• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

調査事務所の調査について。

私は今回、頚椎ヘルニアで14級→異議申立→12級の獲得をする事ができたのですが、その時の調査事務所の調査について疑問があるので教えて下さい。 それは14級を獲得した時には医療照会は無かったのですが、14級では不服だったので異議申立をした時に調査事務所から医療照会の同意書が送られてきて 治療した病院への医療照会をしてました。 一応、担当者には聞いたのですが担当者の回答は初診時から終診時までの流れが知りたいとの事です。 (自覚症状とか神経学的所見) それを聞いた私は「だったら14級の認定する前に調査しておけよ!」と心の中で思いました。 結果的には12級の獲得ができたのですが、そこの所に納得が行かない部分があるのでどなたか何故、調査事務所はそんなことをしたのか 何となくでもいいので解る方はいませんか? (14級はちゃんと調査しなくても良いのか?)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数263
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

ash2680さん異議申立てで14級から12級になったのは良かったと云って良いのか、お気の毒ですと云って良いのか、後遺傷害の認定に付いての言葉には何時も戸惑います。しかし今後の事を考慮すればお体の養生の為に、少しでも多い金額を賠償させて置かなければ成らないと思います。さてご質問の件ですが頚椎の関係は「神経系統の機能又は神経障害」が条件で14級では「労働には差し支えない、医学的に説明可能神経系統又は神経の障害を残す所見があると認められるもの」と成っています。そして《12級以上の精神・神経障害は医学的に証明されたもの》で 《14級は医学的には証明は明らかではないが、受傷時の状態や治療の経過などから、その自覚症状が一応説明のつくものであり、単なる故意の誇張ではないと医学的に推定されるものが該当する》とあります。従って14級は症状固定迄の診断書と診療報酬明細書と初診時のXP及び症状固定時のXPで足りたのでしょう。しかし12級では更に詳しい内容を知る必要が有ったもにと思います。これからも季節の変わり目などに大変な時が無いとはいえませんのでお体には十分お気を付け下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても参考になりました。 ありがとうございます。 ちなみに、これも疑問に思ったのですが14級獲得し異議申立をした時に担当者が今度は違った目で再度、調査すると言ってました。 例えばですけど14級の時は画像上の変性所見は認められたのに違う目で見たら認められなくなった。みたいな事はありますか? 例えば、14級の認定をした人はヘルニアを認めたが本部の人はヘルニアを認めなかったとかです。

質問者からの補足

そうそう。 《12級以上の精神・神経障害は医学的に証明されたもの》とあるのに12級でなく14級だったのは今でも疑問です。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

前記しましたように、調査事務所の審査は後遺障害の専門の担当者と顧問医とで認定する訳ですから、医師によって見方が違うとは思えません。顧問医は赤十字病院などの大病院の医師が担当していますので、先ず医師によって見方が変ることは無い筈です。また14級を認定したものを非認定に覆す事も考えられません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そういうものなんですね。 このような質問をしたのは医師によって診断が違うってことが実際にあったんです。 だから聞いてみました。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 頚椎ヘルニアで14級の認定

    をされたのですが自覚症状、他覚所見、神経学的所見が一致しているのに12級「局部に頑固な神経症状を残すもの」ではなかったので異議申立をする為に準備をしていたのですが冷静になって考え自賠責に14級である理由を書面にてもらい回答を確認したところ 「事故による明らかな器質的異常所見が認め難い」とのことだったのですが、これってヘルニアは事故が原因でなった訳ではない。ってことを言っているのだと思うのですが、この場合は異議申立をしても12級の獲得は無理なのでしょうか?

