• 締切済み
  • 暇なときにでも

考古学の範囲について

 よく、恐竜化石などの発掘,調査・研究をしている人を、「考古学者」などと誤って言う人がいますよね。恐竜化石を研究するのは、古生物学でしょう。考古学は歴史学の一分野であり、古生物学とはまったく分野が違うものだと私は思っています。  ところが、クロマニョン人,ネアンデルタール人などの古人類の研究となると、どうなのでしょうか。この区分が明確にできるのでしょうか。  古人類の石器などの調査をするのは考古学? 骨格などの化石を調査するのは古生物学?  どのような区分になっているのでしょうか。お教え願います。

noname#3096

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1630
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.2

( ‘∇‘ )ノ” 初めまして、こんにちは。 私は考古学を多少やっておりますので、そういった立場から関係ありそうなところを回答したいと思います。 ー考古学のジャンルー ・19世紀末のホゴース氏(英)は「人類過去の物質的遺物を取り扱う科学」 ・浜田耕作氏は「考古学は過去人類の物質的遺物(により人類の過去)を研究する学」 ・レナック氏(仏)は「造形されたり、工作されたりした遺物によって過去を解明する学」とした。 このように「考古学は歴史学の一分野である」という考え方があります。 この考えはヨーロッパや日本において主流です。 しかし、アメリカなどでは「考古学は人間学あるいは広義の人類学の一分野」とする立場です。つまり人間の文化に関する全てのものを扱う人間学(人類学)の一分野として考古学を含んでいます。 アメリカでは発掘調査で得られる資料と民俗学で扱われているものが非常に近いため、考古学と民俗学が密接で、これに社会学などが加わり人類学部を構成している場合もあります。 ー考古学の年代ー 考古学が扱うのは人類が地球上に現れてから現代までの全期間です。 人類発生以前の「恐竜」の時代は取り扱いません。 ということで、日本では古人類の石器などを扱うのは考古学です。恐竜の化石など人類以外のは扱いません。 上手くまとまりませんでしたが、疑問ありがしたらどうぞ^^

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 考古学と古生物学について

    いつも気になってはいたのですが、古生物学というのは考古学とは違うものですよね? 人に恐竜の話をしたりすると決まって「あぁ考古学ね」と言われるのです。 確かに、猿人だとか原人だとか、そのへんは考古学でも古生物学でも良いと思うのですが・・・さすがに恐竜は違うのではないかなぁと。 ????それとも恐竜って考古学なんですか?

  • 古生物学について

    はじめまして、こんにちわ。 自分は大学で考古学を学んでいるのですが 将来は古生物学をやりたいと思っています。 しかしながら、自分の大学には古生物学のような 分野がありません。 学芸員になってそういった博物館に勤めれば学ぶ ことができますでしょうか? 古生物学を学べる良い方法ありましたらよろしく お願いします。

  • 考古学に意味はあるのか?

    世界中で考古学の研究などされている方々がいますが、そもそも現代人が考古学を研究することに何の意味があるんでしょうか?私にはその意味、価値がよく理解できません。どのような化石などを発掘したところで所詮は現代人の想像にすぎないわけで当時の事を完全に知る事は不可能な訳ですから意味がないでしょう。

  • 回答No.1

考古学者か生物学者か迷って生物学の道を歩んでいるものです。 学術研究に明確な区分というのは難しいんですね。 化石に限らず、現代社会において人間を対象に考えても 社会科学系の心理学、民俗学や自然科学系の社会生物学、動物行動学など やっていることは変わらないのに分野が多岐にわたることも珍しくありません。 なので、民俗学系の研究者でも出身は理学部っていう人はけっこういます。 まあ、研究というのは目的と手段は一致しないということです。 例えば、私はヒドラという生物を扱っていますが専攻は発生生物学、分子生物学であり、 ヒドラの研究をしているわけではありません。ここが重要なんです。 考古学においても古生物学においても対象はあまり問題ではないんです。 目指す目標が違うだけですね。 ただ、考古学者は一般的に人類が研究対象なので、恐竜を含む古生物を研究している 人を考古学者とはいわないですね。 P.S.野球に関する質問をされたとき、私もかなり後の方になってから 回答しました。よろしければ参考にしてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 理系から考古学に関わりたい・・・

    連続での投稿すみません。 大学進学について悩む高校二年女子です。 ここで考古学について質問をさせていただき、私の学びたい分野の学校を探すことがとても難しいことがわかりました。 そこで視野を広げ、自分が今理系クラスにいて歴史の授業を受けていないことなどから考えやはり理系の大学に進学しょうかと考えています。 しかしやはり考古学への興味は捨てきれません。 理系から考古学へ関わることは可能なのでしょうか? 考古学は海外では理系とされているそうなのですが・・・。 文化財学や保存化学はみな文型ですし。。。 もしそのよな大学がないとしてのちのち考古学に関わるためには理系の何学部に行けばよいのでしょうか? 理系の方、考古学を研究している方などアドバイスいただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 考古学の論文について

    海外の古代文明について、今どこまで研究が進んでいるのか、 また、どのような研究がなされているのかを知りたくて、 この分野の論文を読みたいと思うのですが、どこで検索したらいいのか 判りません。考古学分野の論文を検索できる場所をどなたか ご存知ないでしょうか。

  • 民俗学、考古学など。

    西洋、東洋史・民俗学・博物館学・考古学などに関する本で面白いまたは興味深い本を教えていただけないでしょうか?どんな分野でも結構です。研究書や専門書などでも結構です。お願いしますm(--)m

  • 考古学に詳しい方お願いします

    はじめまして。25歳の子持ちの主婦です。 昨日から受験に関する質問をさせていただいております。  来月史学科考古学専攻を受験します。(ちなみに他大学の史学科日本史専攻既卒です) 志望書提出・面接にあたり下記のことで悩んでいます。。   ●文献資料のある歴史分野と考古学分野の関係について、あなたがどうお考えなのか、ご教示ください。  →私が今までやってきたことは『日本書紀』『続日本紀』と遺物を突き合わせた研究でした。考古よりの古代史とでもいうのでしょうか??それと純粋な考古学(?)の違いがイマイチよくわかりません。 ●なぜ「フィールドワークを重視」することを重視するのか? 詳しい方がいましたら是非ご意見おねがいしたいです    

  • 日本の考古学の素人向け入門書はありませんか?

