• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

居飛車・・この戦法名

居飛車で。。 羽生の頭脳の5、6、7で矢倉の定跡を学んでる最中の者です。 この羽生の頭脳には、73銀や37銀などと配置して戦う方針ばかり載ってるんですが、実戦では、居飛車でも47銀と37桂と配置してくる人が圧倒的に多い気がします。 おかげで羽生の頭脳は全然使えず・・・;; この居飛車で47銀と37桂と配置してくる戦法は何と呼ぶ戦法なんですか? そして、一体何が目的なんですか?全然わからないんです。。 角の位置は人それぞれです。35の歩を角でとって26角とする人もいたり、57角だったり、48角だったり、39角のままだったり。。。 この定跡も勉強したいのです。 どなたか教えてください。 そして、これが一番不思議なんですが、どうして羽生の頭脳にはこれが載ってないんでしょうか?

noname#21154
noname#21154

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • gungnir7
  • ベストアンサー率43% (1122/2573)

戦法名は同型矢倉です。 といっても先手も後手も同じような駒組になるから同型矢倉です。 出現する機会はかなり多く、15年ほど昔は後手番の米長流急戦矢倉に 先手が妥協するとよく出ていました。 こちらはその雰囲気の図 http://www.koujiya-ise.com/shogi/sitei3.html また、先手が▲4六歩~▲4七銀を目指したとき、 後手が同調すれば同型矢倉になります。 ここ10年ほどでは名人戦の谷川-羽生で出ています。 今年の王将戦第7局も同型矢倉だったとのことです。 http://www.sponichi.co.jp/society/shogi/2006/07/toriyo.html 勉強としてはこちらが見つかりましたので掲載しておきます。 http://www.kansai-shogi.com/senpou/47gin.htm http://www.biwa.ne.jp/~ueda/jouseki1-1.htm 羽生の頭脳に掲載されていないのは単なる掲載スペースの問題です。 羽生の頭脳が出た当時の注目の戦法に的を絞っただけです。 まあ、羽生君の本も既に古典といえば古典ですが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとーございます^▽^! 参考URLどれもすごくありがたいです。 僕でもすんなり理解できました。 ふーん、そうでしたか。羽生の頭脳5,6,7が出版されるころは37銀戦法が流行していたからだったんですね。 それと、スペースの問題。。。まだまた沢山あるんですね、矢倉戦法って。気が遠くなります~~~^^; とにかく、謎の37桂、46銀の正体がわかってすごく助かりました。 また、質問文の角の位置、48、39って間違ってました。^^; 正しくは、68、79でした。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

▲37銀とするのに必要なのが一手とすると、同じ形からご質問の形にするには▲46歩▲47銀▲37桂と三手かかります。つまり、2手余計にかかります。 羽生の頭脳を読むに適した棋力を持っている人は、この2手で例えば、棒銀とかで先攻できるんです。 そんなことは羽生の頭脳を読むのに適した棋力を持っている人には常識的なことなんで書いてないんです。 このことは、羽生さんの前の谷川さんの前の中原さんの前の大山さんが活躍していた頃の入門書に書いてありますから、同じ事を書くと「盗作」ととらえかねられないからという理由もあって省略しているんです。 ネイチャーという科学雑誌に書いてあることを理解するには、関連した内容をバックナンバーで読んでないと判らないのと一緒ですし、30年前に載ったことと同じ事を書くと盗作といわれてしまうのと一緒です。 対策としては、例えば相手が▲46歩とついた瞬間に棒銀ができるから、試してみましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 そうでしたか・・・(・・;) 羽生の頭脳はちょっと難し過ぎるな~とは感じてましたが、(´・ω・`) に真珠だったのかもしれませんね。 棒銀で先攻ですね。早速やってみます。 それと、盗作となるから載ってなかったとは。。。(・・;) また、歴代大師匠様の順は羽生→谷川→中原→大山さんとさかのぼるものだったのも初耳でした。 棒銀研究してガムバリます。ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • laibach
  • ベストアンサー率29% (101/342)

>この居飛車で47銀と37桂と配置してくる戦法は何と呼ぶ戦法なんですか? >そして、一体何が目的なんですか?全然わからないんです。。 戦法名は知りませんが、47銀と37桂はかなり昔からある形ですよ。 >この定跡も勉強したいのです。 >どなたか教えてください。 古い本、大山とか中原の時代の本あたりだと載っている気がしますよ。図書館へ行けばおいてあるかもしれませんね。 >どうして羽生の頭脳にはこれが載ってないんでしょうか? 本が出版された当時、3七銀が一般的だったからではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとーございます。 でも、大山さんて知らない人です^^;。 図書館行ってきますね。 将棋の戦法にも流行ってあるんですね。 知りませんでした。

