• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

取締役の任期満了

取締役の任期というのは、 特に選任されなければ、そのまま終了、という認識で間違いございませんか? 解任の場合は、 正当な理由がない場合、解任できませんが、 任期満了の場合は、正当・不当関係なく、 「満了」でかたずけられてしまいますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2380
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

>取締役の任期というのは、特に選任されなければ、そのまま終了、という認識で間違いございませんか?  そのとおりです。任期満了退任になります。 >解任の場合は、正当な理由がない場合、解任できませんが、 任期満了の場合は、正当・不当関係なく、「満了」でかたずけられてしまいますか?  そのとおりです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • ten-kai
  • ベストアンサー率61% (98/160)

基本的に#1の方の言われるとおりですが、若干補足させて頂きます。 原則として、任期満了により終任となりますが、 例外的に、取締役が欠けた場合(1人もいなくなる場合)、または、会社法・定款で定めた取締役の員数が欠けた場合には、後任の者が就任するまでは留任義務が課されます(346条1項)。 ただし、「なお役員としての権利義務を有する」という文言から、取締役としての資格がなお継続するというだけで、任期の伸長を意味するものではないと思われます。 また、 >解任の場合は、 >正当な理由がない場合、解任できませんが、 とお書きですが、 正当な理由がない場合には、解任された取締役は会社に損害賠償を請求できるものの(339条2項)、株主総会の決議によって、事由のいかんを問わず、正当な理由がなくとも、解任そのものはできます(339条1項)。 株主の解任の自由と、取締役の任期に対する期待の調和が、正当な理由のない解任の否定ではなく、損害賠償によって図られているということです。 会社と取締役との関係は委任に関する規定に従うとされていますが(330条)、会社法339条は、委任の解除を定めた民法651条の特例という位置づけになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 任期満了取締役って、どうすれば責任を免れられるの?

    一人会社の全株式を取得したとします その後、取締役の任期が満了したにも関わらず、新たに取締役を選ばなかったとします この場合、任期満了取締役は、取締役としての責任をずっと負い続けるのでしょうか? 仮にそうだとすると、取締役の側からこの責任を逃れる手段はありますか?

  • 任期満了、再任時の降格は・・・

    取締役の任期満了で再任の時期ですが、 社長(総株式の60%保有)は専務取締役を 平取締役に降格を考えているようです。 専務には「不正、業績不振」など解任に 当たる重大な理由は見あたらず、ただ 日頃から仲が上手くありません。 専務の方が従業員からは信頼が厚いので 社長はおもしろくないようです。 そんな理由で降格できるのでしょうか?

  • 派遣の任期満了での辞め方。

    派遣の任期満了での辞め方。 派遣は長期希望ということで登録しました。しかし、希望の店舗が二ヶ月後に他の人が戻ってくるかもしれないから、それまでお願いしたいと言われ、今働いています。 なので任期満了は11/30です。 最初は良い仕事だと思ったのですが、休憩1時間半の8時間勤務だとなかなか拘束時間が長く自分の時間が無いに等しくなってしまいました。 任期満了後は、他の店舗に移動してもらうかもしれないと言われましたが、11/30で任期満了のまま派遣を辞めようと思っています。 理由が勝手すぎますでしょうか。契約の時に休憩時間や勤務時間を確認したのに…と言われそうで不安です。 担当の方や店舗の方は皆さんとても良くして頂いているので、失礼の無いように去りたいと思います。 *ちなみに店長に「長期だったよね~。」とサラッと確認されたのも引っかかっています。 ご経験者の方、宜しくお願いします。

  • 衆議院の任期満了解散について

    衆議院の任期満了に伴う解散は、戦後1回だけとききました。 単刀直入ですが、その理由が分かりません。 任期満了までに解散することはそんなにメリットが大きいのでしょうか? 理由をおしえていただければさいわいです。 おねがいいたします。

  • 代表取締役の解任と任期満了

    友人がこの度、株式会社の代表取締役(実態は雇われ社長です)を事実上解任されることになりました。 解任されること自体は本人も望んでおり、不満はなく、むしろ辞めたがっていたので異論はないのですが、、、。 会社も現時点では借金もなく毎月黒字ですが、今後取引先の減少により、経営が難しくなるかもしれないという状態です。 友人としても、この間に辞めたいという気持ちがあったようです。 ところが、株主(実質経営者)2人の思惑が入り、登記の変更はしばらく行わない、との事。 実は友人が現在住んでいる家は会社が社宅として家賃を負担しており、名義も会社になっています。 その家に引っ越す際の敷金は当時会社が負担しており、その金額を返済するまでは登記の変更を行わないと言うのです。 以前解任を告げられたときは、敷金は少しずつ返せば良いよと言われていたのに、何かの思惑が入りまた登記の変更を伸ばされてしまいそうです。 【解任よりも任期満了の方が本人の経歴にもキズがつかないのでいい】と親切めいたことを言っていますが・・・。 登記の変更を伸ばすことで何が考えられるでしょうか。(もちろん、その間の会社の責任は掛かると思います) また、解任と任期満了でそんなに社会的評価は変わるのでしょうか。 ちなみに社会保険はすでに手続きされて、「ない」状態です。もちろん給料もないです。 このような状態は普通じゃ有り得ないと思うのですが、実際に出来ること(やっていいこと)なんでしょうか。 どなたか経験話でも、対応策でもお知恵を拝借できればと思います。 ご回答宜しくお願いいたします。

  • 取締役の任期について

    取締役の任期について教えてください。 会社の定款を見たんですが、取締役の任期は4年、監査役の任期は2年となっていました。 任期4年ということは4年経つと取締役は一旦すべて退任するのですか? 私の会社の社長は何10年も役員をしているのですが、任期満了時は一度退任しているのですか? それでもし株主総会で選任されれば再び就任という形になるのでしょうか? あと、この任期というのは何かの法律によって決まっているのですか?

  • 任期満了で選挙していた場合でも結果は同じになった?

    任期満了で選挙していた場合でも結果は同じになった?

  • 解散と任期満了の違い

    衆議院の選挙が近くなっているということですが、解散した場合と、任期満了では何が違うのでしょうか? ニュース等で与党の議員が解散は任期満了ギリギリになると話していたので、その時期までいって解散をする意味が何かあるのかと。 ご存知の方、宜しくお願いします。

  • 任期満了による選挙はどう決める?

    衆議院の任期満了による選挙の投開票の日は、いつだれが決めるのでしょうか? 与党幹部内だけの話し合い? 与野党の国体委員長などが約1ヶ月前に話し合うとか? 首相が任期満了前にころあいをみて解散をするとか? それともどうなんでしょうか?

  • 代表取締役の任期について

    前社長が昨年辞任して、今年新社長が引き継いで代表取締役をやっています。 今年、新社長以外の取締役は任期満了なのですが、新社長は昨年からだから来年任期満了になるのでしょうか?? それとも、前社長の任期を引き継いで、今年他の取締役と一緒に任期満了で変更登記をすればいいのでしょうか?? よろしくお願いします。