ベストアンサー率 49% (138/278)

こんばんは。私だったらこんな感じでしょうか。

 ラジオはね、電波というのを使って、
 声や音楽を送って聞けるようにしているんだね。

 電波というのは、音みたいなやつで、両方とも水の波のような波なんだよ。
 同じ波だから、性質はけっこう似ているいるんだよ。

 でも、電波は音と違って耳には聞こえないよね。
 でも、ラジオからは、音の仲間の、声や音楽が聞こえるよね。

 実はラジオは、伝えたい音が、電波の中に一種の暗号として入れてあって、
 それで送られてきた電波の暗号を解いて、聞こえるようになっているのさ。

 暗号の入れ方には2種類あるんだけれど、

 一つは、電波を大きく(強く)したり小さく(弱く)したりして
 暗号を入れる方法。
 電波を、同じ波の、音にたとえるなら、同じ高さの音で、
 大きな音や小さな音を組み合わせて暗号を送る方法だ。
 これはAMといわれる方法なんだよ。

 もう一つは、音にたとえるなら、同じ大きさの音を使っても、
 高い音や低い音を組み合わせて暗号を送る方法だ。
 これがFMといわれる方法なんだよ。

それでは。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.5

小学生向けに考えてみたけれど、やはり難しい。

電波も波なので、これも音として考えます。
AMは周波数が一定なので、例えば音符のミの音を使います。このミの音の強弱から、グラフを作成するような感じです。このグラフが受け取った音の波になります。
FMは強弱を無視するので、そのかわりにド~シまでの音を使います。ドは弱を意味し、シは強を意味します。この後はAMと同じです。これは五線譜を想像してもらえると波の形がわかりやすいです。

AMのラジオ局は、ド、レ、ミ、ソ、ラなどが存在します。
FMのラジオ局は、オクターブ1のド~シ、オクターブ2のド~シという感じで、1つがより多くの幅を必要するけれど、強弱を無視するのでノイズの影響をうけずらく音質がいいです。


  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 46% (283/607)

AM=Amplitude Modulation=振幅変調
FM=Frequency Modulation=周波数変調

がそれぞれの正式名称です
まぁ、これは簡単に、では無いのですが、この日本語名を覚えてもらった方が、
理解しやすいので

最も簡単に言うと、AMは縦波、FMは横波です

ちょっと複雑に説明すると、音(ラジオですからね)のデータに対して、搬送波
(ラジオの放送局の周波数)で変調という操作をするわけですが、この変調した
結果の変調波が、音の波の高いところは変調波の高さも高く、低いところは低
く、という形に変調されるのがAM(波の幅が変わるので振幅変調)、音の波の
高いところは変調波の密度が高く、低いところは低く、という形に変調される
のがFM(周波数が変わるので周波数変調)

まとめると
AMの場合は、周波数は一定だが、その波の上下が揃っていないので縦波
FMの場合は、波の上下は揃っているが、周波数が変わるので横波
ということでしょうか

図を入れられれば、もっと簡単に説明できるんですけどね(^^;
  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 43% (186/425)

下記のページにFMとAMの違いがでていますが、簡単に説明すると、とありますが、簡単ではありませんねえ。

http://www.hi-ho.ne.jp/jf3mxu/faq1.html

一番の違いは、電波の波長の違いです。
電波とは、目に見えないけれど、空間を伝わってくる、電磁波、まあ、一種の信号を伝える波です。
その波の、波長、うーん、波長は、波の山と山との間の距離、が違うのです。
目に見えないのですけれど。そうなんです。
FMだと3.5メートルくらい、AMだと300メートルくらいで、AMのほうが、ずっと波長が長いのです。
それによる違いは、下記のページに出ていますが、これも小学生にはちょっとむずかしいかなあ。ご参考になれば。

http://www.videor.co.jp/service/radio/story/story02/

がんばって説明してあげてください。
  • 回答No.3

同じ質問があるので、そちらをご参照ください。
  • 回答No.4
レベル12

ベストアンサー率 21% (191/885)

小学生に説明するのは・・・・・・・・難しいですね。

FMとAMは変調という物の違いなのです。
ですから、周波数は関係ありません。

AMは振幅変調と言いまして、元の音の波形は電波の強い弱いで
表現しています。

FMは周波数変調といいまして振幅は一定で、周波数の変化
で波形の大きさを形成しています。

小学生に判るように例えるなら。

AMは高さの違う積み木を利用して一定の間隔に並べて、
元の音の波を表現し、
(この間隔が周波数です)
FMは、同じ高さの積み木を利用して間隔を変えて元の音の波を
表現しています。(実際FMは周波数が変動しているのです)

と、書きましたが、AMは判って貰えるかもしれませんが
FMの簡単な説明が難しいですね。
これでは小学生には判って貰えないですよね。・・・・

もう1つの例えを思いつきました。

食事の事を例にします。
同じ量の食事(先ほどの同じ高さの積み木)で、食事の間隔
(積み木の間隔)が短ければおなかが一杯な状態になりますよね。
逆に食事の間隔が長いとお腹が減った状態になりますよね。

FMはこの食事の間隔を変え、お腹を一杯にしたり減らしたりで
波の形を形成しています。

AMは、食事の間隔が一定(周波数が一定)で、食事の量で
波の形を形成して居るんです。

ちょっとまとまりのない文章になって申し訳ありません。
これで小学生に説明出来そうですか?

何かあれば、補足要求をして下さい。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