関連するQ&A

  • 後手、いきなり中飛車に変える人の対策

    矢倉の最初の定跡は、▲76歩△84歩▲68銀△34歩▲88銀...としますよね? (羽生の頭脳より) 自分が先手のとき、▲76歩△84歩とされたら、居飛車だと思って▲48銀ではなく、▲68銀とするんですが、68銀をみて△52飛車といきなり中飛車にする人がいるんです。そうなると、早くに68銀を決めたために中飛車の定跡どおりの舟囲いにできないんです。一番困るのは、王を78にすんなり行けなくなることです。 居飛車かと思ってたのに、ずるい!!!って怒ってる場合じゃないんです。 こういう人相手のときは、どう囲えばいいんですか? どなたか教えてください。

  • 全ての駒が活用できる戦法は?

    いろいろな定跡を読んだりしていると、振り飛車なんかは飛車側にある桂馬や香車が働いてない戦法が多い気がして気になっています。角交換石田流なんかは、「左桂か銀どちらかが使えれば御の字」だと書いてありましたので、左銀までもが遊び駒になるようです。 すべての駒を使う戦法ってどんなのがありますか? 自分で思いついたのは、雀差し、37桂46銀38飛車とする矢倉戦法くらいで、2つしかないし、しかも矢倉しかないんです。 振り飛車でこれは!っていうのありませんか?

  • 夢の85飛戦法に知恵をください

     先手番で定跡より1手早い85飛戦法ができないか、と夢のようなことを考えています。目的は、一発勝負用の戦法開発です。少しくらいの難があっても構いません。 (基本図までの手順) ▲76歩△34歩▲26歩△84歩▲25歩△85歩▲78金△32金▲24歩△同歩▲同飛△86歩▲同歩△同飛(基本図)  基本図から普通は▲34飛ですが、私の夢の戦法は「▲25飛」!とします。  ▲25飛に対して、△76飛なら、以下▲77角△74飛▲88銀として、先手用の85飛戦法のような展開になり、普通の85飛戦法より先手が1手早くなります(ほんとかなぁ・・・笑)。  ▲25飛に△33桂なら (1)▲22歩!△25桂▲22歩成△同銀▲77角打△88角成▲同   銀 (2)▲26飛△45桂!▲87歩△82飛▲56飛△62銀▲58玉 (3)▲26飛△25歩▲56飛  以上のような展開が予想されます。実戦で使用できるような段階まで行きたいのですが、皆様の大局観から教えてください。  新年明けましておめでとうございます。世界中の人々に幸い多い1年でありますように!! 

  • 角換わりと相性の良い戦法

    将棋で初心者で今角換わりを勉強しているのですが 角換わりとこれさえ覚えれば相居飛車の定跡型の将棋は指せるという 戦法は何ですか?角換わり以外は矢倉、横歩取り、相掛かりのどれかかと思いますがどれを重点的に覚えればよいでしょうか?

  • 居飛車か振り飛車について

    将棋歴1年、将棋ウォーズ2級の初心者です。 居飛車で初段を目指していて、詰め将棋は5手詰めハンドブックを何周もして、8割強ぐらい解けるようになりました。 居飛車の定跡書かなり買って読んでますが、序盤で作戦負けする事も多く、矢倉、角換わり、対振りどれか1つでも指しこなすのはかなり大変です。 居飛車が好きですが、振り飛車で戦法絞った方が上達早いのではないのかなと考えてますがどうなのでしょうか? 四間飛車を指しこなす本とかいいかなって思ってます。 よろしければアドバイスお願いします。

  • 居飛車の定跡に詳しい方に質問です。

    相居飛車についての質問です。 私は角換わり>矢倉の居飛車党なのですが、横歩が苦手なので 76歩 84歩 26歩 34歩で泣く泣く66歩とするのですが、 上記の三手目で77角とすれば、角換わりに誘導できるのでは? と思ったのですがどうなのでしょうか? 四手目以降の進行の例を教えてください。

