• ベストアンサー
  • 困ってます

請負業から派遣業へ

現在私は、ある企業(仕事先)の下請け業者の紹介で請負業の仕事を個人でしています。 同じように働いている人は私を含め4~5人います。 しかし、仕事の内容が変化してきており、請負という形ではなく、派遣という形にして欲しいと仕事先の企業から依頼がきております。 私を紹介した下請け業者が一般請負業の認可を取ることになるかと思いますが、私へ何らかの制限が発生することになるのでしょうか? 例えば、人材としての何らかの登録義務・労働時間の制限(例えば週40時間以内とか)・報酬や税金の変更・労働保険の加入義務等・その他何でも結構ですので、教えて下さい。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数100
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • lv4u
  • ベストアンサー率27% (1862/6716)

 あまり詳しくはないのですが、「偽装請負」の問題が昨年ぐらいから問題化しています。これは、「請負=一人親方」のように装うことで、万一事故等が発生したとき、会社側の責任が問われなくなるからです。もちろん、事故が無いときでも、さまざまな面で会社側の出費を減らすことができます。  本当に請負でやっているならいいのですが、実態は現場の社員からの作業指示の元で働いている場合、偽装請負になります。  派遣会社や受入会社側のメリットがあるにもかかわらず、派遣に切り替えるのは、偽装請負の罰則が、派遣元の会社だけでなく、受け入れている企業(通常は大手企業ですね)まで及んで、企業名が公開されてしまうからです。  一般的には、良い方向での変化なのですが、簡単にいえば、経営者から労働者に変わるようなものであって、労働保険の加入義務等、天引きされる項目が増えて、手取りが減る可能性もありますね。  いずれにしても、違法状態を正すケースであれば、拒否は難しいですね。悪くとれば、違法状態を作り出して、それを口実に受入会社を脅迫しようと考えているのでは?なんて疑われる可能性もありますからね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々とご回答下さりありがとうございます。何となく仕事先の意図がわかりました。「経営者から労働者に変わるようなもの」であって「手取りが減る可能性」があるのでは、私にとっては不利な変化なんですね。 お世話になっている企業なので、いずれにしても受け入れようと思っています。

関連するQ&A

  • 【製造業】派遣のような請負が怒られるのはなぜ?

    「請負業務を越えて、派遣のような扱いをしていた」という主旨の労働問題が報道されます。 派遣と請負の違いをグーグルしてみたらたくさんみつかって、前者は人材をよこす事業、後者は作業工程を受ける事業だとわかりました。(正確じゃなかったらごめんなさい) で、なんで「派遣」が忌み嫌われるんですかね?法律で派遣と請負がきっちり区別されなきゃならないとされてるみたいだけど、どうしてそういうルールになってるのかしら?請負のほうが労働者が守られるってことですか? 派遣と請負について、受け入れ企業と人材or請負業者、そして行政の3者各々の思惑と構造を教えてください。または、解説しているホームページを教えてください。感情的な労働問題提起てかんじじゃなくて、客観的な分析、というかんじのがいいです。

  • 派遣と請負

    だれでも知ってる某大手コンピュータ会社社員から聞いたんですが、 「派遣社員より請負社員の方が安いから雇ってる」 「派遣社員は労働時間・条件でややこしいから、請負の方がなんちゃって正社員だから、拘束力あって、無断でやめたりしないから、便利」 「労働局の監査を逃れるため、2次3次と多重請けにしてる」 具体的にどういう仕組みになっているんでしょうか。お願いします。 確かに請負の方は、いつでも切ることができて、非常に便利です。しかし大手からすれば私も切られる立場にいるので、複雑な気持ちです。 一括下請け(wikipediaより) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E6%8B%AC%E4%B8%8B%E8%AB%8B%E8%B2%A0

  • 請負と派遣の違いについて

    現在、請負業者にて働いています。 業務は現実には派遣と代わりがありません。 請負先の企業の上司の命令によって仕事をしています。 請負先企業では請負元(自分の所属する)に 派遣とほぼ同額支払っているようですが 待遇面で一月10万ほど差が出ることがあります。 これって請負を装った派遣で労働者派遣法の網をくぐって すごい搾取を受けているような気がするのですが。 そのほかにも入社条件からの変更が相次ぎ 結果的に待遇改悪がまかり通っています。 変更した部分も変更時から有効ではなく 入社時からの条件となって事後立法(?)ではないかと 思っています。 規約とか規定だからと言われ後から入社時には 言われなかったことがたくさん出てきたのですが 現に規定を見せてもらったことが無く 請求してもそれはだめだと突っぱねられます。 違法なことばかりではないかと思うのですが どう対抗すればよいのでしょうか? いい助言ください。宜しくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

