• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

名詞の後に置かれる形容詞

英語と日本語では語順がまるっきり違いますが、原則的には形容詞は名詞の前に置かれるという点では共通していますよね。そこで、ロンドンについて説明の一文です。 From the East End, the old docklands and home of the true Londoner, to the West End with its theatres, cinemas, and glittering night-life, not forgetting the cosmopolitan Soho ― originally a French quarter and now packed with restaurants offering every kind of cuisine imaginable(though rarely English), London is a vast, bustling, exciting city so full of life that it is easy to forget that it has been destroyed at least four times. そこで質問です。cuisine imaginableの部分は なぜ 形容詞が名詞の後に置かれているのでしょうか?

noname#47281
noname#47281

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数4
  • 閲覧数1680
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

 中学・高校で教える英語の盲信の一つに,「形容詞や分詞が一語なら前から修飾,二語以上なら後ろから修飾」というものがあります。(こういう私も,つい数日前,中学3年生に,「これが英語の基本で,ずっとつきまとうから,標語のように覚えなさい」と言ったばかりですが)。  分詞の場合でいうと,完全に形容詞化した意味の場合は前から修飾しますが,まだ動詞的要素が強く残っている場合は後ろから修飾します。二語以上の場合は,分詞となった動詞に目的語なり,修飾語なりが続いているわけですから,動詞的要素が強くなり,後ろになります(もちろん,長いから後ろという意味もあるでしょうが)。しかし,一語の場合は前からの場合も多いですが,後ろからの場合もあります。  imaginable など,-able で終わる形容詞は,imagine + able と動詞的意味合いが含まれているため,一語であっても後ろに置く場合があります。  主語+動詞のように,動詞は主語すなわち,名詞の後にくるものです。この構造が名詞+形容詞という語順に組み込まれていると考えることができると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 中学・高校で教える英語は仕方ないんじゃないでしょうかね。あんまり細かく教えても生徒が混同するだろうし。 それにしても学校の英語はパターン化するのが大好きですね。これが最良の方法だと未だに信奉しているんでしょうけど。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • Caper
  • ベストアンサー率33% (81/242)

こちらがもしかしたら参考になるかもしれません。 http://www.alc.co.jp/eng/grammar/faq/03_01.html#grammar0303 3.3 名詞のうしろにくる場合   ・ -ible、-ableで終わる形容詞が …

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。everyが直接かかっているわけではありませんが、kind of自体、主張性の強い単語でもないし、#2さんの回答と合わせて考えると理屈にあっていますね。

  • 回答No.2

質問の件ですが 欧米人は”一般的に”、of の直後は名詞を期待するので形容句は後にします。 (そうではないという例はあります) 以下は参考程度にしてください。 日本語の詩で、”A (は)、鮮やかなり” それでは”鮮やかなA”と言えば何が違うのと質問しているのとほぼ同じです。 米映画を見ますか? MI=Mission Impossible は同じ感覚です。"Mission Impossible ..."...は それが何かは映画を見てくださいの暗示です。Impossible Missionだと文字通りそれだけになります。 つまり読み手の想像力を書き立てる表現方法でもあるのです。 英語は、まず目的語、主題である名詞を最初に提示し、後に幾らでもそれが何かを説明補足できる言語なのです。 適当に参考にされてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 なるほどね、ofも関係していたか。

