-PR-
締切済み

内外インデックス投信・ETFのトータルコスト比較

  • 困ってます
  • 質問No.2370383
  • 閲覧数56
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 93% (28/30)

(1)購入時コスト、(2)年間維持コスト、(3)売却時コスト、(4)往復為替手数料(外貨建の場合/推定最大値でも良い)には色々な名目がありますが、これらの合計(金額または料率)を全て明瞭かつ具体的に列挙し、主な商品の比較説明をしているサイトは幾ら捜しても見当たりません。全てのコストに「言及している」サイトはありますが、上記の観点からは、どれも不完全です。これは、というサイトがあれば是非ご教示下さい。尚、当方、60~70箇所の代表的サイトを検索済みです。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 51% (460/888)

ご存知のことかとは思いますが、日本の投信はモーニングスターで検索するのが一番良いのではないでしょうか。

米国籍のETFについては、ETFconnectが検索し易いと思います。
http://www.etfconnect.com/

全体のコストを比較するのは、投資期間によって異なる結果となるので、まとめるのは困難な作業となるのではないでしょうか。

とくに為替手数料は、投信とは別個のコストで、投資金額に大きく影響されますから、やはり投資目的や投資期間に応じて個々人が比較するしかないかと思います。
補足コメント
okikio

お礼率 93% (28/30)

アドバイスありがとうございます。期間や金額でコストが違ってくるのは自明ですが、そのコストを計算する分かりやすい手掛かりも公開されていないのは困りものですね。商品コストを計算するのに何故購入者自身の努力が必要なのか。背景にはこの市場の大きな問題があるのだと思います。売り手は、出来るだけコストを隠したい。儲からない商品や売りたくない商品(買い手に有利な商品)の説明はあきれるぐらいおざなりです。皆さん、隠れたコストに騙されないよう注意しましょう。コスト分析と比較を徹底的に追求する情報(本やサイト)を提供することができたら、それだけでかなり儲かるビジネスになると思います。
投稿日時 - 2006-09-09 14:51:21
お礼コメント
okikio

お礼率 93% (28/30)

上記アドバイスありがとうございました。
ほとんどの販売会社は依然としてコスト明示に
あまり積極的でありませんが、
詳しい比較をするサイトも少しずつ出てきましたね。
投稿日時 - 2007-03-14 16:08:50
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