>人材としての何らかの登録義務 これは派遣会社と雇用契約を締結することになる以外には特にないでしょう。 >労働時間の制限(例えば週40時間以内とか) これは発生します。もちろん残業した場合には残業代が支払われます。平たく言えば労働基準法により保護される対象となるということです。 >報酬や税金の変更 報酬ではなく給与となります。 従いましてこれまで報酬として受け取り、確定申告していたものが、会社が代りに年末調整というものを行うことになります。 またこれまで経費として計上していたものは原則計上できません。 その代わり給与所得控除というみなし経費を計上することになります。 この金額については、 http://www.taxanser.nta.go.jp/1410.htm を参照してください。雇用に近い形態ですと経費はそんなになかったと思いますが、給与にはかなり大きなみなし経費が認められています。 >労働保険の加入義務 もちろんあります。労災と雇用保険に加入します。 >その他何でも結構 これまで年金や保険はどうされていましたか。 基本的に今度は厚生年金と健康保険になります。 この保険料は半額会社が負担します。 トータルの損得ですが、これまでの請負で大きな経費が存在しないのであれば、大抵はトータルで手取りが増えることが多いです。特に税金(所得税と住民税)と健康保険(従来がもし国民健康保険であった場合)については金額がかなり減ります。 厚生年金の負担は増えますが、これは国民年金と厚生年金独自分の2階建てなので、負担も多いが給付もそれ以上に多くなります。 また厚生年金や健康保険では国民年金や国民健康保険にない独自の給付が色々あり、特に病気や怪我で働けない場合の保障が充実しています。 以上です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しくご回答下さりありがとうございます。 今まで経験したことのない雇用形態ですので、不安が先行していたようです。 重ね重ねありがとうございました。

  • 回答No.2

今でも派遣法上は建設業は派遣の対象外ですが、建設労働者の雇用の改善等に関する法律第15条の規定により、一部除外されています。 さて、後は順番に答えます。 人材としての何らかの登録義務・・・登録まではありませんが、派遣元の会社と労働条件を決める労働契約を結ぶ必要があります。 労働時間の制限(例えば週40時間以内とか)・・・そのとおりです。 労働保険の加入義務等・・・あります。建設業の場合は元請に加入責任があります。

参考URL:
http://www.houko.com/00/01/S51/033.HTM

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 私は建設業ではないのですが、参考になりました。 「労働契約を結ぶ」というのは、特に派遣会社の社員になるということでもなさそうですね。 今まで、正社員かアルバイトという形態でしか働いたことがないので、契約を結ぶ際には注意したいと思います。

関連するQ&A

  • これは偽装請負でしょうか

    某大企業の下請けの仕事をやっております。 某輸出製品を世界の競争に勝つために、某大企業の建物の中で某大企業の設備でありながら あたかも下請けに設備投資させたようにみせかけて請負工事を強いられています。 からくりは下請けに設備投資させたようにリース料を支払わせ、あとから別件名 で下請けに某大企業がバック金額を支払っています。 下請け業者は実際には設備投資をしていなく結果的には某大企業のすべての管理下にあり 安価な工賃のみで労働をさせられています。 某輸出製品の製作のすべてを下請け業者が行っており、製作ノウハウを持っていますが、 某大企業の管理下で賃金アップをも認めていただけないし数社の弱小企業が寄り集まった 40人程度の製作集団ですので組合をも持てない状況です。 本来は請負業者の建物の中で実際に請負業者が設備投資を行い、それを償却する金額も含めて 請け負って請負業者の管理下で業務を行うべきだと考えています。 これは某大企業のコスト削減のための偽装請負ではないかと思うのですが、 どなたか工賃アップの方策も含め、請負工事のあり方についてお教えくださると助かります。 ちなみに下請け業者は派遣業の資格も取得しておりません。

  • 請負と下請け

    日本の企業の大半は大手から仕事を貰ってるだけの 下請け企業ですよね。 下請けと請負ってどっちが良いのでしょうか? 請負が切られるときって 下請けも絞られているはずなので結局、同じように思いますが。

  • 人材派遣と人材紹介業の違いについて教えてください。

    人材派遣と人材紹介業という業種があるのですが、 その違いについて教えてください。 また、人材派遣業は営業する為には、一般労働者派遣事業 という厚生省の認可のような物が必要ですが、 人材紹介業は、何か許可や認可、届出が必要なのでしょうか?

  • 二つの会社で週合計40時間以上働いた場合の労働基準法違反について

    現在、派遣社員として平日夜に4時間労働しています。 昼間の時間を有効に使うため、平日昼間にフルタイムでの仕事を紹介してもらおうと夜の仕事を紹介してもらった会社とは別の派遣会社に登録したところ、夜の仕事とあわせて週40時間を越えてしまうため、労働基準法違反になるのでフルタイムの仕事は紹介できないと言われました。 個人的に納得いかなかったのですが、労働基準法にある週40時間を越える労働というのは、単一の企業内で働いた場合のみに適用されるのではないのでしょうか? もし複数企業で働いた労働時間が週40時間を越えてしまってはいけないという場合には、副業を認めている会社や副業の社会人を受け入れている会社は罪になるということでしょうか?