  • 回答No.1

>cuisine imaginableの部分は なぜ 形容詞が名詞の後に置かれているのでしょうか? googleで引くと、次のようになります。 "cuisine imaginable" の検索結果のうち 日本語 と 英語のページ 約 10,100 件 "imaginable cuisine " の検索結果のうち 日本語 と 英語のページ 約 416 件 確かに、後置が多いですが、これには幾つか理由があると思います。 一番の理由は、自分が、http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2275657 で書いた次のようなことだと思います。 以下引用開始 基本的に、後置修飾は一種の強調と考えることが出来ます。つまり、文末強調と同おうじ考え方で、既に分かっている情報→新しい情報と言う流れが作られるので、この例では、それだけ不可能なものだと言うことが強調されるわけです。 一般的に、前置修飾と言うのは、既に心の中にそのイメージが互いに出来ているときとか、または、見た目で分かるときに、つまり、視線を動かすことなく、そのものだけを見つめているだけで分かるもものが前置修飾されます。非常に簡単な例では、a book on the desk があります。本だけを見ていても、机は見えませんから、机は後置修飾されるわけです。something white のような例は、不定代名詞と言う点がかぎになります。例えば犬とか猫が走っている絵を、写真でもいいのですが、それを見れば、「走っている犬(猫)」と言えますが、それに、小さい窓が開いた紙をかぶせ、体の一部しか見えないようにすると、「何かが動いている」のように、「何か」と言う不定代名詞を先に出して、その後に形容詞を続けるしかなくなります。色も同じで「何か白いもの」と言う語順が普通です。以上は日本語での説明ですが、意識は英語も同じで、something moving, something white になります。 このような不定代名詞の例も、実際は旧情報→新情報と言う情報の流れになっているとまとめることが出来ます。つまり、つまり、対象が捉えられないとその対象の特徴、つまり、修飾語句が決まらないからです。 つまり、修飾語句自体の問題ではなく、まず最初に対象を捉えられるかどうかの問題があるので、それが修飾語句より先に来ると言うことです。 後置修飾のほかの例としては、a baby boy, dishes displayed (on the shelf) などがあります。a baby boy は、見た目だけでは性別が分からないので、性別が後置されるわけです。dishes displayed のように、位置情報一般は、やはり、その対象そのものを見ていても分からないので、後置されるわけですね。 以上引用終わり 要するに、この場合は、imaginableという語を強調する働きがあると思います。 しかし、他にも、修飾語句が前置から後置になる要素があります。それは、他の修飾語句との関係です。 ご質問の文では、every kind of cuisine imaginable(though rarely English), となっていて、名詞、つまり、cuisine にかかる形容詞句は、every kind of と、imaginable、そして、though rarely English の三個です。every kind of は、前置詞があるので、後置は出来ず、前置しかできません。また、thoughは、imaginable とのコンビで使われているので、この順番も変えることが出来ません。よって、これらの条件を満たす語順は、次の二つになります。 1.every kind of cuisine imaginable(though rarely English), 2.every kind of imaginable(though rarely English) cuisine, 比べれば明らかなように、2はあまりに頭でっかちで、修飾語句が長すぎます。そのため、1が選ばれているのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 私はフランス語の影響も考えました。mission impossibleもそうですが、cuisine imaginableもフランス語とスペルが全く同じなんですよ。私はフランス語の方が馴染んでいるので 形容詞が名詞の後に置かれるのは特別違和感は感じないんですが、あれっ、英語ではあまり見かけない語順だと思い、ちょっと引っかかり質問を出しました。

関連するQ&A

  • of 名詞 =形容詞 について

    of 名詞 = 形容詞 になることは理解しているのですが、 下記のような二文を見つけ、疑問に思いました。 1)  His reading is of wide range   彼は読書範囲が広い 2)  His reading is of a wide range.    彼の読書は広範囲にわたる。 どちらも of 名詞 を形容詞として使っており 意味もほとんど同じだと思うのですが、2)の方は、 a wide range と「a」 がついています。 両者の微妙な意味の違いとしたら    1)は 「広い」の意味を名詞にした    2)は 「a」がつくことで「広範囲」という名詞になった という理解でよろしいのでしょうか? どうかよろしくお願いします。

  • 形容詞 名詞 and 名詞 について

    明日英語のテストがあるのに、テキストを持って帰り忘れて、疑問なところが調べられなくて困っています 形容詞 名詞1 and 名詞2 この形容詞は、普通は名詞2にかかるものですか?

  • 名詞節なのに接続詞形容詞節なのに関係代名詞that

    that節について 関係代名詞のthatは代名詞という名前なのに形容詞節で、 逆に 名詞節のthatは関係代名詞ではなく、接続詞のthatと呼ばれますよね? 形容詞節のthatは形容詞なのだから関係形容詞と呼ぶべきではないですか? 名詞節のthatの方を関係代名詞と呼ぶべきではないですか?