  • ご教授お願いします。

    この度、頚椎ヘルニアで14級が認定されましたが私的にはとても辛い症状で尚且つ自覚症状に伴う神経学的所見と他覚所見があり「局部に頑固な神経症状を残すもの」も自賠責は認めています。 自賠法16の5で自賠責に書面にて請求しました。 それでは何故14級だったと言うと「事故による明らかな器質的異常所見は認め難い」との事で14級になりました。 実際、事故がなければこんな辛い思いをしなかったのに納得がいきません。 なので異議申立をしようと思っているのですが、この場合どうやって立証すれば良いのかが解りません。 何方か解る方、もしくは経験した方がいらっしゃいましたら教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • 質問の書き方が悪かったので、再度、書き直しました。

    ご教授の程、宜しくお願いします。 この度、頚椎ヘルニアで14級が認定されましたが私的にはとても辛い症状で尚且つ自覚症状に伴う神経学的所見と他覚所見があり「局部に頑固な神経症状を残すもの」も自賠責は認めています。 なのに12級ではなく14級だったので自賠責に書面にて14級の理由を請求し、その回答が自賠責から届いたので確認した所、「事故による明らかな器質的異常所見は認め難い」との事で14級との事です。 つまり、頚椎ヘルニアは元々あるもので事故が原因で頚椎ヘルニアになった訳ではなく事故が切っ掛けで症状が出たので14級との事です。 実際、事故がなければこんな辛い思いをしなかったのに納得がいきません。 なので異議申立をしようと思っているのですが、この場合どうやって立証すれば良いのかが解りません。 何方か解る方、もしくは経験した方がいらっしゃいましたら教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • 調査事務所から主治医に対して

    医療照会をすることに関して教えて下さい。 まず、この医療照会とは口頭で聞くのですか?それとも文章で? というのも既に後遺障害診断書や診断書を提出しているのに何で改めて主治医に医療照会をするのか理解できませんでしたので質問をしました。 後、調査事務所が行うこの医療照会とは後遺障害診断書を申請した全ての人にするのでしょうか? それとも何か特殊な障害が残ってしまった人だけなのでしょうか?

  • 後遺症損害認定後の異議の申立 について教えて下さい。

    この度、頚椎ヘルニアで14級の認定を受けたのですが納得できないので異議の申立をしようと思ってます。 その場合に必要な書類は、支払い請求書、違う病院の診断書、画像、印鑑証明書の4点だと思うのですが間違いないでしょうか? ここで疑問なのが画像なんです。 既にMRIで撮って送ったのにまた違う病院で撮らないといけないものなのでしょうか? 後、この場合既に症状固定となっているので相手、任意保険会社には請求はできないのですよね? 最後に私が納得しないのは、自覚的所見、他覚的所見、神経学的所見の全てが説明ができているのに14級だったからです。 私的には12級だと思っていますので今回、異議の申立をしようと思いこちらのHPで教えて頂こうと思い質問をさせて頂きました。 宜しくお願いします。

  • 交通事故の異議申立について教えて下さい。

    私は相手100、私0の追突事故で頚椎ヘルニアの診断を受け14級の認定を受けたのですが 調査事務所からの意見書?に頚椎ヘルニアだが明らかな神経への圧迫は無く 腕の痺れや筋力の低下は認めない。のようなことが書いてあり12級ではなく14級となりました。 当然、私は不服があったので医大の整形外科に行き違う医師の意見を聞いたところ (調査事務所の言っていることが正しく主治医が間違っているかもしれないと思ったからです) 医大の整形外科医も突出により神経の圧迫はありその影響で腕の痺れや低下の可能性が高い。とのことだったので その内容の意見書と一緒に調査事務所に異議申立として提出しましたが、調査事務所からの回答は 「椎間板の突出は窺えるものの、これによる明らかな神経への圧迫は認められない。」との事でした。 正直、こんなことってあるのでしょうか? 実際に私を診察した医師は神経の圧迫はあると言っているのに調査事務所の方は無いとまでは言いませんが 明らかな圧迫は無い。なんて・・・ つまり12級の獲得は多少の神経への圧迫ではダメってことなのでしょうか? 凄く圧迫していても症状に出ない人もいると思うし少ない圧迫でも辛い症状の人はいると思うのですが・・・ 実際、同じような経験者の方がいましたら教えて下さい。 その後、どうしたか・・・・ またはどうすれば? ちなみに調査事務所に異議申立をしても同じことの繰り返しで時間の無駄だと思うので 共済紛争処理機構に異議申立をしようとも思っていますが 話によると共済紛争処理機構は殆ど調査事務所の結果を採用するとのことなので・・・・

  • 神経学専攻の先生はどのように探せば?