    最近原始時代に興味を持ち始めたんですが、日本の旧石器・縄文・弥生・古墳時代に関する素人向けのわかりやすい解説書を探しています。本屋で考古学のコーナーを見たんですが難しそうな本ばかりでした。できればモースや相沢忠洋がこうこうしたといった、これまでの研究史っぽいものを含んだ本が良いんですが、おすすめの本があったら教えてください。考古学でも文献史学でも、それらをおりまぜたものでも構いません。 ちなみに今まで読んだのは(考古学書とはいえませんが)新潮文庫の「発掘捏造」「古代史捏造」と岩波文庫の「魏志倭人伝」だけです。

  • 考古学の論文、書籍

    考古学の最新の研究成果はどこで見ることができるのか教えてください。 一般人ですが、古代史に興味があります。 1. 論文かなと思うのですが、どのような雑誌があり、一般人でも見ることができるのでしょうか? 化学や物理学などそれぞれの分野にそれぞれの専門雑誌がありますが、それの考古学バージョンを教えていただきたいのです。また、日本の古代史が扱われている英文の海外雑誌もあれば知りたいです。 ネットで少し見てみると、「古代学研究」、「日本考古学」、「考古学研究」といった刊行物があるようですが、いまいち特徴や専門の度合がわかりません。また、onlineで読めるわけではないように見えます。 古代史の範疇として、必ずしも日本に限定せず、中国・朝鮮半島など周辺地域についても調べていきたいのですが、それらをあつかった雑誌等もご存じでしたら教えていただきたいです(日本語でも英語でも)。 2. 書籍もこれから調べていきますが、もし大学・大学院生向けの適当な本がありましたらご紹介ください。 専門の教育を受けたわけではありませんが、ネット上の情報は虚実がいりまじっていて、ほとんど参考になりません(または、参考にできるほどの鑑別眼がまだない)。となると原典に当たるしかありません・・。一般啓蒙書もたくさん出ていますが、筆者の主張が全面に出ていて、必ずしも中立的でないと思われる場合がままあります。 どうぞよろしくお願いします。

  • 京都大学大学院の考古学or東洋史の受験について教えてください!

    私は今他大学他学科の大学院修士一年に在学中です。中学校の頃から考古学がやりたくてしょうがなかったのですが、親の反対で他の学部に進みました。しかし、その間ずっと諦められなくて、ついに最近ガマンが切れて、来年に京都大学史学部の大学院を受験することに決めました。みなさんから詳細なアドバイスをいただきたいです。よろしくお願いします。 質問1:私の場合、考古学研究科、東洋史研究科のどちらを受験したらいいのですか? 専攻したい分野は古代中国の考古学です。時代は古ければ古いほどよく、文献にはあまり興味ありません。(でも、文献とかは重要ですよね?どっちみち入っても勉強はしないといけないですよね?)しかし、京都大学の考古学研究科のホームページでは日本や朝鮮が専門の先生しかいないのです。東洋史専攻の方には中国古代史専門の先生が集まっているんです。こういう場合はどちらを受験したらいいのでしょうか? 質問2:受験情報を教えてください。 また、私は史学についての専門知識がないので、受験において読まなければいけない本、教科書や参考書などを教えていただけますでしょうか?こればかりはいくらネットで調べてもみつからないんです。あと、史学大学院受験についての情報をいただければありがたいです。英語対策法や備えていかなければいけない知識や技能などなどなんでも結構です。んんん......つまり、どのようなことをやれば、合格できるのかってことですね。 質問3:今の私の状況で合格できますか? もちろん必死に頑張りますが、不安です。

  • 絶滅動物(産業革命以降)や絶滅危惧動物を学べる大学

    僕は、いま絶滅動物(産業革命以降の人類の影響が大きもの)についてや、今絶滅しそうな動物について学ぶことができる大学を探しています。やはり古生物学から始めなければならないのでしょうか?もしくは将来的にそういった動物を研究できるようになるにはどういった学問を、学べばよいのでしょうか?いい大学を教えてください。

  • 地学というより、生物学っぽい古生物学の学べる大学を教えて!!

    私は来年大学を受験するのですが、行きたい大学がまだ決まりません。 昔から古生物が好きだったので、漠然と古生物の研究の出来る大学に行きたいと思っていました。しかし、調べてみると「古生物学」とは地学系の学部でしか扱っていないようにも思えます。私は、生物学から見た古生物学や進化学、系統学などを、どちらかと言えばマクロな視点で学びたいのですが、そう言った勉強の出来る大学、学部、講座、教授などなんでも良いのでご存知の方、教えてください。

  • この「笑い」を説明したい

    次のような話があって、それがなぜおかしいのかを説明して欲しいのです。 古生物学の世界で、古代の鳥の化石を研究しているのですが、その過程で医療用CTスキャンを用いて頭蓋骨の断層写真をとるという方法をとりました。その現場で、骨を診療台に乗せてセットするときに、患者名をコンピューター入力するのですが、「(古代鳥の学名)」と入力すると現場スタッフから笑いが起こった。 キーは、患者名=人名という概念が覆ったところです。