  • milesが名詞の後ろから形容詞的に働くこと可能?

    お世話になります。よろしくお願いします。 名詞milesが名詞の後ろから形容詞的に働くことはあるのでしょうか? mileなどの距離を表す名詞が副詞的に働く副詞的目的格というのは文法書に載っていますが、形容詞的に働く例は見たことがなかったので質問しました。 問題の例文は、 Oxford is a beautiful city on the River Thames about fifty miles from London: (英文和訳演習 基礎編 p.32) というものです。 名詞milesが前に前置詞などが付かずに名詞cityを形容詞的に修飾しているように見えます。 どなたか分かる方がいましたら教えてください。 よろしくお願いします。

  • 2 hundredは名詞なのでしょうか、それとも形容詞なのでしょうか。

    ジーニアス英和辞典によれば、When I was two と言う時のtwoは叙述用法だそうです。だとすれば、この場合のtwoは形容詞だということになりますね。  では、この場合はどうでしょうか。 "What's the number of students from that country?" "It's over  2 hundred." -- 2 hundredは名詞なのでしょうか、それとも形容詞なのでしょうか。

  • 5文型で形容詞は名詞を修飾するのになぜMではない?

    It(S) is(V) hot(C) todayのhotは形容詞で補語ですよね 形容詞は名詞を修飾するので修飾語でMではないのでしょうか? 形容詞は名詞を修飾しますよね? 副詞は動詞や副詞や文全体を修飾するのでMです。 M(modifier)は修飾語という意味ですよね? 5文型で形容詞は名詞を修飾するのになぜMではないんですか?

  • 代名詞と所有形容詞に変えるもの

    次の文で1~14を代名詞と所有形容詞のなにに変えればいいか分かりません。どなたか分かる人はいませんか? One message of the (1)Harry Potter movies is that good friend are important. (2)Harry has many problems in his life.Harry is always in danger. However,(3)Harry solves Harry's problems becouse Harry has (4)some good friends to help Harry. The good friends are not typicalkids. The good friends know magic and have some special skills. (5)Harry's best friend is (6)Ron. Ron is loyal and dependable. Ron often helps (7)Harry get out of danger. (8)Harry's other good friend is (9)Hermione. Hermione is very smart and good at Hermione's studies. (10)Hermione helps (11)Harry with Harry's homework. (12)Harry depends a lot on (13)Ron and (14)Hermione,and Ron and Hermione help Harry through many adventures. Harry,Ron,and Hermione's friendship is one of my favorite things about the movvies.

  • 形容詞の使い方

    こんにちは。 次の文のように new album reminiscent of old days 形容詞+名詞+形容詞で、両形容詞とも名詞を修飾しているような文を 見つけたのですが、これは文法的にどの様な時に使えるのでしょうか。 詳しい解説をお願いします。

  • 前置詞の後に続く名詞の修飾関係について質問がありま

    前置詞の後に続く名詞の修飾関係について質問があります。 下記は安部総理の米議会演説の一文ですが、with の後に続く profound respect my eternal condolencesの構造がよくわかりません。 profound 形容詞respect 名詞my eternal形容詞 condolences名詞と続いていますが、このような形はどの様な修飾関係になっているのでしょうか? また、これらは一般に使われるのでしょうか? On behalf of Japan and Japanese people, I offer with profound respect my eternal co dolenudes to the souls of all American people that were lost during Wolrd War 2. お手数をおかけしますが、ご教示いただけると嬉しいです。よろしくお願いします:)

  • 英作文 ー so+形容詞+名詞+that 構文

    so+形容詞+名詞+that 構文 や as+形容詞+名詞+as構文  を使って作文したいのですが、要点がよく分かりません。 例えば数えられる名詞だと He said it in so high a voice that we were able to hear him clearly. (辞書から) どんな形容詞でもこの形はとれるのでしょうか? また、これが複数や数えられない名詞になるとどうなりますか? so high voicesとかso high qualityという言い方は可能でしょうか? suchとどう違ってくるのでしょうか? よろしくお願いします。