司法上シャチハタ印は使えないとはどういうことですか

よく警察官や司法警察員に捺印を求められたとき「シャチハタ(彼等は「浸透印」とは言わず必ずこういいます)」はダメといわれま...

fans さんからの 回答

  • 2001/01/01 16:57
  • 回答No.4
fans

ベストアンサー率 34% (32/94)

捺印する際は偽造のしにくいもの、というのが大原則です(慣習法といったほうが良いでしょう)。したがって、簡単に偽造できるスタンプ(シャチハタ等原盤を作って大量生産できるもの)は不可となります。

ただし現在では印鑑(実印も含む)だけでは効力が弱くなっている様です。殆どの契約書等には「署名捺印」となっていませんか?場合によっては印鑑証明が必要になってませんか?これは、Daifukuさんが困ったように印鑑だけでは判断がつかない場合が出てくるためです。
あなたの場合も、そのときに署名もしているはずです。
それに、署名(サイン)をすることにより本人と確認しやすくなる(筆跡鑑定により)というメリットもあります。

ここからは個人的な意見ですが…
まだ日本人は署名(サイン)を軽く見ているところがあります。
印鑑を押すという行為に慎重になるように、サインをする際にも慎重になってください。
場合によってはサインだけで、とんでもないことになったりしますから。
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
ページ先頭へ