  • 藤井システムで居飛車が変化した場合の指し方

    藤井システムに関する質問です。 下記の局面で、通常であれば△22玉と寄って居飛車穴熊を目指すところですが、△22玉ではなく、△22銀と銀冠を見せられた場合、振り飛車はここからどういう方針で指し進めるべきでしょうか?居玉からの攻めをあきらめて、▲48玉から囲い合うべきでしょうか? ちなみに、この将棋は私が先手を持って指したのですが、実戦は△22銀以下▲48玉△42角▲39玉△33桂▲47金△21玉▲56銀△32金と進み、最終的に無理して45から仕掛けて負けてしまいました。 どうか、よろしくご教授願います。 後手の持駒:なし 9 8 7 6 5 4 3 2 1 +---------------------------+ |v香v桂 ・ ・ ・v金v銀v桂v香|一 | ・v飛 ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・|二 |v歩 ・v歩v歩v銀v金v角v歩v歩|三 | ・ ・ ・ ・v歩v歩v歩 ・ ・|四 | ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩|五 | ・ ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ ・|六 | 歩 歩 角 銀 歩 ・ 桂 歩 ・|七 | ・ ・ ・ 飛 金 ・ 銀 ・ ・|八 | 香 桂 ・ ・ 玉 金 ・ ・ 香|九 +---------------------------+ 先手の持駒:なし 手数=25 ▲3七桂 まで

  • ▲56角への大局観を教えてください

    昨日の職団戦の戦いです。先手の私は、相手が強豪(元奨1級)と聞いて、まともにいったのでは勝機がないと考え、自分の得意型に持ち込めば・・・と開発途上ではありますが、3手目▲48銀で相手の居飛車を誘い、▲37銀から角換え早繰り銀から研究中の▲56角を指しました。結果は、むつかしい戦いが続きましたが、終盤、1手負けしました。皆様の▲56角への大局観を御教示をお願いします。 なお、3手目▲48銀の挑発に乗らないで、△44歩と普通の振飛車にしたら先手は右四間飛車のアナグマに組みます。△54歩からのゴキゲン中飛車にも無理やり居飛車アナグマに組みます。▲37銀に△86歩とするのは、▲同歩△同飛▲22角成△同銀▲77角△82飛▲84歩から向飛車とする先手の方針です。 ▲76歩△34歩▲48銀△84歩▲36歩△85歩▲37銀△32金▲22角成△同銀▲88銀△33銀▲77銀△62銀▲78金△64歩▲26歩△63銀▲96歩△94歩▲16歩△14歩▲25歩△74歩▲68玉△73桂▲58金△52金▲46銀△44銀▲24歩△同歩▲同飛△23歩▲28飛△62王▲56角              長手順ですいませんが、よろしくお願いします。なお、実戦では▲56角以下、△42金左▲34角△33金右▲56角△54歩▲66歩△55銀▲同銀△同歩▲67角△65歩▲同歩△同桂▲66銀△64銀▲35歩△93角▲26飛と進行しました。ADATARA式総合戦法の完成が楽しみですが、難題がたくさん待ち構えて苦心しております。

  • 【将棋】居飛車の出だし

    僕は居飛車党なんですが勝率のすごく低い出だしがあって 僕が先手番で ▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △8四歩です。 3手目角道を開けなかったらいいと思うかもしれませんが相手が振り飛車にしてくる可能性があるから 譲れません。  僕は24で2級(質問日)  得意戦法・右四間飛車・アヒル戦法(+ひねり飛車)・ひねり飛車・糸谷流右玉(対振り飛車専用)       ・2枚銀(対振り飛車専用)・向かい飛車・鳥刺し戦法 とだいたいこんな感じです。 矢倉・穴熊はあまり使えません(使いません)。 最初の出だしからどの戦法を目指していったらいいでしょうか(できれば僕の得意戦法の中から) 自分だったらこう指してるって言うのでも構いません。 回答お願いします。

  • 四間飛車の対居飛車穴熊戦法について

    昨年11月のNHK将棋講座で、四間飛車の対居飛車穴熊戦法を紹介してました。 △34歩▲76歩△84歩▲66歩△62銀▲68飛△54歩▲48玉△42玉▲38銀 △32玉▲58金左△52金右▲78銀△33角▲39玉△22玉▲46歩△53銀▲77角 △85歩▲28玉△12香▲65歩△44歩。。。 と進んで飛車を7筋に持っていき、歩交換の後▲72歩と打って△同飛車と応じれば 飛車を8筋に、あるいは△62銀なら8筋で飛車交換し、いずれも▲が有利に 進められるというものです。 四間飛車党の私としては、対居飛車穴熊にはこれで勝てる!と喜んで実践で活用しようとするのですが、、 問題は▲65歩の後。 解説では「△は角交換を避けて44歩」と当然のようにあるのに、現実には角交換してくる場合が多々あるのです。 そうなるともうどうしていいかわからず、結局負けてしまうパターンばかりです。 ▲65歩の後は角交換するのか避けるのか、どちらが正解なのでしょうか? 解説どおり避けるのが正解とすると(角交換が悪手だとすると)、角交換のあとはもっと有利に 進められるはずですが、その場合どう指したらよいのでしょうか、教えてください。 ちなみに私も対戦相手も棋力は4~5級といったところです。