  • 人材派遣と業務請負について

    現在、通訳・翻訳の業務主体に派遣をしているのですが、これの他に英会話に関する人材派遣(企業や塾などを派遣対象に)を行おうと考えています。 そこで自分なりに調べてみたのですが、派遣業法で政令26業務以外は 派遣期間が原則1年(最長3年)という項目がありました。 この26業務の中で翻訳・通訳という派遣期間制限なしというのには 該当すると思うのですが、人材派遣だけを考えた場合は26業務には該当しないので派遣期間が1年になるのだと思います。 そこで、翻訳・通訳の業務は継続したまま人材派遣を行った場合は 派遣期間はどうなるのでしょうか? (1)個別に考え、翻訳・通訳は期間なし。派遣は期間ありと考えるのか。 (2)それとも一緒にして考え両方ともに派遣期間制限なしと考えるのでしょうか? 期間制限にあたる場合、1年間の制限日になった以降は一切派遣できなくなるのでしょうか? また、派遣元・派遣先の双方の利害の一致により、制限日移行派遣する 方法はあるのでしょうか? (3)上記のことに関連して、業務請負という方法があるそうなのですが、 請負の方だと期間制限などは無いのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 請負契約

    請負契約で、仕事完成前に、請負人の責任がなく、履行不能 になった時は、請負人の仕事完成義務も、注文者の代金支払 義務も消滅するとのことですが、後処理としての未完成の建物 の処分はどのような形でなされるのでしょうか?

  • 偽装請負で得られる利益とは??

    請負の契約でありながら、派遣となんら変わらない形で、労働者を使ってしまう【偽装請負】 ふつうに請負をせずに、偽装することによって、発注側の企業・発注を受けた請負会社は、どんなうまみが生まれ、利益を上げているのか?? それとも、請負会社が他社との競争の中で、偽装を容認することで、仕事を確保したい!と言う事なのか? 誰が損をしてる??どこのお金が搾取されている?? (ちなみに金銭の話であり、偽装請負により労働者が劣悪な環境に置かれてしまっている事は周知しています。)

  • 請負契約と派遣契約の精算方法について

    人材派遣を行なっている会社です。当社は請負契約と派遣契約を使い分けて契約関係を結んでいます。契約関係によって、責任の所在や指揮命令権が派遣先と派遣元のどちらに帰属するかは理解しておりますが、料金の精算方法はどの様に考えるのが一般的なのでしょうか?派遣契約は時間精算、請負契約は月額精算と言う認識は合ってますか?また請負契約の場合、月間の労働時間が規定に満たなくても満額の月額料金を請求させていただく事は可能なのでしょうか?どなたか教えて下さい。

  • 請負と派遣会社の関係 

    会社Bが会社Aから仕事を請負、それを派遣会社Cに(人材)委託する事は 違法でしょうか。 その際、会社Bが会社Aから頂く報酬以外の必要経費を搾取し、残りの経費を 派遣会社Cに渡すと言う事についても法律上可能なのかどうか伺いたいです。 ちなみに、この場合、指揮官は会社Aが持ち、給料は派遣会社Cから働いている人に支払われるという形になります。 または、二重請負は違法なのでしょうか。 派遣会社Cも会社Bから請負という形で報酬を頂き、経費だけを別に会社Bに請求していた場合などです。 法律に詳しくないのでこれらが違法行為なのか分からず困っております。 請負や派遣会社の実態について詳しい方がいらっしゃったら宜しくお願い致します。

  • 派遣元への派遣料金の支払について

     当社は派遣先企業です。派遣社員1名を受け入れているのですが、前から疑問に思っていた派遣元への支払について質問させてください。  派遣元からの請求明細をみますと、基本給・時間外・休日出勤・深夜労働に対する金額が記載されています。基本給は最初に取り決めした派遣料金2,000円×実労働時間。これは問題ないのですが、時間外の料金と休日出勤の料金がおかしいように思います。  派遣契約書では <休日・労働時間>  派遣先のカレンダーによる <派遣料金>  単価2,000円  1日8時間、1週40時間を超えたら時間外割増25%  日曜出勤(法定休日)35% と記載されています。当然同じ時間、同じ休日で働いてもらっています。  まず時間外ですが、当社の社員は所定労働時間7.5hで変形労働時間制で労働しています。時間外の支払は7.5hを超えた時に支払っています。なぜか請求も同じように7.5h超えた時間を時間外労働として請求が来ています。  次に休日ですが、当社は変形労働時間制ですので、週の所定労働時間が45h(週6日勤務)の週が多々有ります。週40時間を超えていますが、変形労働時間制なので当社の社員は割増は無しです。派遣元からの請求も同じでした。契約書では週40時間を超えた5時間を割増で請求するとうたっていたのに…  もうひとつ休日についてですが、週の所定労働時間が7.5h(週1日勤務)という週も時々あります。社員には休日出勤の場合は全て25%増しで支払っています。(日曜のみ35%)法律上40hまでは割増無くてもいいのですが、計算が面倒なので全部割増しています。  派遣社員が1日休日出勤したのですが、請求書はその日について25%割増です。週15時間労働<40時間なのになぜ割増?  みなさんの会社ではどのように請求が来てお支払していますか?教えてください。