    この度、もうこれ以上の改善は見込めないとのことで症状固定になった者で、病名は外傷性頚椎ヘルニアです。 ここのサイトで勉強しました所、後遺損害の認定には神経学専攻の先生の神経学的所見がとても重要なのが解りました。 (当然、自覚症状や画像も重要なのも解りました) 私も是非、神経学専攻の先生に神経学的所見があるかどうか検査して頂きたいのですが、どのように探せばいいのか解らないのと何科を受診すれば良いのでしょうか? 脳神経外科、神経内科等の神経が付けばどの科でもOKというものなのですか? それとも整形外科でもそれ専門に扱っている先生がおられるのでしょうか?

  • 後遺症損害認定について教えて下さい。

    ちょっと疑問に思ってしまったのでお暇な時で良いので解る方がいましたら教えて下さい。 例えば、頚椎ヘルニアの神経根圧迫症状が左右あって(C4、5が右側を圧迫しC5、6が左側を圧迫)自覚的所見、他覚的所見、神経学的所見で両方共に説明されている場合、通常であれば12級獲得の可能性が出てくると思います。 当然、片方だけでも両方と同じように認定されるのだと思うのですが実際、両方説明させているのと片方だけ説明されているのとでは違うってことはあるのですか? つまり、両方の方が甘くなるってことは?

  • 福祉事務所担当者の高圧的な態度

    福祉事務所担当者と相談した結果・・・ 整形外科で首コリが良くならず鍼灸治療院に行きたいと言いました。 治療院から同意書をもらう→医者に持参→治療院に提出と助言されました。 鍼灸治療院に電話しました。 電話問診で自宅に同意書が届きました。 同意書を持って病院に訪問。 整形外科の先生に同意書を渡す。 病院の住所が記載されました。 病院の事務員に福祉事務所でなく、 治療院に同意書を出してくださいと言われました。 予約日に鍼灸治療院を訪問しました。 治療院に着いたら不可解なことを言われました。 たった今、福祉事務所担当者から電話が入ったんですよー 私は○○さんから○○治療院に行くなど聞いてません。 聞いてないので自費にして下さいと言ってましたよー 私はすぐ福祉事務所に電話しました。 ○○治療院に行くと一言いってなかっただけで説教されました。 治療院にいる私にその同意書はきちっとしたものですか!? こちらで同意書を出すので今から来てくださいと言われました。 (感情的で言ってることが本当にチンプンカンプン) 私が全て悪いです、申し訳ありませんと謝罪しました。 すると、福祉事務所に来なくていいですよ~(意味不明) 治療院でラクになって来てくださいね~と上機嫌になり電話を切りました。 質問です。 ●○○治療院に行くと福祉事務所担当者に言いそびれただけで 福祉事務所担当者が感情的になり治療院に電話して自費扱いに して下さいというのは普通ですか、どう対処すればいいのでしょうか? ●福祉事務所担当者と口論になるのは損でしょうか? (皮肉、嫌味の連発なのでこちらも対抗するべきか真剣に悩んでます) ●福祉事務所担当者の態度を改めさせる方法はありますか? ●福祉事務所担当者の態度が過度に悪い場合、誰に苦情を言えば良いのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 交通事故 異議申立書の効果的な書き方

    頚椎と腰椎の捻挫で後遺障害に非認定とされました。過失はありません。 痛みで会社を退社しましたし、現在も症状が残っているので保険会社へ相談いたところ異議申立を行うことになりました。 異議申立書にて申立の趣旨を記入するように保険会社から用紙が届きましたが、具体的にどのように記入すべきか悩んでいます。 「今の症状・今後の不安・生活の支障・思いのすべてを記入ください。」と書いてありますが、 レントゲンや自覚症状は全て認められませんでしたし、証拠も何もないのでどうしても具体性に欠けてしまいます。 記入例や後遺障害が認定されやすい具体的な書き方等があればご教授いただけませんか?