• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

イスラエルの行動は理解できません。

  • 質問No.2340185
  • 閲覧数155
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数8
  • コメント数0

お礼率 63% (29/46)

ユダヤ人は第二次大戦でドイツであれだけひどい仕打ちを受けたのに、なぜ同じような戦争行為を他国に対して行うのでしょうか?
普通に考えれば痛みを知るものは他人への痛みも知るはず。もっと平和的な民族ではないのかと思っていましたが・・・。
日本ではどうもきちんと説明がされていないような気がして、イスラエル寄りの(アメリカ寄りってことですね・・・)報道が多いような感じがします。
旧約聖書でもユダヤ人は流浪の民として運命付けられたよう記述もあった・・・かと思うんですが・・・
確かにテロ行為は悪いことだと思いますが、その原因を作ってるのはイスラエルじゃないかと思んですが・・・。
どうもはっきりわかりません。
歴史的、宗教的にも教えていただきたいです。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.7
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 26% (248/951)

まず、ユダヤ人の根底にあるのは「イスラエル地域(カナン)は神との契約でユダヤ人の物となっている」という認識です。先住民がいようが関係ありませんし、異民族と仲良くするという発想もありません(ユダヤの律法では「ユダヤ教徒以外の異民族は隣人ではない」のです)。
もちろんこういった「原理主義的ユダヤ教徒」は近年減少しています。しかし、過激な手段に訴えても、と言う人たちは未だ多いのです。

その後、ローマによって亡国の民となりましたが、他の民族と異なり宗教的な理由で決して融和しようとはしませんでした。その為に迫害され続け、よりいっそう他民族との間に壁を築いたと言えます。

イギリスの三枚舌外交や、周囲を反イスラエル的思想に囲まれている。なるほどそう言う理由も確かにあるでしょう。しかし「そうなった原因」という物もある訳です。

中東問題以前に「なぜヨーロッパ諸国でユダヤ民族が蛇蝎のごとく嫌われたか」。それを考えれば「ユダヤ人は他民族の痛みなどに関心を持たない人たち」であることは容易に理解できると思いますよ。

ユダヤでは神を「万軍のヤハウェ」と言う事もあります。現代の兵器開発で最先端をいっているのはイスラエル企業であったりします。決して平和的な人たちではありません。

その他の回答 (全7件)

  • 回答No.8

ベストアンサー率 34% (32/92)

もっと平和的な民族ではないのかと思っていましたが・・・。>
とんでもない、ロスチャイルド家を代表とする死の商人(軍事産業)であり、高利貸しで富を得てさらには巨大な富をもって他国を経済的に崩壊させようとまでしますよユダヤ人は、ホロコーストに代表されるようにユダヤ人には同情するべき点もありますが、他の民族と融合をこばむ彼らにもかなりの問題があります。

イスラエル寄りの(アメリカ寄りってことですね・・・)報道が多いような感じがします。>
当然です、まさか今の日本が間違ってもヒズボラ寄りの報道はできないでしょう、ヒズボラ側(パレスチナ)寄りの報道をするということは、アメリカを再度敵に回すということですよ、そんなばかなことはできませんよね、日本だって自分がかわいいんですよ、正義がどこにあるかなんてどうでもいいのです。自国を守るためには官軍につくしかないのですよ現実は、

確かにテロ行為は悪いことだと思いますが、その原因を作ってるのはイスラエルじゃないかと思んですが・・・。>
原因を作っているのはイスラエルの方と決め付けるのは良くないでしょう、今のヒズボラの背後にはイラン、シリアがあってそれらが軍事的、経済的に支援しているという現実があります。考えてみてください今のパレスチナにこれだけ長期間において戦闘行為を続ける経済力があると思えますか、イラン、シリアはアメリカと直接対決になるのを避けるためにヒズボラという政府ではなく団体に協力しているのです。
そのようなねじまがった構造が大きな原因となっているし、一方イスラエルはその構造を戦闘の大義名分として利用しています。勝手にテロ国家として非難し多くの罪無き国民を殺戮しているのです。
パレスチナ側は圧倒的なイスラエルの軍事力で一方的に攻められているのが現状です。ニュースをよく見てください、イスラエル側からの空爆はありますが、パレスチナ側からの空爆はありません。どういうことを意味するかというと、イスラエルがアメリカの協力を得てパレスチナを軍事的に制圧するのはたやすいということです。しかしそれにやってしまうと大規模な中東戦争に突入してしまうし、さすがにそこまでやってしまうと国際社会は認めないでしょう、だからやれないんです。
そういった現状からパレスチナ側の人々が神の名において自爆してでも敵国に一矢報いてやろうと考えるのはごく当たり前のことだと思います。
だから、無差別な自爆テロはテロリストと呼ばれてしかるべきでしょうが、戦闘状態にある2国間での自爆攻撃は、テロとは呼ばず自爆攻撃と呼ぶのが妥当ではないでしょうか、かつては日本も神風特攻隊という悲しい過去がありますが、戦闘行為なのでいまだにそのことをテロと呼ぶ人はいません。
  • 回答No.6

ベストアンサー率 24% (63/260)

>普通に考えれば痛みを知るものは他人への痛みも知るはず。もっと平和的な民族ではないのかと思っていましたが・・・。

周りを「イスラエルを滅ぼしてやる」という国々に囲まれていますからね。現に第一次中東戦争ではアラブ諸国から3方向同時侵攻なんてことをやられて当時のイスラエルの人口が半減したこともありました(その際アメリカはイスラエルを助けませんでした)。相手の痛みなんぞ気遣っていたらそれこそ過去のホロコーストを再体験する可能性があるわけです。
それに、今回話題になっているヒズボラは過激な反ユダヤ主義を掲げていますので、必然的に対応も強烈になるのでしょう。

また、何年も前からヒズボラの民兵集団はイスラエル領内にロケット弾を撃ち込んだり、監視所を襲撃してきましたが、イスラエルは対応を最小限に押さえました。それに、今回兵士が拉致されたときも最初は外交で解決しようとしました。これらの対応を考えれば、イスラエルは十分に平和的と言えるのではないでしょうか?
  • 回答No.5

ベストアンサー率 14% (7/50)

NO.4の者です
ちなみに、大戦後にはユダヤ人迫害がドイツの専売特許のようにされていますが、実際はフランス等でも迫害していたそうですよ。
エジプト時代から、何千年も迫害されてきた民族ですので、外に対して攻撃的になっても仕方ないと思います。
まして、欧米諸国と違って場所が場所ですからね。周りが異教に囲まれてますから、他の欧米諸国が問題を起こしても巻き込まれてしまいます。

それにしても、アメリカはイスラエルに対しては甘いですよね。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 14% (7/50)

バルフォア宣言、フサインマクマホン条約とか知っていますか?20世紀のパレスチナ地方に対する列強(特にイギリス)の干渉について勉強してみて下さい
  • 回答No.3

ベストアンサー率 22% (582/2598)

>あれだけひどい仕打ちを受けた…

この原因が、当時は自分の国(領土)を持っていなかったから
と考え、現在の領地を自力で必死&過剰に守っている!のでは?

>旧約聖書でもユダヤ人は流浪の民と…

出エジプト記ではユダヤ人は「約束の地」を与えられていたはず。
しかも、これを邪魔した異民族には痛烈な神罰が加えられていた記憶が…。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 39% (490/1243)

危機を経験しているから人の痛みが判るはず、ですか。あまりにもお人よしな想像に過ぎません。逆に、民族絶滅の危機を経験したからこそ、本当に苦しいときには誰も助けてくれないことを熟知しているからこそ、自己を保存するためには手段を選ばないのです。

今回の武力侵攻に関するイスラエルの意見を代弁すれば、次のようなことでしょう。

ヒズボラは、レバノンの一政治勢力(政党)に過ぎないのに独自の武装組織(私兵)を持ち、イスラエルを攻撃している。レバノン政府にはこれを制止する意志も能力もない。自国の安全を保つためには、ヒズボラが二度とイスラエルを攻撃することができないように叩き潰す必要がある。といったところでしょうか。

我が国にも、北朝鮮から我が国にミサイル攻撃が行われるおそれがある場合は、ミサイル基地に対する攻撃が可能との発言をした政治家がいました。自衛権の枠内の行為なので、特に問題視する必要はありません。
イスラエルは、周囲を陸続きの敵性国家に囲まれており、過去、何度もアラブ諸国の攻撃を実際に受けています。狭い国土に攻め込まれる前にミサイル基地とヒズボラを叩く、これは我が国が想定している自衛権の行使と質的には同じ行為です。違うのは、現実に武力侵攻が行われたことと、侵攻の過程で民間人に多くの被害が発生していることです。しかし、仮に、我が国が北朝鮮のミサイル基地を攻撃するとすれば、それは、当然、ある程度の民間人の犠牲のリスクを覚悟した上での決断となるはずです。

奇麗事だけでは生き残れない、そういう現実があるのです。他人事ではありませんね。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 16% (485/2911)

イスラエルは、1947年に戦後のドサククにまぎれて、他人様の土地を大愚名文は国連の決議により占拠、悪い言い方をすれば、やくざの地上げのようにそこの住民を追い出し分捕った。追い出されたほうは面白くない。
もっと悪いことに、武器を売って一儲けしようと言う国が、アラブ、イスラエルに武器を売り込んだ。あれば、使うは世の常、まして、とってしまえば俺のもの、強い者が常に正しいと言うアメリカを真似て、領土拡大を続けている。
その原因を作ってるのはイスラエルの飼い主アメリカです。イスラエルはもの真似です。
日本は、アメリカの飼い犬ポチですから。アメリカには逆らえません。
お礼コメント
OFF_COURSE

お礼率 63% (29/46)

うーむ・・・考えるとひどい話ですね・・・
投稿日時:2006/08/16 18:04
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